レーティング:アヤックス 2-3(AGG:3-3)トッテナム《CL》

2019.05.09 06:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、アヤックスvsトッテナムが8日に行われ、2-3でトッテナムが勝利した。この結果、2戦合計スコアが3-3となり、アウェイゴール差でトッテナムが決勝に進出した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽アヤックス採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
24 オナナ 6.5
キックがやや不安定だったが、2つのファインセーブを見せるなどショットストップで存在感

DF
12 マズラウィ 6.0
ソン・フンミンの対応で前半は攻撃参加を自重。途中からボランチをそつなくこなした

4 デ・リフト 6.5
ユベントス戦に続くゴール。守備面でも身体を張った

17 ブリント 5.0
ミスパスが目立ち、ルーカス・モウラのスピード、ジョレンテの高さに苦しんだ

31 タグリアフィコ 5.0
守備重視のプレー。耐えきれなかった

MF
20 シェーネ 5.0
前半はベテランらしく攻守のバランスを取ったが、後半に2失点に関与

(→フェルトマン 6.0)
右サイドバックでプレー。守備を締め、ゴールライン上でのクリアも見せた

6 ファン・デ・ベーク 6.0
相変わらずの運動量。2点目に関与

(→マガジャン -)

21 F・デ・ヨング 6.5
攻守に存在感。ビルドアップの起点となり、ピンチの芽も摘んだ

FW
22 ジイェフ 7.0
ラマダンの影響なし。幅広く動いて起点となり2点目を決めた。惜しいシュート2本が入っていれば…

25 ドルべリ 5.0
ネレスの負傷により急遽スタメン。ほぼボールが収まらなかった

(→シンクフラーフェン 5.5)
左サイドでプレー。守備に追われた

10 タディッチ 6.5
本職ウイングでのプレー。2点目をアシスト。後半途中から最前線でプレーし起点に

監督
テン・ハグ 6.5
前半はいつも通りの戦いを見せたが、後半は押し込まれ過ぎて無念の準決勝敗退

▽トッテナム採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ロリス 6.5
試合立ち上がりと終盤に2つのファインセーブを見せて奇跡を起こさせる

DF
2 トリッピアー 5.0
セットプレー時、デ・リフトとのミスマッチを突かれる。2点目を演出したが、2失点に関与

(→ラメラ -)

4 アルデルヴァイレルト 6.0
後半に入って高い位置を取り攻撃の起点に。守備も落ち着いていた

5 ヴェルトンゲン 6.0
フェイスガードを付けての出場。その影響を感じさせないプレー

3 ローズ 5.5
後半に入って攻撃参加を増やし、アクセントとなった

(→B・デイビス -)

MF
23 エリクセン 6.0
アクセントを付けるパスで攻撃にリズムを与えた。後半からボランチでプレー

17 ムサ・シソコ 6.0
馬力あるプレーでチームに勢いを与える

20 デレ・アリ 6.0
デ・リフトに競り負けて1失点目に関与。前半は消えていたが、後半に盛り返して決勝点をアシスト

12 ワニャマ 4.5
ボールを受けられず展開もできなかった。そして2失点目はジイェフに付ききれず

(→ジョレンテ 6.5)
後半から出場。前線で起点となり反撃の要因に

7 ソン・フンミン 6.0
出場停止明け。仕掛けのプレーで攻撃を牽引

FW
27 ルーカス・モウラ 8.0
劇的過ぎるハットトリックでチームを決勝に導いた

監督
ポチェッティーノ 7.0
過密日程と勤続疲労の影響もあって前半は苦労したが、後半のジョレンテ投入で流れを大きく変えた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ルーカス・モウラ(トッテナム)
この大一番で見事な活躍。決定機をことごとく決め、最後のチャンスをモノにして決勝に導いた。

アヤックス 2-3(AGG:3-3) トッテナム
【アヤックス】
デ・リフト (前5)
ジイェフ (前36)
【トッテナム】
ルーカス・モウラ (後10)
ルーカス・モウラ (後14)
ルーカス・モウラ (後51)
※2戦合計スコア3-3、アウェイゴール差でトッテナムが決勝進出!
コメント
関連ニュース
thumb

オランダ時代から得点力は変わらず!スアレスがわずか20分で3ゴールを荒稼ぎ【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。 この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスがアヤックス時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆勢いに乗ったスアレスは止まらない<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIya2QxT21ZdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2008年8月8日に行われたエール・ディビジ第2節のRKCヴァールヴァイク戦。1-1で迎えた71分にアヤックスはPKのチャンスを獲得。キッカーを務めたスアレスは、冷静にゴール左隅へ決める。 このゴールで波に乗ったスアレスは82分、トラップで相手DFをかわすと、ゴールまで距離があったものの、迷うことなく右足を一閃。強烈なシュートは、ゴール左隅に突き刺さった。 こうなったスアレスはもう止まらない。後半アディショナルタイムにも相手守備陣の連携ミスを突き、DFとGKの間で何とかボールに触り、ゴールへと流し込んだ。 試合終了直前の20分で一気に3ゴールを荒稼ぎしたスアレスは、この試合以降もゴールを量産。シーズンを通して公式戦48試合49ゴール24アシストと大爆発し、シーズン終了後にリバプールへと旅立った。 2020.07.09 17:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ファン・デ・ベーク、オナナ、タグリアフィコ…アヤックス指揮官が退団の可能性を認める

アヤックスはさらに主力3選手が流失する可能性があるようだ。エリク・テン・ハグ監督がオランダ『Het Parool』で、その可能性を認めた。 長らくオランダの雄としての地位を固め、確かな育成力で毎シーズンのようにタレントを生み出すアヤックス。昨夏にオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)とオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(ユベントス)を世界に羽ばたかせ、今夏もすでにモロッコ代表MFハキム・ジイェフ(27)のチェルシー移籍が決まっている。 さらに、その他の主力勢も移籍の可能性が取り沙汰されており、オランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク(23)、カメルーン代表GKアンドレ・オナナ(24)、アルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコ(27)の3選手も今後の去就に注目が集まっている。指揮官もそれぞれの流出阻止を覚悟しているようだ。 「移籍市場は8月に始まる。トップリーグが再開され、金の流れが保たれるようになった。選手の市場価値は多少落ち込むだろうが、それほど影響ないだろう」 「多くの選手が実績と野心に基づいて、海外移籍を希望している。アンドレ・オナナ、ドニー・ファン・デ・ベーク、ニコラス・タグリアフィコとの間で協定が結ばれているが、市場がどうなるのかを様子を見ていかなければならない」 「オナナとファン・デ・ベークに限れば、あと1年間だけアヤックスに残るのも確かな選択肢の1つになり得るが、タグリアフィコに関しては年齢的にも少し状況が異なるものといえるだろう」 また、ひと足先に来季からのチェルシー入りが決まったジイェフの退団による影響にも言及。戦力ダウンを否定しなかった。 「(チームが)別物になってしまうだろう。我々はユニークな選手を失った。ハキムは瞬く間にゲームを決めることができる。世界を見渡しても、そんなサッカー選手はそう多くいない」 2020.06.30 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

アヤックス時代の“ロン毛”スアレスがキレキレな突破からセーブ不能なコースにズドン!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスがアヤックス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJFSDhjWWFTZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 行く先々でストライカーとして結果を残すスアレスだが、アヤックス時代にも在籍3年半で159試合111ゴール68アシストと大暴れしていた。 中でも見事だったのが、2008年9月25日に行われたKNVBカップ2回戦のユトレヒト戦でのゴールだ。 右サイドで先発したスアレスは、0-0で迎えた70分、敵陣ボックス付近でFWクラース・ヤン・フンテラールからパスを受けると、ボックスに侵入しながらマッチアップしたDFを華麗なフェイントで完璧に抜く。 角度のないところから思い切り右足を振り抜くと、強烈なシュートは相手GKとニアポストのわずかな隙間に突き刺さった。 右サイドからの仕掛けに見慣れないロン毛と、今のスアレスとはやや異なるスタイルであったが、持ち前の決定力は当時から健在だったようだ。 2020.06.28 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

シーズン打ち切りのオランダ・エールディビジ、来季は9月12日開幕! 観客も制限して入場可

オランダサッカー連盟(KNVB)は26日、2020-21シーズンのエールディビジのスケジュールを発表。9月12日、13日に開幕を迎えることを発表した。 エールディビジは、世界各国と同様に新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて中断。しかし、オランダ政府が4月21日に、すべてのサッカー活動を9月1日まで禁止したことでシーズン打ち切りが決定。首位に立っていたアヤックスの優勝も無くなっていた。 7月1日からは、トレーニングの再開が許可されており、新シーズンに向けた準備は可能となっている。 また、観客についても新シーズンは入場が可能とのこと。しかし、1.5mのソーシャル・ディスタンスを守る必要があるため、満員にはできない。7月8日に、KNVBが各クラブへプロトコルを提出するとのことだ。 2020.06.27 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴェルトンゲン、今夏のアヤックス復帰はなし 「親友のブリントとポジション争いしたくない」

今夏のタイミングでベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲン(33)のアヤックス復帰は実現しないようだ。 2012年7月にアヤックスからトッテナムに加入したヴェルトンゲンは、これまで公式戦311試合に出場し、14ゴール7アシストを記録。今シーズンも公式戦26試合に出場している。 先日には今月末に満了するトッテナムとの契約を短期間延長し、今シーズン終了まで同クラブでプレミアリーグを戦い抜くことになったが、シーズン終了後に新天地を求めることが決定的だ。 そのベルギー代表DFに関してはローマやインテル、ナポリといったセリエAクラブからの関心が伝えられる一方、以前からクラブへの愛情を語ってきた古巣アヤックスへの復帰の可能性が取り沙汰されてきた。 しかし、先日にアヤックスのスポーツ・ディレクターを務めるマルク・オーフェルマルス氏は、「別の選択をした」と、今夏のタイミングでヴェルトンゲン獲得に動くことはないと主張していた。 また、ヴェルトンゲンは24日、ベルギー『Sporza』のインタビューを通じて、アヤックス復帰の可能性を否定している。 「僕たちの間では以前から共有していたことだから、失望を感じることはないよ。それがこのタイミングでメディアに出たというだけだ。ただ、あれだけハッキリと言われるのは少しショックだったよ」 「ただ、アヤックスはいつでも僕にとって特別なクラブだし、今回の話が問題になることもないよ。僕はすでに親友のダレイ・ブリントと(ポジションを)争いたくないと言っていたしね。彼はクラブでとてもうまくいっているからね」 なお、ヴェルトンゲンは今後の去就に関しては、「現時点で多くを話すことはできないけど、動きは十分にあるよ。ティモ・ヴェルナーの(チェルシー)移籍を通じて、市場に十分なお金があることが証明されたと思うしね」と、幾つかのクラブとの間で話し合いが行われていることを示唆している。 2020.06.25 21:31 Thu
twitterfacebook