フランスW杯出場権を懸けた大会に向けたなでしこジャパンメンバーが発表! FW川澄奈穂美が高倉ジャパンで初招集!《MS&ADカップ2018&AFC女子アジアカップ》

2018.03.19 14:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は19日、MS&ADカップ2018とAFC女子アジアカップヨルダン2018に臨むなでしこジャパンのメンバーを発表した。

▽今回のメンバーはアルガルベカップ2018に臨んだメンバーが中心となった中、FW川澄奈穂美(シアトル・レインFC/アメリカ)が高倉麻子監督が就任後、初めて代表復帰となった。その他、MF阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)、MF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)、FW岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)、FW田中美南(日テレ・ベレーザ)などこれまでの主力メンバーが順当に選出されている。

▽なお、今回のMS&ADカップ2018は4月1日に長崎県のトランスコスモススタジアム長崎で実施されガーナ女子代表と対戦。来年フランスで開催される女子ワールドカップの出場権を懸けたAFC女子アジアカップヨルダン2018は4月6日から開催され、グループBの日本は7日にベトナム女子代表、10日に韓国女子代表、13日にオーストラリア女子代表と対戦。準決勝は17日に行われ、決勝は20日に行われる。今回発表されたメンバーは以下の通り。

◆なでしこジャパンメンバー
GK
1.池田咲紀子(浦和レッズレディース)
18.山下杏也加(日テレ・ベレーザ)
21.平尾知佳(アルビレックス新潟レディース)

DF
3.鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)
6.有吉佐織 (日テレ・ベレーザ)
2.宇津木瑠美(シアトル・レインFC/アメリカ)
4.熊谷紗希(リヨン/フランス)
17.高木ひかり(ノジマステラ神奈川相模原)
23.三宅史織(INAC神戸レオネッサ)
22.清水梨紗(日テレ・ベレーザ)
5.市瀬菜々(マイナビベガルタ仙台レディース)

MF
10.阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)
7.中島依美(INAC神戸レオネッサ)
12.猶本光(浦和レッズレディース)
15.中里優(日テレ・ベレーザ)
19.増矢理花(INAC神戸レオネッサ)
16.隅田凛(日テレ・ベレーザ)
14.長谷川唯(日テレ・ベレーザ)

FW
9.川澄奈穂美(シアトル・レインFC/アメリカ)
13.菅澤優衣香(浦和レッズレディース)
8.岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)
20.横山久美(1.FFCフランクフルト/ドイツ)
11.田中美南(日テレ・ベレーザ)


関連ニュース
thumb

「めっちゃ笑ってる」なでしこで2点目の熊谷紗希を大先輩の澤穂希&大野忍がイジる「相当嬉しいんでしょうね〜」

なでしこジャパンで苦楽をともにした2人は、熊谷紗希の表情を見逃さなかった。 なでしこジャパンは24日、AFCアジアカップ2022のグループC第2節でベトナム女子代表と対戦し、3-0で勝利した。この日2点目を挙げたのはキャプテンの熊谷。DAZNで解説を務めていた澤穂希さんと大野忍さんも、元チームメイトのゴールを喜んだ。 日本の1点リードで迎えた50分。敵陣左サイドでFKを獲得すると、猶本光のクロスから田中美南がヘディング。これが左ポストに弾かれると、熊谷はいち早く反応し、左の膝で押し込んだ。 過去には女子チャンピオンズリーグ(WCL)の決勝でもゴールを決め、今季もバイエルンでは3得点を挙げている熊谷だが、以外にも代表ではこれが通算2得点目。笑顔を見せる熊谷を見て大野さんも「めっちゃ笑ってる」、「相当嬉しいんでしょうね~」とのコメントを残している。 大野さんはかつてのワールドカップ(W杯)をともに戦った仲間のゴールを称えつつ、田中美南のヘディングにも言及。「きれいに当たっていたのでこれで決まっていたら最高でしたね、熊谷選手に持っていかれましたね」と、ストライカーらしい言葉も残している。 <span class="paragraph-title">【動画】ゴールを喜ぶ熊谷に澤&大野もほっこり</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><br>「相当嬉しいんでしょうね~」<br><br><br>こぼれ球を押し込んだ <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%86%8A%E8%B0%B7%E7%B4%97%E5%B8%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#熊谷紗希</a> が<br>満面の笑みで喜びを爆発させる<br><br>AFC女子アジアカップ GS第2節<br>ベトナム×日本<br><br>解説:澤穂希&amp;大野忍<br>実況:西達彦<br><br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/nadeshiko?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#nadeshiko</a> <a href="https://t.co/7fWJXLdptQ">pic.twitter.com/7fWJXLdptQ</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1485817581562994695?ref_src=twsrc%5Etfw">January 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.25 17:40 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンFW岩渕真奈がPCR検査で陰性に…25日から女子アジア杯決勝T進出のチームに合流

