ドルトムント、殊勲デラネイや古巣初対戦ブラントがレバークーゼン戦を回想!

2019.09.15 15:21 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントは14日、ブンデスリーガ第4節でレバークーゼンをホームに迎え、4-0で快勝した。同試合後、選手たちがクラブ公式サイトで快勝の一戦を振り返った。

インターナショナルマッチウィーク前に行われた前節、昇格組のウニオン・ベルリン相手に初黒星を喫したドルトムントは、昨季4位の難敵とホームで対戦した。

立ち上がりから縦に速い攻防が繰り広げられた中、28分にFWパコ・アルカセルの見事なゴール前への飛び出しから先制に成功したホームチームは、後半も決定力を発揮し、FWマルコロイスのドッペルパック、先日契約延長が発表されたDFラファエウ・ゲレイロのゴールなどで4-0の快勝を収めた。

今夏、プロキャリアをスタートし5年間を過ごしたレバークーゼンからドルトムントに加入したドイツ代表MFユリアン・ブラントは、古巣との初対戦を以下のように振り返っている。

「今日は初めて対戦相手としてレバークーゼンと対戦した。それは自分にとって新たな感覚だったよ」

「前半は多くの時間帯でボールを追いかける展開になっていたけど、それでも試合を楽しむことができたよ。もちろん、最終的に4-0で勝てたことはチームにとって良いリアクションになったと思う」

また、この試合でスポーツ・ディレクターを務めるミヒャエル・ツォルク氏を始め、多くのスタッフ、選手たちに、その活躍ぶりが絶賛されたMFトーマスデラネイは、ウニオン・ベルリン戦の敗戦からチームが見せたリバウンドメンタリティに満足しているようだ。

「チーム全体を通して良いパフォーマンスだったと思うよ。僕たちは多くの場面で決定的な仕事ができていた。レバークーゼン相手の試合はいつでも簡単にはいかないものなんだ」

「監督からレバークーゼンは立ち上がりから激しく圧力をかけてくると言われていたんだ。その中で試合序盤を冷静に凌ぐことが重要だったんだ」

「ベルリンでの試合後、確かに僕たちは失望していたよ。ただ、タイトルを獲得するためには、今後あんなパフォーマンスを見せてしまう余裕は僕たちにないと思っている」

最後に、今シーズンのリーグ戦で初のクリーンシートに貢献した守護神のGKロマン・ビュルキは、相手のカウンターに苦しんだことを認めながらもチームのソリッドな守備を称賛している。

「とてもタフな試合だったね。レバークーゼンは自陣でのブロックから鋭いカウンターを幾度も仕掛けてきた。それは僕たちに多くの困難をもたらした」

「試合序盤はかなりラフな展開になっていたけど、先制点を決めた後はうまく試合を落ち着けることができていたと思うよ。僕たちはよく守れていたし、勝利に値する内容だったと感じているよ」

「今日のトーマス(・デラネイ)に科されたタスクはハフェルツを試合から締め出すことだった。彼はそのタスクを見事にこなしてくれた」
難敵相手に快勝を収めたドルトムントは、3日後の17日に今季のチャンピオンズリーグ(CL)開幕戦となるバルセロナ戦に臨む。

関連ニュース
thumb

マルセイユ、ポーランド代表FWミリク放出を検討? ユーベなどが関心

マルセイユがポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(28)の放出を検討しているようだ。 ミリクはレバークーゼンやアヤックス、ナポリなどを経て、2021年1月からマルセイユに在籍。これまでプレーした各クラブで高い決定力を見せつけてきた孤高のストライカーは、フランスの名門でも通算55試合30得点とゴールを量産している。 だが、ここに来て退団の可能性が浮上。先月上旬にナポリからの完全移籍に切り替わったばかりだが、フランス『レキップ』によると、マルセイユの首脳陣らは欧州各国のクラブに対してミリクの逆オファーをかけているという。 その結果、関心を示したクラブの1つがユベントス。完全移籍、もしくは買い取り義務付きのレンタルを検討しているという。対するマルセイユの要求額は2000万ユーロ(約27億5000万円)。しかし、実現度は低く、ユベントスが優先するターゲットはバルセロナのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(28)とみられている。 また、ドルトムントやバレンシアもミリクに関心を寄せていたものの、ドルトムントは経済的な観点から手を引き、資金難のバレンシア行きも難しいと考えられている。 2022.08.18 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、先日プロ初ゴールのバイノー=ギテンスと長期契約締結!

ドルトムントは16日、U-19イングランド代表FWジェイミー・バイノー=ギテンス(18)と2025年まで契約を延長したことを発表した。 マンチェスター・シティのユース出身のバイノー=ギテンス。2020年夏にドルトムントがフリーで獲得し、主戦場としたU-19では昨シーズンにリーグ優勝に貢献した。 すでに昨季のブンデスリーガ終盤戦でトップチームデビューを果たしている同選手だが、今季から正式に昇格し、7月末に行われたDFBポカール1回戦や、ブンデスリーガ開幕節のフライブルク戦に出場。そのフライブルク戦では64分から右ウイングで出場し、ミドルシュートを決めてプロ初ゴールを記録した。 今月8日に18歳となったバイノー=ギテンスは、今回の契約更新に「大きな意味のあるもの」と満足感を示し、今後に向けて意欲を燃やした。 「ここに来たばかりの頃はコロナとケガで思うようにいかなかったけど、ドルトムントで続けることは僕の目標だった。今はこれから数カ月、数年とチームの力になれるよう、努力し続けることを楽しみにしているよ」 2022.08.16 18:43 Tue
twitterfacebook
thumb

めっちゃ嗅いでる!ドルトムント選手から着用ユニをもらったファンが鼻をくんくんし恍惚「スメルズライクヴィクトリー」

お手製のメッセージボードを駆使し、ユニフォームをねだるファン。受け取った後の行動が話題を呼んでいる。 13日、ブンデスリーガの英語版ツイッターアカウントは、ドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガムから着用していたユニフォームをプレゼントされたファンをピックアップした。 着用していたユニフォームを手渡された女性は感謝とともにガッツポーズ。嬉しそうな表情を見せた。左には知人だろうか、肩をたたいて祝福している。 だが次の瞬間、争奪戦に敗れた右隣にいた別の女性が突然ユニフォームを掴み、なんと顔を近づけ、匂いを嗅ぎ始めた。うっとりとした表情を浮かべる女性に触発されたか、ユニフォームを受け取ったファンも鼻を近づけている。左の男性は苦笑いを浮かべて二度見した。 公式アカウントはこのシーンを、フライブルク戦に3-1で勝利したドルトムントとニルヴァーナのヒット曲「Smells Like Teen Spirit」に掛けてか、「Smells like victory(勝利の匂いがする)」と紹介した。 ファンの間でも「なぜ彼女はジャージの匂いを嗅ぐのか!?!」、「匂いはどうですか?」、「これはどんなフェチですか」、「落ち着けマム」、「私は彼女を責められない」など、大反響を巻き起こしている。 <span class="paragraph-title">【動画】ベリンガムにもらったユニフォームのにおいを嗅ぐ女性ファン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Smells like victory.<br><br>What would you do if you acquired <a href="https://twitter.com/BellinghamJude?ref_src=twsrc%5Etfw">@BellinghamJude</a>&#39;s jersey? <a href="https://t.co/B4txrZfRn2">pic.twitter.com/B4txrZfRn2</a></p>&mdash; Bundesliga English (@Bundesliga_EN) <a href="https://twitter.com/Bundesliga_EN/status/1558201982598397953?ref_src=twsrc%5Etfw">August 12, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.14 20:20 Sun
twitterfacebook
thumb

モデストがデビューのドルトムント、テルジッチ采配的中で堂安先発のフライブルクに逆転勝利《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第2節、フライブルクvsドルトムントが12日に行われ、1-3でドルトムントが逆転勝利した。フライブルクのMF堂安律は85分までプレーしている。 フライブルクは開幕節、アウグスブルクに4-0と快勝。ダメ押しの4点目を決めた堂安は引き続き[4-2-3-1]の右MFで先発となった。 一方、レバークーゼンとの強豪対決となった開幕節を制し白星スタートとしたドルトムントは、アラーの長期離脱を受けて緊急補強されたモデストが早速先発。レバークーゼン戦で負傷交代したアデイェミは欠場となった。 立ち上がりからドルトムントが押し込み、フライブルクがカウンターで応戦する展開となった。 すると22分、ドルトムントはロイスとのパス交換からボックス左に侵入したモデストがGK強襲のシュートを浴びせた。 それでも34分、グリフォがボックス左角で得たFKを直接狙って牽制したフライブルクが1分後に先制する。 CKの流れでゴール前に残っていたギンターがヘッドで折り返し、ゴールエリア左のグレゴリッチュが技ありのループヘディングシュートを流し込んだ。 迎えた後半もドルトムントがボールを持つ流れが続いたものの、フライブルクの守備を崩せないことを受けてT・アザールに代えてバイノー=ギテンス[写真]、マレンに代えてムココ、ダフードに代えてブラントを投入していく。 すると77分、ドルトムントが相手のミスで追いつく。中央からバイノー=ギテンスがミドルシュートを放つと、GKフレッケンは守備範囲だったが、後方にファンブルしてゴールに吸い込まれた。 バイノー=ギテンスのプロ初ゴールで追いついたドルトムントは続く84分、一気に逆転する。左サイドからバイノー=ギテンスが切れ込み、ボックス内でブラントにつなぎ、最後はムココが押し込んだ。 そして88分、後半から出場していたヴォルフが右サイドからのカットインシュートでゴールに突き刺したドルトムントが3-1で逆転勝利。途中出場した選手たちの活躍で2連勝スタートとしている。 2022.08.13 05:27 Sat
twitterfacebook
thumb

左SB探しを続けるシティ、ドルトムントのポルトガル代表DFも候補に?

マンチェスター・シティがドルトムントに所属するポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロ(28)の獲得に関心を抱いているようだ。 シティでは今夏にウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコがアーセナルに移籍。ポルトガル代表DFジョアン・カンセロのバックアッパーが不在となっており、クラブは新たな左サイドバックの獲得に着手している。 そこでターゲットに浮上したのがブライトン&ホーヴ・アルビオンのスペイン代表DFマルク・ククレジャ(24)だったが、選手はチェルシー行きを選択。シティの左サイドバック探しは白紙に戻っている。 イギリス『デイリー・メール』によると、何としても今夏に左サイドバックを確保したいクラブは獲得候補の1人としてゲレイロにオファーを出すか検討している模様だ。 ゲレイロは2016年夏にドルトムントに加入すると、左サイドバックの主軸に定着。昨シーズンは負傷や新型コロナウイルス感染がありながらも公式戦28試合に出場し、チームのトップ4入りに貢献した。 高い攻撃能力を備えているゲレイロはジョゼップ・グアルディオラの求める条件に合致したサイドバックだが、一方でドルトムントが売却に応じるかは不透明であり、今後の交渉が注目される。 なお、シティはゲレイロのほかにベンフィカのスペイン人DFアレハンドロ・グリマルド(26) 、シュツットガルトのクロアチア代表DFボルナ・ソサ(24)もリストアップしているが、果たして今夏に左サイドバックの補強は実現するだろうか。 2022.08.11 16:37 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly