FC大阪が6ゴール快勝で開幕3連勝! 1年でのJ2復帰を目指す金沢が惨敗で3連敗…【明治安田J3第3節】

2024.03.09 16:22 Sat
9日、明治安田J3リーグ第3節の4試合が各地で行われた。

開幕3連勝を目指すFC大阪は、アウェイで開幕2連敗の降格組・ツエーゲン金沢と対戦した。
順位表の上と下の対決。開幕2試合の結果の通り、FC大阪ペースで進む。開始6分、ロングスローと見せかけて繋ぐと、左サイドからの長いクロスをボックス内で競り勝った秋山拓也がヘッドで合わせ、FC大阪が先制する。

さらに29分、金沢はGKを使ったビルドアップを試みるも、GK山ノ井拓己がコントロールミス。プレスをかけられ苦し紛れにクリアすると、これをボックス手前で久保吏久斗が拾い、ボックス内の田中直基へパス。ボックス内で受けた田中は、無人のゴールにしっかりと決め切り、リードを2点に広げる。

FC大阪が2点リードで迎えた後半。金沢は後半頭から入った杉浦恭平がダイビングヘッドで51分に1点を返すも、57分にはFC大阪が齊藤隆成のシュートで再びリードを2点とする。
それでも諦めない金沢は63分にクリアボールをボックス手前で小島雅也が強烈な右足シュート。これが決まり1点差とする。

1点差に迫られたFC大阪は69分に3選手交代。すると、直後にいきなりゴール。投入された利根瑠偉からのクロスを島田拓海がダイビングヘッドで決めて、4点目を奪う。さらに72分には敵陣でボールを奪うと、ボックス内左を仕掛けた久保吏久斗のクロスを畑尾大翔が頭でクリアできずにそのままゴールへ。FC大阪が5点目を奪うと、81分にもオウンゴールで追加点。2-6の大勝を収めて開幕3連勝。金沢は、まさかの3連敗スタートとなった。

また、その他の3試合は全て1-1のドロー。連勝スタートのSC相模原AC長野パルセイロとアウェイで対戦し、ビハインドの中87分にブルーノ・サントスがネットを揺らして追いついて勝ち点1を獲得。暫定2位につけている。

◆明治安田J3リーグ第3節
▽3/9(土)
松本山雅FC 1-1 Y.S.C.C.横浜
AC長野パルセイロ 1-1 SC相模原
カターレ富山 1-1 奈良クラブ
ツエーゲン金沢 2-6 FC大阪

▽3/10(日)
《13:00》
FC今治 vs アスルクラロ沼津
ガイナーレ鳥取 vs テゲバジャーロ宮崎

《15:00》
FC岐阜 vs カマタマーレ讃岐

▽4/20(土)
《14:00》
いわてグルージャ盛岡 vs FC琉球

▽4/21(日)
《13:00》
福島ユナイテッドFC vs 大宮アルディージャ
ヴァンラーレ八戸 vs ギラヴァンツ北九州

秋山拓也の関連記事

29日、明治安田J3リーグ第19節の8試合が全国各地で行われた。 この試合でシーズンを折り返すことになるJ3リーグ。首位の大宮アルディージャ(勝ち点43)はホームに最下位のいわてグルージャ盛岡(勝ち点13)を迎えた。 勝ち点差が「30」と大きく差のある両者。まずは岩手がチャンス。4分、ボックス左でFKを獲得すると、クロスに深津康太が飛び込んで合わせるがゴールとはならない。 ホームの大宮は6分、右サイドのFKから泉柊椰のクロスを杉本健勇がボックス中央でヘッドで合わせたが、これは枠の左に外れる。 21分にも大宮がチャンス。ボックス手前で相手ボールを奪うと、アルトゥール・シルバのスルーパスをボックス内で茂木力也がシュートもサイドネット。29分には杉本のパスを受けた泉がボックス内からシュートも、左ポストに嫌われる。 岩手は36分、左CKからのクロスに深津が再び飛び込んで合わせたが、これはバウンドしすぎてゴールを越えていく。 ゴールレスで迎えた後半、大宮は49分に中野克哉がミドルシュートも枠外。58分に岩手はオタボー・ケネスが遠目から狙うが枠をとらえられない。 61分にはアルトゥール・シルバのボックス内右からのクロスを泉がバイシクルシュートで合わせたが、わずかに外れていく。 互いにゴールが遠いまま試合は引き分けかと思われたが85分、左サイドから浦上仁騎が左足でクロスを入れると、杉本がボックス内中央で打点の高いドンピシャヘッド。大宮がなんとかゴールをこじ開ける。すると89分にはクロスボールを小島幹敏、大澤朋也と繋ぎ、最後は藤井一志が巧みに相手をかわしてゴール。強さを見せた大宮が連勝、6戦無敗で首位ターンを決めた。対する岩手は連敗で最下位で折り返した。 2位のアスルクラロ沼津(勝ち点31)は、16位のY.S.C.C.横浜(勝ち点17)と対戦した。 首位の背中は遠いものの、自動昇格の2位をしっかりと守りたい沼津。まずは沼津がチャンス。FW和田育が積極的にゴールを狙っていく。 YS横浜は積極的にシュートを狙っていくと25分には橋本陸斗がドリブルで持ち出しボックス内からシュートもGK武者大夢がセーブ。35分にはスルーパスに抜けた藤島樹騎也が無人のゴールにシュートも、濱託巳がゴールに戻り頭でクリアしてゴールを許さない。 それでも44分、ボックス左で藤島がボールをキープすると、折り返しを菊谷篤資がダイレクトで蹴り込み先制に成功する。 YS横浜がリードした中、後半は沼津が盛り返すことに。66分には持井響太のパスを右サイドで森夢真がクロスも鈴木拳士郎のヘッドはGKがキャッチする。 88分には縦パスを受けた川又堅碁がボックス手前からシュートもGKがキャッチ。終了間際にはセッtプレーの流れから、折り返しを津久井匠海が詰めるが、西山峻太がブロック。YS横浜が連敗をストップし、今シーズンのホーム初勝利を記録。沼津は停滞一敗となった。 3位の福島ユナイテッドFC(勝ち点29)は、アウェイで12位のギラヴァンツ北九州(勝ち点23)と対戦し、11分にオウンゴールで先制するも、後半に藤原健介、高昇辰にゴールを奪われ、2-1で逆転負け。4位のFC大阪(勝ち点28)は18位のテゲバジャーロ宮崎(勝ち点18)と対戦し、前半に秋山拓也、久保吏久斗のゴールでリードすると後半も加点して4-1で勝利を収め3位に浮上。監督を解任し、シュタルフ悠紀監督の初陣となった5位のSC相模原(勝ち点28)は、11位のカターレ富山(勝ち点25)と対戦しゴールレスドローに終わった。 また、今節は9位の松本山雅FC(勝ち点26)と13位のAC長野パルセイロ(勝ち点23)の“長野ダービー”が開催。上位への足がかりにしたい両者の戦いは、57分に57'樋口大輝のゴールで松本が先制。対する長野は78分に杉井颯が同点ゴールを奪い、1-1のドローに終わった。 ◆明治安田J3リーグ第19節 ▽6/29(土) 松本山雅FC 1-1 AC長野パルセイロ FC大阪 4-1 テゲバジャーロ宮崎 奈良クラブ 2-2 ガイナーレ鳥取 Y.S.C.C.横浜 1-0 アスルクラロ沼津 カターレ富山 0-0 SC相模原 ギラヴァンツ北九州 2-1 福島ユナイテッドFC 大宮アルディージャ 2-0 いわてグルージャ盛岡 FC岐阜 1-2 ヴァンラーレ八戸 ▽6/30(日) 《18:00》 FC琉球 vs ツエーゲン金沢 FC今治 vs カマタマーレ讃岐 <span class="paragraph-title">【動画】2試合連続で土壇場でチームを救った大宮FW杉本健勇</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/J%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> を観るなら <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a>!<a href="https://t.co/gfOE3csFK8">https://t.co/gfOE3csFK8</a> <a href="https://t.co/2vHIrDCB4m">pic.twitter.com/2vHIrDCB4m</a></p>&mdash; 大宮アルディージャ (@Ardija_Official) <a href="https://twitter.com/Ardija_Official/status/1807018779119141317?ref_src=twsrc%5Etfw">June 29, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.06.29 21:28 Sat