日本サッカー協会(JFA)は25日、なでしこジャパンのFW岩渕真奈が新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査で陰性となったことを発表した。 現在インドで開催されているAFC女子アジアカップに臨んでいるなでしこジャパン。岩渕もメンバー入りしており、イギリスからインドへと入国していた。 しかし、18日の入国時に受けたPCR検査で新型コロナウイルスの陽性判定を受け、ホテルで隔離。大会に出場できないまま2試合が消化。チームは連勝スタートとなった。 その岩渕は24日に改めてPCR検査を実施し、陰性が確認。25日からチーム合流が認められることとなった。 なでしこジャパンは、ミャンマー女子代表、ベトナム女子代表相手に連勝し、すでに決勝トーナメント進出が決定。第3戦は27日に韓国女子代表と行われる。 2022.01.25 10:12 Tue
twitterfacebook
thumb

べトナムに3発完勝なでしこジャパンが決勝トーナメント進出! 最終節は首位通過を懸けた日韓戦に《AFC女子アジアカップ》

なでしこジャパンは24日、AFCアジアカップ2022のグループC第2節でベトナム女子代表と対戦し、3-0で勝利した。 2023年のワールドカップ(W杯)アジア予選も兼ねたAFC女子アジアカップ。3日前に行われたミャンマー女子代表との初戦を5-0で快勝したなでしこジャパンは、初戦のスタメンから熊谷紗希、清水梨紗、田中美南以外の8人を変更。田中と菅澤を2トップ据えた[4-4-2]の布陣で試合に臨んだ。 初戦で韓国女子代表に完敗したベトナムに対し、2連勝を狙うなでしこジャパンは開始早々の4分に最初のチャンスを創出。バイタルエリア左手前でボールを受けた猶本のクロスをボックス右で受けた成宮がカットインから左足を振り抜いたが、これは枠の右に外れた。 その後もポゼッションで圧倒するなでしこジャパンだが、自陣で堅固な守備ブロックを形成するべトナムの守備に苦戦し、なかなか決定機には至らない。 膠着状態が続く中、なでしこジャパンはセットプレーから立て続けにチャンスを迎える。24分、遠藤の右CKがファーサイドまで流れるとゴールエリア左の成宮に決定機が訪れたが、シュートは枠の左。さらに25分にも、左CKのこぼれ球に反応した菅澤が右足を振り抜いたが、これは相手GKが正面でキャッチした。 前半半ばにかけてはなでしこジャパンがハーフコートゲームを展開。すると38分、隅田のパスを左サイド高い位置で受けた高橋のクロスがゴールへ向かうと、飛び出したGKがファンブルしたボールを成宮が押し込んだ。 1点のリードで迎えた後半、なでしこジャパンは菅澤を下げて宮澤を投入。すると50分、左サイドで獲得したFKから猶本がクロスを供給。ニアで合わせた田中のヘディングシュートは相手GKに弾かれ左ポストを直撃したが、こぼれ球を素早く反応した熊谷が押し込み、追加点を奪った。 リードを広げたなでしこジャパンは、55分に清水と熊谷を下げて宮川と宝田をを投入。するとその直後、再びセットプレーからゴールが生まれる。58分、猶本の左FKをニアに走りこんだ田中が頭で合わせると、相手DFに当たったボールを最後は成宮が押し込んだ。 その後も前線からのプレスで相手に自由を与えないなでしこジャパンがゲームをコントロールすると、78分には遠藤のパスでボックス中央に抜け出した宮澤がチャンスを迎えたがシュートは枠の右に逸れた。 終盤にかけて再びハーフコートゲームを展開したなでしこジャパンは、危なげなく試合をクローズ。なでしこジャパンがグループステージ連勝を飾った。 なお、同日に行われたグループC第2節もう一試合のミャンマーvs韓国は0-2で韓国が勝利している。 この結果、グループステージ2連勝を飾ったなでしこジャパンと韓国の決勝トーナメント進出が決定。両チームは27日に首位通過をかけて最終節で激突する。 2022.01.25 01:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「だれも取れないコース!」なでしこMF猶本の代表初弾となる華麗FKをファンも称賛「鮮やかな軌道」

なでしこジャパンのMF猶本光(三菱重工浦和レッズレディース)が代表初ゴールを決めた。 なでしこジャパンは21日、AFC女子アジアカップのグループC第1節でミャンマー女子代表と対戦。ベンチスタートとなった猶本は、1-0とリードして迎えた43分に負傷したMF林穂之香に代わって途中出場を果たす。 後半の立ち上がりに欲しかった追加点をゲットしたなでしこジャパンは53分、ボックス手前左の好位置でFKを獲得。キッカーの猶本が右足を振り抜くと、鋭いシュートがクロスバーに直撃しながらゴールネットを揺らした。 記念すべき代表初ゴールとなった猶本のFKは、『DAZN』の公式ツイッターも「猶本光 ビューティフルFKで追加点 鮮やかな軌道を描いたボールがバーを叩いてネットに吸い込まれる」と称賛。ファンも「お見事」、「スーパー」、「だれも取れないコース!」と続いたが、ミャンマーの壁が跳ばなかったことを指摘する声もあった。 FIFAランク47位のミャンマーとは地力の差もあったものの、なでしこジャパンはその後も追加点を重ね、5-0で完勝。ミャンマーを全く寄せ付けないまま、初戦を勝利で収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】ミャンマーの壁はなぜ飛ばない?猶本光の華麗なFK</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%8C%B6%E6%9C%AC%E5%85%89?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#猶本光</a><br>ビューティフルFKで追加点<br>\<br><br>鮮やかな軌道を描いたボールが<br>バーを叩いてネットに吸い込まれる<br><br>AFC女子アジアカップ GS第1節<br>日本×ミャンマー<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> でライブ配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/nadeshiko?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#nadeshiko</a> <a href="https://t.co/aHInCSnryB">pic.twitter.com/aHInCSnryB</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1484455822054801409?ref_src=twsrc%5Etfw">January 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.22 12:35 Sat
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、初戦のミャンマー戦で快勝! 猶本光ら3選手が代表初ゴール《AFC女子アジアカップ》

なでしこジャパンは21日、AFC女子アジアカップのグループC第1節でミャンマー女子代表と対戦し、5-0で勝利した。 2023年のワールドカップ(W杯)アジア予選も兼ねたAFC女子アジアカップ。なでしこジャパンは、昨年10月の池田太監督の就任から、11月のオランダ遠征でアイスランド女子代表、オランダ女子代表とテストマッチを実施。しかし、帰国後は隔離期間を設けられたことから、12月のキャンプが中止となっていた。 インドで行われる今大会に向けて紅白戦などで調整を続けていた中、今月18日に岩渕の新型コロナウイルス感染が判明。アーセナル所属の岩渕はイングランドを出発する72時間以内に行われた検査では陰性だったが、インド到着直後の検査で陽性反応が確認された。 そのため、岩渕はチームへの合流はお預けとなり、このミャンマー戦はベンチ外に。スタメンについては、田中と植木が2トップを組む[4-4-2]の布陣が採用されている。 FIFAランク47位のミャンマーに対し、13位のなでしこジャパン。地力で劣る相手に立ち上がりから攻勢に出て、15分までに10本に迫るシュートを浴びせていく。その中で4分には、長谷川とのワンツーで右サイドを突破した清水のクロスから田中がヘディングシュート。これがクロスバーを叩く惜しいシーンに。 9分には味方とのパス交換で右サイドハーフの長谷川がカットインからシュートへ。安定したシュートシーンを演出していくなでしこジャパンが先制したのは22分のことだった。 自陣右サイドの深い位置からスローインで再開し、GK山下にボールが渡ると、正確なロングキックで右サイドに展開。これに反応した長谷川が深い位置からクロス。飛び込んだ植木がヘディングシュートを突き刺した。植木がこれが代表初ゴールとなった。 その後も攻勢を続ける中、40分過ぎに相手との接触で足首を負傷した林が続行不可能に。担架でピッチを後にし、代わりに猶本が出場した。その直後の42分には、右サイドバックの清水のクロスを長谷川が胸トラップからスムーズなシュートに繋げるが、ここもクロスバーを叩き、前半は1点にとどまった。 それでも後半立ち上がりに追加点が生まれた。47分、敵陣中央でパスを受けた宮澤が縦パスを入れると、ボックス手前の植木がポストプレーに入りワンタッチではたく。これでゴール前に抜け出した長谷川が難なくシュートを流し込んだ。 欲しかった2点目が生まれたなでしこジャパン。さらに53分には、ボックス手前左の位置から猶本が直接FKを叩きこみ3点目。猶本もこれが代表初ゴールとなった。 ハーフタイムで遠藤を下げて長野を投入していたなでしこジャパンは、70分手前にさらに宮澤と植木を下げて成宮と菅澤を投入。するとその直後、右サイドからパスを繋ぎ、ボックス手前の成宮にボールが渡ると、チェックが甘かったこともあり、迷うことなく左足を一閃。これがゴール左に突き刺さり、代表2試合目にして初ゴールを挙げた。 後半アディショナルタイムには、長谷川がダメ押しの5点目を決めて勝負あり。ミャンマーを全く寄せ付けないまま、なでしこジャパンが初戦快勝を収めた。 なでしこジャパン 5-0 ミャンマー女子代表 【日本】 植木理子(前22) 長谷川唯(後2) 猶本光(後8) 成宮唯(後26) 長谷川唯(後47) 2022.01.21 18:52 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly