アヤックス衝撃の13ゴール! 48年ぶりの珍記録でVVVフェンロに勝利《エールディビジ》

2020.10.25 11:55 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オランダの名門・アヤックスが衝撃のゴールラッシュを見せた。24日に行われたエールディビジ第6節でアウェイのVVVフェンロ戦に臨んだアヤックス。試合はなんと0-13の衝撃的なスコアでアヤックスが勝利した。

アヤックスは12分にユルゲン・エケレカンプのゴールで先制すると、17分にはラシナ・トラオレが追加点。32分にもトラオレがゴールを奪うと、44分にドゥシャン・タディッチがゴールを奪い、前半お0-4で終える。

後半に入り、51分にVVVのクリスティアン・クムが1発退場となるとアヤックスのゴールラッシュが加速。後半だけで9ゴールを記録し、合計13ゴールを奪うことに成功した。

この13ゴールは、1972年5月に行われたフィテッセ戦でアヤックスが記録した12-1のスコアを上回り、エールディビジにおいて1試合の最多ゴールを記録を更新している。

また、この試合で5ゴールを記録したトラオレは、1985年のマルコ・ファン・バステン(6ゴール)以来の1試合5ゴールを記録した選手に。また3アシストも記録しており、これは2017年のフレンキー・デ・ヨング以来の記録となった。

VVVフェンロ 0-13 アヤックス

12分 0-1:ユルゲン・エケレカンプ(アヤックス)
17分 0-2:ラシナ・トラオレ(アヤックス)
32分 0-3:ラシナ・トラオレ(アヤックス)
44分 0-4:ドゥシャン・タディッチ(アヤックス)
54分 0-5:ラシナ・トラオレ(アヤックス)
55分 0-6:アントニー(アヤックス)
57分 0-7:ユルゲン・エケレカンプ(アヤックス)
59分 0-8:デイリー・ブリント(アヤックス)
65分 0-9:ラシナ・トラオレ(アヤックス)
74分 0-10:クラース=ヤン・フンテラール[PK](アヤックス)
76分 0-11:クラース=ヤン・フンテラール(アヤックス)
78分 0-12:リサンドロ・マルティネス(アヤックス)
87分 0-13:ラシナ・トラオレ(アヤックス)

コメント
関連ニュース
thumb

負傷者続出でもGS首位通過のリバプール、クロップは殊勲の若手GK称賛「この夜を楽しめるはず」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、チームがチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ首位通過を決めたことを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 1日に行われたCLグループD第5節で、リバプールはアヤックスと対戦。前節アタランタに0-2のスコアで敗れはしたものの、今節勝利すれば他会場の結果次第で、グループステージ首位通過が決まる状況だった。 <div id="cws_ad">◆南野がリバプール主将ヘンダーソンと華麗なリフティングパスを披露<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ3U2V3MFViayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 多くの負傷者を抱え、この試合ではGKアリソン・ベッカーも欠場するなど厳しいチーム状況のリバプールだったが、後半にDFネコ・ウィリアムズのクロスをMFカーティス・ジョーンズが決め先制。守備ではアリソンの代わりにゴールマウスを守ったGKカオイムヒン・ケレハーがビッグセーブを連発し、1-0のスコアで勝利した。 同時刻に行われていたアタランタとミッティランの試合がドローで終了したこともあり、リバプールは1試合を残してのグループステージ首位通過が決定。試合後のインタビューに応じたクロップ監督は、久しぶりに満面の笑みを浮かべながらチームを称賛した。 「とてもとても大きな結果だ。今夜チームが見せてくれた態度とキャラクターには、本当に感激している。早い段階で得点できたと思うが、それもフットボールの一部だ。後半はカウンターのチャンスがあり、素晴らしいゴールを決め、すべてを懸けて守った」 「アヤックスにとってはオール・オア・ナッシングな状況だったと思うし、最後にはストライカー全員をピッチに立たせていたんじゃないかな。だから、我々が置かれている状況を考えれば今夜のパフォーマンスには、とても満足しているよ。本当に素晴らしい」 「(ゴールシーンは)ネコ(・ウィリアムズ)からの良いクロスがあった。GKにとっては難しい状況だったと思う。通常、こういうボールに反応する選手はいないと思うが、カーティス(・ジョーンズ)は凄いね。ゴールを見るのに最適な場所に居なかったから、後で見返すよ」 「若手たちは並外れたプレーを、3トップはあらゆる方向から悪魔のようなディフェンスを、センターバックの2人は必要なときそこにいてくれた。最終的に、5節を終えた時点でグループのトップだ。これは初めてのことだし、我々にとって信じられないほど良かったよ」 また、クロップ監督はアリソンが欠場となったこの試合、本来2番手のGKアドリアンではなく、ケレハーを起用したことにも言及。ケレハーを称賛するとともに、アドリアンのこれまでの貢献についても触れている。 「トップ、トップ、トップなパフォーマンスだった。起用することは簡単な決断だったよ。ただ、アドリアンのことを思うと難しい判断でもあった。彼は昨シーズン多くの貢献を果たしてくれたからね。でも、今夜はケレハーの力が必要だったんだ」 「アヤックスのプレッシングに対応する必要があったし、ハーフスペースへのフィードも必要だった。今夜はぐっすり眠れるか、眠れないかのどちらかになると思うけど、どちらにしても楽しめるはずだ」 <div id="cws_ad">◆試合後のクロップ監督がケレハーに駆け寄ってハグ!<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CIRZW80Kg9Z/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CIRZW80Kg9Z/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CIRZW80Kg9Z/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">BT Sport(@btsport)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.12.02 11:28 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、若き力躍動で首位通過! 2位アタランタと3位アヤックスは勝ち点1差で直接対決へ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第5節、リバプールvsアヤックスが1日に行われ、1-0で勝利したリバプールの首位通過が決定した。なお、リバプールFW南野拓実はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節、3位のアタランタ(勝ち点7)相手に要塞アンフィールドで完敗した首位のリバプール(勝ち点9)は、今節引き分け以上で決勝トーナメント進出を決められる。1-1で引き分けた直近のブライトン戦からは先発5人を変更。コンディション不良の守護神アリソンに代わって、CLデビューの若手GKケレハーが起用されたほか、フィリップス、ミルナー、南野、フィルミノに代わってマティプ、ヘンダーソン、カーティス・ジョーンズ、マネが起用された。 対して2位のアヤックス(勝ち点7)は公式戦6連勝と好調を維持する中、ブリントやタディッチ、ネレス、グラフェンベルフといった主力を起用し、難敵撃破を目指した。 試合の入りは完全にリバプールのペース。開始2分にC・ジョーンズが最初の枠内シュートを放つと、直後の6分にはボックス付近でのサラーの丁寧な落しから再びC・ジョーンズに決定機。だが、右足の強烈なシュートは惜しくも右ポストを叩いた。さらに、12分にはマネが快足を飛ばしてボックス内に侵入しかけるが、その手前でDFと交錯した結果、フィニッシュまでは持ち込めなかった。 その後はアヤックスが徐々に落ち着きを取り戻し、相手陣内深くでもボールを動かせるようになり、拮抗した展開に。その中で足を気にするロバートソンがピッチサイドで治療を受けるアクシデントもあったが、問題なくプレーに復帰。クロップ監督も思わず胸をなでおろす。 前半半ばから終盤にかけては互いにフィニッシュの数が伸びず、中盤での潰し合いが増えたが、32分にはマズラウィが強烈なミドルシュートでホームチームのゴールを襲う。しかし、ここはGKケレハーが見事な反応ではじき出した。そして、前回対戦同様に一進一退の攻防の中、0-0で試合を折り返した。 後半は立ち上がりからシュートを打ち合うオープンな展開となったが、アウェイチームがより決定的な場面を作り出していく。57分にはボックス右でアントニーからパスを受けたマズラウィが左足のグラウンダーのシュートを枠に飛ばすが、ここはGKケレハーが冷静に弾き出す。 すると、直後の58分にはリバプールのアカデミー出身コンビが大仕事を果たす。右サイド深くに侵攻したヘンダーソンからマイナスのパスを受けたネコ・ウィリアムズが左足に持ち替えて浮き球のクロスを供給。これに対してGKオナナが目測を誤って完全に被ると、ファーに走り込んでいたC・ジョーンズが角度のないところから右足アウトで叩く技ありのフィニッシュで無人のゴールへ流し込んだ。 この先制点で勢いづくホームチームは62分にも十八番のロングカウンターからサラーがピッチ中央を独走。一度相手に引っ掛けられたこぼれ球をGKより先に回収するが、うまくシュートコースを消されてシュートを打ち切れない。 その後はリスクを冒して攻勢に出るアヤックス、相手を引き込んでロングカウンターを繰り出すリバプールという構図の下、白熱した攻防が繰り広げられていく。 サラーやマネがなかなかカウンターチャンスを決め切れない中、チームを救ったのはCLデビュー戦のGKケレハー。後半も安定したシュートストップを見せていた中、88分にはアントニーの右クロスに反応したフンテラールにゴール前フリーでヘディングを許したが、コースが甘かったとはいえ強烈なシュートを見事な反応で枠外に弾き出し、絶体絶命のピンチを救った。 その後、サラーを下げてDFリース・ウィリアムズを投入して相手のパワープレーを最後まで撥ね返し続けたリバプールが若き力の躍動で難敵に1-0の勝利を飾った。 また、同日行われたアタランタvsミッティランは、1-1のドローに終わった。 前節、リバプール相手に会心の勝利を収めて2年連続グループステージ突破に望みを繋いだアタランタだが、ここまで全敗の最下位相手に苦戦を強いられる。13分にはセットプレーの流れからボックス中央のカバに胸で落とされると、ショルツに豪快な右足のボレーシュートを突き刺され、先制を許した。 その後は自慢の攻撃陣を起点に反撃に打って出るが、ペッシーナの決定機逸や再三の枠内シュートが相手GKのセーブに遭い、ビハインドで試合を折り返した。 後半に入って積極的に選手交代を行い、ゴールを目指す中、79分にはハテブールの右クロスをゴール前に攻め上がっていたロメロが頭で合わせ、ようやく同点に追いつく。しかし、この勢いで逆転ゴールを奪うまでには至らず、試合はこのまま1-1でタイムアップを迎えた。 この結果、グループDは勝ち点12のリバプールが最終節を残して首位通過を決め、勝ち点8のアタランタが2位、勝ち点7のアヤックスが3位となった。そして、最終節では勝ち点1差のアタランタとアヤックスが激突する。 リバプール 1-0 アヤックス 【リバプール】 C・ジョーンズ(後13) アタランタ 1-1 ミッティラン 【アタランタ】 ロメロ(後34) 【ミッティラン】 ショルツ(前13) 2020.12.02 07:12 Wed
twitterfacebook
thumb

アヤックス時代のセルビア代表MFグデリが決めた爽快な弾丸ロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はセビージャのセルビア代表MFネマニャ・グデリがアヤックス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆グデリがアヤックスで決めた弾丸シュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJKRjlnZmZ3OCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> グデリは2015年夏にAZから名門アヤックスに加入。豊富なタレントの揃うチームの中でも主力として活躍し、在籍した2年半で公式戦59試合に出場し7ゴール10アシストを記録した。 中盤ならどこでもこなせるユーティリティ性を持ち、アヤックスでは主に守備的MFのポジションでプレーしたグデリだが、2015年10月17日に行われたエールディビジ第9節のヘラクレス・アルメロ戦では、豪快なゴールを決めている。 アヤックスが1-0とリードして迎えた22分、ボックス左の手前でボールを持った味方からの落としをグデリが受けると、ワントラップして、素早い振りから豪快なシュート。右足から放たれた弾丸シュートは、矢のような弾道でゴール左上の完璧なコースに突き刺さった。 試合は、序盤に2点を奪ったアヤックスが、そのままリードを守り2-0で勝利している。 2020.12.01 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

左SBの人気銘柄タグリアフィコ、アヤックスと契約延長へ

アヤックスのアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコが契約延長に近づいているようだ。オランダ『テレグラフ』が報じている。 タグリアフィコは、今夏にチェルシーやレスター・シティ行きの噂が取り沙汰された有能左サイドバック。2018年1月に母国のインデペンディエンテからアヤックスに加入し、屈指のサイドバックとして名を挙げた。 今夏はなんとか残留に漕ぎ着けたアヤックスだが、今冬以降の市場でビッグクラブのターゲットになることは避けられない。そのため契約延長の動きを見せており、『テレグラフ』によればすでに原則合意に達しているようだ。 代理人のリカルド・シュリーペル氏も合意に近づいていることを確認しているようで、間も無く2023年までの新契約が結ばれる見込みとなっている。これにより、今夏の時点では2450万ポンド(約34億円)ほどだった移籍金も上昇する模様だ。 なお、現在最もタグリアフィコに対する関心が強いのはマンチェスター・シティと言われており、DFバンジャマン・メンディの競争相手を探しているとのことだ。 2020.11.28 21:02 Sat
twitterfacebook
thumb

オランダの逸材ファン・デ・ベークがアヤックス時代に突き刺した鋭いボレーシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はマンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークがアヤックス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ファン・デ・ベークが決めた鋭い一撃<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTdDJteHo5OCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 欧州屈指の育成の名門アヤックスユース出身のファン・デ・ベークは、2016年にファーストチームに昇格。若きタレントが多く集まるチームの中でも一際輝きを放った。 足元の技術に加え、高いサッカーIQで的確なポジショニングを取り、決定的な仕事をこなすファン・デ・ベークだが、2020年1月26日に行われたエールディビジ第20節のフローニンヘン戦では、良いポジショニング取りから素晴らしいゴールを決めている。 0-2とアヤックス2点ビハインドの72分、左サイドからのクロスをボックス内で待っていたFWドゥシャン・タディッチが胸トラップするも、少し伸びてしまう。すると、後方からタイミング良く走り込んだファン・デ・ベークが勢いよくボレーシュートを放つ。低い弾道の鋭いシュートはゴール左下に突き刺さった。 このゴールで1点差に迫ったアヤックスだったが、反撃もここまで。1-2で敗れている。 2020.11.28 12:00 Sat
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly