【Jリーグ出場停止情報】鹿島DF昌子やG大阪DFファビオらが出場停止

2018.04.23 15:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
▽Jリーグは23日、明治安田生命J1リーグ第10節、明治安田生命J2リーグ第11節、明治安田生命J3リーグ第8節の出場停止選手を発表した。

▽今回J1で出場停止となるのは、川崎フロンターレ戦で退場となった鹿島アントラーズDF昌子源に加え、いずれも累積警告によって名古屋グランパスMFワシントン、ガンバ大阪DFファビオ、サガン鳥栖DFチョン・スンヒョン(炫)の4選手。

▽また、J2では水戸ホーリーホックDF福井諒司、栃木SCのDF菅和範、同MFヘニキ、ロアッソ熊本のMF中山雄登の4選手。先週末試合がなかったJ3ではすでに発表された3選手が出場停止となる。今回発表されたJリーグ出場停止選手は以下の通り。

【明治安田生命J1リーグ】
DF昌子源(鹿島アントラーズ)
明治安田生命J1リーグ第10節
vsヴィッセル神戸(4/25)
今回の停止:1試合停止

MFワシントン(名古屋グランパス)
明治安田生命J1リーグ第10節
vs清水エスパルス(4/25)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

DFファビオ(ガンバ大阪)
明治安田生命J1リーグ第10節
vs湘南ベルマーレ(4/25)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

DFチョン・スンヒョン(鄭昇炫)(サガン鳥栖)
明治安田生命J1リーグ第10節
vs川崎フロンターレ(4/25)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

【明治安田生命J2リーグ】
DF福井諒司(水戸ホーリーホック)
明治安田生命J2リーグ第11節
vs京都サンガF.C.(4/28)
今回の停止:1試合停止

DF菅和範(栃木SC)
明治安田生命J2リーグ第11節
vsモンテディオ山形(4/28)
今回の停止:1試合停止

MFヘニキ(栃木SC)
明治安田生命J2リーグ第11節
vsモンテディオ山形(4/28)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

MF中山雄登(ロアッソ熊本)
明治安田生命J2リーグ第11節
vsファジアーノ岡山(4/28)
今回の停止:1試合停止

【明治安田生命J3リーグ】
DF藤原拓也(アスルクラロ沼津)
明治安田生命J3リーグ第8節
vsガイナーレ鳥取(4/28)
今回の停止:1試合停止

FWレオナルド(ガイナーレ鳥取)
明治安田生命J3リーグ第8節
vsアスルクラロ沼津(4/28)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

FW安藤瑞季(セレッソ大阪U-23)
明治安田生命J3リーグ第8節
vsAC長野パルセイロ(4/28)
今回の停止:1試合停止

関連ニュース
thumb

名古屋がウノゼロ勝利で3位浮上! 大分は残留のきっかけを掴めず【明治安田J1第30節】

明治安田生命J1リーグ第30節、名古屋グランパスvs大分トリニータが26日に豊田スタジアムで行われ、ホームの名古屋が1-0で勝利を収めた。 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を狙う4位名古屋と残留争いの渦中にある19位大分の一戦。名古屋はACLとの兼ね合いで早期開催22日のFC東京戦から中3日でスタメンを4名変更。好調のシュヴィルツォクをベンチスタートとし、トップ下に柿谷、ワントップに前田が入った。 一方、残留に向けて勝ち点を積み上げたい大分は、ゴールレスドローに終わった前節のバトルオブ九州であるサガン鳥栖戦からスタメンを1名変更。シャドーの位置に入っていた小林成豪に代わり、前線の一角に呉屋を起用した。 試合は3分にマテウスの直接FKで大分ゴールを脅かした名古屋が早々に先制点を挙げる。8分、前田のプレスで大分GKのミスを誘うと、こぼれ球を拾った柿谷がボックス右からクロス。これに反応した前田のシュートは左ポストに直撃するも、中央から詰めてきた稲垣が突き刺してネットを揺らした。 これで勢いに乗った名古屋は、18分にマテウスがカウンターからドリブルで仕掛けゴールに迫り、21分には成瀬が右サイドを駆け上がり鋭いクロスを上げるなど立て続けに襲い掛かる。一方、同点ゴールが欲しい大分も、23分に刀根のロングフィードに抜け出した呉屋がシュートに狙うなど、両チームの激しい攻防が続く。 その後も攻勢を強める名古屋は、38分に右サイドから、39分には左サイドからバイタルエリアに入って攻撃を仕掛けるも、大分が敷く5枚の最終ラインを破ることができず、追加点を奪うことができない。反対に攻撃へ転じたい大分は、守備に全員を割くことにより、カウンターを仕掛ける回数も減少した。 後半に入っても試合の主導権を握る名古屋は、53分にバイタルエリア手前からマテウスがFKで直接狙い、56分には成瀬のアーリークロスに前田が飛び込むもゴールならず。62分にはマテウスのスルーパスに森下が反応するも大分GKがセーブするなど、ボールを握り続け何度もゴールに迫るものの、大分の最終ラインに阻まれ追加点を奪うことができない。 攻め込み続けるもゴールが奪えない名古屋は、試合を決定づけるべく絶好調のシュヴィルツォクと相馬を投入。直後に相馬がペナルティアーク内からシュートを放つと、76分にはシュヴィルツォクがキーパーと1対1の決定機を生み出すもオフサイドの判定になるなど、選手を代えてもチャンスを生かすことができない。 すると、苦しい時間の中で同点弾を与えたくない名古屋にアクシデントが起こる。77分、滑りこみながら相手のシュートをブロックしたキム・ミンテがヒザを負傷して途中交代。攻め込まれる時間が多くなってきた中、最終ラインの交代を行うこととなった。 それでも、最後まで名古屋が猛攻を仕掛けながら6分のアディショナルタイムを守り切って試合終了。両チーム総力を尽くした一戦は名古屋が勝ち切って3位に浮上し、一方の大分は残留に向けた再起のきっかけを掴めず19位に停滞した。 名古屋グランパス 1-0 大分トリニータ 【名古屋】 稲垣祥(前8) 2021.09.26 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹が浦和初ゴール喜ぶも失点の対応を反省「申し訳なく思っています」

浦和レッズの日本代表DF酒井宏樹が、加入後初ゴールを振り返った。 浦和は25日、明治安田生命J1リーグ第30節でFC東京と対戦。日本代表のサイドバックを務める酒井とDF長友佑都のマッチアップということで大きな注目を集めた。 試合は開始36秒、森重真人のロングフィードに対して田川亨介が反応。酒井の裏を取って抜け出るとそのまま決めていた。 しかしその酒井は前半アディショナルタイム、右サイドでボールを持ち、柴戸海、平野佑一とつなぎ、最後はボックス内右から蹴り込み同点ゴールを記録。一度はオフサイドの判定で取り消されたが、VARの介入によりオンサイドの判定となり、ゴールが認められた。 酒井にとってはこれが加入後初ゴール。柏時代も2012年3月に初ゴールを決めて以来のゴールとなり、9年半ぶりのゴールとなった。 酒井は自身のインスタグラムを更新。先制点の守備を反省しながらも、初ゴールを喜んだ。 「自分の判断が甘くチームの無失点記録が途絶えてしまい申し訳なく思っています。ただその後のチームメイトの落ち着き、勇敢さはとても頼もしかったです」 「これでリーグ3連勝!どんどん積み重ねていきましょう。浦和での初ゴール最高でした!」 <span class="paragraph-title">【動画】華麗なパスワークから酒井宏樹が加入後初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">ゴール動画 <br> 明治安田生命J1リーグ 第30節<br>FC東京vs浦和<br> 1-1<br> 45+3分<br>酒井 宏樹(浦和)<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%A6%EF%BC%A3%E6%9D%B1%E4%BA%ACvs%E6%B5%A6%E5%92%8C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FC東京vs浦和レッズ</a><br>その他の動画はこち<a href="https://t.co/JUEMOXumQp">https://t.co/JUEMOXumQp</a> <a href="https://t.co/F3A1gcyCqA">pic.twitter.com/F3A1gcyCqA</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1441734478074761226?ref_src=twsrc%5Etfw">September 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CURMj-opdiU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CURMj-opdiU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CURMj-opdiU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Hiroki Sakai 酒井宏樹(@hiroki.sakai_19)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.26 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿島が3位争いに生き残る大きな逆転劇! 敵地C大阪戦で上田2発【明治安田J1第30節】

明治安田生命J1リーグ第30節の1試合が26日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、アウェイの鹿島アントラーズがセレッソ大阪を2-1で下した。 連勝を目指す11位のC大阪は3選手が入れ替わり、両サイドバックに松田陸と丸橋が復帰したほか、大久保と加藤の2トップでスタート。一方、終盤の2失点で逆転負けした川崎フロンターレ戦からのバウンスバックを狙う7位の鹿島は4選手のメンバー変更が施され、上田や荒木らがベンチに回り、松村やアルトゥール・カイキがスタートから出場した。 敵陣での時間こそ鹿島の方が長い印象で進む試合だが、C大阪もオフサイドの判定で認められなかったが、7分に大久保が鋭い裏取りからの右足フィニッシュでゴールネットを揺らすなどして反攻。だが、鹿島がトランジションの部分でも上回り、ペースを握る流れが色濃くなる。 C大阪がなかなか敵陣に押し返す形を多く作れずにいるなか、圧力をかけていく鹿島は左サイドの安西を生かした攻めが顕著に。33分にはピトゥカの浮き球パスをボックス左の安西が左足ダイレクトの折り返しでチャンスメークするが、味方とわずかに合わず、得点に繋がらない。 守勢の前半を凌ぎ切り、何とか後半から盛り返したいC大阪だが、引き続き鹿島優勢の流れ。三竿の強烈なミドルや松村の強引な仕掛けも織り交ぜ、こじ開けにかかる鹿島は55分に和泉、荒木、上田を一挙に送り込み、あとひと押しのところまで迫る攻撃のさらなる活性化を図る。 だが、我慢の時間が続くC大阪が小菊体制発足後のホーム戦初白星に向けて均衡を破る。カウンターに転じた58分、乾がドリブルで対面の相手を揺さぶりながら時間を作ると、ボックス左のスペースにパス。ボールを奪ってからボックス左に猛進した原川が左足でネットを揺らす。 劣勢の流れを覆す先制劇で勝機を見いだしたC大阪は畳みかけようと、タガート、西川、中島を投入。だが、ブレることなく、攻める鹿島が66分にボックス右で後方からの浮き球パスをトラップした和泉が右足で折り返すと、上田がヘディングシュートを決め、すぐさま追いつく。 3位争いにしがみついていくためにも勝利がほしい鹿島は攻め立てるなか、76分にこの試合でJ1リーグ300試合出場の遠藤を送り出すが、80分にC大阪もカウンターから西川、中島が立て続けにフィニッシュに持ち込むビッグチャンス。だが、いずれも相手GKに阻まれ、好機を逸する。 すると、守護神の踏ん張りを活力にしたい鹿島は81分、敵陣右サイドの遠藤からボックス右のスペースに動き出してボールを受けようとした上田が瀬古のファウルを受けてPKのチャンスをゲット。キッカーに名乗りを上げた上田が冷静にゴール右下に沈め、鹿島が逆転に成功した。 追いかけるC大阪は85分に松田力を入れ、44分に左CKから瀬古が頭で合わせたボールをゴール前の西川が押し込むが、オフサイドの判定で認められず。途中出場の上田が2ゴールの活躍を披露した鹿島は2試合ぶりの白星。勝ち点を「53」に伸ばして、3位争いに踏みとどまった。 セレッソ大阪 1-2 鹿島アントラーズ 【C大阪】 原川力(後13) 【鹿島】 上田綺世(後21、後37) 2021.09.26 16:58 Sun
twitterfacebook
thumb

堅実な試合運びを見せた広島、札幌に無失点快勝で2試合ぶり白星!【明治安田J1第30節】

明治安田生命J1リーグ第30節、北海道コンサドーレ札幌vsサンフレッチェ広島が26日に札幌ドームで行われ、0-2で広島が勝利した。 札幌が1試合消化が少ないながらも勝ち点39で並ぶ両チームの対決。札幌は第28節のセレッソ大阪戦で勝利を挙げたものの、前節のヴィッセル神戸戦で敗れ、リーグ戦ここ5試合の成績は1勝4敗と苦しい時期が続いている。また、得点数もそのC大阪戦での2つのみとなっており、まずは失点を抑えることが主題となる今節の先発は、神戸戦からの変更は1人。トゥチッチに代わって小柏が起用された。 一方の広島も、この2試合前に柏レイソルに快勝したものの、22日に行われた第32節のC大阪戦で敗れたため、ここ5試合の成績は2勝1分け2敗といまいち乗り切れない状況が続く。スタメンはC大阪戦から4人変更。青山、東、柴崎、ジュニオール・サントスがスタメンに名を連ねた。 3月の前回対戦では8分までに2ゴールを挙げて勝利を収めた広島は、今回も立ち上がりから札幌ゴールに迫る。まずは2分、青山のパスを受けたドウグラス・ヴィエイラがドリブルでDF2人の間を突破しGKと一対一に。ここはGK菅野に軍配が上がるが、そのCKの場面で、左から上がったクロスのこぼれ球をドウグラス・ヴィエイラがボックス右からシュートを放つと、高嶺がブロックしたサードボールを佐々木が押し込んで、再び早い時間帯の先制に成功した。 またも出鼻を挫かれた札幌は、10分にルーカス・フェルナンデスがドリブルでボックス右に侵入しシュートまで運ぶ。22分には金子がボックス手前から左足で狙うが、ここはGK林に阻まれた。さらに31分にはピッチの幅を広く使ったパスワークで広島を翻弄。最後にボックス右のスペースでパスを受けた駒井は佐々木に止められてしまうものの、ここまで同様の形で何度か相手ゴールを脅かしている。 失点以降ペースを握り続けるホームの札幌。40分には左サイドの菅からボックス手前の駒井へ鋭いパスが繋がり、そこからゴール左下を狙ったシュートを放つ。良いコースを捉えていたが、好調のGK林にここも好セーブをされてしまった。 まずは追いつきたい札幌は、ハーフタイムに荒野に代えてドウグラス・オリヴェイラを投入。すると51分、そのD・オリヴェイラのワンタッチパスがゴール前の金子に渡り、金子は細かいタッチでDFを巧みにかわしゴールに流し込んだ。しかし、ここはオフサイドの判定に。それでもD・オリヴェイラの投入で攻撃に厚みが増した。 対する広島は55分にジュニオール・サントスに代わり森島がピッチへ。65分に得たCKのチャンスでは、柴崎のクロスに荒木が頭で合わせる決定機を迎えたが、GK菅野に掻き出され、追加点ならず。 その後、札幌は飲水タイムを挟んで青木とトゥチッチを入れ替え。その直後のプレーで菅が左サイドから入れたグラウンダーのクロスが広島の選手に当たってゴールに向かう。あわやオウンゴールというシーンだったが、GK林もここでビッグセーブを披露。そのCKではルーカス・フェルナンデスのクロスをD・オリヴェイラが頭で合わせるも、惜しくも枠を捉えることができず。 着々と勝利が近づく広島は、77分に藤井のクロスをダイレクトで合わせたドウグラス・ヴィエイラのシュートがクロスバーに阻まれて得点のチャンスを逸したが、80分過ぎにそのD・ヴィエイラがボックス右で菅に足首を踏まれて転倒。一旦プレーは流されたが、その後にオンフィールドレビューなどでしばらく協議が続いた結果、広島にPKが与えられることに。これをD・ヴィエイラ自ら決めて、終盤で点差を広げた。 これで逃げ切るのみとなった広島。後半アディショナルタイムには足をつったD・ヴィエイラと東を下げつつ時間を使って試合をクローズ。2試合ぶりの勝利を収めた。一方の札幌はこれで2連敗となった。 北海道コンサドーレ札幌 0-2 サンフレッチェ広島 【広島】 佐々木翔(前3) ドウグラス・ヴィエイラ(後39) 2021.09.26 15:05 Sun
twitterfacebook
thumb

福岡が鳥栖との九州ダービーで3発完勝、5戦負けなしに【明治安田J1第30節】

明治安田生命J1リーグ第30節、アビスパ福岡vsサガン鳥栖が25日にベスト電器スタジアムで行われ、ホームの福岡が3-0で勝利を収めた。 ミッドウィークに行われた前節、湘南ベルマーレを相手に先制に成功したものの、後半アディショナルタイムに失点を許し、無念のドローに終わった9位福岡。連勝が「3」で止まった中で、鳥栖との九州ダービーでは3ポイントを獲得したい。 対する6位の鳥栖は、ミッドウィークに行われた前節の大分トリニータ戦では得点を奪えずゴールレスドロー。それでもAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内の3位までは3ポイント差と射程にあるため、ここでの勝利は必要不可欠だ。 試合は10分、鳥栖が最初にチャンスを作る。樋口の縦パスでボックス右に抜け出した白崎が、中央へとダイレクトで折り返し。これを山下が合わせたが、わずかに枠の右に外れた。 対する福岡は25分に山岸がボックス手前中央で倒れ、ゴールから20メートル付近でFKを獲得。絶好の位置からキッカーのサロモンソンが右足で鋭いシュートを放つが、これはゴール左に逸れた。 33分にも福岡にチャンス。敵陣左サイド深くでボールを受けた杉本が中央にグラウンダーのパスを送る。受けた重廣が右足を振り抜くも、これは相手DFに頭で防がれてしまう。 鳥栖にもまた、36分に惜しいシュートシーンが生まれる。ボックス手前中央で樋口からのパスを受けた山下が強烈なミドルシュート。しかし、これは相手GKの好セーブに阻まれる。 一進一退の攻防の中、先手をとったのは福岡だった。41分にピッチ中央で空中戦を制した志知が前線にヘディングでボールを送ると、受けたファンマが相手DFをなぎ倒しながらボックス内に侵入。最後は右足のシュートをゴール左に決めて見せた。 福岡が先制に成功するも、鳥栖は直後に決定機を迎える。中野のスルーパスをボックス左で小泉が受け、中央へとグラウンダーのクロス。これを走り込んだ山下がゴールに流し込み、同点に追いついたかと思われたが、VARによってオフサイドの判定が取られ、ゴールは取り消されてしまう。 後半に入ると、まずは鳥栖に大きなチャンス。49分に敵陣左サイドから小屋松がボックス内へクロスを上げると、競り合いを制したエドゥアルドがヘディングシュートを放つ。しかし、これは相手GKのファインセーブに遭い、またも同点に追いつくことができない。 鳥栖が攻めあぐねる展開が続くと、68分に福岡がリードを広げる。前のスルーパスに抜け出した山岸がボックス内へと侵入。1対1という状況で相手GKをキックフェイントでかわしたものの、ここでコントロールが乱れてしまう。一瞬相手DFにクリアされそうになるも、執念でボールに脚を当ててゴールを決めた。 2点のリードを得た福岡はなお攻勢を強め、後半アディショナルタイムにはとどめの一撃。クルークスのボックス内への縦パスに反応した重廣がアウトサイドで流し、ボックス右にいた渡が強烈なシュートを放つ。これが左のサイドネットに突き刺さり、試合を決定づけた。 勝利を挙げた福岡はこれでリーグ戦5試合負けなしに。対する鳥栖はACL出場がさらに遠のく敗戦となった。 アビスパ福岡 3-0 サガン鳥栖 【福岡】 フアンマ・デルガド(前41) 山岸祐也(後23) 渡大生(後49) 2021.09.25 21:37 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly