メッシ加入でPSGはどう変わる? 夢の3トップは? 起用法を考察

2021.08.11 21:50 Wed
Getty Images
10日、パリ・サンジェルマン(PSG)がバルセロナを退団したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(34)を獲得した。
PR
5日にバルセロナとの契約更新が伝えられると思われた中、まさかの退団が発表。クラブサイドの「財政的・構造的な障害(ラ・リーガの規定)」を理由に、再契約叶わなかった。
それから5日後、10日にメッシのPSG加入が発表。世界中が注目した新天地はフランスのパリに決まった。

PSGは言わずと知れたビッグクラブ。各国の代表選手を揃え、チャンピオンズリーグ(CL)制覇という大きな目標に向けてチームを強化している。

今夏の移籍市場でもメッシ以外に多くの選手を獲得。悲願成就に向けて、着々と戦力を整えている状況だ。
そこで気になるのは、やはりメッシの起用方法。前線にもタレントが揃っているチームで、多くのゴールを生み出すメッシをどう起用するかは、PSGの野望を成し遂げる上では重要となる。



PR
関連ニュース

人気銘柄シャビ・シモンズにバイエルンが関心も…まずは指揮官決定が必要に

バイエルンはパリ・サンジェルマン(PSG)のオランダ代表MFシャビ・シモンズ(21)獲得に関心を示すも、大きな課題があるようだ。 バルセロナのカンテラに所属していた頃から、その将来を嘱望されてきたシャビ・シモンズ。10代半ばで移籍したPSGでは苦戦するも、2022-23シーズンに完全移籍したPSVでは大活躍したことで買い戻され、今季はRBライプツィヒへレンタル移籍していた。 ブンデスリーガ初挑戦となった今シーズンも主力として躍動。ブンデスリーガ32試合8ゴール13アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)8試合2ゴール2アシストの成績を残しており、欧州屈指のタレントに成長を遂げている。 今夏にはPSG復帰、ライプツィヒでのレンタル延長、古巣であるバルセロナ移籍などさまざまな選択肢があるシャビ・シモンズ。そして、ドイツ『スカイ・スポーツ』によるとバイエルンもまた獲得を真剣に狙っているようだ。 スポーツ・ディレクター(SD)を務めるマックス・エベール氏は、かねてより同選手を高く評価。今シーズン、レバークーゼンに奪われた王座を取り戻すため、必要なタレントだと考えているという。 ただし、シャビ・シモンズは6月のユーロ2024開催前に自身の去就を決断したいと考えており、これがバイエルンにとっては痛手となる模様。クラブは今年2月にトーマス・トゥヘル監督の今季限りの退任を発表しながら、いまだ後任が定まっておらず、まずは指揮官を決定する必要がある。 現在は、バーンリーのヴァンサン・コンパニ監督と話し合いの場を設けていると報じられるバイエルン。シャビ・シモンズが去就を決断する前に指揮官を決め、獲得に動き出せるかが注目される。 2024.05.21 13:20 Tue

ムバッペ弟もPSG退団へ…リール行きか

フランス代表FWキリアン・ムバッペの弟もパリ・サンジェルマン(PSG)を離れるそうだ。 U-19チームを主戦場にするなかで、昨年12月のリーグ・アンでシニアデビューを遂げた今季のMFエタン・ムバッペ(17)。今季のトップチームがリーグ・アン最終節ちクープ・ドゥ・フランス決勝を残すなか、ここまで5試合の出場を重ねる。 だが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、退団表明の兄キリアンに続いて、移籍となる模様。兄にレアル・マドリー行きが濃厚視されるが、弟の方は国内移籍が予想され、リールが争奪戦でリードしているという。 また、母親であり、代理人も務めるファイザ・ラマリさんも弟のPSG退団を認めたとも。ムバッペ兄弟は揃ってPSG退団となるようだ。 2024.05.21 10:55 Tue

「行き先は分かっていますよね?」ムバッペが250名招待で最後のディナー、代理人務める母親の発言が注目

パリ・サンジェルマン(PSG)からの退団を正式に発表したフランス代表FWキリアン・ムバッペ(25)だが、代理人を務める母親が注目発言をしたと話題だ。 2017年8月にモナコからレンタル移籍でPSGに加入。そのまま完全移籍したムバッペ。PSGでは7シーズンを過ごし公式戦307試合で256ゴールと圧倒的な結果を残した。 エースでもあるムバッペは、幾度となく移籍の噂が浮上。それでもPSGでのプレーを続けてきたが、契約満了を迎える今シーズン限りでの退団を表明した。 行き先こそ明かされていないが、予てから噂に上がっているレアル・マドリー行きが濃厚と見られている。 一方で、すでに優勝も決まっているPSGだが、直近の2試合ではムバッペをメンバー外にしており、本格的に別れた中での戦いに備えている状況だ。 そんなムバッペだがフランス『ル・パリジャン』によれば、20日にパリでの最後のディナーパーティーを開催したとのこと。第8区にある有名なイタリア料理レストラン「ジジ」で250名を招待して行われたという。その中にはチームメイトらも参加した一方で、ナセル・アル・ケライフィ会長は不在。両者は口論があり、良い関係ではなくなっているようだ。 すでに最後の戦いも終わっているPSG。ムバッペが最後のパリでの時間を楽しむ中、かつてはハンドボール選手として活躍し、ムバッペの母親で代理人も務めるファイザ・ラマリさんが、ムバッペの行き先を報道陣に問われた答えが注目されている。 「正直に言って、どんな別れもそうだけど、この数年間は魔法のようだった。パリは魔法の国で、とても活力を与えられたわ」 「もう行き先は分かっていますよね?」 一般的なムバッペの行き先として見られているのはマドリー。他のクラブもかつて関心は寄せられたが、この答えかたはマドリーだと見られている。 ユーロ2024に臨むフランス代表としてもプレーするムバッペは、29日からキャンプに参加。その前に、移籍が正式決定すると見られている。 2024.05.21 10:20 Tue

PSG、今季公式戦10試合に出場した18歳MFマユルとプロ契約を締結

パリ・サンジェルマン(PSG)は20日、U-19フランス代表MFセニー・マユル(18)とプロ契約を締結したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までとなっている。 高いテクニックと両足を遜色なく操るマユルは、12歳の頃にPSGの下部組織に入団。入団後は順調にステップアップを果たし、今年1月に行われたクープ・ドゥ・フランス・ラウンド64のUSルヴェル戦(フランス6部)でトップチームデビューを飾ると、同月に行われたラウンド32のオルレアン戦でトップチーム初ゴールを記録した。 また、3月18日に行われたリーグ・アン第26節のモンペリエ戦でリーグ・アンデビュー、4月7日のクレルモン戦では初先発も飾るなど、今季は公式戦10試合に出場していた。 プロ契約を結んだマユルは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「大好きなパリ・サンジェルマンと初めてのプロ契約を結んだことは、大きな誇りだ。それは子供のころからの夢だった。それを実現するために努力してきた。この契約は僕にとっても、僕の家族にとってもすごく名誉なことなんだ」 2024.05.21 08:00 Tue

王者PSGが白星フィニッシュ、敗れたメスは降格【リーグ・アン】

パリ・サンジェルマンは19日、リーグ・アン最終節でメスとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 王者PSG(勝ち点73)は来週にクープ・ドゥ・フランス決勝を控える中、ムバッペが引き続き負傷欠場となった。 残留プレーオフに回らなければならない16位に位置するメス(勝ち点29)に対し、ゴンサロ・ラモス、アセンシオ、イ・ガンインの3トップで臨んだPSGが立ち上がりからボールを持つと、7分に先制する。 左サイドからソレールが入れたクロスがそのままゴールに吸い込まれた。さらに12分、PSGに追加点。アセンシオの左クロスにイ・ガンインが合わせた。直後はオフサイド判定だったものの、VARでゴールが認められた。 その後も主導権を握るPSGは32分にムキエレがボックス右からGKを強襲して3点目に迫った中、2点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、開始3分にピンチのあったPSGはジャッケスのシュートミスに助けられると、61分のピンチではGKケイロル・ナバスが好守でミカウタゼとの一対一を凌いだ。 その後、ムバッペ弟のエタンを左インサイドMFに投入したPSGは終盤にかけて幾つかピンチがあったもののシャットアウト勝利。白星で最終節を飾っている。 なお、敗れたメスはロリアンがクレルモンに5-0で勝利したことで得失点差で並ばれ、総得点差により17位に後退。自動降格が決まっている。 2024.05.20 06:03 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly