2020-21シーズンのUEFA最優秀ゴールはポルトのイラン代表FWタレミの圧巻バイシクルに!

2021.07.29 20:06 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
欧州サッカー連盟(UEFA)は29日、2020-21シーズンの最優秀ゴール賞(Goal of the Season)を発表した。

今回の対象は2020-21シーズンのUEFA主催大会において決まったゴールで最終候補には10個のファインゴールが選出されていた。

『UEFA.com』の一般ファン投票によって選出された2020-21シーズン最高のゴールは、ポルトのイラン代表FWメフディ・タレミがチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのチェルシー戦で決めたバイシクルシュートとなった。

このゴールはポルトが2戦合計0-2のスコアで迎えた94分、右サイド深くでDFナヌが上げたクロスをファーサイドのタレミが右足のバイシクルシュート。これがゴール右隅の完璧なコースに決まったものだった。

チームを逆転突破に導くゴールとはならなかったものの、タレミのゴールは約30%の投票を獲得し、文句なしの最優秀ゴールとなった。

また、次点はイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェがユーロ2020準々決勝のベルギー代表戦で決めたミドルシュート、3位にはレンジャーズのイングランド人FWケマル・ルーフェがヨーロッパリーグ(EL)グループステージのスタンダール・リエージュ戦で決めたロングシュートとなった。



1 2
関連ニュース
thumb

ポルト戦で負傷交代のレマル、太ももの筋肉損傷でリーグ戦3試合欠場の可能性

アトレティコ・マドリーは16日、フランス代表MFトマ・レマルが太もものケガで離脱したことを発表した。 15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節のポルト戦に先発出場したレマルだが、36分に太ももを負傷。プレー続行不可能となり、そのままデ・パウルとの交代を余儀なくされた。 クラブによれば、精密検査を受けたレマルは太ももの筋肉の損傷と診断された、今後は個別の理学療法とリハビリを行いながら、経過観察を続けるという。 なお、スペイン『マルカ』は離脱期間について、10日前後になると伝えており、レマルは今後のラ・リーガ3試合を欠場。28日に行われるCLグループB第2節のミラン戦か、10月2日に行われるラ・リーガ第8節のバルセロナ戦での復帰を目指していると報じている。 2021.09.17 01:10 Fri
twitterfacebook
thumb

VARでのゴール取り消しが物議…ポルト指揮官も厳しい言葉「レフェリーチームが最も劣っていた」

チャンピオンズリーグ(CL)の一戦で、不可解な判定が物議を醸している。 問題視されているのは、15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節のアトレティコ・マドリーvsポルトの試合のプレーだ。 この試合は互いに特徴である堅守を表に出し、なかなか攻撃が上手くいかない展開が続く。 拮抗した展開で時間ばかりが進んでいき、ゴールレスのまま試合は終盤へ。するとそのシーンは80分に訪れる。 自陣の左サイドでボールを持ったレナン・ロージが、相手のプレスに追い出されそうになり、反転してバックパス。距離のあるバックパスとなると、これに反応したのはポルトのイラン代表FWメフディ・タレミだった。 アトレティコはMFジェフリー・コンドグビアも対応を躊躇し、GKヤン・オブラクもその結果前に出られず、お見合い状態となったなか、猛然とプレスをかけたタレミが先にボールに触り押し込むと、GKオブラクがブロック。飛び出たオブラクと接触しながらも、跳ね返りをタレミが押し込み、ついに先制かと思われた。 しかし、このプレーにはVARが介入。その結果、タレミのファウルが取られ、ポルトのゴールは認められず。そのまま試合は、0-0のゴールレスドローとなった。 アトレティコとしては完全に助かったシーン。ポルトの選手たちは判定に納得がいかないものの、仕方なく引き下がることとなった。 この件について、ポルトのセルジオ・コンセイソン監督は「まだ映像は見ていないが、ハンドの可能性がある前に、PKがあるかどうかはわからない」とコメント。また、最終盤にはDFシャンセル・ムベンバが退場処分とさせられたことにも触れ「ムベンバの退場には理由がないことはわかっている。レッドカードは大げさだ。この試合では、レフェリーチームが最も劣っていた」と審判団を批判していた。 <span class="paragraph-title">【動画】ファウル?ノーファウル? 取り消されたポルトFWのゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">.<a href="https://twitter.com/ChampionsLeague?ref_src=twsrc%5Etfw">@ChampionsLeague</a>| Atlético 0-0 Porto<br><br>O Porto marcou mas não contouBem anulado? <a href="https://twitter.com/hashtag/ChampionsELEVEN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ChampionsELEVEN</a> <a href="https://t.co/tl2ly5rL3L">pic.twitter.com/tl2ly5rL3L</a></p>&mdash; ELEVEN Portugal (@ElevenSports_PT) <a href="https://twitter.com/ElevenSports_PT/status/1438244422072819716?ref_src=twsrc%5Etfw">September 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.16 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコとポルトの堅守対決はゴールレスドロー、VARでポルトのゴールが無効に《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節、アトレティコ・マドリーvsポルトが15日に行われ、0-0の引き分けに終わった。 リバプールとミランが同居しているグループB。昨季は優勝したチェルシーの前にベスト16敗退に終わったラ・リーガ王者アトレティコは、スアレスとフェリックスの2トップで臨んだ。 一方、昨季はユベントスを撃破してベスト8に進出したポルトは、ペペらが先発となった中、セルジオ・コンセイソン監督お馴染みのフラットな[4-4-2]で臨んだ。 立ち上がりからボールを握ったのはアトレティコ。すると7分にスアレスが枠内シュートに持ち込んだが、GKジオゴ・コスタにセーブされた。ポルトは直後、タレミがゴールに迫るもシュートは枠を捉えきれない。 その後は拮抗した攻防が続いた中、27分にポルトがPKを獲得しかける。だが、ボックス左に抜け出したサヌシをコンドグビアが好タックルで阻止した。 36分にレマルの負傷を受けてデ・パウルを投入したアトレティコは、37分にスアレスの直接FKでゴールに迫るも、膠着した一戦はゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半開始5分、ポルトは右サイドから上げたクロスが左ポストに直撃。54分にペペが負傷交代となった中、アトレティコは56分に3枚替えを敢行。フェリックスやコケらに代えてグリーズマンやアンヘル・コレアを投入した。 すると68分にアトレティコに決定機。ボックス右からコレアのシュートが枠を捉えるも、GKジオゴ・コスタのセーブに阻まれた。 終盤の80分にはポルトがゴールをこじ開けかける。ロージのバックパスをカットしたボックス内のタレミがゴールにねじ込んだが、VARの末ノーゴールに。タレミにファウルがあったと判定されたようだ。 試合終了間際、スアレスが直接FKでゴールに迫るもわずかに枠の上に外れてタイムアップ。堅守が売りの両チームの一戦はゴールレスドローに終わった。 2021.09.16 06:23 Thu
twitterfacebook
thumb

競り合いでぺぺが“ノールック”で完璧な右アッパー、スポルティングは訴え

ポルトのポルトガル代表DFペペの行為が物議を醸している。 問題が起こったのは11日に行われたプリメイラ・リーが第5節のスポルティング・リスボンvsポルトの一戦だ。 ポルトガル国内のダービーとしても知られる一戦。激戦がいつも繰り広げられる中、ヌーノ・サントスのゴールでスポルティングが先制。しかし、ポルトは71分にルイス・ディアスのゴールで追いつき、試合は1-1のドローに終わった。 問題が起きたのは試合の32分。スポルティングの右CKのシーンだ。 右CKからゴール前にクロスが送られたが、このシーンでは味方に合わず、プレーが終わったが、ボックス内でウルグアイ代表DFセバスティアン・コアテスが倒れているのが発見される。 顔面を抑えうつ伏せに倒れたコアテスはしばらくして立ち上がるが、なにやら激昂。ぺぺに対して怒りを露わにしていた。 このシーンでは特に何もお咎めは無かったが、別角度からの映像ではハッキリと問題の行動が映し出されることに。競り合いの際、コアテスに体を寄せた際に、ぺぺが見事過ぎる右アッパーをお見舞い。完璧にアゴを捉えるパンチが確認できる。 映像を見る限り、動きの中での事故とは言えない動き。ノールックでのアッパーを完璧に決め、さらにイエローカードも出ないとはさすがと言える。 しかし、試合後に黙っていなかったのはスポルティングだ。ポルトガル『レコルド』によると、スポルティングはポルトガル・プロ・サッカーリーグ(LPFP)に対して異議申し立てを行ったとのこと。テレビの映像をもとに申し出ている。 ポルトガルでもVARは導入されており、それでも何のお咎めも無かったペペ。しかし、VARが介入していながらも、明確なミスが見られる試合は多い状況のようだ。 ファウルであればPKを獲得。さらにペペはその後にイエローカードを受けており、このプレーが退場ではなくとも、イエローカードが提示されていれば結果が違った可能性はあり、スポルティングは引き下がるつもりはないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】ペペのノールックアッパーがアゴを完璧に捉える</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Sporting x Porto: Pepe dá gancho em Coates, e uruguaio fica caído no chão após agressão<a href="https://t.co/v1JPJG33fX">https://t.co/v1JPJG33fX</a></p>&mdash; FOX Sports Brasil (de ) (@FoxSportsBrasil) <a href="https://twitter.com/FoxSportsBrasil/status/1436787376500662272?ref_src=twsrc%5Etfw">September 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Ainda sobre ontem à noite. Como é possível que um jogador fique impune depois de agredir barbaramente, com o queixo, o punho fechado de um anjinho chamado Pepe? Era expulsar esse bandido do Coates e irradiá-lo para dar o exemplo. O futebol tem de ser implacável com gente decente! <a href="https://t.co/iIIyICqPKh">pic.twitter.com/iIIyICqPKh</a></p>&mdash; nuno saraiva (@nuno_a_saraiva) <a href="https://twitter.com/nuno_a_saraiva/status/1436970642683875328?ref_src=twsrc%5Etfw">September 12, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.14 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

元浦和MFエヴェルトンがポルティモネンセにフリーで加入、解除金は26億円

かつて浦和レッズでもプレーしたポルトのMFエヴェルトン(28)が、ポルティモネンセへと完全移籍で加入した。 契約期間は2024年6月30日までの3年間。契約解除金は2000万ユーロ(約26億円)に設定されている。 エヴェルトンはブラジル国内クラブでプレーしたのち、2014年8月にポルティモネンセへと完全移籍。2018年7月にポルトへと完全移籍した。 そのままレンタル移籍でポルティモネンセに加入。2019年1月には浦和レッズへとレンタル移籍で加入していた。Jリーグでは2シーズンを戦いJ1通算51試合に出場し4得点、リーグカップで2試合に出場し1得点を記録していた。 2020年12月にポルトへと帰還したエヴェルトンは、2021年1月にポルティモネンセへとレンタル移籍。今夏、フリートランスファーで完全移籍となった。 ポルティモネンセには、GK中村航輔、MF中島翔哉、MF川﨑修平と日本人が3名所属している。 2021.08.30 12:12 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly