ローマ前GMチアゴ・ピント氏がボーンマス加入へ…両者に因縁ザニオーロがSNSで揶揄

2024.05.24 17:16 Fri
ボーンマス行き決定のチアゴ・ピント氏(中央)
©超ワールドサッカー
ボーンマス行き決定のチアゴ・ピント氏(中央)
ローマの前ゼネラルマネージャー(GM)であるチアゴ・ピント氏が、ボーンマスの新スポーツディレクター(SD)に就任することが決定したようだ。イタリア『スカイ・スポルト』が報じている。

母国の名門ベンフィカでの仕事を経て、2021年1月にローマの新GMに就任したピント氏。2021-22シーズンにヨーロッパ・カンファレンスリーグ制覇、昨シーズンはヨーロッパリーグ準優勝を経験し、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題を抱える苦しい台所事情において、要求が高い同胞ジョゼ・モウリーニョ監督を支えてきた。
しかし、今冬の移籍市場での仕事を最後にローマを退団し、以降はサウジアラビア行きなど幾つかの新天地の噂があった中、最終的にボーンマス行きが決定した。

報道によると、同氏はボーンマスと3年契約にサインし、今夏の移籍市場からチェリーズでの新たな仕事をスタートする見込みだ。

なお、ピント氏はローマ時代に元オランダ代表FWジャスティン・クライファート、ウルグアイ代表DFマティアス・ビーニャの移籍に関してボーンマスと交渉を行った実績があり、さらに2023年1月にはイタリア代表MFニコロ・ザニオーロの移籍交渉も行っていた。
しかし、ボーンマスとクラブ間合意に至りながらも、より重要なクラブへの移籍を臨んだザニオーロがイングランド行きに難色を示して不遜な振る舞いを見せた結果、チェリーズの怒りを買って、最終的に破談に終わった出来事もあった。

その渦中のザニオーロはピント氏のボーンマス行き決定という報道を受け、自身のインスタグラムのストーリーに過去のピント氏の「ザニオーロが去ることを決めて、真剣なオファーが届いたのが、ガラタサライとボーンマスの2クラブだけなら、それは何か意味があるはずだ」とのコメントが載せられた記事のスクリーンショットを投稿。

そして、「時は常に真実を語る。すべてのことは、あなたを悩ますために戻ってくる」とのキャプションを付け、自身にビッグクラブからオファーが届かなかったことを揶揄したピント氏が、結果的に格下とみなしていたボーンマスに行くことを揶揄し返した。

チアゴ・ピントの関連記事

ローマは22日、ニースのフローラン・ギゾルフィ氏(39)をスポーツディレクター(SD)に任命したことを発表した。 ローマでは今冬の移籍市場閉幕後にゼネラルマネージャー(GM)のチアゴ・ピント氏が退団し、リクルート部門を取り仕切る責任者が不在の状況だった。 現役時代にバスティア、スタッド・ランスでプレーしたフランス人のギゾルフィ氏は、2016年に古巣スタッド・ランスでアシスタントマネージャーに就任。その後、ロリアンのアシスタントマネージャーを経て2019年にRCランスのスポーツコーディネーターに就任。リクルート部門での仕事をスタートし、昨季のチャンピオンズリーグ出場の土台を築いた。 2022年10月からニースのSDに就任した中、的確な選手補強に加え、昨夏招へいしたフランチェスコ・ファリオーリ監督が見事な手腕を発揮。シーズン終盤に失速したものの、ヨーロッパリーグ圏内のリーグ・アン5位でシーズンを終え、評価を高めていた。 2024.05.23 06:30 Thu
アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(30)は当分ローマにとどまるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 2022年夏にユベントスを退団し、フリーでローマへと加わったディバラ。ケガが多いものの、出場すれば前線で違いを生み出しており、今シーズンもここまでセリエAの13試合で5ゴール6アシストをマークしている。 一方でクラブは16日、2021-22シーズンから指揮を執っていたジョゼ・モウリーニョ監督を解任。ポルトガル人指揮官からの電話説得を受けてローマ入りを決断していたディバラは、インスタグラムを通じて感謝のメッセージを送り、「また近いうちにお会いできることを願っています!」と締めくくっていた。 こうして恩師との再会願望を世界に発信したディバラだが、今はダニエレ・デ・ロッシ新監督と共にチームを立て直すことに集中している模様。直近のネガティブな結果に対する責任を自覚し、ローマのため、自分のため、ファンのために再び勝利を得たいと考えているようだ。 また、クラブとの現行契約が2025年6月までとなっているディバラだが、少なくともこの間はローマのために戦うつもりとのこと。イタリア国外のクラブに有効だったリリース条項も15日に失効したため、契約の観点からも残留の可能性が高まっているという。 ディバラの意向により契約延長交渉を行う時間が確保されたローマだが、交渉の席を用意するには少し時間がかかる見込み。ゼネラルマネージャー(GM)を務めるチアゴ・ピント氏が今冬の移籍市場閉幕後に退任するため、後任が決まってから着手することになるという。 なお、ディバラはラツィオとのダービーマッチで負った筋肉系のケガから回復し、すでにチーム練習に復帰。デ・ロッシ監督の初陣となる20日のセリエA第21節エラス・ヴェローナ戦にも出場できる見通しだ。 2024.01.18 19:14 Thu
ローマを解任されたジョゼ・モウリーニョ監督だが、ダン・フリードキン会長は今シーズンが始まる前にも解任を考えていたようだ。 モウリーニョ監督は2021年にローマ指揮官に就任すると、2021-22シーズンにはクラブ史上初となるヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)優勝を達成。昨シーズンもヨーロッパ・リーグ(EL)決勝まで進出したが惜しくも敗れ、今季はトップ4を目指すシーズンとなった。 ところが、セリエAでは20試合を消化して8勝5分け7敗の9位に低迷。コッパ・イタリアで宿敵ラツィオ相手に敗れた直後の第20節ミラン戦も1-3で落とすと、クラブは16日に解任の決断を下した。 イタリア『スカイ・スポーツ』によると、フリードキン会長らは元々昨シーズン終了時の解任を望んでいたようだ。その原因は、モウリーニョ監督の度重なる審判批判にあったという。特にEL決勝敗北後、スタジアム下の駐車場で審判に暴言を吐き4試合の出場停止処分を受けたことは、クラブとして大きな失望だったようだ。 それを止めていたのは、ゼネラルマネージャー(GM)を務めるチアゴ・ピント氏。モウリーニョ監督の同胞でもあるピントGMは、少なくとも今シーズンいっぱいは指揮官に時間を与えることを主張していた報じられている。 しかし、ピントGMは4日に今冬の移籍市場閉幕後の退任を発表。後ろ盾を失いながらチームを立て直せなかったモウリーニョ監督の解任は、もはや避けられないものになっていた。 なお、ローマはモウリーニョ監督解任後、後任としてダニエレ・デ・ロッシ氏の就任を発表。クラブのレジェンドに傾いたチームの再建を託す形となっている。 2024.01.17 12:05 Wed
ローマがジョゼ・モウリーニョ監督との契約延長を計画しているようだ。 今シーズン、ローマで3シーズン目を迎えているモウリーニョ監督。昨シーズンはヨーロッパリーグ(EL)決勝で涙を呑み、今シーズンこそチャンピオンズリーグ(CL)出場権を得たいところだが、セリエAでは19試合を消化して4位と4ポイント差の8位になっている。 そんなモウリーニョ監督とローマの契約は、2024年6月まで。これまで契約の延長についてはさまざまな報道がされていたが、イタリア『カルチョメルカート』によるとクラブは新契約をオファーする決断を下したとのことだ。 新契約は2025年夏までの1年延長となる模様。CL出場権を獲得した場合には、さらに1年延長のオプションが付随する見込みだという。 クラブはファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題を抱えており、4日にはゼネラルマネージャー(GM)を務めるチアゴ・ピント氏の退任を発表。これ以上混乱を広げないためにも、ファンやメディアに対して強い存在感を放つモウリーニョ監督は必要と判断したようだ。 モウリーニョ監督は常々ローマでの仕事継続を希望しており、正式な交渉が始まれば早い段階で新契約にサインすることが期待されている。 2024.01.10 12:10 Wed
ローマは6日、ユベントスからU-19オランダ代表DFディーン・ハイセン(18)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「3」に決定した。なお、今回の移籍は買い取りオプションが含まれないドライローンとなる。 移籍濃厚と報じられたフロジノーネ行きを蹴ってローマ行きを選択した18歳の大器は新天地での意気込みを語った。 「ここで受けた歓迎にすぐに感動したんだ」 「ローマを選ぶのは僕にとって難しいことではなかったよ。素晴らしい監督と多くのチャンピオンのいる素晴らしいクラブに加わり、ドレッシングルームを共有する特権を得ることができる。一緒に目標を達成できることを願っているよ」 一方、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の厳しい制限のなかで懸念のセンターバック補強にこぎ着けたゼネラルマネージャーのチアゴ・ピント氏は、逸材の早期フィットを確信している。 「若い年齢にもかかわらず、ハイセンはシーズン後半にすぐに貢献できると我々は信じている。我々のプレーヤーたちのキャラクターのおかげで、ドレッシングルームでより早く馴染み、ディーンが新しい環境にすぐに慣れることができると確信している」 ハイセンは元アヤックスのドン・ハイセン氏を父に持つ195cmのセンターバック。両利きと称されるほど両足を遜色なく扱え、フィジカルとスピードも申し分なし。クラブ関係者が口を揃えて「我々の未来」と絶賛する逸材。 今季はセリエCに所属するユベントスNextGen(U-23チーム)が主戦場だが、昨年10月に行われたセリエA第9節のミラン戦でファーストチームデビューを飾っていた。 なお、イタリアメディアによると、ローマはハイセンのレンタル料として65万ユーロ(約1億円)を支払うことになるが、公式戦10試合以上出場した場合には25万ユーロ(約4000万円)が値引きされる契約になるという。 <span class="paragraph-title">【動画】ジャッロロッシのハイセンがお披露目</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="nl" dir="ltr"> Benvenuto in giallorosso, Dean Huijsen<a href="https://twitter.com/hashtag/ASRoma?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ASRoma</a> <a href="https://t.co/hJPGhjppqT">pic.twitter.com/hJPGhjppqT</a></p>&mdash; AS Roma (@OfficialASRoma) <a href="https://twitter.com/OfficialASRoma/status/1743680235332067350?ref_src=twsrc%5Etfw">January 6, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2024.01.07 07:00 Sun

記事をさがす

チアゴ・ピントの人気記事ランキング

1

ローマの新SDが決定…ニースの敏腕SDギゾルフィ氏招へい

ローマは22日、ニースのフローラン・ギゾルフィ氏(39)をスポーツディレクター(SD)に任命したことを発表した。 ローマでは今冬の移籍市場閉幕後にゼネラルマネージャー(GM)のチアゴ・ピント氏が退団し、リクルート部門を取り仕切る責任者が不在の状況だった。 現役時代にバスティア、スタッド・ランスでプレーしたフランス人のギゾルフィ氏は、2016年に古巣スタッド・ランスでアシスタントマネージャーに就任。その後、ロリアンのアシスタントマネージャーを経て2019年にRCランスのスポーツコーディネーターに就任。リクルート部門での仕事をスタートし、昨季のチャンピオンズリーグ出場の土台を築いた。 2022年10月からニースのSDに就任した中、的確な選手補強に加え、昨夏招へいしたフランチェスコ・ファリオーリ監督が見事な手腕を発揮。シーズン終盤に失速したものの、ヨーロッパリーグ圏内のリーグ・アン5位でシーズンを終え、評価を高めていた。 2024.05.23 06:30 Thu
2

U-21伊代表スカマッカ父が古巣ローマの練習場で暴挙! 車破壊にユース選手たちに罵声

ジェノアに所属するU-21イタリア代表FWジャンルカ・スカマッカ(22)の父親が同選手の古巣であるローマのトレーニング施設での暴挙によって現行犯逮捕された。イタリア『Il Messaggero』など複数メディアが報じている。 『Il Messaggero』によると、スカマッカの父親であるエミリアーノは、17日夜にローマのトレーニング施設があるトリゴリアに自身が運転する自動車で向かったという。そこで受付を強行突破して駐車場に侵入すると、タイヤレバー(タイヤ着脱用の金属のバー)で武装し、ゼネラルマネージャーのチアゴ・ピント氏やディレクターを務めるモルガン・デ・サンクティス氏が所有すると思われる4、5台の車両の窓ガラスを破壊する暴挙に出たという。 さらに、ユースチームが練習していたグラウンドに向かい、選手やコーチングスタッフに対して威圧的な言葉を叫んでいたとのことだ。 その後、ローマの通報によって駆け付けた地元警察に現行犯逮捕となったエミリアーノだが、現時点で犯行の動機は全く不明だという。 スカマッカは、2012年にラツィオのアカデミーからローマの下部組織に加入。2015年にPSVのユースに移籍するまで3年間在籍。その後、2017年にサッスオーロに完全移籍すると、今シーズンはジェノアにレンタル移籍している。 今シーズンのセリエAで26試合8ゴールを挙げる195cmの大型ストライカーは、ユベントスやミランといった国内強豪クラブの関心を集める逸材であり、ローマも呼び戻しの可能性を探っているとの報道もあった。 エミリアーノの暴挙の動機に関しては今後語られることになるが、移籍に向けた話し合いでの軋轢、あるいは犯行時にサッスオーロのスウェットを着用していたことから、ローマとサッスオーロのヨーロッパコンティション出場権争いの最中での嫌がらせなど、様々な憶測が出ている。 2021.05.18 23:16 Tue
3

ローマ練習場襲撃のU-21伊代表スカマッカ父の犯行動機はブルーノ・コンティ氏? 金銭問題主張も精神鑑定へ

ローマのトレーニング施設での暴挙によって現行犯逮捕となったジェノアのU-21イタリア代表FWジャンルカ・スカマッカ(22)の父親の犯行動機は、同クラブでディレクターを務めるブルーノ・コンティ氏に関するものだったようだ。イタリア『La Repubblica』が報じている。 スカマッカの父親であるエミリアーノ(45)は、17日夜にローマのトレーニング施設があるトリゴリアに自身が運転する自動車で向かったという。そこで門に車をぶつけて強行突破して駐車場に侵入すると、タイヤレバー(タイヤ着脱用の金属のバー)で武装し、ゼネラルマネージャーのチアゴ・ピント氏やディレクターを務めるモルガン・デ・サンクティス氏が所有すると思われる4、5台の車両の窓ガラス、大理石でできたクラブのシンボルであるオオカミの像を破壊。 さらに、ユースチームが練習していたグラウンドに向かい、選手やコーチングスタッフに対して威圧的な言葉を叫んでいたとのことだ。 その後、ローマの通報によって駆け付けた地元警察に現行犯逮捕となったエミリアーノは、逮捕時にサッスオーロのスウェットを着用していたことも確認されていた。 今回の犯行の動機に関しては不明となっていたが、『La Repubblica』の最新情報によると、エミリアーノは同クラブのレジェンドであり、1982年のスペイン・ワールドカップのイタリア代表の優勝メンバーであるコンティ氏に金銭を要求する目的でクラブハウスを訪れていたようだ。 現時点で両者の間に面識があったのか、過去に金銭のやり取りがあったのかを含めて不明な部分が多く、警察はエミリアーノに対する精神鑑定を行うために病院に搬送したとのことだ。 スカマッカは、2012年にラツィオのアカデミーからローマの下部組織に加入。2015年にPSVのユースに移籍するまで3年間在籍。その後、2017年にサッスオーロに完全移籍すると、今シーズンはジェノアにレンタル移籍している。 今シーズンのセリエAで26試合8ゴールを挙げる195cmの大型ストライカーは、ユベントスやミランといった国内強豪クラブの関心を集める逸材であり、ローマも呼び戻しの可能性を探っているとの報道もあった。 2021.05.19 07:30 Wed
4

ローマ加入のアワール、移籍の理由はモウリーニョ監督の存在「指導を受ける機会を逃すわけにはいかなかった」

アルジェリア代表MFフセム・アワールが、ローマ加入の理由について明かした。 昨シーズン限りで、下部組織時代から在籍していたリヨンを退団したアワール。数多くのクラブからオファーが届く中で、6月に2028年夏までの5年契約でローマ入りを果たした。 攻守両面で多くの仕事をこなせる万能MFにはファンから大きな期待が寄せられているが、アワールはイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じた際、ジョゼ・モウリーニョ監督の存在がローマ加入の決め手だったと断言。同時に、新チームで自分の価値を証明したいと意気込んでいる。 「モウリーニョは僕にとって、ローマへ移籍する主要な理由だった。彼の指導を受ける機会を逃すわけにはいかなかったんだ」 「(ゼネラルマネージャーの)チアゴ・ピントは僕が望んでいることを本当によく示してくれたと思う。ここに実際に住んでみると、ローマの魅力を誰かに説明するのは本当に簡単だ」 「街を歩き回っていて気づいたが、ここは街全体がフットボールを追っているんだ。そしてみんながローマを応援していることを、すぐに感じられた」 「僕は野心家であり、常に素晴らしいチームでプレーすることを目指してきた。でも、このクラブに到達した以上、自分がそれに値すると証明する必要がある。これを移籍の足がかりにしたいとは思っていない。それは間違いだ」 また、アワールはインタビューの中でチームメイトたちにも言及。クラブには多くの優れた選手が揃っていると強調している。 「(パウロ・)ディバラには特別な才能があり、それは毎日のトレーニングでも見ることができる。ただ、同じことは(ロレンツォ・)ペジェグリーニにも言えるね。そして(ステファン・)エル・シャーラウィも信じられないほどの数字を残している」 「僕がチームでもっとも一緒に過ごしているのは、エヴァン・エンディカだ。ただ、これはお互いにフランス語を話すからであり、普通のことだと思う」 2023.07.27 12:55 Thu
5

来日ローマが渋谷に期間限定オープン『CASA ROMA』のオープニングセレモニー実施! マンチーニ&スピナがファンと交流

23日に来日したローマが、東京の渋谷に期間限定でオープンした『CASA ROMA』のオープニングセレモニーを実施。イタリア代表のDFジャンルカ・マンチーニ、DFレオナルド・スピナッツォーラの2選手が日本のファンと交流した。 イタリア屈指の名門で、昨シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の初代王者に輝いたローマ。今回は3年ぶりに実施される「EUROJAPAN CUP 2022」への招待を受け、2004年以来となる来日を果たした。 この日本ツアーを記念してクラブは、23日~28日の期間にZeroBase渋谷で日本のロマニスタに向けた『CASA ROMA』でのイベントを開催。 同イベントでは日本初上陸のECLトロフィーをはじめ、クラブのレジェンドであるフランチェスコ・トッティ氏や元日本代表MF中田英寿氏ゆかりの品など、クラブの歴史を彩ってきた各種記念品を展示。 イベントスペースでは名古屋グランパス戦の試合観戦会(25日)、クラブレジェンドである元フランス代表DFヴァンサン・カンデラ氏との交流会(27日)など、様々なイベントを開催予定。さらに、期間限定でポップアップストアがオープンしている。 23日午後に行われたオープニングセレモニーにはマンチーニとスピナッツォーラの2選手と共に、ゼネラルマネージャー(GM)を務めるチアゴ・ピント氏が出席。 両選手は来店したファンに対して即席のサイン会を行うと共に、記念撮影などに応じ、束の間の交流を楽しんだ。 今回のオープニングセレモニーで報道陣の囲み取材に応じたピント氏は、クラブとして18年ぶりの来日、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミック後では初の海外ツアーを日本で実施した狙いを説明している。 「まずはここに来ることができたことを名誉に感じ、とても胸を躍らせています。ローマというブランドにおいて重要な意味を持ちます。日本というとても大事な国に来ることができ、クラブとしてスポーツチームとしてブランドのためだけではなく、日本のファンの方々やパートナーの方々にとっても、私たちがここに来ることは重要なことだと考えています」 「日本は私たちにとってスポーツ面において新興市場だと捉えています。その意味は大きいと考えています。また、文化的、社会的なプロジェクトという側面もあり、日本との繋がりを強めていきたいと思います」 ほとんどの選手にとっては今回が初来日となるが、異なる文化を持つ日本での新たな経験を前向きに捉えているという。 「こういったツアーに選手たちを連れてくることは決して簡単なことではないですが、今回に関していえば、選手たちはここに来ることができたことを非常にハッピーだと感じています。ほぼみんな日本が初めてということで、彼らは胸を躍らせています。2、3時間前に到着したばかりですが、新しい文化や人々と接点を持つことは重要です」 ローマは過去に中田氏が在籍し、現在女子チームにはなでしこジャパンDF南萌華が在籍。ただ、中田氏以降は男子チームでプレーする日本人選手は不在だ。 ピント氏は今後の日本人選手の獲得の可能性について問われると、「具体的な名前を挙げると価格が上がってしまう」とジョークを交えつつ、「日本の市場を理解しており、日本代表やアンダー世代のチームも把握している。近い将来にサプライズがあるかもしれない(笑)」と、サービストークながらも日本市場への関心を語っている。 なお、ローマは今後、25日に名古屋(豊田スタジアム)と、28日に横浜F・マリノス(国立競技場)との「EUROJAPAN CUP 2022」に臨む予定だ。 <span class="paragraph-title">【写真】渋谷のポップアップストアに登場したスピナッツォーラとマンチーニ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/asroma20221123_tw0.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/asroma20221123_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/asroma20221123_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/asroma20221123_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/asroma20221123_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/asroma20221123_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/asroma20221123_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/asroma20221123_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/asroma20221123_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/asroma20221123_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/asroma20221123_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/asroma20221123_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/asroma20221123_tw12.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 写真:超ワールドサッカー 2022.11.23 20:40 Wed

ボーンマスの人気記事ランキング

1

ボーンマス、ブレイズから元プレミア最年少得点者のFWジェビソンを獲得

ボーンマスは10日、シェフィールド・ユナイテッドからU-20イングランド代表FWダニエル・ジェビソン(20)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2028年6月30日までとなる。 2018年にブレイズのユースに入団したジェビソンは、2020年に17歳でプロ契約を締結すると、直後にナショナルリーグ・ノース(イングランド6部相当)のチョーリーへレンタル移籍。しかし、出場機会を得られず半年で復帰すると、U-18チームで出場したFAユースカップで4ゴールを決め、5月に正式にトップチームに昇格。 2021年5月7日に行われたクリスタル・パレス戦でプレミアリーグデビューを飾ると、16日に行われたエバートン戦ではプロ初ゴールをマーク。17歳306日は当時のリーグ史上最年少ゴールとなった。 2021-22シーズンはリーグ1(イングランド3部相当)のバートンへレンタル移籍し公式戦23試合に出場し9ゴールを記録。2022年夏に復帰したブレイズでは、これまで公式戦35試合で3ゴール1アシストを記録していた。 ボーンマスのチーフ・エグゼクティブを務めるニール・ブレイク氏は、公式サイトでジェビソンの獲得について以下のようにコメントしている。 「ダニエルが我々と長期契約を結んでくれたことを非常に嬉しく思う。彼は将来有望な選手であり、これまでの若いキャリアの中で、すでに記憶に残る瞬間をいくつも作ってきた」 「我々は、ダニエルがその潜在能力を発揮できるよう、様々な環境を提供しながら、彼の成長を見守ることを楽しみにしている」 2024.07.11 00:55 Thu
2

カストロヴィッリのボーンマス行きが流れる…メディカル不合格に

元イタリア代表MFガエターノ・カストロヴィッリ(26)のボーンマス移籍が流れてしまったようだ。 フィオレンティーナの10番として中盤の中心を担うカストロヴィッリ。ボーンマスとフィオレンティーナの交渉がアドオン200万ユーロを含む総額1400万ユーロ(約21億8000万円)で決着したと報じられる。 そんなカストロヴィッリだが、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、イングランドでのメディカルチェックに引っかかり、フィオレンティーナに引き返したという。 メディカルチェックをパスできずということで、取引もオフに。一転して破談となってしまったようだ。 2022-23シーズンのカストロヴィッリは公式戦26試合に出場したが、昨年4月に左ヒザの前十字を痛めて手術。イギリス『デイリー・メール』によると、そのケガが検査不合格の一因と推察されるようだ。 2023.08.07 10:45 Mon
3

ボーンマス、加入2年目で急成長のガーナ代表FWセメンヨと新契約締結

ボーンマスは8日、ガーナ代表FWアントワーヌ・セメンヨ(24)との契約を2029年6月30日まで延長したことを発表した。 1年の延長オプションを含め2027年まで契約を残す24歳に対して、大幅に条件を改善した新契約を掲示し、合意に至ったニール・ブレイクCEOは、「アントワーヌの成長の早さは誰の目にも明らかだった。新たな長期契約に合意したことは、我々にとってチームの主要メンバーとしての彼の貢献を認める上で重要であり、今後何年もこの調子が続くのを楽しみにしている」と、コメントしている。 ガーナ人の両親の元、イングランドで生まれ育ったセメンヨは、ブリストルのアカデミーからファーストチームに昇格すると、以降はニューポート・カウンティ、サンダーランドでの武者修行を経験。 そして、2020-21シーズンからブリストルのファーストチームに定着し、2023年1月にチェリーズへのステップアップを果たしていた。 加入1年目となった2022-23シーズンはフィニッシュの局面における判断、精度でかなり粗削りな部分を見せたが、爆発的な加速力や簡単に当たり負けしないダイナミックなプレーで才能の片りんを示した185cmの快速アタッカー。 加入2年目となった昨シーズンはプレミアリーグ33試合8ゴール2アシストを記録するなど、確実性、目に見える結果という部分で大きな成長を示した。 また、両親の母国ガーナでA代表デビューを飾ると、カタール・ワールドカップにも出場するなど、ここまで21試合に出場している。 2024.07.08 21:27 Mon
4

ニューカッスルが補強第1号、ハウ監督も知るDFロイド・ケリーをボーンマスから獲得

ニューカッスルは13日、ボーンマスを退団したイングランド人DFロイド・ケリー(25)の加入を発表した。 なお、クラブとは長期契約を結び、背番号は「25」をつけることに。今夏の移籍市場で最初の補強となった。 ケリーはブリストル・シティの下部組織出陳で、2019年7月にボーマスへと完全移籍した。 ボーンマスでは5シーズンを戦い、公式戦141試合で3ゴール8アシストを記録。プレミアリーグでは54試合で3アシストを記録。ニューカッスルを指揮するエディ・ハウ監督の下でもプレーしていた。 2023-24シーズンはプレミアリーグで23試合に出場し1アシスト。センターバック、左サイドバックでプレーし、対人守備の強さを見せていた。 ケリーはクラブを通じて加入の喜びを語っている。 「ここに来られて本当に嬉しい。このクラブがどれだけ大きなクラブか、そしてファンのみんなにとってどれだけ大切なクラブかはわかっている。とにかく、すぐに仕事に取り掛かりたい」 「僕にとっても家族にとっても大きな引っ越しだ。もちろん南部にいたので少し違うけど、ニューカッスルの街は都会の生活と田舎のコントラストが素晴らしい街だと思う」 「ここに来ることは難しい決断ではなかった。以前、監督と一緒に仕事をしたことがあり、選手に何を求めているのか、どのようにプレーして欲しいか分かっている。貢献できることを考えると、それは理にかなっている。始めるのが待ちきれないよ」 2024.06.13 23:45 Thu
5

ボーンマス、世代別イングランドのアーロンズ&スコットを獲得!

ボーンマスは10日、ノリッジ・シティのDFマックス・アーロンズ(23)とブリストル・シティのMFアレックス・スコット(19)を獲得した旨を発表した。 アーロンズはノリッジの生え抜きプレーヤーで、右サイドバックがメインポジション。昨季もチャンピオンシップでの不出場が1試合だけと主力を張ると、今夏はU-21イングランド代表の一員として20大会ぶり3度目の優勝に貢献した。 スコットはU-20イングランド代表選手で、ブリストルのアカデミー出身。昨季は公式戦49試合出場で2得点5アシスト。2022年にU-19イングランド代表でU-19ユーロを制し、先のU-20ワールドカップ(W杯)でもプレーした。 なお、2選手とも長期契約での加入に。イギリス『BBC』によると、移籍金額はアーロンズが700万ポンド(約12億8000万円)で、スコットの方は2500万ポンド(約45億9000万円)だという。 2023.08.11 10:15 Fri

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly