レアル・マドリーファン、大一番でイスコの起用を希望...指揮官ジダンの悩みの種

2018.02.14 22:29 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
レアル・マドリーのファンは、大一番でMFイスコが起用されることを望んでいるようだ。

スペイン『マルカ』は、14日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦パリ・サンジェルマン戦を前にアンケートを実施。「あなたがマドリーの監督なら誰を先発させるか」の問いに、3万5000人以上が答えた。

GKケイロール・ナバス、DFナチョフェルナンデス、ラファエル・ヴァラン、セルヒオ・ラモスマルセロ、MFカセミロ、ルカ・モドリッチトニ・クロースは不動だ。問題は前線の選手である。

最も票を多く集めたのはイスコークリスティアーノ・ロナウドーガレス・ベイル(36,15%)だ。次いでイスコーC・ロナウドーマルコ・アセンシオ(23,9%)、ベイルーC・ロナウドーアセンシオ(16,61%)、ベイルーベンゼマーC・ロナウド(13,6%)、C・ロナウドールーカス・バスケスーベイル(9,74%)という結果になっている。


提供:goal.com

関連ニュース
thumb

「ガッツリ手で止めにいっとる」PSGに勝つためリードを守ろうとしたマルセイユDFの“完全故意ハンド”が反響!「笑っちゃう」

マルセイユのフランス人DFサミュエル・ジゴの勝利への執念が体に出た。 8日、マルセイユはクープ・ドゥ・フランスのラウンド16でパリ・サンジェルマン(PSG)との“ル・クラスィク”に臨んだ。 リーグ・アンの上位2チームによる対戦は、マルセイユがPKで先制。しかし前半終了間際にPSGのセルヒオ・ラモスがヘディングシュートを叩き込み、1-1で前半を折り返した。 後半に入り、再びスコアを動かしたのはマルセイユ。57分にルスラン・マリノフスキーが強烈なシュートを突き刺した。 負けられないPSGは、試合終了間際に決定機。92分、ヌーノ・メンデスの左クロスが直接ゴールに向かうと、GKパウ・ロペスの弾いたボールがクロスバーを直撃。こぼれ球をセルヒオ・ラモスが頭で押し込んだ。 この場面でゴールカバーに入ったジゴは、思い切り左手を使ってボールを掻き出す。PSGの選手たちは思わず抗議したが、これはシュートを放ったセルヒオ・ラモスがオフサイドという判定でゴールは取り消しに。オフサイド後に起きたジゴのハンドは取られなかった。 試合はそのままマルセイユが2-1で勝利を収めたが、ジゴのプレーにはファンも注目。「オフサイド→ハンドのファールの応酬すき」、「緊張感あるオフサイドリプレイシーンからの掻き出しスローは笑っちゃうよね」、「オフサイドとはいえガッツリ手で止めにいっとる笑笑」、「なんか最後の方にどげついハンドしてて笑った」と反応している。 アヴィニョン生まれでアルジェリアの血を引くジゴは、スパルタク・モスクワからマルセイユへと加入し今シーズンからプレー。リーグ・アンでもその屈強のフィジカルで存在感を発揮している。 <span class="paragraph-title">【動画】故意は明らか、ジゴのハンド</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="YQxPbn5Ywgk";var video_start = 310;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.09 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ガルティエ、リーグカップ敗退から前向くも「とても残念」

パリ・サンジェルマン(PSG)のクリストフ・ガルティエ監督が振り返っている。クラブ公式サイトが伝えている。 今季のリーグ・アンで首位を快走するPSGは8日に行われたクープ・ドゥ・フランスのラウンド16でリーグ2位のマルセイユと対戦。前半にPKでの失点からDFセルヒオ・ラモスのゴールで追いついたが、後半に勝ち越され、2季連続のベスト16敗退となった。 マルセイユとの“ル・クラスィク”で競り負けたガルティエ監督は今週末のリーグ戦に切り替えを強調するものの、内容面を嘆いた。 「難しい試合だった。マルセイユはシーズン当初からあのような戦い方だし、大きなプレッシャーがかかるのは予想内。そして、かなりのインテンシティとマンマークもね。前半で、両チームの明暗がはっきりしたよ。PKからの失点にチャンスも作られたとはいえど、前半の我々にも何度かあった。だが、アンラッキーなことがあったり、クオリティのあるGKに阻まれてしまったね」 「いずれにしろ、同点にはできたよ。後半に2失点目をしてから、マルセイユは低いブロックを敷いて、トランジションのプレーを増やした。それからというもの、相手のディフェンス枚数が多く、我々も動きの連動性で苦しんだ。コンパクトな守りに対して、ほとんどチャンスを作れず、シュートもほとんど打てなかった」 「選手にとっても、クラブにとっても、ファンにとっても、とても残念だが、これが現実。今夜、喜ぶ人と悲しむ人がいるのはわかるが、我々は間違った側にいる。だが、今こそ前を向かないといけない。3日後にアウェイでモナコとの大事な試合がある。全員の状態を確認しながら、しっかりとリカバリーして次戦に集中する」 2023.02.09 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセイユがPSGとの“ル・クラスィク”制す! 日本人対決はオナイウ不出場トゥールーズに軍配《クープ・ドゥ・フランス》

クープ・ドゥ・フランスのラウンド16が、8日にフランス各地で行われた。 今ラウンド最注目カードのマルセイユとパリ・サンジェルマン(PSG)による“ル・クラスィク”は2-1でホームのマルセイユが勝利した。 今季のリーグ・アンで首位を快走するPSGと、2位マルセイユによるベスト8をかけた一戦は、立ち上がりからホームのマルセイユがインテンシティの高いプレーで攻勢を続けると29分にビッグチャンス。右サイドからドリブルでボックス右に侵入したウンデルがセルヒオ・ラモスに倒されてPKを獲得。これをサンチェスがゴール右隅に沈め、マルセイユが先制する。 追う展開となったPSGは40分、ボックス左手前でボールを受けたネイマールがペナルティアーク内まで切り込みシュート。しかし、これは右ポストに弾かれた。 このまま前半終了かと思われたが、PSGは前半ラストプレーで試合を振り出しに戻す。ネイマールの左CKをボックス内のセルヒオ・ラモスがヘディングシュートで叩き込んだ。 迎えた後半、再びスコアを動かしたのはマルセイユ。57分、ボックス右から侵入したムベンバの折り返しを中央で受けたサンチェスがシュート。これは相手DFにブロックされたが、こぼれ球をペナルティアーク内のマリノフスキーがダイレクトシュートで合わせると、強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。 再び追う展開となったPSGは、試合終了間際に決定機。92分、ヌーノ・メンデスの左クロスが直接ゴールに向かうと、GKパウ・ロペスの弾いたボールがクロスバーを直撃。こぼれ球をセルヒオ・ラモスが頭で押し込んだが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。 また、FW伊東純也の所属するスタッド・ランスは、アウェイでFWオナイウ阿道が所属するトゥールーズと対戦。試合が動いたのは22分、トゥールーズが右CKからトリックプレーで決定機を創出。 ボックス右でボールを受けたアブクラルの落としから走りこんだルオーがシュートを放つが、これはDFアブデルハミドにディフレクトしクロスバーを直撃。しかし、このこぼれ球が相手GKに当たるとそのままゴールに吸い込まれた。 先制したトゥールーズは、35分にも自陣中盤からのロングパスにアブクラルが反応すると、飛び出したGKを又抜きでかわしてボックス右から無人のゴールへシュートを流し込んだ。 さらにトゥールーズは62分、右サイドの崩しから最後はファン・デン・ブーメンの右クロスをファーサイドから走りこんだチャイビがヘディングシュートで合わせると、これがゴールに突き刺さった。 その後、スタッド・ランスは87分に1点を返したが、反撃はここまで。3-1でトゥールーズが勝利した。なお、伊東は68分までプレー、オナイウはベンチ入りも出場機会はなかった。 その他ではリヨンがリールとの強豪対決を制し、前回王者のナントもアンジェとの8強進出を決めている。なお、ラウンド16の試合結果は以下の通り。 ◆クープ・ドゥ・フランス ベスト16 ▽2/8(水) マルセイユ 2-1 パリ・サンジェルマン トゥールーズ 3-1 スタッド・ランス リヨン 2-2(PK:4-2) リール アンジェ 1-1(PK:2-4) ナント オセール 2-3 ロデズ(2) ヴィエルゾン(4) 0-1 グルノーブル(2) パリFC(2) 1-1(PK:5-6) アヌシー(2) ▽2/9(木) ロリアン vs RCランス 2023.02.09 07:11 Thu
twitterfacebook
thumb

「とても美しい」メッシの妻とネイマールの彼女、スターを支える伴侶の豪華2ショットが反響「選手の妻は美人しかいないのか」

サッカー界のスター選手を支える伴侶の2ショットが話題だ。 その2人とは、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの妻であるアントネラ・ロクソさんと、PSGのブラジル代表FWネイマールの彼女であるブルーナ・ビアンカルディさんだ。 メッシとアントネラさんの関係は周知の事実だったが、ネイマールは1月頃にブルーナさんと復縁していたようで、5日に行われた自身の誕生日パーティーにも招待していた。 ネイマールの誕生日パーティーには、メッシやモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ、イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティといったPSGのチームメイトたちも参加しており、メッシはアントネラさんと一緒に参加していた。 そこで、アントネラさんとブルーナさんの2ショットが実現。2人はパーティーらしい豪華なドレスを着用し、肩を寄せ合って仲良さそうにカメラに目線を送っている。 豪華な2ショットには、「PSGの選手の妻は美人しかいない」、「とても美しい」、「アントネラの服装が気になる」、「2人とも好きだ」とファンにも反響の様子だ。 なお、アントネラさんとブルーナさんが会うのは初めてではなく、ネイマールとブルーナさんが、以前交際していた時にもメッシやアントネラさんたちと交流があったようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】メッシの妻とネイマールの彼女の豪華2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Bruna Biancardi e a Antonela, as rainha de Paris. <a href="https://t.co/gdjxE4oF7W">pic.twitter.com/gdjxE4oF7W</a></p>&mdash; njdeprê - marlon (@njdmarlon) <a href="https://twitter.com/njdmarlon/status/1622596808177328134?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.08 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGの給料総額は1025億円!? FFP違反が確実、今夏は選手売却でスリム化が必須に

パリ・サンジェルマン(PSG)は今シーズンの終わりに大粛清が行われる可能性が高くなっている。 世界各国の代表クラスの選手たちを揃えるPSG。その結果、クラブの損失が年々増加。ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の違反により制裁を課される可能性が高まっている。 フランス『レキップ』によれば、PSGはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシなどのスター選手を獲得したことで、過去2年間でサラリーが45%増加。メッシをはじめ、ブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペなどが破格のサラリーを手にしている。 今シーズンのチーム全体のサラリーは7億2800万ユーロ(約1025億円)という歴史的な額となっており、昨シーズンは3億7000万ユーロ(約521億円)の損失を計上。今年6月から規則が改訂されたFFPの影響を大きく受けることとなる。 欧州サッカー連盟(UEFA)は昨年8月にPSGに対して6500万ユーロ(約91億5000万円)の制裁金を科しており、1000万ユーロ(約14億円)は直ちに支払われたとのこと。残りの5500万ユーロ(約77億5000万円)は、PSGが再び違反した際に支払われることとなっている。 そのため、クラブとしては収入の90%をチームに費やすことを避ける必要があり、2年後には70%にする必要が出てくる状況。また、選手の売却によりサラリーの負担を大幅に減らすということが、夏の移籍市場では求められることとなる。 多くの選手を獲得し、今冬こそ最終的に動きはなかったが、夏には再び補強に動くであろうPSG。その前に、スリム化する必要が出てきてしまった。 2023.02.08 12:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly