リバプールの偉大なる主将ヘンダーソンが英記者選出の年間MVPに!

2020.07.24 18:58 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランド・サッカー記者協会(FWA)は24日、リバプールのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンを2019-20シーズンの最優秀選手に選出した。1948年に創設された同賞はFWAに登録している400人の記者による投票で選出される、由緒ある個人賞。昨シーズンはマンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングが受賞していた。

今回の投票ではマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード、リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネ、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクらに投票が分散した中、4分の1以上の票を集めたヘンダーソンが初の受賞を果たすことになった。

ヘンダーソンは今シーズンのプレミアリーグ30試合4ゴール5アシストと、セントラルMFというポジション柄、数字面では特筆すべき結果を残していない。だが、卓越した戦術眼とパスセンス、献身的な守備を武器に、リバプールの30年ぶりのリーグ制覇に大きく貢献。

また、キャプテンとしての圧倒的な存在感が、コロナ禍で大きな社会貢献を果たしたラッシュフォードと共に、パフォーマンス以外の部分でも高い評価を集める結果となった。

リバプールの頼れるスキッパーは、過去にスティーブン・ジェラード、ルイス・スアレスモハメド・サラーが受賞してきた由緒ある個人賞の初受賞に喜びを噛み締めている。

「僕に投票してくれたライターの人たち、FWAの代表者の方々に感謝を伝えたい。スティービー(ジェラード)やルイス(・スアレス)、モー(サラー)のようなリバプールで一緒にプレーした過去の受賞者の名前を見れば、この賞がいかに権威のある賞かどうかがよくわかるよ」

「だけど、正直なところ、今回の受賞をうまく受け入れられないんだ。今シーズンに達成してきたことや自分のキャリア全体を含めてね」

「僕はこれまで多くの異なる人たちに助けられてきた。特に、現在のリバプールのチームメイトにはね。彼らは本当に素晴らしい仕事をしているし、自分と同じように今回の賞に相応しいと思っているよ」

「僕らのスカッドは一人一人が本当に素晴らしい。そして、それに相応しいことを成し遂げてきた。それは試合中や見出しとなる瞬間だけでなく、日々のトレーニングから素晴らしい仕事を見せてきた」

「だから、誰のおかげでこの素晴らしい結果を手にできたということではなく、全員の努力が結果に繋がったと考えているよ。その代表者として、たまたま自分がこの賞を受け取るというふうに捉えているよ」

「仲間の存在がなければ、僕はこの賞を受け取る立場になかった。それに彼らが僕をより良いプレーヤー、リーダー、人間に成長させてくれたんだ」

「そういう意味では、僕に投票してくれた人がチーム全体の貢献を強調する目的で、あえて僕に投票してくれていれば嬉しいよ」

「個人賞の受賞は嬉しいし、今回の賞は特別なものだから大切にするつもりだ。それでも、チーム全体の成功なしに受け取る個人賞というものは、個人的にあまり意味がないものだと捉えているよ」

関連ニュース
thumb

ブライトン戦に挑むトゥヘル、シティ戦から中2日のアウェイ3連戦目も「当然ながら勝ちたい」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が意気込みを語っている。イギリス『ロンドン・フットボール』が報じた。 プレミアリーグ前節で首位のマンチェスター・シティに0-1で敗れ、ポイント差を「13」に広げられてしまったチェルシー。リバプールにも抜かれ、3位に転落したなか、18日の第24節でブライトン&ホーブ・アルビオンとのアウェイ戦に臨む。 優勝争いでこれ以上の足踏みが許されないが、ブライトンは昨年12月の第20節で対戦して1-1のドロー。シティ戦から中2日、アウェイ3連戦目という状況下での再戦とだけあって、疲労面も懸念されるが、トゥヘル監督は必勝を期した。 「試合そのものも相手も大きな挑戦だ。ブライトンとの対戦はタフだしね。個人的にあそこでプレーしたことがないが、たくさんの試合を観ている」 「もちろん、ブライトンとは過去に対戦したことがある。非常に独特なスタイルで、強力なスカッド、自分たちのやっていることに強い信念を持つ監督がいる。我々が意識すべきことはたくさんあって、可能な限り最高のレベルが必要だ」 「それと、アウェイでの試合はこれで3試合目で、シティとの試合から2日しか経っていない。勝つためにメンタル面とフィジカル面の全てが必要で、リカバリーと準備が混在しているが、当然ながら勝ちたいし、タフな試合になると思う」 2022.01.18 20:55 Tue
twitterfacebook
thumb

1週間で3Gのファビーニョが勝利貢献に喜び 「アンフィールドで得点するのはいつだって素晴らしい」

リバプールのブラジル代表MFファビーニョが自身の活躍による勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ファビーニョは16日に行われたプレミアリーグ第22節のブレントフォード戦に先発した。チームはFWモハメド・サラー、FWサディオ・マネを欠いた影響もあり、なかなか得点を奪えない時間帯が続いたが、前半終了間際に得たCKからファビーニョがゴールを決めて先制に成功。その後はMFアレックス・オックスレイド=チェンバレン、FW南野拓実にもゴールが生まれ、3-0で勝利した。 9日に行われたFAカップでも2ゴールを記録しているファビーニョはチームに大きく貢献できたと喜びを露わに。アンフィールドで得点を記録するのは特別だとも語った。 「全体的に、本当に良かった。この3ポイントが必要であり、良いパフォーマンスも必要だったからね。ファンの前で勝てて良かったよ。インターナショナルマッチウィーク前の試合となる次節に向け、自信を深めることができると思う」 「アンフィールドで得点するのはいつだって素晴らしい。攻撃的な部分でチームを助けられるのは、僕にとっても常に重要だ」 「先制点を取ること、前半に得点することは常に大事だね。だから前半終了間際の僕のゴールは、攻め続け、相手にプレッシャーをかけ続け、2点目を狙うためにも本当に重要なものだったと思うよ」 2022.01.18 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

南野拓実のバースデーゴールに本田圭佑も反応!南野も滅多に更新しないツイッターでお礼

27歳の誕生日にゴールを決めたリバプールの日本代表FW南野拓実にMF本田圭佑も祝福の言葉を贈った。 南野は16日にアンフィールドで行われたプレミアリーグ第22節のブレントフォード戦に74分から途中出場すると、77分にFWロベルト・フィルミノと2人で相手からボールを奪い、パス交換からそのままゴールを奪った。 16日に27歳の誕生日を迎えた南野にとって嬉しいバースデーゴールとなったが、さらに嬉しいプレゼントが届いた。 本田は自身のツイッターを更新。南野のゴールを伝えるリバプールの公式アカウントの投稿を引用する形で「おめでとう南野 最高だね!」と拍手と炎の絵文字を添えて祝福した。 ほとんどツイッターを更新することのない南野だが、これには即座に返信。「ありがとうございます。レジェンド」とお礼の言葉を返している。 <span class="paragraph-title">【動画】本田圭佑も反応した南野拓実のバースデーゴール!!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%8D%97%E9%87%8E%E6%8B%93%E5%AE%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#南野拓実</a><br>27歳を自ら祝う<br>バースデーゴール<br>\<br><br>フィルミーノがエリア内でボールを奪うと、パス交換から完璧なお膳立て<br><br>プレミアリーグ第22節<br>リヴァプール×ブレントフォード<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ハイライト&見逃し配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/PremierLeagueDAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PremierLeagueDAZN</a> <a href="https://t.co/W0mA8kwr4q">pic.twitter.com/W0mA8kwr4q</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1482895752456196097?ref_src=twsrc%5Etfw">January 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.18 11:51 Tue
twitterfacebook
thumb

南野拓実のバースデーゴールにハーランドも「Takuuuuuuumi」 レジェンドからも祝福の言葉

バースデーゴールを決めたリバプールの日本代表FW南野拓実に各方面から祝福の言葉が届いている。 南野は16日に27歳の誕生日。同日に行われたプレミアリーグ第22節のホームのブレントフォード戦に74分から途中出場した。 すると直後の77分、相手ゴールキックの場面で南野が前線からチェイス。苦し紛れのパスをFWロベルト・フィルミノが奪うと、2人のパス交換からそのままゴールを奪った。 自身の誕生日に花を添えるバースデーゴールを挙げた南野は試合後に自身のインスタグラムを更新。「素晴らしいチームメイト、コーチングスタッフ、ファンの皆さんと誕生日の勝利を分かち合えることをうれしく思います」とゴールを喜んだが、この投稿に多くの関係者からコメントが寄せられた。 日本代表メンバーのDF吉田麻也やFW武藤嘉紀、さらにはチームメイトのGKアドリアンも祝福する中、大物からも反応が。ザルツブルク時代のチームメイトであるFWアーリング・ハーランドも「Takuuuuuuumi」と興奮冷めやらぬ様子でコメントしている。 他にもリバプールのレジェンドであるイアン・ラッシュ氏が「誕生日おめでとう」とわざわざ日本語でメッセージ。南野の誕生日弾を総出で祝った。 <span class="paragraph-title">【動画】ハーランドも祝福した南野拓実のバースデーゴール!!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%8D%97%E9%87%8E%E6%8B%93%E5%AE%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#南野拓実</a><br>27歳を自ら祝う<br>バースデーゴール<br>\<br><br>フィルミーノがエリア内でボールを奪うと、パス交換から完璧なお膳立て<br><br>プレミアリーグ第22節<br>リヴァプール×ブレントフォード<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ハイライト&見逃し配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/PremierLeagueDAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PremierLeagueDAZN</a> <a href="https://t.co/W0mA8kwr4q">pic.twitter.com/W0mA8kwr4q</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1482895752456196097?ref_src=twsrc%5Etfw">January 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.17 21:35 Mon
twitterfacebook
thumb

誕生日弾の南野拓実、アシストのフィルミノとの写真とともにゴールを喜び「勝利を分かち合えてうれしい」

リバプールの日本代表FW南野拓実がバースデーゴールを喜んだ。 16日に27歳の誕生日を迎えた南野。同日にはプレミアリーグ第22節のブレントフォード戦がホームで行われた。 ベンチスタートとなった南野は74分に途中出場すると、直後に祝砲をあげる。77分の相手ゴールキックの場面、後方からビルドアップしようとしたブレントフォードだったが、投入されたばかりの南野が激しいチェイス。GKに一度戻してボールを繋ごうとするが、今度はロベルト・フィルミノがパスの受け手へとチェイスしボール奪取。これを南野に繋ぐと、細かい2人のパス交換から最後は南野が蹴り込み追加点を奪った。 13日に行われたアーセナル戦での決定機逸で少なくない批判を受けた南野、名誉挽回となったゴールについて自身のインスタグラムで喜んだ。 「素晴らしいチームメイト、コーチングスタッフ、ファンの皆さんと誕生日の勝利を分かち合えることをうれしく思います」 アシストのフィルミノから最高の誕生日プレゼントを貰った南野。インスタグラムには得点直後にフィルミノを背負う写真も投稿しており、大きな感謝をしているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】南野とフィルミノのおんぶショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CYzNi73KEcB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CYzNi73KEcB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CYzNi73KEcB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">南野拓実 takumi minamino(@takumi18minamino_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.17 14:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly