C・ロナウドがカルデロンで決めたアトレティコキラーぶりを見せつけるハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

2020.11.07 12:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)

サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。


今回は、ユベントスに所属するポルトガル代表FWのクリスティアーノロナウドがレアル・マドリー時代に決めたハットトリックだ。

◆“アトレティコキラー”C・ロナウドがカルデロンで決めたハットトリック

レアル・マドリーで過ごした9シーズンで公式戦438試合に出場し450ゴールと凄まじいスピードでゴールを量産したC・ロナウド。特に同じマドリッドのライバルであるアトレティコ・マドリー相手には25ゴールを挙げており、これは27ゴールを奪っているセビージャに次ぐ数字、“アトレティコキラー”とも言える相性の良さを見せている。

ハットトリックもアトレティコ相手に4度も記録しているが、その内の一つが2016年11月19日に、アトレティコのホーム、ビセンテ・カルデロンで行われたラ・リーガ第12節で見せたハットトリックだ。

0-0で迎えた23分、ゴール正面の絶好の位置でマドリーがFKのチャンスを得る。キッカーのC・ロナウドが放った強烈なシュートは壁に跳ね返ると、GKヤン・オブラクが反応した反対方向に転がり、運も味方した先制ゴールとなった。


さらに71分、自らがボックス内でファールを受けて獲得したPKをしっかりと沈め、相手を突き放す2点目をマークする。

極め付きは直後の77分、カウンターからFWガレス・ベイルが左サイドのスペースをドリブルで一気に駆け上がるとボックス内左まで侵入し、中央へクロス。これをC・ロナウドがファーポストで合わせ、止めとなる3点目を奪った。

C・ロナウドの3得点で、3-0と勝利したマドリー。ライバルに改めて“キラー”ぶりを認識させるハットトリックとなった。

関連ニュース
thumb

Jでもプレーした元ブラジル代表FWがPSGで見せたストライカーらしいハットトリック/1999-2000【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元ブラジル代表FWクリスティアン氏がパリ・サンジェルマン(PSG)で決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆元Jリーガーが見せた圧巻のパフォーマンス<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJiOGhvY2tlUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> クリスティアン氏は、1999年夏にインテルナシオナウからPSGに加入。公式戦71試合に出場し、28ゴールを記録した。 2005年には大宮アルディージャに加入し、Jリーグでもプレーしたクリスティアン氏だが、PSG時代の1999年12月12日に行われたリーグ・アン第19節のメス戦では、圧巻のパフォーマンスを見せている。 まずは17分、右サイドのMFアリ・ベナルビアのクロスをボックス内で受けたクリスティアンは、見事なファーストタッチでボールを収めると、反転しながら素早くシュート。ゴール右下に鋭いシュートを沈め、先制点を挙げる。 直後の19分、ボックス手前のMFローラン・ルロワの落としを受けたクリスティアンが強烈なミドルシュート。GKに触れながらも、シュートパワーで押し切り、すぐさま追加点を記録した。 最後は2-1とリードを縮められて迎えた79分、再びルロワのスルーパスにクリスティアンが抜け出すと、GKが飛び出して来たところに合わせてループシュート。見事なハットトリックを達成した。 クリスティアンがPSGの全得点を挙げる活躍を見せ、3-1での勝利に貢献している。 <span data-sg-movie-id="876" data-sg-movie-title="【ストライカーらしいハット】Jでもプレーした元ブラジル代表FWがPSGで見せたゴール3連発"></span> 2021.03.03 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

抜群の決定力は変わらず!サンテチェンヌでオーバメヤンが決めたキャリア初ハット【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがサンテチェンヌ時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆見事なゴール3連発でキャリア初ハットを記録<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIzcGRMTXcxMiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> フランス出身ながら若くしてミランユースに入団したオーバメヤンは、レンタル移籍を繰り返し、2011年1月にサンテチェンヌに加入。同クラブでブレイクを果たすと、一気に世界屈指のストライカーとしてスターダムを駆け上がった。 ゴール前で抜群の決定力を見せるオーバメヤンだが、2012年2月22日に行われたリーグ・アン第22節のロリアン戦では、キャリア初となるハットトリックを達成している。 後半早々に先制を許して迎えた56分、味方からのパスに抜け出したオーバメヤンは、ゴール左の角度の厳しい位置から左足でシュート。ニアポストを絞りに来たGKの裏をかき、ゴール右サイドネットにシュートを流し込み、同点弾を挙げる。 続く68分、右サイドでボールを持ったMFバカリ・サコがふわりとしたクロスをボックスに入れる。タイミングを完璧に合わせてジャンプしたオーバメヤンがゴール前でドンピシャのヘディングを合わせると、ゴール左にシュートが決まり、見事な逆転ゴールとなった。 最後は3-2とリードして迎えた90分、カウンターからサンテチェンヌがチャンスを作ると、FWライネル・キタンバラのパスにオーバメヤンが抜け出すと、そのままスピードに乗り一気にゴール前へ。飛び出して来たGKの上を越えるシュートを決め、相手に止めを刺す4点目を決めてみせた。 キャリア初のハットトリックを達成したオーバメヤン。4-2でのチームの勝利に大きく貢献した。 <span data-sg-movie-id="856" data-sg-movie-title="【抜群の決定力は変わらず!】サンテチェンヌでオーバメヤンが決めたキャリア初ハット"></span> 2021.02.27 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

現在は敏腕TD!Jリーグでも活躍した名手ベギリスタインがバルサで見せたゴールショー【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元スペイン代表FWチキ・ベギリスタイン氏がバルセロナで決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆敏腕TDが現役時代にみせた圧巻のパフォーマンス<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJvUHA5TlFIaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 現役時代はレアル・ソシエダ、バルセロナでの活躍が有名なベギリスタイン氏。特にバルセロナでは、主要タイトル8つを獲得した。また1997年から1999年には浦和レッズでもプレーしており、日本でも名を知られる存在となっている。 現役引退後はディレクター職を務め、現在はマンチェスター・シティでテクニカル・ディレクター(TD)として手腕を振るうベギリスタイン氏だが、1993年9月26日に行われたラ・リーガ第4節のレアル・サラゴサ戦では、圧巻のハットトリックを記録している。 まずは開始早々の9分、相手陣内中央でボールを持ったMFジョゼップ・グアルディオラがボックス内へスルーパスを送る。このパスは相手のブロックに遭うものの、こぼれ球をベギリスタインが素早く拾うと、飛び出して来たGKを嘲笑うかのようなチップキックを沈め、先制点を記録する。 直後の12分、今度はFKのチャンスから、バルセロナが左サイドにボールを展開。折り返しのグラウンダーのクロスをゴール前にフリーで走り込んだベギリスタインが落ち着いて決め、すぐさま追加点を挙げた。 前半終了間際の45分には、相手のクリアミスを見逃さずにボールを奪ったベギリスタインがそのままゴール前まで独走。またも軽いチップシュートでGKを欺き、ハットトリックを達成した。 試合は、前半で試合を決めたバルセロナが4-1で快勝している。 <span data-sg-movie-id="816" data-sg-movie-title="【敏腕TDのゴールショー】Jリーグでも活躍した名手ベギリスタインがバルサで見せた圧巻のパフォーマンス"></span> 2021.02.20 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

“貴公子”カカが美しいミドルシュートで決めたミラン復帰後初ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表MFカカ氏がミランで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆カカのエレガントな100点満点ミドル<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJrcVpoM0dtZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ミランで大ブレイクを果たし、世界的スターとなったカカ氏は、2009年夏にレアル・マドリーへ移籍。その後の2013年夏に、再び古巣のミランに復帰を果たした。 端麗な容姿とエレガントなプレーで観客を魅了し、世界的な人気を博したカカ氏だが、2度目のミラン加入後の2013年10月30日に行われたセリエA第10節では、全盛期を思わせる美しいゴールを決めている。 0-0のまま迎えた54分、左サイドを攻めたミランは、FWマリオ・バロテッリがボックス左の位置から中央のカカへパス。これをボックス左角手前で受けたカカは、中央に移動しながら右足でミドルシュートを放つ。しなやかなスイングから放たれたシュートは、美しい弧を描きながら、ゴール右上の完璧なコースに吸い込まれた。 カカのミラン復帰後第1号で先制したミラン。しかし、その後追いつかれ、試合は1-1のドローに終わっている。 <span data-sg-movie-id="815" data-sg-movie-title="【“貴公子”の美しいミドル】カカのミラン復帰後初ゴール"></span> 2021.02.20 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ガスコイン無双!伝説の名手がレンジャーズで見せたハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元イングランド代表MFポール・ガスコイン氏がレンジャーズで決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆リーグ8連覇を決めるハットトリック<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxcU9VbkZSTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ニューカッスルでデビューしたガスコイン氏は、トッテナムやラツィオでのプレーを経て1995年夏にスコットランドの強豪レンジャーズに加入。多くのタイトルを勝ち取った。 ピッチ外でのトラブルが多かったものの、抜群のフットボールセンスでイギリスの国民的英雄として人気を博したガスコイン氏だが、レンジャーズ時代の1996年4月28日に行われたスコティッシュ・プレミアリーグ第35節のアバディーン戦では、圧巻のハットトリックを記録した。 まずは0-1とレンジャーズビハインドの22分、左コーナーキックからボックスの外でボールを受けたガスコインは、華麗なシザースと鋭いターンでDFを翻弄し、ボックス内に侵入。一気に加速してゴール左へ進むと、コースを切りに前に出てきたGKの頭上を越えるゴールを沈め、個人技で同点弾を決めた。 そのまま膠着状態が続き、迎えた82分、自陣で相手からボールを奪ったガスコインがドリブルを開始する。スピードに乗ったドリブルで相手陣内を縦断すると、相手選手2人に挟まれながらもボックス内に侵入し、勢いに乗ったままシュート。ゴール左にシュートが決まり、勝ち越しゴールとなった。 最後は87分、ボックス内でFWゴードン・デューリーが倒され、PKを獲得するとキッカーはガスコイン。落ち着いてゴール右下にシュートを流し込み、ハットトリックを達成した。 試合はそのまま3-1でレンジャーズが勝利。この勝利でリーグ優勝を決めたレンジャーズは、リーグ8連覇を達成している。 <span data-sg-movie-id="803" data-sg-movie-title="【ガスコイン無双!】伝説の名手が決めたハットトリック"></span> 2021.02.18 16:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly