1位に元アーセナル戦士の名も!MLSのユニフォーム売上ランキングが発表

2020.11.18 19:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
近年、急成長を遂げているアメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)。欧州で活躍したスター選手が海を渡ることもあり、その人気は上り調子だ。その中でも最もアメリカンに人気なのはどの選手なのか。MLSの公式サイトが、2020年の現時点でのユニフォーム売上上位を紹介している。

カルロス・ベラ、MLSでのプレー

堂々の1位に輝いたのは、元アーセナルのメキシコ代表FWカルロス・ベラ(現ロサンゼルスFC)だ。今シーズンはケガでシーズンの半分を棒に振ったものの、昨シーズンはリーグ戦34試合で34ゴール15アシストという圧巻のスタッツを残し、2019シーズンのMLS最優秀選手賞を受賞するなど、第二の青春を謳歌している。

ベラに続いたのは、今年1月にセビージャからロサンゼルス・ギャラクシー入りした“チチャリート”ことメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスだ。MSL史上最高額の年俸700万ポンド(約10億円)の契約を結んだエルナンデスは、MLSで11試合1ゴールと苦しんだものの、人気は本物だ。

また、ベラやエルナンデスのように、プレミアリーグでも活躍した元ポルトガル代表MFナニや、元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインもランキングに入っている他、デイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務め、今シーズンからMLSに参加しているインテル・マイアミの元フランス代表MFブレーズ・マテュイディらも上位に名を連ねている。

ちなみに、2018年からロサンゼルス・ギャラクシーに在籍した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(現ミラン)がいた間は、2年連続で同選手が1位だった。


◆2020年のユニフォーム売上上位
1.カルロス・ベラ(ロサンゼルスFC)
2.ハビエル・エルナンデス(ロサンゼルス・ギャラクシー)
3.ホセフ・マルティネス(アトランタ・ユナイテッド)
4.ジョーダン・モリス(シアトル・サウンダーズ)
5.ロドルフォ・ピサーロ(インテル・マイアミ)
6.ゴンサロ・イグアイン(インテル・マイアミ)
7.ナニ(オーランド・シティ)
8.ラウール・ルイディアス(シアトル・サウンダーズ)
9.ブレーズ・マテュイディ(インテル・マイアミ)
10.ブレンデン・アーロンソン(フィラデルフィア・ユニオン)

◆2019年のユニフォーム売上上位
1.ズラタン・イブラヒモビッチ(ロサンゼルス・ギャラクシー)
2.ホセフ・マルティネス(アトランタ・ユナイテッド)
3.カルロス・ベラ(ロサンゼルスFC)
4.ウェイン・ルーニー(DCユナイテッド)
5.バスティアン・シュバインシュタイガー(シカゴ・ファイアー)
6.エクトル・ビジャルバ(アトランタ・ユナイテッド)
7.ジョーダン・モリス(シアトル・サウンダーズ)
8.ディエゴ・ヴァレリ(ポートランド・ティンバーズ)
9.ナニ(オーランド・シティ)
10.ニコラス・ロデイロ(シアトル・サウンダーズ)
コメント
関連ニュース
thumb

元川崎FのFW安柄俊が韓国2部でブレイク! 得点王&後半AT10分の劇的PKでチームを1部昇格に導く《Kリーグ2》

Kリーグ2(韓国2部)は29日に2020シーズンの昇格プレーオフ決勝が行われ、水原FCがKリーグ1(韓国1部)昇格を決めた。 レギュラーシーズンを2位で終えていた水原FCと3位で終えていた慶南FCの決勝。試合は27分にチョイ・ジュンのゴールデ慶南FCが先制。そのまま試合が終わるかと思われた中、後半アディショナルタイム10分に水原FCがPKを獲得する。 VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入した結果、判定は変わらずPKのまま。そのPKをかつてJリーグでもプレーした安柄俊がしっかり決めて同点に。そのまま試合は終わり、1-1で引き分け、レギュラーシーズンで上位だった水原FCのKリーグ1昇格が決定した。 水原FCは2016年以来5年ぶりのKリーグ1昇格。また、この試合でプレッシャーがかかる中、貴重なPKを決めた安柄俊は、リーグ戦26試合で21ゴールを記録しKリーグ2の得点王に輝いていた。 安柄俊は中央大学から2013年に川崎フロンターレへと入団。その後、ジェフユナイテッド市原・千葉、ツエーゲン金沢へのレンタル移籍を経て、2017年にロアッソ熊本へ完全移籍。2019年から水原FCでプレーしている。 また、北朝鮮代表としても8試合でプレー。昨シーズンのKリーグ2では17試合で8ゴールだったが、今シーズンのKリーグ2で一気にブレイクした。 2020.11.30 12:40 Mon
twitterfacebook
thumb

「単なる従業員ではなくパートナー」退団示唆の本田圭佑が再びツイート

クラブからの退団を示唆したボタフォゴのMF本田圭佑(34)が、改めてツイート。発言の意図を説明した。 ボタフォゴは27日、かつて横浜マリノスでプレーし、アルゼンチン代表としても活躍していたラモン・ディアス監督(61)と契約解除を発表した。 今回の契約解除は、ディアス監督が手術を受けたものの、術後の回復が思わしくなく、入院が延長することが理由だとされている。 本田は2020年2月にフィテッセからボタフォゴに加入。しかし、2019年10月に就任していたアルベルト・バレンティン監督が2月に解任されると、後任としてもと鹿島アントラーズやセレッソ大阪を指揮したパウロ・アウトゥオリ監督が10月に解任。後任のブルーノ・ラザロニ監督が1カ月も持たずに解任されており、ディアス監督を含めて5度の監督交代となった。 本田は28日に「この数日で僕を納得させないなら、去ることを考え始める」とツイート。ボタフォゴから退団を考えていると取れる意味深なツイートをしていた。 その本田は29日になり改めてツイート。発言の意図を説明し、ただ雇われているだけではないことを主張した。 「昨日の発言はすみません。ただ、僕にとって重要なことでした。単なる従業員ではなく、パートナーだからです」 「そのため、僕は全てを知っておく必要があります。そして、皆さんも全てを知っている必要があります」 本田の主張では、クラブに雇われている選手という立場だけではなく、パートナーであるために把握していなかったことがあったと考えられる。明確な去就については話されていないが、クラブと何らかの行き違いがあったことは事実のようだ。 2020.11.29 12:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘンク伊東純也が2試合連続1G1A! チームも6連勝で暫定首位浮上《ジュピラー・プロ・リーグ》

ヘンクの伊東純也が2試合連続の1得点1アシストをマークした。 2位ヘンクは28日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第14節で9位セルクル・ブルージュとアウェイで対戦。セルクル・ブルージュの植田直通が欠場したなか、伊東はフル出場を果たした。 目下5連勝中と勢いに乗るヘンク。前節に1得点1アシストの活躍を披露した伊東がこの試合でも輝く。9分、左サイドの伊東が縦にボールを持ち上がり、左足の低いクロス。これをオヌアチュが合わせて先制する。 続く16分には伊東自らがゴールをゲット。敵陣左サイドの相手最終ライン背後にパスが送られると、伊東がボックス左深くから中に切り込み、相手GKがわずかに空けたニアサイドに右足シュートを突き刺した。 伊東の全得点に絡む活躍で優勢のヘンクはその後もセルクル・ブルージュを圧倒して、30分と38分にもゴールが生まれ、4点をリード。後半の序盤に1点を返されるが、74分にボンゴンダの得点で突き放した。 セルクル・ブルージュを一蹴したヘンクはこれで6連勝。今節を引き分けたクラブ・ブルージュを交わして、暫定首位に浮上した。 セルクル・ブルージュ 1-5 ヘンク 【セルクル・ブルージュ】 ホティッチ(後6) 【ヘンク】 オヌアチュ(前9、前38分) 伊東純也(前16) ヘイネン(前30) ボンゴンダ(後29) 2020.11.29 08:30 Sun
twitterfacebook
thumb

元ユナイテッドのバレンシアがメキシコ1部のケレタロに加入!

エクアドル代表DFアントニオ・バレンシア(35)が、メキシコ1部のケレタロに加入した。クラブが27日に発表している。 マンチェスター・ユナイテッドで長らく活躍したバレンシアは、2019年夏にエクアドルのLDUキトに移籍。14年ぶりに母国に帰還し、公式戦32試合に出場するなど主力を担っていたが、今年7月にキトは新型コロナウイルスの影響で、クラブ最高給を受け取っていたとされるバレンシアとの契約解消という苦渋の決断を強いられた。 そして、フリーとなっていたバレンシアに声をかけたのが、かつてロナウジーニョも在籍したことのあるケレタロだ。1950年創立の同クラブは、そのロナウジーニョの助けを借りて、2015年に初めてリーガMX(メキシコ1部)のプレーオフ決勝に進出した。 来年1月に開幕するリーグ戦に向けて補強を進めているケレタロは、今月20日にバレンシアと同じエクアドル代表のMFジェフェルソン・モンテーロをスウォンジーから獲得している。 2020.11.28 17:39 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑がボタフォゴ退団? 加入後4人の監督が交代「信じられない」

ボタフォゴに所属するMF本田圭佑(34)が、クラブからの退団を示唆した。 ボタフォゴは27日、かつて横浜マリノスでプレーし、アルゼンチン代表としても活躍していたラモン・ディアス監督(61)と契約解除を発表した。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJZazdNcVdVSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 11月8日に監督就任が発表されていたディアス監督だったが、就任翌日にパラグアイで結節性甲状腺腫の手術。しかし、術後の回復が思わしくなく、12月7日まで入院が延長。そのためクラブは契約を解除することとなった。 本田は2020年2月にフィテッセからボタフォゴに加入。しかし、2019年10月に就任していたアルベルト・バレンティン監督が2月に解任されると、後任としてもと鹿島アントラーズやセレッソ大阪を指揮したパウロ・アウトゥオリ監督が10月に解任。後任のブルーノ・ラザロニ監督が1カ月も持たずに解任されており、ディアス監督を含めて5度の監督交代となった。 この状況に本田は自身のツイッター(@kskgroup2017)を更新。「信じられない」と投稿。そして「この数日で僕を納得させないなら、去ることを考え始める」とツイート。ボタフォゴから退団を考えていると取れるツイートをしていた。 ブラジル『グローボ』によると、本田は2021年2月まで延長となったリーグ戦を考え、契約を短期更新。しかし、チームはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで現在降格圏の19位に位置しており、今シーズン限りで去る可能性も低くはなさそうだ。 今シーズンの本田はセリエAで15試合に出場し2ゴールを記録。チームは残留することを望んでいるが、どういう決断を下すだろうか。 <div id="cw_ad">◆本田が退団を示唆?<br/><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Unbelievable.</p>&mdash; KeisukeHonda(本田圭佑) (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1332426950892167168?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">I will start thinking to leave if they won&#39;t convince me in few days.</p>&mdash; KeisukeHonda(本田圭佑) (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1332428344646717446?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.11.28 14:02 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly