ポチェッティーノ、リーグ・アン白星発進に満足 「最も重要なことは勝ち点3」

2021.08.08 14:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が2021-22シーズンのリーグ・アン白星スタートに満足感を示している。

昨シーズン、リールに10年ぶりのリーグ制覇を許したPSG。直近に行われたトロフェ・デ・シャンピオン2021でもリールに屈しており、覇権奪還を目指す新シーズンに不安を残す形で開幕を迎えることになった。

昇格組トロワのホームに乗り込んだ7日のリーグ・アン開幕節ではエースのFWネイマールやキャプテンのDFマルキーニョス、MFアンヘル・ディ・マリア、MFマルコ・ヴェッラッティ、新戦力のDFセルヒオ・ラモスやGKジャンルイジ・ドンナルンマら注目選手が代表戦やコンディションの問題で欠場となった。

それでも、GKケイロル・ナバス、FWキリアン・ムバッペ、DFプレスネル・キンペンベという主力に加え、新戦力のDFアクラフ・ハキミ、MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがスタメンを飾った。

試合は開始9分にセットプレーからDFウアリド・エル・ハジムにヘディングを叩き込まれ、いきなり先制を許す苦しい立ち上がりに。

それでも、19分にはMFアンデル・エレーラからの絶妙なミドルパスに反応したハキムがボックス右から相手DFを腕でブロックしながら強烈な右足のシュートを突き刺し、すぐさま同点に追いつく。さらに、直後の21分にはMFユリアン・ドラクスラーのフィードに反応したムバッペがボックス右ライン際でマイナスに折り返したボールを中央のFWマウロ・イカルディがワントラップから右足アウトを使った技ありのシュートで流し込み、瞬く間に試合を引っくり返した。

以降はなかなか追加点を奪えず、相手の粘りに遭い拮抗した展開に持ち込まれたものの、最後は地力の差で逃げ切って開幕戦を2-1の逆転勝利で飾った。

同試合後、ポチェッティーノ監督はクラブ公式チャンネル『PSG TV』で内容面の課題を口にしながらも、厳しい試合を制してのリーグ白星発進に満足感を示している。

「勝ち点3を獲得し、このような形でシーズンをスタートさせることができたのは非常に重要だった」

「おそらく、思うように90分間プレーできなかったかもしれない。良い時間帯とそうでない時間帯があったが、全体的には満足している」

「一方で、トロワは称賛に値するチームだった。彼らは試合を通して非常に良いプレーを見せた」

「我々にとって本当に難しい試合だった。しかし、シーズンの始まりは常に難しいものだ。対戦相手はいつもやる気に満ちており、それは昨日や今日の(その他のリーグ戦の)試合結果にも表れている」

「試合に勝つのは決して簡単ではない。どのチームもよく準備されており、もちろん今日はタフだった。しかし、最も重要なことは勝ち点3を獲得することだ」

また、新型コロナウイルスのパンデミック発生以降、長らく無観客開催が続いていたリーグ・アンだが、今回の一戦では多くのサポーターがスタジアムに集まっていた。

アルゼンチン人指揮官は敵地といえども、スタジアムにサポーターの熱気が戻ってきたことを歓迎している。

「サポーターの皆さんは素晴らしかったと思う。今日、我々が感じたアドレナリンは、ファンのいない約2年間、私たちが失ったものだった。フットボールとその情熱を愛するすべての人にとって、悪夢のような非常に悪い状況が続いていたが、今日スタジアムにファンが戻ってきたことをとても嬉しく思うよ」

関連ニュース
thumb

アルゼンチン代表メッシがインフルエンザに? W杯前最終戦を欠場か

アルゼンチン代表のFWリオネル・メッシが病気になってしまったようだ。フランス『レキップ』が報じている。 現在、アルゼンチン代表で活動しているメッシ。23日に行われたホンジュラス代表との親善試合では2ゴールを挙げ、来たるカタール・ワールドカップに向けて調整を進めている。 しかし情報によれば、メッシは病気でダウンしているようだ。インフルエンザのような症状とのことで、W杯開幕前の最終戦となる27日のジャマイカ代表戦は欠場すると見られている。 2022.09.27 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

シュクリニアル、インテルとの契約延長交渉に未だ応じず… 来夏フリーでPSG行きが濃厚

インテルとスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)の契約延長が進んでいないようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 今夏はしきりにパリ・サンジェルマン(PSG)行きが噂されたシュクリニアル。ひとまずはインテル残留で落ち着き、2023年6月までの契約を延長する運びと思われたが、選手側は現在もクラブとの話し合いに応じておらず、契約延長の見通しは立っていないという。 インテルは今夏、再三にわたってPSGのメガオファーを拒絶していたが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、冬の移籍市場では最大でも3000万ユーロ(約41億7000万円)に価値が下がるとのこと。そのインテルがシーズン途中のタイミングで売却に踏み切るか、はたまた契約更新を諦めず最後まで残すかどうかは今のところ不明だ。 ただ、同メディアの見立てでは、やはりインテルが安値で売却する可能性は低く、今シーズンいっぱいはイタリアにとどまる公算が高いようだ。 2022.09.26 22:02 Mon
twitterfacebook
thumb

今夏PSG加入のソレール、8歳から育った古巣バレンシア愛を語る「必ず帰りたい」

パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表MFカルロス・ソレールが、古巣に対する不変の愛を口にした。 ソレールは今夏、8歳のアカデミー入団からおよそ17年間在籍したバレンシアを離れ、PSGへと移籍。新天地デビューが遅れ、今季は代表ウィーク直前の試合で11分間ピッチに立ったのみだが、現在はスペイン代表の活動中で、今秋のカタール・ワールドカップ(W杯)メンバー入りもほぼ確実とみられている。 そんなソレールがスペイン『Super Deporte』のインタビューに応じ、心の底から愛する古巣バレンシアについて言及。今夏も残留を望んでいたと語り、将来の復帰にも含みを持たせている。 「僕はバレンシアに長く在籍したいと思っていたから、長期契約をお願いしていたよ。25歳から34歳、35歳と、ずっと繋がっているはずだった。スペインでそれは可能なことだが、クラブが僕にそれを提供してくれることはなかった」 「これはクラブの責任ある決定であり、フットボールにおいてはごく一般的なことだ。もちろん去るのは辛かった。個人的な恨み? そんなものあるはずないよ。僕に対して恨んでいないことも願っているよ(笑)」 「1人のサポーターとしていつでも戻って来られるし、プレーヤーとしても必ず帰りたい場所だ。バレンシアは僕のホームであり、頼まれればノーと言うことなどできないよ」 2022.09.26 20:56 Mon
twitterfacebook
thumb

PSG加入から1年、メッシがムバッペの印象を語る「野獣であり異なる存在」

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、パリ・サンジェルマンでチームメイトのフランス代表FWキリアン・ムバッペを称賛している。 昨夏からPSGでチームメイトとなった両者。史上最高とも言われる才能で一時代を築いたメッシと、現フットボール界の最前線を走るムバッペ。そんな世代交代の真っ只中にある2人がフランスの首都で奇跡の共闘を見せている。 PSG加入から1年が経った中、メッシが『TUDN Mexico』の取材でムバッペの印象について語った。野獣であり異なる存在であるとし、将来的にスーパースターの仲間入りを果たすと太鼓判を押した。 「キリアンは次元の異なる選手だ。ビーストと言うべきかもね。一対一に強く、スピードもあり、たくさんのゴールを決める」 「完璧な選手なんだ。ここ数年でそれを証明してきたと思う。そして今後数年、彼は間違いなく最高の選手の仲間入りをするだろう」 2022.09.26 16:10 Mon
twitterfacebook
thumb

「フランス代表の方がずっと自由」 ムバッペがPSGとでの違いを明らかに

フランス代表FWキリアン・ムバッペがパリ・サンジェルマン(PSG)とでの違いを明かしている。フランス『レキップ』が報じている。 22日のUEFAネーションズリーグ(UNL)でオーストリア代表をホームに迎え撃ったフランス。すでにグループステージでの敗退が決まっての一戦だったが、ムバッペとFWオリヴィエ・ジルーのゴールで2-0と勝利した。 この試合でも56分にカウンターから相手の5選手からなる守備網をドリブルで切り裂き、最後は右足でゴールと存在感を放ったムバッペ。試合後、自由なプレーぶりが指摘され、「プレーの仕方が違うよね」と返した。 「ここだとクラブで求められるものと違うんだ。こっちの方がずっと自由だ」 「(ディディエ・デシャン)監督はオリヴィエのような9番の存在を知っているから、僕は動き回ってスペースを突いていける」 「パリでは違って、ピボットをやれと指示されるんだ。(より楽しめているってこと?) 僕はどっちでも楽しめているよ」 PSGだろうが、フランス代表だろうが、どちらにしてもキレキレなプレーが光るムバッペ。役割が違ってもすんなりと活躍してみせるあたりはさすがといえるが、より快適にできるのはレ・ブルーということのようだ。 2022.09.25 17:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly