「一人前の男になるために」ヘタフェに現れたもう1人のサムライ・久保建英

2021.01.31 13:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
◆ガクからタケへ
柴崎岳(現レガネス)がヘタフェの一員となってからすでに4年。初めてこの地で青いユニフォームを身に着けることになった日本代表トップ下のコリセウム・アルフォンソ・ペレス到着は、当時一大センセーションを巻き起こした。その前のシーズン、テネリフェに降り立ち、一筋の光として輝きを放ったハイレベルなプレーにより、地元ファンの間にも1部に復帰したばかりのヘタフェの主力となるべく、大きな期待を集めた加入だった。しかし、彼が特筆すべき活躍を見せたのは出場4試合目にして、バルサ相手に殊勲のゴールを挙げた時ぐらい。その試合で中足骨亀裂骨折という不運に見舞われ、ガクはチームの第一線から姿を消すことになる。

ヘタフェに在籍した2年間、ほとんど主役を務めることはなく、その存在も徐々に色褪せていった。そして最後はデポルティーボ・デ・ラ・コルーニャへ移籍することを選び、ホセ・ボルダラス監督の下を離れることとなった。
そして時は流れ、久保建英が現れた。新たなサムライがボルダラス軍団に加わったのだ。サムライから戦士へ、華々しい妙技から、ボールプレーの従事者になるために。久保はサッカー選手としてレベルアップを遂げるため、大きな変化を経験することになるだろう。成熟と成長。試合に出ることによって、より良いサッカー選手、より完璧な選手となるステップを踏めるはずだ。

彼の入団は決して偶然ではない。ヘタフェは移籍に向けて積極的に動いた。昨季、レアル・マドリーに入団した時から、アンヘル・トーレス会長は久保のレンタルを望み、チームのクオリティ向上を必要としたボルダラス監督も最高の補強であると認めた。今シーズン前半、ビジャレアルでプレー時間が少ないのを目撃したレアル・マドリーも、ヘタフェでなら彼がチームで重要な役割を担っていると実感できる姿を身近で見守れることを知っていた。


関連ニュース
thumb

ウルグアイ代表MFアランバリが手術を決断、4カ月の離脱でカタールW杯欠場へ

ヘタフェのウルグアイ代表MFマウロ・アランバリが手術を決断したようだ。スペイン『ムンド・デポルティーボ』が報じている。 アランバリは1日に行われたラ・リーガ第7節のレアル・バジャドリー戦で右足首を負傷し投入交代すると、以降のリーグ戦4試合を欠場していた。 ケガと相談しながら少しずつ慣らしていたいたが、先週グループ内で行われた検査でも痛みが引いておらず、手術を決断するに至ったようだ。 なお、『ムンド・デポルティーボ』によれば復帰までには4カ月かかるため、11月20日に開幕するカタールW杯に間に合わないことになった。 2022.10.26 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「勝つに値した」今季リーグ戦初の無失点勝利のレアル、アンチェロッティ監督は攻撃の精度を指摘

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、ヘタフェ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 8日、ラ・リーガ第8節でマドリーはアウェイでヘタフェと対戦した。 ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)を戦っており、過密スケジュールの中臨んだ試合。開始3分にCKからエデル・ミリトンがネットを揺らし、幸先良くゴールを奪う。 試合の主導権を握っていくマドリーだが、連戦の疲労もあるのか、なかなか攻撃面ではうまくいかず。一方で、守備面は強固なものを誇り、そのままタイムアップ。今シーズンのリーグ戦初のクリーンシートで、0-1で勝利を収めた。 アンチェロッティ監督は、選手たちのパフォーマンスを評価。特に無失点で終えた守備を称えた。 「チームは良いプレーを見せ、勝つに値した。昨シーズンはここで失敗したので満足している。今シーズンはよりソリッドになり、デュエルで強さを見せた」 「またクリーンシートで終えたことは重要だ。インテンシティに優れ、守備が良かったからだ」 「ミリトンとリュディガーは素晴らしく、チュアメニも彼らの前で良かった」 一方で、ボールポゼッションは良かったとしながらも、ゴールを効果的に決められていないとコメント。この試合も1ゴールで終わったことを課題とした。 「時々、ボール保持がとても快適に感じるゲームがある。我々は早く得点したので、急いでプレーをし過ぎないようにしていた」 「ボールをより持ち、試合をコントロールしたが、前線の精度は他の試合ほどではなかった。リーグ戦の直近2試合でも多くのチャンスを作りながら、得点を多く決められなかった」 いよいよ次節はバルセロナとの“エル・クラシコ”が待っている。しかし、アンチェロッティ監督はその前に行われるCLのシャフタール・ドネツク戦が大事だとし、選手を休ませる可能性を示唆した。 「まだ先の話だ。その前に試合があり、火曜日にはもう少しギアを上げなければいけない。疲れている選手はプレーしない可能性がある」 <span class="paragraph-title">【動画】ミリトンの豪快ヘッドでレアルが辛勝!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="s2lr4AcMIGo";var video_start = 30;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.09 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリーが今季初のリーグ戦クリーンシートでヘタフェ撃破! 内容課題もクラシコに弾み《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第8節、ヘタフェvsレアル・マドリーが8日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、アウェイのマドリーが0-1で勝利した。 マドリーは前節、オサスナ相手に試合の主導権を握りながらも復帰戦となったエースFWベンゼマのPK失敗が響き、ホームで1-1のドロー。今季の公式戦10戦目にして初の取りこぼしとなった。それでも、チャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール戦ではシュート30本以上を放ってロドリゴ、ヴィニシウスの2ゴールにとどまったものの、ホームで2-1の勝利。グループリーグ3連勝で突破に王手をかけた。 次節に今季最初のエル・クラシコを控える中、アンチェロッティ監督は球際でハードな相手とのマドリード自治州ダービーに向け、シャフタール戦から先発3人を変更。モドリッチが復帰した一方、コンディションの問題でベンゼマがメンバー外となったほか、クロースとメンディに代わってカマヴィンガ、リュディガーが起用された。 試合の入りはホームのヘタフェが勢いを持って入ったものの、マドリーがファーストシュートをゴールに結びつける。開始3分、左CKの場面でキッカーのモドリッチが右足インスウィングで手前のストーンをギリギリ越えるボールを入れると、中央からニアに走り込んできたミリトンが打点の高いヘディングシュートを流し込んだ。 難敵相手に最高のスタートを切ったマドリーは、早い時間帯の同点を目指してやや前がかるヘタフェをいなしながら以降も決定機を創出していく。 しかし、畳みかける追加点を奪い切れずにいると、20分を過ぎた辺りからヘタフェに盛り返され、自陣深い位置まで攻め込まれるシーンが増えていく。その中で古巣対戦のマジョラルに幾度かフィニッシュに持ち込まれかけるが、ここはリュディガーやアラバを起点に凌いでいく。 その後、ややギアを入れ直して再び攻勢に転じた前半終盤にはバルベルデの正確なクロスからゴール前のロドリゴに2点目のチャンスが訪れるが、枠を捉えたヘディングシュートはGKソリアの好守に遭う。また、その数分後にはヴィニシウスのボックス内での仕掛けからPKを獲得したが、VARのレビューの結果、その前の仕掛けの段階でボールがタッチラインを割っていたとの判定でPKは取り消しに。1点差のままハーフタイムを迎えることになった。 迎えた後半、立ち上がりにチュアメニ、モドリッチのボックス内での連続シュートでいきなり2点目に迫ったマドリー。しかし、直後にはアレーニャのミドルシュートでGKルニンがファインセーブを強いられるなど、試合の主導権を掌握するには至らず。57分にはバルベルデが競ったこぼれ球に抜け出したロドリゴがゴールネットを揺らすが、これはオフサイドの判定に。 序盤の攻防を経てマドリーが試合を落ち着かせることに成功するが、連戦の披露の影響もあってか、なかなか試合を決める2点目を奪うことができず。ポルトゥやムニルといった曲者を投入したホームチームに勝ち点奪取の可能性を残す、痺れる展開が続く。 その後はボール保持率を高め相手を自分たちのゴールから遠ざける形で最少得点差を維持して時計を進めるマドリーは、80分を過ぎてミリトン、カマヴィンガを下げてナチョ、アセンシオとようやく最初の交代カードを切る。 後半最終盤には相手の狙いとするセットプレーで冷や汗をかく場面もあったが、結局ミリトンのゴールを最後まで守り切ってウノセロで試合をクローズ。この結果、内容面で課題が出たものの今季リーグ初のクリーンシートで勝ち切ったマドリーが、シャフタール戦を挟んで臨むクラシコに弾みを付けている。 2022.10.09 05:58 Sun
twitterfacebook
thumb

来週にクラシコ控えるマドリー、ベンゼマがヘタフェ戦を欠場

レアル・マドリーは7日、翌日に行われるラ・リーガ第8節ヘタフェ戦に向けた招集メンバーを発表した。そのメンバーにフランス代表FWカリム・ベンゼマは含まれなかった。 ベンゼマは右足の筋肉を痛めて代表ウィーク前、マジョルカ戦とアトレティコ・マドリー戦を欠場。代表ウィーク明け、オサスナ戦とチャンピオンズリーグのシャフタール戦ではフル出場していた。 前日会見でカルロ・アンチェロッティ監督はベンゼマのヘタフェ戦出場の可能性を示唆していたが、大事を取って休養を与えたようだ。 レアル・マドリーは今後、11日にシャフタールとのリターンマッチ、16日にはバルセロナとのエル・クラシコを控える。 2022.10.07 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「負けるべくして負けた」パッとしないまま敗れたソシエダ、指揮官はELからの過密日程に「言い訳にはならない」

レアル・ソシエダのイマノル・アルグアシル監督が、ヘタフェ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 11日、ラ・リーガ第5節でヘタフェとアウェイで対戦したソシエダ。日本代表MF久保建英も先発出場を果たした。 8日にマンチェスター・ユナイテッドとのヨーロッパリーグ(EL)をアウェイで戦い、移動を含めて中2日しかなかったソシエダ。前半は上手く機能せず、FWウマル・サディクが負傷交代するなど、悪い流れが続いた。 すると前半アディショナルタイムに失点。1点ビハインドで前半を折り返すと、後半早々の48分にも失点し2点ビハインドに。50分にブライス・メンデスがネットを揺らすも、追加点を奪えず2-1で敗戦。ヘタフェに今季初勝利をプレゼントしてしまった。 試合後、アルグアシル監督は前半の出来を非難。良くなかったとと認め、後半もチャンスを生かせなかったとした。 「我々は負けるべくして負けた。なぜなら、同点に追いつき、勝利するチャンスがあったのに、正確さを欠いてしまった」 「ゴールを決められる時に、決めるということでは、ヘタフェの方が優れていた」 「前半はボールを持っているときも、そうでない時も、あまり好きではなかった。ボールを上手く回すことができず、いつもより厚く、彼らが良いプレッシャーをかけてきたのは事実だ」 「そして、2つの失点は避けられたものだったと思う」 「後半になるとまた違った展開になったが、明確な得点チャンスを得ることはできなかった」 また、ELからの時間が短いことについて触れられると、言い訳にはできないとし、パフォーマンスの問題だと語った。 「そうではない。チームが後半にどのようにフィニッシュしたかを見ただろう。彼らは我々よりも悪かった」 「そんなことは言い訳にはならない。チームのためにもだ。なぜなら、彼らの方が、ゴール前での精度が高かったからだ」 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英は古巣対戦も前半で交代、ヘタフェvsソシエダ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ZEjoUQPi1kE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.12 13:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly