自身2度目のラ・リーガ制覇を成し遂げたシメオネ、「チャンピオンになるために最高の1年だった」

2021.05.23 06:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーで2度目のラ・リーガ制覇を成し遂げたディエゴ・シメオネ監督は、コロナ禍での苦しいシーズンでのタイトル獲得により喜びを感じているようだ。スペイン『マルカ』がアルゼンチン人指揮官のコメントを伝えている。

アトレティコは22日、敵地で行われたラ・リーガ最終節でバジャドリーと対戦し、2-1で逆転勝利。この結果、7シーズンぶり11度目のラ・リーガ制覇を成し遂げた。

今シーズン、レアル・マドリーとバルセロナのスロースタートを尻目に着実に勝ち点を重ねて一時は2位以下に10ポイント差を付ける快走を見せたアトレティコ。しかし、7年ぶりの覇権奪還は決して簡単なものではなく、シーズン後半戦は新型コロナウイルス感染者や負傷者の影響などにより、以前からの課題とされた得点力不足に加え、守備面でもソリッドさを欠き徐々に失速。

それでも、シーズン終盤に向けては守護神ヤン・オブラクの重要なPKストップや、これまで決定力が課題とされてきたMFヤニック・フェレイラ・カラスコ、FWアンヘルコレアの台頭などにより、しぶとく勝ち点を重ねて首位をキープした。

そして、残り2試合ではオサスナ、バジャドリーという格下相手にいずれも先制を許す厳しい戦いとなったが、昨夏にバルセロナを構想外で追われたFWルイス・スアレスの見事な2試合連続逆転ゴールによって勝ち切り、悲願達成となった。

同試合後、優勝会見に出席したシメオネ監督は、コロナ禍において多くの人々が苦しんだシーズンに自分たちがリーグ王者に輝いたことを誇りに思うと語っている。

「多くの人たちのためにも嬉しいことだ。ウイルスの影響で多くの人が亡くなるなど、このような複雑な年にアトレティコがチャンピオンになったことは、他の年とは異なるものだと考えている」

「我々の歴史のように本当に難しい1年だった。だからこそ、チャンピオンになるために最高の1年だったと思う」

さらに、アトレティコで初めて優勝した2013-14シーズンとの違いを問われると、「以前とは大きく異なる。世界は非常に悲しい状況にあるが、我々は多くの人々に喜びを与えることができると思っている。32週に渡ってトップを維持できたことは非常に大きい。感謝の気持ちを忘れずにいたい。とりわけ、プレーの少なかったプレーヤーたちには感謝している。彼らはチームとしての目標を持ち続け、常にそれを実践してくれた」と、難しい環境と長らく首位を維持してきたことへの価値を見出している。

また、この試合で殊勲のゴールを挙げたコレアとスアレスに関しては、上機嫌でその働きを称えている。

「アンヘル(・コレア)については、以前からゴールを決めなければならないと言ってきた。時々そのためのトレーニングをしているが、今日は素晴らしいゴールを決めてくれた。(アルゼンチン)代表チームが彼を呼んでくれるのは嬉しいことだし、彼はその謙虚さから日々成長しているし、そういう人たちを大切にしなければならない」

「スアレス? まさにスアレス・ゾーンに入っていたね。そのことを2、3日前にも言っていた。恐らく、私は(獲得できて)ラッキーだった。あれこそスアレスたるゆえんと言えるだろう」

最後に注目される自身の去就に関してはクラブとしての成長を感じていると続投の可能性を示唆している。

「人々が疲れることは間違いない、私はとても頭が固いからね。クラブが成長し続けることができると思うし、このまま続いていくことを願っている」

「クラブは成長を続けている。彼らは素晴らしい仕事をしてきた。ミゲル(・アンヘル・ヒル・マリン)、エンリケ(・セレソ)、そして表に出てこない人々を含めすべての人間がクラブの安定性を結果を超えて与えている。彼らは常にこれを望んできた。彼らとはここで一緒に祝うことができないが、すぐに私たち全員で抱き合うことになるはずだ」

関連ニュース
thumb

何かがおかしい…シメオネ親子が“チェス”で真剣勝負もその盤面に騒然「これもう負けてない?」

アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督の戦術が話題だ。 2011年にアトレティコの指揮官に就任して以降、徹底した堅守を軸にレアル・マドリーやバルセロナと並ぶチームに鍛え上げ、近年ではさらに攻撃的なスタイルに挑戦し、2020-21シーズンにもラ・リーガ優勝を果たすなど、名将の1人に数えられるシメオネ監督。今シーズンも、チャンピオンズリーグの舞台で見せたマンチェスター・シティ戦の超守備的戦術は議論を呼んでいた。 そんなシメオネ監督が今度はチェスに挑戦した。家族とともにオフを過ごしている名将は、息子であるアルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネ(エラス・ヴェローナ)と盤面に向き合う。自身のインスタグラムで公開した写真の表情は真剣そのものだ。 しかし、その写真を見るととんでもない秘密が隠されていた。相手のキングを追い詰めるために両者が駒を動かしていくチェスだが、シメオネ監督の盤面にキングは不在だったのだ。 撮影用に適当に駒を並べただけなのか真相は不明だが、これに気が付いたファンからはツッコミが殺到。「確かにこれなら絶対負けないね」」、「キングなしでどうやってチェスするの?」、「彼は特殊なルールでやっていたのかもしれない」、「すべての駒を取るまで続ける戦いもある」、「これもう負けてない?」といった反応が多く集まっている。 チェスで無敗の戦術を編み出した?シメオネ監督。来シーズンのアトレティコではどのような戦い方を見せてくれるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】よくよく見てみると…そこにあるはずのキングがいない!(3枚目)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfOusexKNw4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfOusexKNw4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfOusexKNw4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Diego Pablo Simeone(@simeone)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.28 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴィツェルのアトレティコ入りが確定的に! 会長認める

ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル(33)のアトレティコ・マドリー入りが決まった。 一度は中国に渡ったが、2018年夏のドルトムント入りでヨーロッパに舞い戻ったヴィツェル。4シーズンで公式戦143試合の出場数を誇るなど、中盤の軸を担ったが、2021-22シーズンをもって契約満了で今夏にフリーとなる。 移籍先を巡ってはアストン・ビラにフランス代表MFブバカル・カマラを手放したマルセイユからの関心も噂されたが、最近ではメキシコ代表MFエクトル・エレーラの後釜としてアトレティコ・マドリー行きが濃厚視されている。 そうしたなか、アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレソ会長はスペイン『アス』によると、「ヴィツェルは周知のとおり、ほぼ完了済み」と加入を認めたという。 なお、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏も同会長の発言を紹介しつつ、ヴィツェルのアトレティコ・マドリー加入に向けた交渉完了を主張。契約は2023年までの1年で、1年延長オプションが付いている模様だ。 2022.06.28 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ退団のスアレス、アルゼンチン行きの可能性

アトレティコ・マドリーから退団するウルグアイ代表FWルイス・スアレス(35)だが、ヨーロッパを離れる可能性が高まっている。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、スアレスの獲得に関してアルゼンチンのリーベル・プレートが熱心に興味を持っているとのことだ。 リーベルとしては早い段階での加入を希望しているが、期限を設けることはしていないという。 スアレスは現在はスペインのイビサ島で休暇中。リオネル・メッシやセスク・ファブレガスらと楽しんでいる姿をSNSでも投稿しており、リラックスしている状況だ。 リーベル側の態度としては、「明日プレーできる選手を待っているわけではない」とのこと。今すぐにチームに入ってプレーしてもらいたいということではないが、スアレスのようなスコアラーが欲しい状況という。 スアレスが獲得できるかどうかというポイントとなりそうなのは、コパ・リベルタドーレスでの結果とのこと。ラウンド16でベレス・サルスフィエルドとの試合が予定されており、勝ち上がるかどうかが重要になると見られている。 スアレスは母国のナシオナルから2006年7月にフローニンヘンに完全移籍。アヤックス、リバプール、バルセロナと渡り歩いていた。 ラ・リーガでは258試合で176ゴール84アシスト、エールディビジでは139試合91ゴール59アシスト、プレミアリーグでは110試合で69ゴール39アシストを記録。多くのゴールを記録してきたスアレスは南米に戻るのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】妻と3人の子供とともにアトレティコに別れの訪問</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Ceg2JixMoQb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Ceg2JixMoQb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Ceg2JixMoQb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Luis Suarez(@luissuarez9)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.27 16:52 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコがセルティックから補強? 加入1年目で躍動のユラノビッチに興味

アトレティコ・マドリーがセルティックのクロアチア代表DFヨシプ・ユラノビッチ(26)の獲得に興味を持っているという。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 昨年夏にレギア・ワルシャワからセルティックへと加入したユラノビッチ。アンジェ・ポステコグルー監督の下で右サイドバックを任されると、スコティッシュ・プレミアシップで26試合に出場し3ゴール1アシストを記録していた。 加入1年目でレギュラーとして活躍した中、アトレティコが興味を含め、多くのクラブが関心を示しているとのこと。しかし、セルティックは今の所オファーを受けておらず、売却する意思もないようだ。 アトレティコは、クロアチア代表DFシメ・ヴルサリコ(30)との契約を解消し、デンマーク代表DFダニエル・ヴァスも33歳を迎えている状況。新たな右サイドバックを補強したいと考えているようだ。 イングランド代表DFキーラン・トリッピアーがチームにいたが、1月にニューカッスルへと完全移籍。ユラノビッチは250万ポンド(約4億1500万円)でセルティックに加入し5年契約を結んでいるが、アトレティコはどれだけのオファーを出せるだろうか。 2022.06.27 15:45 Mon
twitterfacebook
thumb

グリーズマンが“レインボー”ヘアに大胆イメチェン!チームメイトからは不評…

アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが大きくイメージチェンジした。 グリーズマンは25日にインスタグラムを更新。髪全体をグレーに染め、さらに襟足を赤、黄色、緑、紫のレインボーカラーに染めた姿を投稿した。 特に本人からのコメントはないものの、LGBTQ+の権利について啓発を促す「プライド月間」である6月に合わせてのイメージチェンジの可能性が高いとみられている。 ただ、チームメイトのスペイン代表MFコケは「ひどい」と爆笑の絵文字を添えて反応。そのデザインは残念ながら受け入れられなかったようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】グリーズマンの“レインボー”ヘア!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">What does this silly ¡¡¡<br>Maybe this all what can u do recently <a href="https://t.co/CbjWp71teH">pic.twitter.com/CbjWp71teH</a></p>&mdash; Prince.7 (@LittlePrinceAG) <a href="https://twitter.com/LittlePrinceAG/status/1540455529809592326?ref_src=twsrc%5Etfw">June 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.27 12:01 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly