野戦病院状態のリバプール、オプションは限られても南野先発は困難…?首位レスター戦予想スタメン

2020.11.22 18:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
主力選手たちが次々と離脱し、野戦病院状態のリバプール。代表ウィーク明けの22日に行われるリーグ首位のレスター・シティ戦ではどのような布陣で臨むのか、予想してみた。



守備の要であるDFヴィルヒル・ファン・ダイクに続き、相方DFジョー・ゴメスをも長期離脱で失ってしまったリバプール。DFトレント・アレクサンダー=アーノルドの離脱に加え、代表戦後、DFアンドリュー・ロバートソンもハムストリングに問題を抱えるなど、最終ラインが崩壊している。

DFジョエル・マティプの復帰が唯一の救いではあるものの、最終ラインのオプションは限られているだろう。CBには、チャンピオンズリーグ(CL)でチャンスを与えられた19歳のDFリース・ウィリアムズや昨夏オランダから獲得した18歳のDFセップ・ファン・デン・ベルフら、若きタレントも揃うが、ウィリアムズが腰に違和感があるという報道もあり、マティプ自身もケガ明けであることを考えれば、経験値で他の2人を上回るDFナサニエル・フィリップスとコンビを組むと考えるのが順当だ。

右SBには、昨シーズンから可能性を感じさせるプレーを見せる、DFネコ・ウィリアムズが入ることが濃厚だ。左SBでは、負傷の“疑いあり”とされるロバートソンが、リスクを負っても先発する可能性は捨てきれないが、負傷者続出の現状を考えれば、リスクを冒さず、今夏ギリシャから獲得したDFコンスタンティノス・ツィミカスにチャンスが与えられる可能性が高い。待望の左SBのバックアップ要因としてリバプールに加入したツィミカスは、ケガで出遅れたものの、CLのアタランタ戦では途中交代で出場を果たしている。

MFファビーニョや新戦力のMFチアゴ・アルカンタラの負傷に加え、主将であるMFジョーダン・ヘンダーソンも故障者リスト入りしてしまった中盤だが、頼れるベテランMFジェームズ・ミルナーや、代表戦で調子の良さを見せたMFジョルジニオ・ワイナルドゥムやMFナビ・ケイタがプレー可能だ。

また、成長著しい生え抜きのMFカーティス・ジョーンズもオプションの1つと数えられるなど、ある程度の層の厚さを確保できている。

新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応により、レスター戦の欠場が決定しているFWモハメド・サラーを除いては、負傷者を出していない前線では、サラーの代わりに、絶好調の新戦力FWジオゴ・ジョタが右ウイングで出場することが濃厚だ。

気になるFW南野拓実だが、今回の代表戦では、パナマとの親善試合で決勝点となるPKを決めたものの、敗れたメキシコ戦では、途中出場もインパクトを残せずと、現在も調子の波に乗り切れていない。

ここまでプレミアリーグでの先発はまだなく、リーグ戦0ゴール0アシストと、ジョタに比べてややインパクトを残すことに苦しんでいる南野が、ジョタを抑えてサラーの代わりにウイングのポジションで出場するとは考えにくいだろう。

また、試合中に流動的にポジションを変えることはあっても、ここまで出場した試合では、 [4-3-3]の前線3枚の中央、FWロベルト・フィルミノのポジションでの出場が基本の形だ。

南野は貴重な戦力と見なされていることに疑いはないが、あくまでも“フィルミノの代役”となる中央のポジションでの役割を期待されていると言えるため、フィルミノが負傷していない現在、スタメンに食い込むのは困難だと予想される。

シェフィールド・ユナイテッド戦やマンチェスター・シティ戦では、[4-2-3-1]の布陣を披露したリバプール。この新布陣でレスター戦に臨んだ場合、CFまたはトップ下に南野が入る可能性は0ではないが、前述の2試合では、サラーがワントップのポジションに入り、トップ下にはフィルミノ、そして右ウイングにジョタが入るという布陣を採用していた。

しかし、ワントップでも仕事ができるサラーの欠場が決定している今、基本の形である[4-3-3]の布陣を崩してまでも、サラーの代わりに、タイプの違うフィルミノをワントップに押し上げて、南野をトップ下で、もしくはその逆で、南野がサラーの代わりにワントップに入る可能性は低いだろう。ジョタはワントップに入ることもできるが、その場合、代わりに右のウインガーとして南野が出場するのは難しい。

南野が出場できる可能性が最も高いのは、ユルゲン・クロップ監督が、リーグ戦でほぼフル稼働しているフィルミノを休ませた場合となるが、フィルミノに休養を取らせるとしても、リーグ首位を走るレスターとの負けられない試合ではなく、25日に控えたCLグループステージ、アタランタ戦と考えるのが自然だ。

昨シーズンに30年ぶりのリーグ優勝を果たしたリバプール。リーグ王者として初めて臨む今季は、難しいシーズンとなりそうだ。そして、南野がチームの主力に定着するには、もう少し時間と結果を要するはずだ。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプールOBキャラガー氏、トルコのチーム名を発音できず盛大なイジりを受ける

リバプールOBで、現在は解説者を務めるジェイミー・キャラガー氏の苦手分野が判明した。 キャラガー氏は、キャリアを通してリバプール一筋を貫いた同クラブのレジェンドであり、現役時代は主にセンターバックとしてプレー。現代のセンターバックに求められるような足下の器用さはなかったものの、闘志を前面に出したプレーでチームを引っ張っていた。 <div id="cws_ad">◆KOPとチャントを合唱するキャラガー氏<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJoZ05zWHhnbCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 現役引退後の現在は、イギリス『スカイ・スポーツ』などで解説者として活躍しているキャラガー氏は、的確な分析で現地イングランドでも高い評価を受けており、解説者としてもリスペクトを集めつつある。 しかし、アメリカ『CBS』のチャンピオンズリーグ(CL)中継では、思わぬところで、不器用さから大イジりを受ける一幕があった。 問題となったのは、キャラガー氏がトルコのスュペル・リグ王者として今シーズンのCLに出場しているイスタンブール・バシャクシェヒルの名前を呼ぶ場面だ。 キャラガー氏は同チームの名前を上手く発音できず、間違った発音で呼び続けてしまっていた。共演者も段々これに気付くと、キャラガー氏がバシャクシェヒルの名前を呼ぶ度に笑いが起きてしまい、話題が本題から逸れてしまう状態に。 終いには、キャラガー氏本人もわざとらしく間違えてチーム名を発音し、自虐的に笑いを取りに行くようになってしまった。同じく解説者として番組に出演していた元イングランド代表DFマイカ・リチャーズ氏から「バ・シャ・ク・シェ・ヒ・ルだよ!笑」とツッコミが入っていた。 制作側の『CBS』もこれを受けて、発音を間違えている場面のみでミニハイライト動画を作成して番組中に流すなど、キャラガー氏は盛大にイジりを受けていた。 このイジりにもイギリス人らしい自虐的なユーモアで、対応していたキャラガー氏。「バシャクシェヒル」の部分は、日本語にはなかなかない難しい発音だが、英語圏の人にとっても難しい単語のようだ。 <div id="cws_ad">◆バシャクシェヒルが発音できず大イジりを受けるキャラガー氏<br/><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ro" dir="ltr">Istanbul take on Leipzig but has <a href="https://twitter.com/Carra23?ref_src=twsrc%5Etfw">@Carra23</a> figured out how to pronounce &#39;Başakşehir&#39; after last week? <a href="https://t.co/rgi9LSW0gD">pic.twitter.com/rgi9LSW0gD</a></p>&mdash; Champions League on CBS Sports (@UCLonCBSSports) <a href="https://twitter.com/UCLonCBSSports/status/1334189697216770048?ref_src=twsrc%5Etfw">December 2, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.12.04 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「FIFA」最新作が更にリアルに?クロップ監督の“ハグ”が追加!

エレクトリック・アーツ(EA)社の大人気サッカーゲーム、「FIFA」シリーズがさらに進化したようだ。 スポーツゲームの中でも屈指のリアルさを追求したサッカーゲームとして知られる「FIFA」シリーズ。選手独自のゴールセレブレーションなどが、固有ムーブとしてゲーム内で再現されるなど、現実世界を反映させた仕様が特徴の一つだ。最新作の「FIFA21」は、新世代のコンソールである「プレイステーション5」や「Xbox Series X」の登場に伴い、4日にアップグレードが行われたが、その際に追加された仕様が話題になっている。 <div id="cws_ad">◆スタッフと選手たちに“クロップ・ハグ”をするクロップ監督<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0aUNYTDhpRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、感情を前面に押し出した情熱的な人柄で知られており、そのトレードマークの一つとして、試合後に良いパフォーマンスを見せた選手に厚い抱擁をすることで有名だ。通称“クロップ・ハグ”と呼ばれるこの抱擁は、プレミアリーグファン、特にリバプールファンなら誰もが見たことがあるシーンだが、4日のアップデートに伴い、「FIFA21」にも“クロップ・ハグ”の仕様が追加されたようだ。 「FIFA」シリーズの公式ツイッター(@EASPORTSFIFA)は4日、ゲーム内のクロップ監督の動きを映した映像を公開。動画では、試合に勝利したリバプールの選手たちに駆け寄り、厚い抱擁をかわすクロップ監督の動きがリアルに再現されていた。 また、クロップ監督のもう一つの有名なムーブと言える、ホームファンに向かって何度もガッツポーズを見せる動きも追加されているようだ。 個性的なパーソナリティが多く揃うサッカー界、「FIFA21」の今後のアップデートにも期待だ。 <div id="cws_ad">◆本物さながらの“クロップ・ハグ”!<br/><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Boss <br> <br>Feel <a href="https://twitter.com/hashtag/NextLevel?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NextLevel</a> in the Next Generation of <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFA21?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFA21</a> on December 4: <a href="https://t.co/mRd7cEUoUR">https://t.co/mRd7cEUoUR</a> <a href="https://t.co/TIQbxqdcsP">pic.twitter.com/TIQbxqdcsP</a></p>&mdash; EA SPORTS FIFA (@EASPORTSFIFA) <a href="https://twitter.com/EASPORTSFIFA/status/1334527821364961280?ref_src=twsrc%5Etfw">December 3, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.12.04 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

今季プレミア、VARの恩恵を最も受けているのはユナイテッド! VAR未使用におけるここまでの順位が判明

賛否両論飛び交うVAR。プレミアリーグでは昨シーズンから運用されているが、誤審が減った一方で細かすぎる判断が時に論争を巻き起こしている。 今季も大活躍中のVARだが、選手やコメンテーターから批難の声が度々聞かれるものの、称賛の意見はなかなか出てこない。つい先日にも、第10節のウェストハム戦の内容を巡って、アストンビラ主将MFジャック・グリーリッシュが大激怒。 結果的にVARによって味方のゴールがオフサイドで取り消しにされたシーンに対し、自身のツイッターで「ゲームを台無しにしている」と酷評。ジェイミー・キャラガー氏もまた、「人々がフットボールを楽しめなくなっている」と嘆いていた。 そんな中、ブライトン専門メディアが第10節終了時点における、VARを使わなかった場合の順位を紹介。そのブライトンは第10節でリバプールと対戦したが、相手のゴールが2つ取り消されただけでなく、試合終了間際にPKを与えられ1-1のドローという結果を得ていた。 その試合も含め、首位に立つのが勝ち点25のリバプールだ。実際との勝ち点差は4で、順位も2位からひとつ上がっている。一方でトッテナムが2位に後退。VAR介入による勝ち点の相違はないが、勝ち点21のままリバプールに抜かれる形となった。 3位のチェルシーは勝ち点も順位も変化なし。だが、以下からは大きく変動しており、4位にはウォルバーハンプトンが浮上。実際の勝ち点から1ポイント上乗せされ、勝ち点18で7位から3つ順位を上げている。 5位につけたアストン・ビラは2ポイント追加で10位から一気に上昇。上述のウェストハム戦が大きく左右することになったようだ。 ここまで不甲斐ない成績となっているマンチェスターの両雄に関しては、シティは1ポイント上乗せされ、11位から8位に浮上。一方、ユナイテッドは4ポイント引かれ、9位から14位に後退。20チームの中で最も下げ幅が大きく、5つ順位を落とした。 アーセナルは勝ち点の変化はないが、他チームがポイントを引かれたことによって自動的に11位に浮上。エバートンはマイナス3ポイントで順位を4つ落とし12位となっている。 なお、ここまで0勝1分け9敗で最下位に沈むシェフィールド・ユナイテッドは、唯一引き分けたフルアム戦が負け扱いとされ、勝ち点0となった。 ◆VAR未使用における第10節時点での順位 1.リバプール(勝ち点:+4、順位:+1) 2.トッテナム(勝ち点:±0、順位:-1) 3.チェルシー(勝ち点:±0、順位:±0) 4.ウォルバーハンプトン(勝ち点:+1、順位:+3) 5.アストン・ビラ(勝ち点:+2、順位:+5) 6.レスター・シティ(勝ち点:+1、順位:-2) 7.サウサンプトン(勝ち点:±0、順位:-1) 8.マンチェスター・シティ(勝ち点:+1、順位:+3) 9.ウェストハム(勝ち点:-2、順位:-4) 10.リーズ・ユナイテッド(勝ち点:±0、順位:+2) 11.アーセナル(勝ち点:±0、順位:+3) 12.エバートン(勝ち点:-3、順位:-4) 13.ニューカッスル(勝ち点:-1、順位:±0) 14.マンチェスター・ユナイテッド(勝ち点:-4、順位:-5) 15.クリスタル・パレス(勝ち点:-1、順位:±0) 16.ブライトン(勝ち点:±0、順位:±0) 17.WBA(勝ち点:+1、順位:+1) 18.フルアム(勝ち点:±0、順位:-1) 19.バーンリー(勝ち点:±0、順位:±0) 20.シェフィールド・ユナイテッド(勝ち点:-1、順位:±0) 2020.12.04 15:55 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプールで輝くジョタ、チームの支えに感謝「クロップとヘンダーソンが助けてくれた」

リバプールのポルトガル代表FWジオゴ・ジョタが、チームに加入した際のサポートについて語った。イギリス『ミラー』が伝えている。 今夏にウォルバーハンプトンからリバプールに加入したジョタは、シーズン開幕後の移籍だったにもかかわらず、瞬く間にチームにフィット。3トップのどこでもプレー可能なユーティリティ性と、公式戦15試合で9ゴールの得点力によって、既に欠かせない戦力となっている。 すんなりチームに溶け込んだ印象のあるジョタだが、そこにはユルゲン・クロップ監督やチームメイトからの温かいサポートがあったようだ。イギリス『アスレチック』に出演した同選手は、インタビュー内で加入当時を振り返っている。 「新しいクラブに到着したとき、オープンマインドの精神を持つことは適応を早めるコツだね。(加入時は)すでにシーズンが始まっていたから、ユルゲン・クロップの助けを借りつつチームに入る方法を見つけていった」 「クロップは僕の面倒を見てくれた素晴らしい監督だよ。加入当初、彼は僕とミーティングをして、チームの仕組みを説明してくれた。そこまでしてくれれば、あとはできるだけ早く学び、監督にとって重要な選手であるとピッチ上で証明するのが選手の義務だ」 「リバプールには素晴らしいチームがあった。キャプテンのジョーダン・ヘンダーソンは、僕にとって重要な存在だ。彼は僕がリバプールと契約したと知るやいなや、メッセージを送ってくれたり色々と助けてくれたんだ」 また、ジョタはインタビューの中で、同じポルトガル語を話すブラジル人選手や、言語が似ているスペイン出身のGKアドリアンも自分を助けてくれると語った。 「ブラジルの選手たちとは言語が同じだから、ファビーニョや(ロベルト・)フィルミノ、アリソンにも助けられている。僕はスペイン語が話せるから、アドリアンもね。僕らは良いチームを持っていると感じるし、それが成功の基礎になっていると思う」 2020.12.03 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

落胆、希望、そして熱狂!ダービーマッチでオリジが決めた劇的ゴールから2年、奇跡のゴールを振り返る

リバプール公式ツイッター(@LFC)が2018年の“あの”ゴールを振り返っている。 2018年12月2日、リバプールは、プレミアリーグ第14節で地元のライバルであるエバートンとホームで対戦。この試合で生まれた“奇跡”のゴールの一部始終を、ノーカットで捉えた動画をクラブが共有した。 <div id="cws_ad">◆オリジが決めたミラクルゴール(映像は記事下部から)<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJKdkhlOTRWayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> マンチェスター・シティとのハイレベルなタイトル争いの最中、勝ち点の取りこぼしが許されない中で行われたダービーマッチは、膠着した展開が続き、アディショナルタイムに入っても0-0のままだった。 このまま勝ち点1に終わるかと思われた96分、ハーフウェイライン付近の右サイドでFKを獲得したリバプールは、最後の攻勢に出る。 DFトレント・アレクサンダー=アーノルドがロングボールをボックス内に入れると、クリアボールがボックス外にいたDFヴィルヒル・ファン・ダイクの下へ。ファン・ダイクが強引にボレーシュートを試みるも、シュートはミスヒットとなり、ボールを高く打ち上げてしまった。 アンフィールドに集まった観衆も、このミスキックに落胆のため息が漏れる。しかし、そのままスタンドへ入るかと思われたボールは、思いのほか伸びずに、大きな山なりを描いてクロスバーの真上に落下する。 エバートンのGKジョーダン・ピックフォードが必死にボールを弾こうとするも、上手くボールに触れず。クロスバーの上で2度バウンドするという奇跡が起きると、ボールはピッチ側に跳ね返る。このボールに、ゴール前に詰めていたオリジがヘディングで合わせてゴールをねじ込むと、信じられない展開から劇的な決勝ゴールが生まれた。 共有された動画にはスタジアム音声のみが使われており、ファン・ダイクのミスキックの際の観客のため息、ボールがクロスバーでバウンドした際の希望の歓声、そしてオリジのヘディングがゴールネットを揺らした際の熱狂と、一瞬で移りゆく観客の感情を忠実に捉えてた映像となっている。 2年の歳月が経った今でも、このゴールシーンはファンの心に残っているようで、この投稿には多くの反響が寄せられている。 <div id="cws_ad">◆オリジのミラクルゴールをスパイダーカム視点からノーカットで<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/OnThisDay?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#OnThisDay</a> in 2018... Divock netted THAT late derby winner <a href="https://t.co/bcJa840Tcw">pic.twitter.com/bcJa840Tcw</a></p>&mdash; Liverpool FC (@LFC) <a href="https://twitter.com/LFC/status/1334087916977524736?ref_src=twsrc%5Etfw">December 2, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.12.03 17:30 Thu
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly