マティアス・ビーニャ Matias VINA

ポジション DF
国籍 ウルグアイ
生年月日 1997年11月09日(26歳)
利き足
身長 176cm
体重 70kg
ニュース クラブ
ニュース一覧

ローマ前GMチアゴ・ピント氏がボーンマス加入へ…両者に因縁ザニオーロがSNSで揶揄

ローマの前ゼネラルマネージャー(GM)であるチアゴ・ピント氏が、ボーンマスの新スポーツディレクター(SD)に就任することが決定したようだ。イタリア『スカイ・スポルト』が報じている。 母国の名門ベンフィカでの仕事を経て、2021年1月にローマの新GMに就任したピント氏。2021-22シーズンにヨーロッパ・カンファレンスリーグ制覇、昨シーズンはヨーロッパリーグ準優勝を経験し、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題を抱える苦しい台所事情において、要求が高い同胞ジョゼ・モウリーニョ監督を支えてきた。 しかし、今冬の移籍市場での仕事を最後にローマを退団し、以降はサウジアラビア行きなど幾つかの新天地の噂があった中、最終的にボーンマス行きが決定した。 報道によると、同氏はボーンマスと3年契約にサインし、今夏の移籍市場からチェリーズでの新たな仕事をスタートする見込みだ。 なお、ピント氏はローマ時代に元オランダ代表FWジャスティン・クライファート、ウルグアイ代表DFマティアス・ビーニャの移籍に関してボーンマスと交渉を行った実績があり、さらに2023年1月にはイタリア代表MFニコロ・ザニオーロの移籍交渉も行っていた。 しかし、ボーンマスとクラブ間合意に至りながらも、より重要なクラブへの移籍を臨んだザニオーロがイングランド行きに難色を示して不遜な振る舞いを見せた結果、チェリーズの怒りを買って、最終的に破談に終わった出来事もあった。 その渦中のザニオーロはピント氏のボーンマス行き決定という報道を受け、自身のインスタグラムのストーリーに過去のピント氏の「ザニオーロが去ることを決めて、真剣なオファーが届いたのが、ガラタサライとボーンマスの2クラブだけなら、それは何か意味があるはずだ」とのコメントが載せられた記事のスクリーンショットを投稿。 そして、「時は常に真実を語る。すべてのことは、あなたを悩ますために戻ってくる」とのキャプションを付け、自身にビッグクラブからオファーが届かなかったことを揶揄したピント氏が、結果的に格下とみなしていたボーンマスに行くことを揶揄し返した。 2024.05.24 17:16 Fri

フラメンゴがローマのウルグアイ代表DFビーニャを完全移籍で獲得、今季はサッスオーロでプレー

フラメンゴは25日、ローマのウルグアイ代表DFマティアス・ビーニャ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2028年12月までの契約を結んだとのことだ。 母国クラブのナシオナルでプロデビューを飾ったビーニャはパウメイラスを経て、2021年8月にローマへ加入。長期離脱中のMFレオナルド・スピナッツォーラの穴を埋める存在として公式戦37試合に出場したが、シーズン後半は出場機会が激減した。 昨シーズンもジョゼ・モウリーニョ監督からの信頼を得ることはできず、今年1月には出場機会を求めてボーンマスへ、今シーズンはサッスオーロへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。サッスオーロではこれまで公式戦16試合に出場し3アシストを記録していた。 2024.01.26 21:25 Fri

フラメンゴ、ローマからサッスオーロへレンタル中のDFビーニャ獲得へ

ブラジルのフラメンゴは、サッスオーロに所属するウルグアイ代表DFマティアス・ビーニャ(26)の獲得に動いているようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 母国クラブのナシオナルでプロデビューを飾ったビーニャはパウメイラスを経て、2021年8月にローマへ加入。長期離脱中のMFレオナルド・スピナッツォーラの穴を埋める存在として公式戦37試合に出場したが、シーズン後半は出場機会が激減。 昨シーズンもジョゼ・モウリーニョ監督からの信頼を得ることはできず、今年1月には出場機会を求めてボーンマスへ、今シーズンはサッスオーロへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。サッスオーロではこれまで公式戦16試合に出場し3アシストを記録していた。 『スカイ』の報道によれば、フラメンゴは所属元のローマへ移籍金700万ユーロ(約11億1700万円)+ボーナスのオファーを提示しており、ビーニャを構想外と考えるローマはこのオファーを受け入れる構えだとのこと。 なお、ビーニャの代理人は14日にローマの幹部と会談しており、その際にローマ側からこのオファーに応じる意向を伝えられたという。両者の話し合いはまだ続いているが、近日中に正式発表されるだろう。 2024.01.16 07:00 Tue

サッスオーロ、ローマからDFビーニャを獲得! 買取OP付きレンタルに

サッスオーロは7月31日、ローマからウルグアイ代表DFマティアス・ビーニャ(25)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、移籍市場に精通するジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によれば、ビーニャ本人は買い取りオプションが行使された場合、1年の延長オプション付きの2027年までの4年契約にサインする見込みだ。 母国クラブのナシオナルでプロデビューを飾ったビーニャはパウメイラスを経て、2021年8月にローマへ加入。長期離脱中のMFレオナルド・スピナッツォーラの穴を埋める存在として公式戦37試合に出場したが、シーズン後半は出場機会が激減。 昨シーズンもジョゼ・モウリーニョ監督からの信頼を得ることはできず、今年1月には出場機会を求めてボーンマスに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。その新天地ではプレミアリーグ12試合の出場で2ゴールを記録。まずまずの活躍を見せたが、ボーンマスは割高な買い取りオプション行使を見送る形となっていた。 2023.08.01 13:29 Tue

サッスオーロ、ローマで構想外のビーニャ獲得迫る

サッスオーロが、ローマのウルグアイ代表DFマティアス・ビーニャ(25)の獲得に近づいているようだ。 母国クラブのナシオナルでプロデビューを飾ったビーニャはパウメイラスを経て、2021年8月にローマへ加入。長期離脱中のMFレオナルド・スピナッツォーラの穴を埋める存在として公式戦37試合に出場したが、シーズン後半は出場機会が激減。 昨シーズンもジョゼ・モウリーニョ監督からの信頼を得ることはできず、今年1月には出場機会を求めてボーンマスに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。 その新天地ではプレミアリーグ12試合の出場で2ゴールを記録。まずまずの活躍を見せたが、ボーンマスは割高な買い取りオプション行使を見送る形となった。 その後、ボーンマスとの間で完全移籍での交渉は継続されていたものの、チェリーズは最終的にAZのハンガリー代表DFミロシュ・ケルケズを完全移籍で獲得していた。 これにより、今夏の去就が振り出しに戻ったビーニャだが、ここに来てサッスオーロ行きに接近。移籍市場に精通するジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によれば、両クラブは買い取りオプション付きのレンタル移籍での合意に近づいているという。 また、ビーニャ本人は買い取りオプションが行使された場合、1年の延長オプション付きの2027年までの4年契約で合意に至っている模様だ。 2023.07.28 16:56 Fri

日本代表と対戦するウルグアイ代表が発表! バルベルデ、アラウホ、ヌニェスらは来日へ《国際親善試合》

ウルグアイサッカー連盟(AUF)は17日、国際親善試合に臨むウルグアイ代表メンバーを発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)に出場したウルグアイだったが、グループステージで敗退。新監督が決まらず、U-20ウルグアイ代表を指揮するマルセロ・ブロリ監督(45)が暫定的にチームを指揮することが決定していた。 2日に候補メンバー34名が発表されていた中、23名に絞ることに。MFルーカス・トレイラ(ガラタサライ)やFWブリアン・オカンポ(カディス)、MFニコラス・デ・ラ・クルス(リーベルプレート)らが外れることとなった。 なお、今回のメンバーには、レアル・マドリーのMFフェデリコ・バルベルデやバルセロナのDFロナルド・アラウホ、リバプールのFWダルウィン・ヌニェスらは入っている。また、カタールW杯のガーナ代表戦での問題行動により、DFホセ・マリア・ヒメネス、GKフェルナンド・ムスレラ、FWエディンソン・カバーニ、DFディエゴ・ゴディンの4名が国際サッカー連盟(FIFA)から出場停止処分を受けており、日本戦には出場できない状況となっていた。 ウルグアイは24日に日本代表と、28日に韓国代表と対戦する。今回発表されたウルグアイ代表メンバーは以下の通り。 ◆ウルグアイ代表メンバー GK セルヒオ・ロチェ(ナシオナル) サンティアゴ・メレ(クルブ・アトレティコ・ウニオン/アルゼンチン) ガストン・オルベイラ(クルブ・オリンピア/パラグアイ) DF セバスティアン・コアテス(スポルティングCP/ポルトガル) サンティアゴ・ブエノ(ジローナ/スペイン) ロナルド・アラウホ(バルセロナ/スペイン) ホセ・ルイス・ロドリゲス(ヴァスコ・ダ・ガマ/ブラジル) ジョバンニ・ゴンサレス(マジョルカ/スペイン) マティアス・オリベラ(ナポリ/イタリア) マティアス・ビーニャ(ボーンマス/イングランド) ホアキン・ピケレス(パウメイラス/ブラジル) MF マヌエル・ウガルテ(スポルティングCP/ポルトガル) マティアス・ベシーノ(ラツィオ/イタリア) フェリペ・カルバージョ(グレミオ/ブラジル) フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー/スペイン) ファクンド・ペリストリ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) アグスティン・カノッビオ(アトレチコ・パラナエンセ/ブラジル) FW ディエゴ・ロッシ(フェネルバフチェ/トルコ) ファクンド・トーレス(オーランド・シティ/アメリカ) ジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ/ブラジル) ダルウィン・ヌニェス(リバプール/イングランド) マキシ・ゴメス(トラブゾンスポル/トルコ) マティアス・アレソ(ペニャロール) 2023.03.17 10:40 Fri

バルベルデやヌニェスら招集、日本代表と対戦するウルグアイ代表候補メンバーが発表!

ウルグアイサッカー連盟(AUF)は2日、国際親善試合に臨むウルグアイ代表候補メンバーを発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)に出場したウルグアイだったが、グループステージで敗退。2006年から2021年まで長期間指揮してきたオスカル・タバレス監督の後を継いだディエゴ・アロンソ監督が指揮を執ったが、早期敗退を受けて退任していた。 新監督が決まらず、U-20ウルグアイ代表を指揮するマルセロ・ブロリ監督(45)が暫定的にチームを指揮することが決定していた。 そのウルグアイは、カタールW杯のガーナ代表戦での問題行動により、DFホセ・マリア・ヒメネス、GKフェルナンド・ムスレラ、FWエディンソン・カバーニ、DFディエゴ・ゴディンの4名が国際サッカー連盟(FIFA)から出場停止処分を受けており、日本戦には出場できない状況となっている。 今回のメンバーには、レアル・マドリーのMFフェデリコ・バルベルデやバルセロナのDFロナルド・アラウホ、リバプールのFWダルウィン・ヌニェスらが招集を受けている。 ウルグアイは24日に日本代表と、28日に韓国代表と対戦する。今回発表されたウルグアイ代表メンバーは以下の通り。 ◆ウルグアイ代表候補メンバー GK セルヒオ・ロチェ(ナシオナル) サンティアゴ・メレ(クルブ・アトレティコ・ウニオン/アルゼンチン) ガストン・オルベイラ(クルブ・オリンピア/パラグアイ) ギジェルモ・デ・アモレス(スポルティング・ヒホン/スペイン) DF セバスティアン・コアテス(スポルティングCP/ポルトガル) セバスティアン・カセレス(クラブ・アメリカ/メキシコ) アグスティン・ロヘル(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) サンティアゴ・ブエノ(ジローナ/スペイン) フェデリコ・ペレイラ(リベルプール) ロナルド・アラウホ(バルセロナ/スペイン) ギジェルモ・バレラ(フラメンゴ/ブラジル) ホセ・ルイス・ロドリゲス(ヴァスコ・ダ・ガマ/ブラジル) ジョバンニ・ゴンサレス(マジョルカ/スペイン) マティアス・オリベラ(ナポリ/イタリア) マティアス・ビーニャ(ボーンマス/イングランド) ホアキン・ピケレス(パウメイラス/ブラジル) MF ルーカス・トレイラ(ガラタサライ/トルコ) マヌエル・ウガルテ(スポルティングCP/ポルトガル) マティアス・ベシーノ(ラツィオ/イタリア) フェリペ・カルバージョ(グレミオ/ブラジル) フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー/スペイン) ファクンド・ペリストリ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) アグスティン・カノッビオ(アトレチコ・パラナエンセ/ブラジル) FW ブリアン・ロドリゲス(クラブ・アメリカ/メキシコ) ディエゴ・ロッシ(フェネルバフチェ/トルコ) ブリアン・オカンポ(カディス/スペイン) ファクンド・トーレス(オーランド・シティ/アメリカ) ニコラス・デ・ラ・クルス(リーベル・プレート/アルゼンチン) ジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ/ブラジル) ダルウィン・ヌニェス(リバプール/イングランド) マキシ・ゴメス(トラブゾンスポル/トルコ) ジョナタン・ロドリゲス(クラブ・アメリカ/メキシコ) チアゴ・ボルバス(レッドブル・ブラガンチーノ/ブラジル) マティアス・アレソ(ペニャロール) 2023.03.03 10:48 Fri

ボーンマス、ローマのウルグアイ代表DFビーニャを買取OP付きレンタルで獲得!

ボーンマスは30日、ローマからウルグアイ代表DFマティアス・ビーニャ(25)の買い取りオプション付きレンタル移籍を発表した。レンタル期間は2023年6月30日までとなる。 母国クラブのナシオナルでプロデビューを飾ったビーニャはパウメイラスを経て、2021年8月にローマへ加入。長期離脱中のMFレオナルド・スピナッツォーラの穴を埋める存在として公式戦37試合に出場したが、シーズン後半は出場機会が激減した。 今シーズンもジョゼ・モウリーニョ監督からの信頼を得ることはできず、セリエAでの出場は3試合のみ。昨年10月の第11節ナポリ戦を最後に出場はなかった。 また、ウルグアイ代表では昨年11月から開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)のメンバーに選出。グループステージ2試合でピッチに立ったが、いずれも試合終盤の出場だった。 なお、買い取りオプション金額については公表されていないが、イギリス『The Athletic』によると、1500 万ユーロ(約21億円)に設定されているとのことだ。 2023.01.31 10:57 Tue

プレミア降格圏18位ボーンマス、ローマからウルグアイ代表DFビーニャ獲得へ?

ボーンマスがローマからウルグアイ代表DFマティアス・ビーニャ(25)のレンタルを画策しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)にも出場したビーニャは母国の名門ナシオナルでプロデビューし、パウメイラスを経て、2021年8月にローマへ。左サイドバックとウィングバックを本職とし、昨季は公式戦37試合に出場と欧州1年目で多くの出場機会を得た。 だが、今季は一転して減少し、セリエAで3試合、ヨーロッパリーグ(EL)で3試合、計297分間の出場にとどまっている。プレミアリーグで降格圏の18位に沈むボーンマスがレンタル獲得に乗り出しているようだ。 1年でのチャンピオンシップ(イングランド2部)逆戻りを避けたいボーンマスはビーニャ以外にも触手を伸ばす。イギリス『90min』によると、ビジャレアルからセネガル代表FWニコラス・ジャクソン(21)の獲得が濃厚になっているという。 なお、ビーニャに対してはマジョルカやフェネルバフチェも獲得に乗り出していると伝えられている。 2023.01.25 13:46 Wed

「獲得の可能性は…」ローマGMが去就注目の同胞CR7に言及、W杯で推す国はまさかの?

ローマのゼネラル・マネージャー(GM)を務めるティアゴ・ピント氏が、同胞のクリスティアーノ・ロナウドについて言及している。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ローマの移籍市場における舵取りを担うピントGM。同氏はこの度、母国ポルトガルで開催された式典にて講演を行い、クラブ批判によりマンチェスター・ユナイテッドとの契約解除が噂されているC・ロナウドについて語っている。 「C・ロナウドとは良い関係だよ。私もモウリーニョ(ローマ指揮官)もポルトガル人だし、時々コミュニケーションをとるのは当たり前さ。お互いに意見交換もする。だが、我々が彼を獲得できる可能性はほぼないだろう」 C・ロナウドは来年1月のユナイテッド退団が確実とも言われ、ローマはとあるブックメーカーで新天地としてチェルシーに次いで高いオッズに。だが、ピントGMいわく可能性はほぼ皆無で、理由には『健全な財政』を挙げている。 「ファイナンシャルフェアプレー(FFP)の遵守はとても重要で、これは厳しい現実のものだ。クラブが新体制を迎えたときには人件費を大幅に下げる必要があり、財政の抜本的な見直しを迫られていたんだよ」 また、カタールW杯でどの国を応援するかと問われると、「大前提として、ローマの選手がケガなく帰ってきてくれることが大切。もちろんポルトガルを応援しているが、もし勝てないならアルゼンチンに勝って欲しい」とコメントした。 今回のW杯には、ローマからポーランド代表MFニコラ・ザレフスキ、ウルグアイ代表DFマティアス・ビーニャらが参加するなか、ピントGMはFWパウロ・ディバラ擁するアルゼンチン代表を推しているようだ。 2022.11.20 15:35 Sun
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2024年6月30日 サッスオーロ ローマ レンタル移籍終了
2023年7月31日 ローマ サッスオーロ レンタル移籍
2023年6月30日 ボーンマス ローマ レンタル移籍終了
2023年1月30日 ローマ ボーンマス レンタル移籍
2021年8月8日 パウメイラス ローマ 完全移籍
2020年1月31日 ナシオナル パウメイラス 完全移籍
2017年2月20日 ナシオナル 完全移籍
今季の成績
セリエA 15 1066’ 0 1 0
合計 15 1066’ 0 1 0
出場試合
セリエA
第1節 2023年8月20日 vs アタランタ 90′ 0
0 - 2
第2節 2023年8月27日 vs ナポリ 61′ 0
2 - 0
第3節 2023年9月1日 vs ヴェローナ 65′ 0
3 - 1
第4節 2023年9月17日 vs フロジノーネ 52′ 0
4 - 2
第5節 2023年9月23日 vs ユベントス 90′ 0 65′
4 - 2
第6節 2023年9月27日 vs インテル 45′ 0
1 - 2
第7節 2023年10月2日 vs モンツァ 61′ 0
0 - 1
第8節 2023年10月6日 vs レッチェ 90′ 0
1 - 1
第9節 2023年10月21日 vs ラツィオ 45′ 0
0 - 2
第10節 2023年10月28日 vs ボローニャ 89′ 0
1 - 1
第11節 2023年11月6日 vs トリノ 90′ 0
2 - 1
第12節 2023年11月10日 vs サレルニターナ 90′ 0
2 - 2
第13節 2023年11月26日 vs エンポリ 35′ 0
3 - 4
第14節 2023年12月3日 vs ローマ 90′ 0
1 - 2
第15節 2023年12月11日 vs カリアリ 73′ 0
2 - 1
第16節 2023年12月17日 vs ウディネーゼ メンバー外
2 - 2
第17節 2023年12月22日 vs ジェノア メンバー外
1 - 2
第18節 2023年12月30日 vs ミラン メンバー外
1 - 0
第19節 2024年1月6日 vs フィオレンティーナ メンバー外
1 - 0
第20節 2024年1月16日 vs ユベントス メンバー外
3 - 0
第22節 2024年1月28日 vs モンツァ メンバー外
1 - 0
第23節 2024年2月3日 vs ボローニャ メンバー外
4 - 2
第24節 2024年2月10日 vs トリノ メンバー外
1 - 1
第25節 2024年2月17日 vs アタランタ メンバー外
3 - 0
第26節 2024年2月24日 vs エンポリ メンバー外
2 - 3
第21節 2024年2月28日 vs ナポリ メンバー外
1 - 6
第27節 2024年3月3日 vs ヴェローナ メンバー外
1 - 0
第28節 2024年3月9日 vs フロジノーネ メンバー外
1 - 0
第29節 2024年3月17日 vs ローマ メンバー外
1 - 0
第30節 2024年4月1日 vs ウディネーゼ メンバー外
1 - 1
第31節 2024年4月5日 vs サレルニターナ メンバー外
2 - 2
第32節 2024年4月14日 vs ミラン メンバー外
3 - 3
第33節 2024年4月21日 vs レッチェ メンバー外
0 - 3
第34節 2024年4月28日 vs フィオレンティーナ メンバー外
5 - 1
第35節 2024年5月4日 vs インテル メンバー外
1 - 0
第36節 2024年5月12日 vs ジェノア メンバー外
2 - 1
第37節 2024年5月19日 vs カリアリ メンバー外
0 - 2
第38節 2024年5月26日 vs ラツィオ メンバー外
1 - 1