FC大阪は15日、FW西村真祈、DF秋山拓也の負傷を発表した。 西村は12日に行われたトレーニング中に負傷。検査の結果、左ヒザ外側側副じん帯損傷、左下腿腓腹筋近位付着部損傷と診断。全治は約8週間とのことだ。 秋山は14日に行われた明治安田J3リーグのいわてグルージャ盛岡で負傷。検査の結果、右大腿二頭筋近位肉離れと診断され、全治は約9週間とのことだ。 西村は今シーズンのJ3で6試合に出場。秋山は9試合に出場し2得点を記録していた。 2024.04.15 20:40 Mon
Jリーグは25日、明治安田Jリーグ各カテゴリーの出場停止選手を発表した。 今回はこの代表ウィーク中も開催されるJ2リーグとJ3リーグが最新のものとなり、J2リーグからはGK泉森涼太とDF外山凌の鹿児島ユナイテッドFC勢が対象に。両選手はそれぞれ1試合停止が確定した。 J3リーグではSC相模原のMF長谷川雄志、松本山雅FCのDF佐相壱明、FC大阪の秋山拓也。こちらもそれぞれ1試合停止で次節欠場が決まった。 【明治安田J1リーグ】 FWマルシーニョ(川崎フロンターレ) 第5節 vsFC東京(3/30) 今回の停止:1試合停止 GKポープ・ウィリアム(横浜F・マリノス) 第5節 vs名古屋グランパス(3/30) 今回の停止:1試合停止 DFアピアタウィア久(京都サンガF.C.) 第5節 vs東京ヴェルディ(3/29) 今回の停止:1試合停止 MF柴山昌也(セレッソ大阪) 第5節 vs湘南ベルマーレ(3/30) 今回の停止:1試合停止 【明治安田J2リーグ】 GK泉森涼太(鹿児島ユナイテッドFC) 第7節 vs水戸ホーリーホック(3/30) 今回の停止:1試合停止 DF外山凌(鹿児島ユナイテッドFC) 第7節 vs水戸ホーリーホック(3/30) 今回の停止:1試合停止 【明治安田J3リーグ】 MF長谷川雄志(SC相模原) 第7節 vsカマタマーレ讃岐(3/30) 今回の停止:1試合停止 DF佐相壱明(松本山雅FC) 第7節 vsFC岐阜(3/31) 今回の停止:1試合停止 DF秋山拓也(FC大阪) 第7節 vsFC今治(3/30) 今回の停止:1試合停止 【YBCルヴァンカップ】 MF柳雄太郎(Y.S.C.C.横浜) 2回戦 vsFC東京(4/17) 今回の停止:1試合停止 2024.03.25 18:20 Mon
thumb 23日、明治安田J3リーグ第6節の2試合が各地で行われた。 3勝2分けの無敗で首位を追う2位・FC大阪は、8位につける松本山雅FCとホームで対戦。ゴールレスのまま迎えた前半アディショナルタイム、佐相壱明が2枚目のイエローカードを受けて退場となり、松本は10人でハーフタイムへ突入する。 GK永井建成とGK神田渉馬、両チーム守護神の活躍もあり、0-0のまま後半終盤を迎えると、84分に今度はFC大阪の秋山拓也が2枚目のイエローカードで退場となり、10人vs10人の戦いに。最後までネットは揺れず、勝ち点「1」を分け合う結果となった。 3勝1分けでこちらも無敗の4位・大宮アルディージャは、5試合未勝利で下位に沈むテゲバジャーロ宮崎とのホームゲーム。試合開始早々から先手を執ったのは大宮で、4分に右ポケットでパスを受けた茂木力也がニアを打ち抜き、先制する。 さらに25分、杉本健勇が右からのクロスに頭で合わせ、移籍後初ゴールを記録すると、39分にはPKから自身2点目をゲット。後半に入ると、橋本啓吾がクロスを押し込み、宮崎が1点を返したが、3-1で逃げ切った大宮が1試合未消化ながらJ3暫定首位に浮上した。 ◆明治安田J3リーグ第6節 ▽3/23(土) FC大阪 0-0 松本山雅FC 大宮アルディージャ 3-1 テゲバジャーロ宮崎 ▽3/24(日) 《13:00》 FC今治 vs ギラヴァンツ北九州 ヴァンラーレ八戸 vs AC長野パルセイロ 《14:00》 ツエーゲン金沢 vs SC相模原 カマタマーレ讃岐 vs 奈良クラブ 福島ユナイテッドFC vs カターレ富山 Y.S.C.C.横浜 vs ガイナーレ鳥取 アスルクラロ沼津 vs FC琉球 FC岐阜 vs いわてグルージャ盛岡 2024.03.23 16:26 Sat
thumb 20日、明治安田J3リーグの10試合が各地で行われた。 無傷の開幕4連勝で首位に立つFC今治は、2勝1分け1敗とこちらも悪くないスタートを切っているFC岐阜をホームに迎えた。幸先良くリードを奪ったのはアウェイの岐阜。7分に波状攻撃の流れから田口裕也がヘディングシュートを決めると、12分にも田口が右足で流し込み、一気に2点差とした。 そのまま試合を折り返すと、後半はスコア動かず0-2のまま試合終了。岐阜がアウェイでの今シーズン初勝利を手にした一方、今治は連勝が「4」でストップした。 3勝1分けで今治の後を追う2位・FC大阪は、未だ勝利なしのギラヴァンツ北九州とのアウェイゲーム。FC大阪はショートカウンターやロングスローからゴールに迫ったが、無得点のままハーフタイムを迎える。 後半に入ると秋山拓也の強烈な左足ロングシュートが飛んだが、クロスバーに直撃。対する北九州も最後までネットを揺らせず、ゴールレスドローで勝ち点「1」を分け合う結果に。FC大阪は勝利こそ逃したものの、無敗を継続した。 その他、ここまで3試合を戦って3勝の大宮アルディージャは、2勝2分けのSC相模原とドロー決着。勝ち点「9」で大宮と並んでいたアスルクラロ沼津は、終盤の川又堅碁のゴールで追いつき、テゲバジャーロ宮崎との一戦を引き分けに持ち込んでいる。AC長野パルセイロ、カターレ富山、奈良クラブは今シーズン初勝利をあげた。 ◆明治安田J3リーグ第5節 ▽3/20(水) ガイナーレ鳥取 1-1 カマタマーレ讃岐 FC今治 0-2 FC岐阜 ギラヴァンツ北九州 0-0 FC大阪 AC長野パルセイロ 2-1 福島ユナイテッドFC 松本山雅FC 1-0 いわてグルージャ盛岡 カターレ富山 1-0 ツエーゲン金沢 テゲバジャーロ宮崎 1-1 アスルクラロ沼津 奈良クラブ 1-0 ヴァンラーレ八戸 FC琉球 2-1 Y.S.C.C.横浜 SC相模原 1-1 大宮アルディージャ 2024.03.20 20:08 Wed

FC大阪の関連記事

FC大阪は12日、ブラジルのブラジリエンセFCからブラジル人FWエヴェルトン・カネラ(28)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「42」をつける。 ブラジル国内でプレーしてきたエヴェルトン・カネラは、ブラジル4部に当たるカンピオナート・ブラジレイロ・セリエDのブラジリエンセFCから加入。セリエD通算では35試合で11ゴールを記録していた。 191cmの長身ストライカーで、J2昇格に向けて大きな補強となる。 エヴェルトン・カネラはクラブを通じてコメントしている。 「FC大阪に関わるすべての皆さんはじめまして。FC大阪はJ2昇格ができる条件を備えており、昇格だけでなく優勝も狙えるチームだと思っています」 「トレーニングも良い雰囲気ですし、優れた選手もいるので、J2昇格というチームの歴史を作るために必要なものがすべて揃っていると思っています。そんな新たな歴史を作るチームの一員になることができてとても嬉しいです」 「J2昇格に向けて、自分の力を全力で注いていきますので、応援よろしくお願いいたします」 2024.07.12 14:55 Fri
テゲバジャーロ宮崎は5日、FC大阪からDF江川慶城(24)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2025年1月31日まで。FC大阪と対戦する公式戦には出られない。 京都サンガF.C.でのプロ入りから、ブラジルでの武者修行を挟み、2021年から当時は日本フットボールリーグ(JFL)のいわきFCへ。今季からFC大阪入りし、明治安田J3リーグではここまで7試合に出場中だった。両クラブの公式サイトでそれぞれ次のようにコメントしている。 ◆テゲバジャーロ宮崎 「宮崎の皆さま、初めまして。FC大阪から加入することになりました江川慶城です。宮崎の勝利のために自分の今持てる全てを捧げたいと思います。共に勝利の喜びを分かち合えるよう一緒に戦ってください。応援をよろしくお願いします」 ◆FC大阪 「この度、テゲバジャーロ宮崎へ期限付き移籍することになりました。日頃からたくさんの熱い応援、本当にありがとうございました。宮崎に行っても自分らしくファイヤーし続けます。遠く離れた地に行くことになりますが、少しでも気にかけていただけると幸いです。これからも江川慶城の応援をよろしくお願いします」 2024.07.05 17:20 Fri
FC大阪は5日、マレーシア・スーパーリーグのセランゴールFCから、U-23マレーシア代表MFムハンマド・ビン・アブ・カリル(19)が期限付き移籍で加入することを発表した。 移籍期間は2024年12月31日まで。背番号は「99」をつける。 ムハンマド・ビン・アブ・カリルは、マレーシアのシャザン・ムダ・クラブ、アカデミックモクタール・ダハリでプレーし、2021年にセランゴールFCのセカンドチームに加入。2024年2月にファーストチームへ昇格した。 ファーストチームでは公式戦2試合に出場。今シーズンは、マレーシアFAカップで8分間プレーしただけだった。 また、世代別のマレーシア代表を経験しており、U-19マレーシア代表としてU20ワールドカップ アジア予選、U19AFF選手権に出場。U-23マレーシア代表として、U23 AFF選手権、U23アジアカップに出場していた。 ムハンマド・ビン・アブ・カリルはクラブを通じてコメントしている。 「FC大阪のファン・サポーター、パートナー関係者の皆様、はじめまして。FC大阪ファミリーの一員として受け入れていただいたことを本当に光栄に思います。心から感謝します」 「非常に規律正しく激しい日本のサッカー文化において、自分自身、学び、磨き、毎日成長できる環境に身を置けることにワクワクしています。選手やコーチ陣ともコミュニケーションを取る機会がありましたが、私がより良く学べるよう常にサポートと励ましを与えてくれる良い方たちばかりです」 「お約束できることは常に私は最善を尽くすことです。FC大阪のために戦い、チームがJ3で優勝できるよう手助けします。また、マレーシア代表チームの未来に貢献できる選手になります。応援よろしくお願い致します」 2024.07.05 15:25 Fri
FC大阪は3日、DF藤田雄士(24)とFW石橋克之(22)がK3リーグ(韓国3部)の抱川シチズンFCへ期限付き移籍すると発表した。いずれも移籍期間は2024年12月31日までとなる。 川崎フロンターレの下部組織出身である藤田は市立船橋高校、神奈川大学を経て、2022年にブラウブリッツ秋田へ加入。今シーズンからFC大阪に加入したが、ここまで明治安田J3リーグでは5試合の出場にとどまっていた。 石橋は今シーズンにびわこ成蹊スポーツ大学からFC大阪へ加入。ルーキーイヤーとなったが、ここまでJ3リーグではいまだ出場なしとポジションを掴めておらず、YBCルヴァンカップ1試合のみの出場となっていた。 韓国へ渡ることが決まった2選手は、クラブを通じてコメントしている。 ◆藤田雄士 「半年間たくさんの応援ありがとうございました。異国の地での新たなチャレンジになりますが、どんな困難も乗り越え、成長してきます。J2昇格という目標に向かって、皆と共に戦えないのは残念です」 「チームは離れますが、チームの勝利を心から願っています。自分も大きくなって帰って来られるように頑張ります。ありがとうございました!」 ◆石橋克之 「この度期限付き移籍することになりました。個人的には、FC大阪の勝利にピッチ上で貢献出来なかったことをすごく悔しく、申し訳なく思っています。ですが、今回の期限付き移籍を通して、より一層力をつけて帰って来たいと思います」 「FC大阪のファン・サポーターの皆様、半年間応援ありがとうございました。これからもよろしくお願い致します」 2024.07.03 12:25 Wed
FC大阪は2日、韓国人FWチ・ソンミン(20)の完全移籍加入を発表した。背番号は「36」を着用する。 チ・ソンミンはソウルイーランドFCの下部組織出身であり、韓国の光東高校、東元大学へと進学。2020年には、U-16韓国代表にも選出された。 初めてJリーグでプレーすることになるチ・ソンミンは、クラブを通じてコメントしている。 「韓国から来ましたチ ソンミンです。FC大阪の一員になれたことをすごく光栄に思います。自身の特徴であるスピードと背後への動き出しを武器に、クラブのJ2昇格という目標達成に向けて、日々のトレーニングから全身全霊で取り組んで行きます。ファン・サポーターの皆さんから応援していただけるように日々努力しますので、応援よろしくお願いします!」 2024.07.02 15:30 Tue

J3の関連記事

Jリーグは12日、明治安田Jリーグの出場停止選手を発表した。 10日の天皇杯で一発退場となったアビスパ福岡DF井上聖也が11日に追加されていたなか、さらに1名が追加。アルビレックス新潟のMFダニーロ・ゴメスが2試合出場停止となった。 ダニーロ・ゴメスも天皇杯で一発退場。新潟はV・ファーレン長崎と対戦し、39分に足裏から相手GKと接触。チームは1-6の大敗を喫し、消化ができないためにリーグ戦で消化されることとなった。 【明治安田J1リーグ】 MF駒井善成(北海道コンサドーレ札幌) 第23節 vsヴィッセル神戸(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF石原広教(浦和レッズ) 第23節 vs京都サンガF.C.(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF山田楓喜(東京ヴェルディ) 第23節 vsFC町田ゼルビア(7/14) 今回の停止:2試合停止(1/2) 第24節 vsアビスパ福岡(7/20) 今回の停止:2試合停止(2/2) MFダニーロ・ゴメス(アルビレックス新潟) 第23節vsFC東京(7/13) 今回の停止:他の大会での出場停止処分(1/2) 第24節vsセレッソ大阪(7/20) 今回の停止:他の大会での出場停止処分(2/2) DF舞行龍ジェームズ(アルビレックス新潟) 第23節 vsFC東京(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF井上聖也(アビスパ福岡) 第23節 vsサンフレッチェ広島(7/14) 今回の停止:他の大会での出場停止処分 DF田代雅也(アビスパ福岡) 第23節 vsサンフレッチェ広島(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF長沼洋一(サガン鳥栖) 第23節 vsガンバ大阪(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田J2リーグ】 DF高田椋汰(ベガルタ仙台) 第24節 vs徳島ヴォルティス(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF神戸康輔(栃木SC) 第24節 vsファジアーノ岡山(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF高橋壱晟(ジェフユナイテッド千葉) 第24節 vsロアッソ熊本(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF山口卓己(鹿児島ユナイテッドFC) 第24節 vsザスパ群馬(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田J3リーグ】 MF奥村晃司(Y.S.C.C.横浜) 第21節 vs福島ユナイテッド(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF碓井鉄平(AC長野パルセイロ) 第21節 vsいわてグルージャ盛岡(7/13) 今回の停止:1試合停止 DF石田崚真(FC岐阜) 第21節 vs奈良クラブ(7/13) 今回の停止:1試合停止 DF野澤陸(FC岐阜) 第21節 vs奈良クラブ(7/13) 今回の停止:1試合停止 MF佐藤祐太(FC琉球) 第21節 vsカターレ富山(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2024.07.12 19:43 Fri
AC長野パルセイロは12日、DF冨田康平の負傷を報告した。 冨田は右ヒザ半月板を損傷。5日に手術を行い、全治は術後6カ月の見込みとなっている。 FC今治から今シーズン加入の冨田は、ここまで明治安田J3リーグで7試合、YBCルヴァンカップで1試合に出場。ただ、4月14日のJ3第10節のFC琉球戦が最後の出場となっていた。 2024.07.12 17:15 Fri
Y.S.C.C.横浜は12日、スペイン4部のCDアトレチコ・パソへ期限付き移籍していたFW田原廉登(23)の復帰を発表した。 田原はYS横浜のジュニアユース出身で、湘南工科大学附属高校、産業能率大学を経て、2023年に入団。J3リーグ11試合に出場し、第6節の鹿児島ユナイテッドFC戦では初ゴールを決めていたなか、2023年9月にアトレチコ・パソへの移籍のためチームからの離脱が発表された。 2024年1月にスペイン行きが決まり、加入から半年でリーグ戦4試合に出場。最終節では先発フル出場した。 スペインで経験を積み、YS横浜へ戻ることになった田原は、クラブを通じてコメントしている。 「スペインのアトレティコ・パソに期限付き移籍していた田原廉登です。またY.S.C.C.でプレイさせていただくことになりました」 「もう一度Y.S.C.C.でできることに感謝して、スペインで学んで、得たものを活かしていって少しでもチームに貢献できるように頑張っていきたいと思います。これからまたY.S.C.C.サポーターと一緒に戦えること嬉しく思います。応援よろしくお願いします」 2024.07.12 17:05 Fri
テゲバジャーロ宮崎は12日、FC今治からDF松本雄真(24)が期限付き移籍加入したと発表した。期間は2025年1月31日まで、今治との公式戦には出場不可となる。 千葉県出身の松本は尚志高校から新潟医療福祉大学へ進学し、カターレ富山での特別指定選手を経て2022年に富山へ正式加入。2023年に今治へ完全移籍した。 今治で2年目の今シーズンは、明治安田J3リーグで13試合に出場。天皇杯でも1試合プレーした。 同じJ3ながら残留争い中の宮崎へ移ることとなった松本は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆テゲバジャーロ宮崎 「宮崎の皆様、こんにちは。FC今治から来ました松本雄真です。このようなチャンス、チャレンジの機会を与えてくださったテゲバジャーロ宮崎さんのために、自分の持っているもの全てを出し、勝利のために最後の1秒まで全力で戦い抜きます! 応援をよろしくお願いします!」 ◆FC今治 「このたび、テゲバジャーロ宮崎に期限付き移籍することになりました。成長した姿を見せれるよう頑張ります。ありがとうございました」 2024.07.12 15:42 Fri
FC大阪は12日、ブラジルのブラジリエンセFCからブラジル人FWエヴェルトン・カネラ(28)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「42」をつける。 ブラジル国内でプレーしてきたエヴェルトン・カネラは、ブラジル4部に当たるカンピオナート・ブラジレイロ・セリエDのブラジリエンセFCから加入。セリエD通算では35試合で11ゴールを記録していた。 191cmの長身ストライカーで、J2昇格に向けて大きな補強となる。 エヴェルトン・カネラはクラブを通じてコメントしている。 「FC大阪に関わるすべての皆さんはじめまして。FC大阪はJ2昇格ができる条件を備えており、昇格だけでなく優勝も狙えるチームだと思っています」 「トレーニングも良い雰囲気ですし、優れた選手もいるので、J2昇格というチームの歴史を作るために必要なものがすべて揃っていると思っています。そんな新たな歴史を作るチームの一員になることができてとても嬉しいです」 「J2昇格に向けて、自分の力を全力で注いていきますので、応援よろしくお願いいたします」 2024.07.12 14:55 Fri

記事をさがす

秋山拓也の人気記事ランキング

1

【Jリーグ出場停止情報】松本MF村越凱光は乱暴な行為で2試合出場停止、YS横浜&松本のスタッフは電子機器を使用した抗議でベンチ入り禁止

Jリーグは5日、最新の出場停止選手情報を発表した。 J1では柏レイソルのMF高嶺朋樹、FC東京のMF塚川孝輝、湘南ベルマーレのDF石原広教、ガンバ大阪のDF福岡将太が出場停止となる。 またJ3では松本山雅FCのMF村越凱光が1日の愛媛FC戦で一発退場となったが、Jリーグは「ファウルを犯した相手競技者を追いかけ、首元付近を右手のひらを使い強い力でついた行為は、「乱暴な行為」に該当する」と判断。1試合ではなく2試合の出場停止処分が下される事となった。 その他、警告者の間違いで退場処分となっていたカターレ富山のDF大畑隆也は警告の間違いが認められたため、出場停止処分もなくなった。 なお、今回は2人のスタッフも出場停止処分を受けることに。Y.S.C.C.横浜の酒井幸平テクニカルスタッフは1日のテゲバジャーロ宮崎戦で、第4審への電子機器を使用して抗議を行った行為が、「著しい反則行為」に相当。松本の武石康平コーチは愛媛戦で審判員に対し電子機器を使用して抗議し、これも「著しい反則行為」に相当すると判断。共に1試合のベンチ入り禁止処分を受ける事となった。 【明治安田生命J1リーグ】 MF高嶺朋樹(柏レイソル) 第20節 vs湘南ベルマーレ(7/8) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF塚川孝輝(FC東京) 第20節 vs浦和レッズ(7/8) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF石原広教(湘南ベルマーレ) 第20節 vs柏レイソル(7/8) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF福岡将太(ガンバ大阪) 第20節 vs京都サンガF.C.(7/8) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 GK圍謙太朗(ブラウブリッツ秋田) 第24節 vsヴァンフォーレ甲府(7/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 MF村越凱光(松本山雅FC) 第17節 vsFC琉球(7/8) 今回の停止:2試合停止(1/2) 第18節 vs福島ユナイテッドFC(7/16) 今回の停止:2試合停止(2/2) DF秋山拓也(AC長野パルセイロ) 第17節 vsヴァンラーレ八戸(7/8) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FW松田力(愛媛FC) 第17節 vsカターレ富山(7/9) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FW永田一真(テゲバジャーロ宮崎) 第17節 vsガイナーレ鳥取(7/8) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF星広太(鹿児島ユナイテッドFC) 第17節 vs福島ユナイテッドFC(7/9) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span class="paragraph-title">【動画】松本MF村越凱光の2試合出場停止となった乱暴な行為</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="yr5eyNGeaCI";var video_start = 31;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.07.05 12:30 Wed
2

【Jリーグ出場停止情報】鹿児島からは2選手が処分 J3リーグでは3選手が対象に

Jリーグは25日、明治安田Jリーグ各カテゴリーの出場停止選手を発表した。 今回はこの代表ウィーク中も開催されるJ2リーグとJ3リーグが最新のものとなり、J2リーグからはGK泉森涼太とDF外山凌の鹿児島ユナイテッドFC勢が対象に。両選手はそれぞれ1試合停止が確定した。 J3リーグではSC相模原のMF長谷川雄志、松本山雅FCのDF佐相壱明、FC大阪の秋山拓也。こちらもそれぞれ1試合停止で次節欠場が決まった。 【明治安田J1リーグ】 FWマルシーニョ(川崎フロンターレ) 第5節 vsFC東京(3/30) 今回の停止:1試合停止 GKポープ・ウィリアム(横浜F・マリノス) 第5節 vs名古屋グランパス(3/30) 今回の停止:1試合停止 DFアピアタウィア久(京都サンガF.C.) 第5節 vs東京ヴェルディ(3/29) 今回の停止:1試合停止 MF柴山昌也(セレッソ大阪) 第5節 vs湘南ベルマーレ(3/30) 今回の停止:1試合停止 【明治安田J2リーグ】 GK泉森涼太(鹿児島ユナイテッドFC) 第7節 vs水戸ホーリーホック(3/30) 今回の停止:1試合停止 DF外山凌(鹿児島ユナイテッドFC) 第7節 vs水戸ホーリーホック(3/30) 今回の停止:1試合停止 【明治安田J3リーグ】 MF長谷川雄志(SC相模原) 第7節 vsカマタマーレ讃岐(3/30) 今回の停止:1試合停止 DF佐相壱明(松本山雅FC) 第7節 vsFC岐阜(3/31) 今回の停止:1試合停止 DF秋山拓也(FC大阪) 第7節 vsFC今治(3/30) 今回の停止:1試合停止 【YBCルヴァンカップ】 MF柳雄太郎(Y.S.C.C.横浜) 2回戦 vsFC東京(4/17) 今回の停止:1試合停止 2024.03.25 18:20 Mon

FC大阪の人気記事ランキング

1

FC大阪からDF江川慶城が宮崎へレンタル 「遠く離れた地に行くことになりますが…」

テゲバジャーロ宮崎は5日、FC大阪からDF江川慶城(24)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2025年1月31日まで。FC大阪と対戦する公式戦には出られない。 京都サンガF.C.でのプロ入りから、ブラジルでの武者修行を挟み、2021年から当時は日本フットボールリーグ(JFL)のいわきFCへ。今季からFC大阪入りし、明治安田J3リーグではここまで7試合に出場中だった。両クラブの公式サイトでそれぞれ次のようにコメントしている。 ◆テゲバジャーロ宮崎 「宮崎の皆さま、初めまして。FC大阪から加入することになりました江川慶城です。宮崎の勝利のために自分の今持てる全てを捧げたいと思います。共に勝利の喜びを分かち合えるよう一緒に戦ってください。応援をよろしくお願いします」 ◆FC大阪 「この度、テゲバジャーロ宮崎へ期限付き移籍することになりました。日頃からたくさんの熱い応援、本当にありがとうございました。宮崎に行っても自分らしくファイヤーし続けます。遠く離れた地に行くことになりますが、少しでも気にかけていただけると幸いです。これからも江川慶城の応援をよろしくお願いします」 2024.07.05 17:20 Fri
2

首位・大宮は最下位・岩手に苦戦も杉本健勇の2戦連続決勝弾などで連勝し首位ターン! 2位沼津はYS横浜にホーム初勝利をプレゼント、3位福島、5位相模原も勝ち点落とす【明治安田J3第19節】

29日、明治安田J3リーグ第19節の8試合が全国各地で行われた。 この試合でシーズンを折り返すことになるJ3リーグ。首位の大宮アルディージャ(勝ち点43)はホームに最下位のいわてグルージャ盛岡(勝ち点13)を迎えた。 勝ち点差が「30」と大きく差のある両者。まずは岩手がチャンス。4分、ボックス左でFKを獲得すると、クロスに深津康太が飛び込んで合わせるがゴールとはならない。 ホームの大宮は6分、右サイドのFKから泉柊椰のクロスを杉本健勇がボックス中央でヘッドで合わせたが、これは枠の左に外れる。 21分にも大宮がチャンス。ボックス手前で相手ボールを奪うと、アルトゥール・シルバのスルーパスをボックス内で茂木力也がシュートもサイドネット。29分には杉本のパスを受けた泉がボックス内からシュートも、左ポストに嫌われる。 岩手は36分、左CKからのクロスに深津が再び飛び込んで合わせたが、これはバウンドしすぎてゴールを越えていく。 ゴールレスで迎えた後半、大宮は49分に中野克哉がミドルシュートも枠外。58分に岩手はオタボー・ケネスが遠目から狙うが枠をとらえられない。 61分にはアルトゥール・シルバのボックス内右からのクロスを泉がバイシクルシュートで合わせたが、わずかに外れていく。 互いにゴールが遠いまま試合は引き分けかと思われたが85分、左サイドから浦上仁騎が左足でクロスを入れると、杉本がボックス内中央で打点の高いドンピシャヘッド。大宮がなんとかゴールをこじ開ける。すると89分にはクロスボールを小島幹敏、大澤朋也と繋ぎ、最後は藤井一志が巧みに相手をかわしてゴール。強さを見せた大宮が連勝、6戦無敗で首位ターンを決めた。対する岩手は連敗で最下位で折り返した。 2位のアスルクラロ沼津(勝ち点31)は、16位のY.S.C.C.横浜(勝ち点17)と対戦した。 首位の背中は遠いものの、自動昇格の2位をしっかりと守りたい沼津。まずは沼津がチャンス。FW和田育が積極的にゴールを狙っていく。 YS横浜は積極的にシュートを狙っていくと25分には橋本陸斗がドリブルで持ち出しボックス内からシュートもGK武者大夢がセーブ。35分にはスルーパスに抜けた藤島樹騎也が無人のゴールにシュートも、濱託巳がゴールに戻り頭でクリアしてゴールを許さない。 それでも44分、ボックス左で藤島がボールをキープすると、折り返しを菊谷篤資がダイレクトで蹴り込み先制に成功する。 YS横浜がリードした中、後半は沼津が盛り返すことに。66分には持井響太のパスを右サイドで森夢真がクロスも鈴木拳士郎のヘッドはGKがキャッチする。 88分には縦パスを受けた川又堅碁がボックス手前からシュートもGKがキャッチ。終了間際にはセッtプレーの流れから、折り返しを津久井匠海が詰めるが、西山峻太がブロック。YS横浜が連敗をストップし、今シーズンのホーム初勝利を記録。沼津は停滞一敗となった。 3位の福島ユナイテッドFC(勝ち点29)は、アウェイで12位のギラヴァンツ北九州(勝ち点23)と対戦し、11分にオウンゴールで先制するも、後半に藤原健介、高昇辰にゴールを奪われ、2-1で逆転負け。4位のFC大阪(勝ち点28)は18位のテゲバジャーロ宮崎(勝ち点18)と対戦し、前半に秋山拓也、久保吏久斗のゴールでリードすると後半も加点して4-1で勝利を収め3位に浮上。監督を解任し、シュタルフ悠紀監督の初陣となった5位のSC相模原(勝ち点28)は、11位のカターレ富山(勝ち点25)と対戦しゴールレスドローに終わった。 また、今節は9位の松本山雅FC(勝ち点26)と13位のAC長野パルセイロ(勝ち点23)の“長野ダービー”が開催。上位への足がかりにしたい両者の戦いは、57分に57'樋口大輝のゴールで松本が先制。対する長野は78分に杉井颯が同点ゴールを奪い、1-1のドローに終わった。 ◆明治安田J3リーグ第19節 ▽6/29(土) 松本山雅FC 1-1 AC長野パルセイロ FC大阪 4-1 テゲバジャーロ宮崎 奈良クラブ 2-2 ガイナーレ鳥取 Y.S.C.C.横浜 1-0 アスルクラロ沼津 カターレ富山 0-0 SC相模原 ギラヴァンツ北九州 2-1 福島ユナイテッドFC 大宮アルディージャ 2-0 いわてグルージャ盛岡 FC岐阜 1-2 ヴァンラーレ八戸 ▽6/30(日) 《18:00》 FC琉球 vs ツエーゲン金沢 FC今治 vs カマタマーレ讃岐 <span class="paragraph-title">【動画】2試合連続で土壇場でチームを救った大宮FW杉本健勇</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/J%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> を観るなら <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a>!<a href="https://t.co/gfOE3csFK8">https://t.co/gfOE3csFK8</a> <a href="https://t.co/2vHIrDCB4m">pic.twitter.com/2vHIrDCB4m</a></p>&mdash; 大宮アルディージャ (@Ardija_Official) <a href="https://twitter.com/Ardija_Official/status/1807018779119141317?ref_src=twsrc%5Etfw">June 29, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.06.29 21:28 Sat
3

FC大阪がU-23マレーシア代表MFムハンマド・ビン・アブ・カリルを期限付き移籍で獲得「チームがJ3で優勝できるよう手助けします」

FC大阪は5日、マレーシア・スーパーリーグのセランゴールFCから、U-23マレーシア代表MFムハンマド・ビン・アブ・カリル(19)が期限付き移籍で加入することを発表した。 移籍期間は2024年12月31日まで。背番号は「99」をつける。 ムハンマド・ビン・アブ・カリルは、マレーシアのシャザン・ムダ・クラブ、アカデミックモクタール・ダハリでプレーし、2021年にセランゴールFCのセカンドチームに加入。2024年2月にファーストチームへ昇格した。 ファーストチームでは公式戦2試合に出場。今シーズンは、マレーシアFAカップで8分間プレーしただけだった。 また、世代別のマレーシア代表を経験しており、U-19マレーシア代表としてU20ワールドカップ アジア予選、U19AFF選手権に出場。U-23マレーシア代表として、U23 AFF選手権、U23アジアカップに出場していた。 ムハンマド・ビン・アブ・カリルはクラブを通じてコメントしている。 「FC大阪のファン・サポーター、パートナー関係者の皆様、はじめまして。FC大阪ファミリーの一員として受け入れていただいたことを本当に光栄に思います。心から感謝します」 「非常に規律正しく激しい日本のサッカー文化において、自分自身、学び、磨き、毎日成長できる環境に身を置けることにワクワクしています。選手やコーチ陣ともコミュニケーションを取る機会がありましたが、私がより良く学べるよう常にサポートと励ましを与えてくれる良い方たちばかりです」 「お約束できることは常に私は最善を尽くすことです。FC大阪のために戦い、チームがJ3で優勝できるよう手助けします。また、マレーシア代表チームの未来に貢献できる選手になります。応援よろしくお願い致します」 2024.07.05 15:25 Fri
4

「かっちょいい」「ゴージャス」J3新規参入のFC大阪がユニフォームを発表! 花園ラグビー場の壁面がベースとなったデザイン

2023シーズンからJリーグに参入するFC大阪は10日、チームユニフォームを発表した。 1996年に創設されたFC大阪は、これまで海外クラブとも提携。大阪府リーグから2012年に関西リーグ2部に昇格。2015年からJFLに昇格していた。 2020年にJリーグ百年構想クラブに承認されると、2021年にはJ3ライセンスが交付され、後はJFLの順位で条件を達成するだけとなった。 そんな中、2022シーズンはシーズン当初から上位を維持。11月にJFLの4位以内かつ百年構想クラブの2位以内を確定させたが、ホームの平均入場者数が2000人に足りていない状況となった。 11月20日に行われた最終戦で3732人が必要となった中、大阪府もチームの集客に協力。無料招待などを含め、1万2183人が来場。JFL優勝の可能性もあったが、最終的に2位となりJ3昇格を果たしていた。 そのFC大阪は、アシックスやマイター、GAViC、gol.、ニューバランスなどがサプライヤーを務めていたが、2019年からは「bonera」がサプライヤーに。Jリーグ初挑戦となる2023シーズンも「bonera」がサプライヤーとなる。 2023シーズンは、2022シーズンに引き続き東大阪市花園ラグビー場 壁面の格子模様がベースとなったデザインに。2022シーズンよりも、より格子のラインが強調されたデザインとなっている。 FP1stはクラブカラーの水色、2ndは白とグレー、GK1stは黄色、2ndは緑となり、同じデザインが踏襲されている。 これには「かっちょいい」、「ゴージャス」などの声が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】FC大阪、Jリーグ初のユニフォームはスタジアムの壁面がデザインに</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/FC%E5%A4%A7%E9%98%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FC大阪</a> 2023シーズン ユニフォームデザイン発表<a href="https://t.co/voueMTMopD">https://t.co/voueMTMopD</a><a href="https://twitter.com/hashtag/FC%E5%A4%A7%E9%98%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FC大阪</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/fcosaka?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fcosaka</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%8C%91%E6%88%A6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#挑戦</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%EF%BC%93?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#J3</a> <a href="https://t.co/tPWehHFQ5L">pic.twitter.com/tPWehHFQ5L</a></p>&mdash; FC大阪【公式】 (@FCosakaOfficial) <a href="https://twitter.com/FCosakaOfficial/status/1612706867700199425?ref_src=twsrc%5Etfw">January 10, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.10 18:10 Tue
5

FC大阪が韓国人FWチ・ソンミンを獲得!U-16韓国代表選出歴あり「スピードと背後への動き出しを武器に」

FC大阪は2日、韓国人FWチ・ソンミン(20)の完全移籍加入を発表した。背番号は「36」を着用する。 チ・ソンミンはソウルイーランドFCの下部組織出身であり、韓国の光東高校、東元大学へと進学。2020年には、U-16韓国代表にも選出された。 初めてJリーグでプレーすることになるチ・ソンミンは、クラブを通じてコメントしている。 「韓国から来ましたチ ソンミンです。FC大阪の一員になれたことをすごく光栄に思います。自身の特徴であるスピードと背後への動き出しを武器に、クラブのJ2昇格という目標達成に向けて、日々のトレーニングから全身全霊で取り組んで行きます。ファン・サポーターの皆さんから応援していただけるように日々努力しますので、応援よろしくお願いします!」 2024.07.02 15:30 Tue

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly