長崎がキャプテンのMF秋野央樹ら4選手と契約更新、GK高木和徹は清水から期限付き移籍延長

2021.01.08 14:26 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
V・ファーレン長崎は8日、MF秋野央樹(26)、DF亀川諒史(27)、DF二見宏志(28)、DF鹿山拓真(24)との契約更新を発表した。秋野は2020シーズンの明治安田J2で40試合に出場、亀川は28試合に出場し1得点、二見は35試合に出場、鹿山は14試合に出場していた。


また、清水エスパルスから期限付き移籍で加入していたGK高木和徹(25)に関して、期限付き期間を延長することを発表している。期限付き移籍期間は2021年2月1日から2022年1月31日までとなり、清水との公式戦には出場できない。

高木和は2020シーズンの明治安田J2で19試合に出場していた。

各選手はクラブを通じてコメントしている。

◆MF秋野央樹
「2021シーズンも長崎でプレーすることになりました。厳しい戦いが待っていますが、日々成長できるよう、1日1日を大事にし、目標達成できるようチーム一丸となって頑張ります!」

「どういう応援形態になるか分からず、サポーターの皆さんも不安なことが多いと思いますが、長崎県民みんなで手を取り合い、最後は必ず笑顔で終わりましょう。たくさんの応援よろしくお願いします!」

◆DF亀川諒史
「2021シーズンもV・ファーレン長崎の一員として、みなさんと共に闘えることを本当に嬉しく思います。V・ファーレン長崎でプレーさせていただいて3年目を迎えますが、この2年間で本当に長崎のことが好きになり、このチームでJ1を闘いたいと強く思うようになりました」

「2020シーズンは、ここからだというときにケガをしてしまい、チームの力になることができず、J1昇格も逃してしまいました。本当に悔しかったです。その悔しさを2021シーズンにぶつけて、J1昇格の力になれるように精一杯頑張ります。長崎に関わるすべてのみなさんでJ1昇格をつかみ取りましょう!」

◆DF二見宏志
「2021シーズンも長崎でプレーすることになりました。チームのために頑張るので応援よろしくお願いします」

◆DF鹿山拓真
「2021シーズンも愛する長崎のために闘うことを決意しました。V・ファーレン長崎でプレーすることは、やはり自分の中で特別な想いがあります。大好きな長崎をもっとサッカーで盛り上げられるよう、今を一生懸命に。変わらず謙虚に。精一杯頑張ります。共に闘いましょう!よろしくお願いします!」

◆GK高木和徹
・V・ファーレン長崎
「2021シーズンも長崎でプレーすることになりました!2020シーズンはチームとしても個人としても悔しい思いをしたので、今年はJ1昇格できるよう全力で頑張ります!熱い応援よろしくお願いします!」

・清水エスパルス
「2021シーズンも長崎でプレーすることになりました。清水のファン・サポーターの皆さんに成長した姿を見てもらえるよう全力で頑張ります!陰ながら応援よろしくお願いします!」
関連ニュース
thumb

新潟が10年ぶり復帰の千葉和彦弾などで北九州を4発粉砕! 昨季昇格ならずの長崎も白星スタート【明治安田J2第1節】

27日、2021シーズンの明治安田生命J2リーグが開幕を迎えた。 今シーズンもJ1への昇格枠は2つ、降格枠は4つというシーズン。激しいシーズンがここからスタートする。 昨シーズンのJ2で5位のギラヴァンツ北九州と、11位のアルビレックス新潟の一戦は、1-4で新潟が快勝スタートとなった。 試合は29分に新潟が先制する。新潟は右CKを獲得すると、島田譲のクロスに対してボックス中央で千葉和彦がヘッド。2011年以来10年ぶりに復帰した千葉が先制ゴールを決め、新潟がリードする。 先制を許したホームの北九州だったが、前半のうちに追いつく。41分、六平光成からのフィードを上手く抜け出した富山貴光がトラップ。落ち着いてシュートを流し込み、北九州が追いつく。 1-1で迎えた後半も新潟がペースを握ることに。すると57分には右サイドを突破。髙木義明がボックス右からクロスを送ると、鈴木孝司がヘッドで合わせて新潟が勝ち越しに成功する。このプレーはヘディングの前に鈴木の手にボールが当たっていたために北九州の選手たちはハンドをアピールするが、J2ではVARが採用されていないためゴールが認められた。 さらに新潟は60分、再び右サイドを攻め立てると、藤原奏哉がボックス右からグラウンダーのクロス。これをニアで佐藤喜生が触るとオウンゴールとなり、新潟がリードを広げる。 さらに75分には右サイドからのクロスをファーサイドにいた本間至恩がボックス内でトラップ。冷静に相手DFをかわしてシュートを決めて勝負あり。新潟が4得点を奪って開幕戦で快勝した。 もう1試合は昨シーズン3位のV・ファーレン長崎と18位のツエーゲン金沢の一戦。試合は早々に動く。 4分、右CKを獲得すると秋野央樹のクロスを富樫敬真がニアサイドでフリック。最後は毎熊晟矢が押し込んで、長崎が早々に先制する。 さらに15分には右サイドを仕掛けるとスルーパスに抜け出したルアンがマイナスのリターン。ポッカリと空いたところに走り込んだカイオ・セザールが豪快に蹴り込み、長崎がリードを2点とする。 リードを許した金沢は後半にスコアを動かす。53分、大宮アルディージャから新加入の嶋田慎太郎が左サイドからのグラウンダーのパスをボックス手前中央で受けると、そのまま左足を一閃。ゴール右にシュートが決まり1点を返す。 しかし、その後の金沢の反撃は実らずにタイムアップ。長崎がリードを守りきって勝利を収めた。 なお、その他の9試合は28日(日)に開催される。 ◆明治安田生命J2リーグ開幕節 ▽2月27日(土) ギラヴァンツ北九州 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 2</span>-1 ツエーゲン金沢 ▽2月28日(日) SC相模原 vs 京都サンガF.C. 水戸ホーリーホック vs 大宮アルディージャ 栃木SC vs ファジアーノ岡山 ザスパクサツ群馬 vs ブラウブリッツ秋田 ジェフユナイテッド千葉 vs ヴァンフォーレ甲府 FC町田ゼルビア vs モンテディオ山形 東京ヴェルディ vs 愛媛FC FC琉球 vs ジュビロ磐田 レノファ山口FC vs 松本山雅FC 2021.02.27 17:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ビクトル・イバルボの去就が開幕目前に決着! 長崎が契約更新を正式発表

V・ファーレン長崎は25日、元コロンビア代表FWビクトル・イバルボ(30)との契約更新を正式発表した。 15試合1得点のコロンビア代表歴を持ち、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)でもプレーしたイバルボは2017年3月のサガン鳥栖入りを機に来日。2019年7月から長崎にレンタルで加わると、昨季から完全移籍に切り替わり、明治安田生命J2リーグ22試合の出場で3得点の数字を収めた。 今季の開幕が目前に迫るなか、引き続き長崎でプレーすることが決定したイバルボ。クラブを通じて意気込みを語っている。 「長崎サポーターの皆さんこんにちは! 報告が遅くなってしまいましたが、今シーズンもV・ファーレン長崎の選手としてプレーすることをとても嬉しく思います。チームの目標を達成するために、私のすべての力をチームに捧げます。目標はもちろんJ1昇格! 応援よろしくお願いします!」 2021.02.25 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴィヴィくんが2014年以来2度目の優勝!「Jリーグマスコット総選挙」結果発表!

Jリーグは20日、「Jリーグマスコット総選挙2021」の最終結果を発表した。 2月1日からスタートした「Jリーグマスコット総選挙2021」。8日には中間結果が発表され12日に投票が締め切られた。 19日までに4位から55位が発表されていたが、「FUJI XEROX SUPER CUP 2021」の川崎フロンターレvsガンバ大阪のハーフタイムに上位3体が発表された。 見事1位に輝いたのは、V・ファーレン長崎のヴィヴィくん。中間発表で1位を獲得すると、そのまま首位を守り切った。なお、2014年以来の2度目の1位となっている。 なお、2位には横浜F・マリノスのマリノスケ、3位には名古屋グランパスのグランパスくんとなった。 【最終順位】(カッコ内は中間順位) 1位(1):ヴィヴィくん(V・ファーレン長崎)※2回目 2位(2):マリノスケ(横浜F・マリノス) 3位(3):グランパスくん(名古屋グランパス) 4位(4):ニータン(大分トリニータ) 5位(6):ガンズくん(松本山雅FC) 6位(5):サンチェ(サンフレッチェ広島) 7位(7):ベガッ太(ベガルタ仙台) 8位(8):しかお(鹿島アントラーズ) 9位(9):ドーレくん(北海道コンサドーレ札幌) 10位(11):パルちゃん(清水エスパルス) 11位(10):ふろん太(川崎フロンターレ) 12位(15):ジュビロくん(ジュビロ磐田) 13位(12):東京ドロンパ(FC東京) 14位(13):レノ丸(レノファ山口FC) 15位(17):リヴェルン(東京ヴェルディ) 16位(14):ガンバボーイ(ガンバ大阪) 17位(16):ヴァンくん(ヴァンフォーレ甲府) 18位(18):ギッフィー(FC岐阜) 19位(21):ゼルビー(FC町田ゼルビア) 20位(20):アビーくん(アビスパ福岡) 21位(19):ウィントス(サガン鳥栖) 22位(22):ゆないくー(鹿児島ユナイテッドFC) 23位(25):レイくん(柏レイソル) 24位(24):ロビー(セレッソ大阪) 25位(26):フリ丸(横浜FC) 26位(28):アルディ(大宮アルディージャ) 27位(23):アルビくん(アルビレックス新潟) 28位(39):キングベルI世(湘南ベルマーレ) 29位(31):トッキー(栃木SC) 30位(27):モーヴィ(ヴィッセル神戸) 31位(29):ギラン(ギラヴァンツ北九州) 32位(30):ヴォルタくん(徳島ヴォルティス) 33位(38):キヅール(いわてグルージャ盛岡) 34位(34):ホーリーくん(水戸ホーリーホック) 35位(32):ディーオ(モンテディオ山形) 36位(33):ユニティ(ジェフユナイテッド千葉) 37位(35):ブラウゴン(ブラウブリッツ秋田) 38位(36):ナンシー(ツエーゲン金沢) 39位(37):パーサくん(京都サンガF.C.) 40位(40):ガミティ(SC相模原) 41位(41):ファジ丸(ファジアーノ岡山) 42位(42):ロアッソくん(ロアッソ熊本) 43位(46):ジンベーニョ(FC琉球) 44位(44):ヴァン太(ヴァンラーレ八戸) 45位(43):ライオー(AC長野パルセイロ) 46位(45):さぬぴー(カマタマーレ讃岐) 47位(49):湯友(ザスパクサツ群馬) 48位(48):ライカくん(カターレ富山) 49位(51):ガイナマン(ガイナーレ鳥取) 50位(47):レディア(浦和レッズ) 51位(50):Jリーグキング(Jリーグ) 52位(53):福嶋火之助(福島ユナイテッドFC) 53位(52):オ〜レくん(愛媛FC) 54位(54):蹴っとばし小僧(藤枝MYFC) 55位(55):ハマピィ(Y.S.C.C.横浜) ■過去の優勝マスコット 2013年:ベガッ太(ベガルタ仙台) 2014年:ヴィヴィくん(V・ファーレン長崎) 2015年:サンチェ(サンフレッチェ広島) 2016年:ベガッ太(ベガルタ仙台) 2017年:サンチェ(サンフレッチェ広島) 2018年:グランパスくん(名古屋グランパス) 2019年:グランパスくん(名古屋グランパス) 2020年:マリノスケ(横浜F・マリノス) 2021.02.20 15:40 Sat
twitterfacebook
thumb

長崎GK富澤雅也が入籍 「夫婦で力を合わせて」

V・ファーレン長崎は13日、GK富澤雅也(27)の入籍を発表した。 昨年11月に一般女性と結婚したという富澤はクラブを通じて「私ごとではありますが、この度入籍いたしました。これから、夫婦で力を合わせて、幸せな家庭を築いていきたいと思います。そして、より一層責任感を持って、チームのJ1昇格や勝利に貢献できるよう精進していきます」とコメントした。 富澤は前橋育英高校、法政大学を経て、2016年に長崎入り。昨季は明治安田生命J2リーグ1試合に出場した。 2021.02.13 10:20 Sat
twitterfacebook
thumb

「Jリーグマスコット総選挙2021」の中間結果! 1位は2014年以来の優勝目指す長崎のヴィヴィくん

Jリーグは8日、「Jリーグマスコット総選挙2021」の中間結果を発表した。 2月1日からスタートした「Jリーグマスコット総選挙2021」。投票期間が折り返しを迎えた2月7日時点の中間結果を発表した。 中間発表でトップに立っているのはV・ファーレン長崎のヴィヴィくん。毎年上位に入り込むヴィヴィくんが2014年以来の優勝に向けて首位となった。また2位には横浜F・マリノスのマリノスケ、そして3位には2019年に優勝した名古屋グランパスのグランパスくんが続いている。 投票期間は2月12日(金)18時まで。果たしてセンターに立つのは誰だろうか。 【中間発表順位】 1位:ヴィヴィくん(V・ファーレン長崎) 2位:マリノスケ(横浜F・マリノス) 3位:グランパスくん(名古屋グランパス) 4位:ニータン(大分トリニータ) 5位:サンチェ(サンフレッチェ広島) 6位:ガンズくん(松本山雅FC) 7位:ベガッ太(ベガルタ仙台) 8位:しかお(鹿島アントラーズ) 9位:ドーレくん(北海道コンサドーレ札幌) 10位:ふろん太(川崎フロンターレ) 11位:パルちゃん(清水エスパルス) 12位:東京ドロンパ(FC東京) 13位:レノ丸(レノファ山口FC) 14位:ガンバボーイ(ガンバ大阪) 15位:ジュビロくん(ジュビロ磐田) 16位:ヴァンくん(ヴァンフォーレ甲府) 17位:リヴェルン(東京ヴェルディ) 18位:ギッフィー(FC岐阜) 19位:ウィントス(サガン鳥栖) 20位:アビーくん(アビスパ福岡) 21位:ゼルビー(FC町田ゼルビア) 22位:ゆないくー(鹿児島ユナイテッドFC) 23位:アルビくん(アルビレックス新潟) 24位:ロビー(セレッソ大阪) 25位:レイくん(柏レイソル) 26位:フリ丸(横浜FC) 27位:モーヴィ(ヴィッセル神戸) 28位:アルディ(大宮アルディージャ) 29位:ギラン(ギラヴァンツ北九州) 30位:ヴォルタくん(徳島ヴォルティス) 31位:トッキー(栃木SC) 32位:ディーオ(モンテディオ山形) 33位:ユニティ(ジェフユナイテッド千葉) 34位:ホーリーくん(水戸ホーリーホック) 35位:ブラウゴン(ブラウブリッツ秋田) 36位:ナンシー(ツエーゲン金沢) 37位:パーサくん(京都サンガF.C.) 38位:キヅール(いわてグルージャ盛岡) 39位:キングベルI世(湘南ベルマーレ) 40位:ガミティ(SC相模原) 41位:ファジ丸(ファジアーノ岡山) 42位:ロアッソくん(ロアッソ熊本) 43位:ライオー(AC長野パルセイロ) 44位:ヴァン太(ヴァンラーレ八戸) 45位:さぬぴー(カマタマーレ讃岐) 46位:ジンベーニョ(FC琉球) 47位:レディア(浦和レッズ) 48位:ライカくん(カターレ富山) 49位:湯友(ザスパクサツ群馬) 50位:Jリーグキング(Jリーグ) 51位:ガイナマン(ガイナーレ鳥取) 52位:オ〜レくん(愛媛FC) 53位:福嶋火之助(福島ユナイテッドFC) 54位:蹴っとばし小僧(藤枝MYFC) 55位:ハマピィ(Y.S.C.C.横浜) 2021.02.08 19:05 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly