3選手の連れ戻しをレアルが検討中…レンタル先で活躍のラファ・マリンら

2024.02.18 23:00 Sun
レンタル先アラベスで活躍中のラファ・マリン
Getty Images
レンタル先アラベスで活躍中のラファ・マリン
レアル・マドリーが他クラブへ放出した選手の再加入を選択肢に考えているようだ。
PR
現在ラ・リーガで首位を走り、チャンピオンズリーグ(CL)でも準々決勝進出が見えているマドリー。新戦力ではドルトムントから大金をはたいて獲得したイングランド代表MFジュード・ベリンガムが驚異的な活躍を見せている他、ミランからレンタルバックしたスペイン代表MFブラヒム・ディアスや、ラージョ・バジェカーノから買い戻したスペイン代表DFフラン・ガルシアなども戦力としてチームに貢献している。
周知の通り、マドリーは他クラブへ放出した選手でも手の届く範囲にとどめていることが多く、レアル・ソシエダで活躍する日本代表MF久保建英もその1人。50%の保有権があることから、今夏の買い戻しがにわかに囁かれていたが、最近2029年までの契約延長にサインしたこともあり、可能性はかなり低くなると考えられている。

しかし、スペイン『マルカ』によると、マドリーが今夏の再加入を検討しているのは久保ではなく、カンテラ出身の3選手とのこと。アラベスにレンタル移籍中のU-21スペイン代表DFラファ・マリン(21)、ラツィオのU-21スペイン代表DFマリオ・ヒラ(23)、ジローナのU-21スペイン代表DFミゲル・グティエレス(22)のようだ。

マリンは191cmのセンターバックで、昨夏アラベスへ武者修行。ここまで主力としてラ・リーガの21試合に出場し、来シーズンの復帰は確実とみられている。
同じくセンターバックのヒラは2022年夏にラツィオへ完全移籍したが、久保と同様にマドリーが保有権を50%残している形。昨年11月下旬あたりからレギュラーの座を勝ち取った今シーズンは、ここまでセリエAで11試合に出場している。

リーグ首位を争うジローナのグティエレスも2022年夏にマドリーから完全移籍。左サイドバックや左ウイングバックとしてチームの躍進を支えており、マドリーは安価での買い戻しが可能と言われている。

また、昨夏買い取りオプション付きのレンタルでミランへと移籍したスペイン人DFアレックス・ヒメネス(18)の動向も注視している模様。他にも多くの選手がマドリーの支配下にあり、さらなる成長が期待されている。

PR
関連ニュース

チュアメニのミドル弾守り抜いたマドリーがマジョルカにウノセロ勝利! 週明けのシティ&バルサ戦へ弾み【ラ・リーガ】

ラ・リーガ第31節、マジョルカvsレアル・マドリーが13日にエスタディ・デ・ソン・モイシュで行われ、アウェイのマドリーが0-1で勝利した。 首位のマドリーは、週明けに敵地でのチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・シティ戦を控える中、コパ・デル・レイ決勝で惜しくも敗れた15位のマジョルカとのアウェイゲームに臨んだ。 打ち合いとなったサンティアゴ・ベルナベウでの1stレグを3-3のドローで終えたアンチェロッティのチームは、その試合から先発5人を変更。ヴィニシウス、ロドリゴ、カルバハル、クロース、カマヴィンガをベンチに置き、モドリッチやホセル、ブラヒム・ディアスを起用した。 シティ戦に続き[4-2-3-1]の布陣で臨んだマドリーは、[5-4-1]のマジョルカに対してボールを動かしながら攻め手を窺う入りとなった。 メリハリの利いた相手の老獪な守備に手を焼きながらも序盤はモドリッチのFKやチュアメニのヘディングシュートなどセットプレーを軸にフィニッシュまで持ち込むが、以降はブロックの前でボールを動かすにとどまって攻撃が停滞した。 前半半ばから終盤にかけても中盤での攻防がメインとなるが、30分過ぎには両チームに決定機。まずは31分、マジョルカの右CKからダニ・ロドリゲスのクロスをゴール前で競り勝ったライージョが叩きつけるヘディングシュート。しかし、これはGKルニンの好守に遭う。 直後の33分にはボックス手前でボールを受けたベリンガムが短くドリブルで運んでミドルシュートを狙うが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。 マジョルカのソリッドな守備に苦戦し、前半は枠内シュート0に終わったマドリー。後半も同じメンバーで臨むと、開始早々にベリンガムが最初の枠内シュートを記録。 すると、直後の48分には押し込んだ流れからボックス手前でルーズボールに反応したチュアメニが右足を振り抜くと、相手DFにディフレクトして大きくコースが変わったシュートがゴール右隅に突き刺さった。 チュアメニの積極性とツキにも恵まれた豪快なゴールによって後半立ち上がりにリードを手にしたマドリーは、徐々に前に出てきたホームチームに対して畳みかける2点目を狙う。そして、良い形の崩しからブラヒム・ディアスに決定機が訪れるが、GKライコビッチのビッグセーブに阻まれた。 マジョルカがアブドンらより攻撃的な3枚替えを敢行すると、アンチェロッティ監督も直後の64分にベリンガムとブラヒム・ディアスを下げてヴィニシウス、カマヴィンガを同時投入。主力のプレータイムをコントロールしつつ、カウンターの脅威をちらつかせる。 そのヴィニシウスが投入直後から続けて見せ場を作ると、72分には波状攻撃からゴール前でこぼれ球に反応したバルベルデに絶好機が訪れるが、至近距離からのシュートはDFナスタシッチの見事なゴールカバーに遭う。 この決定機の直後にはダルデルのドライブ回転をかけた見事なハーフボレーでゴールを脅かされるも、GKルニンのビッグセーブで凌いだマドリー。追加点を奪い切れずに試合終盤を迎えると、モドリッチ、ルーカス・バスケスを下げてカルバハル、ミリトンを続けてピッチに送り出し、試合をクローズに入る。 後半ラストプレーではGKルニンとムリキの競り合いからあわやというフィニッシュに持ち込まれたが、これは枠を外れて事なきを得た。 マジョルカの粘り強い戦いに苦しめられたものの、ウノセロで勝ち切ったマドリーが、週明けに控えるシティ、バルセロナとの重要な連戦へ弾みを付けた。 2024.04.14 03:25 Sun

【ラ・リーガ第31節プレビュー】アトレティコvsジローナの上位対決! CL第2戦&クラシコ控える2強は格下と対戦

2週間前に行われた前節はアスレティック・ビルバオとの上位対決を制したレアル・マドリーを始め、上位陣が揃って勝ち点3を積み上げる波乱の少ない一節に。また、先週末に行われたコパ・デル・レイ決勝はマジョルカを破ったアスレティックが40年ぶりの優勝を果たしている。 来週に今季ラ・リーガで2度目のエル・クラシコを控える中、今節はチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝を戦っている3クラブの戦いに注目。その中で4位のアトレティコ・マドリーと、3位のジローナの上位対決が最注目カードとなる。 アトレティコは前節、マンデーナイト開催となったビジャレアル戦を途中出場のMFサウールの後半終盤のゴールによって2-1と勝利。この結果、アスレティックを抜いて4位に浮上した。さらに、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ではドルトムントとのホームゲームをMFデ・パウル、FWリーノのゴールによって2-1で先勝。3点目を奪い切れず、終盤に押し返されるなど課題は出たものの、ベスト4進出へ大きなアドバンテージを手にした。 週明けに敵地でのリターンレグを控えるため、この一戦でもターンオーバーの可能性が高いが、トップ4フィニッシュへ勝ち点逸は許されず、前回対戦で敗れた3位チーム相手にきっちりリベンジを果たしたい。 対するジローナは前節、ベティスとの激しい打ち合いに3-2で勝利。ここ最近ゴールペースを落としていた主砲FWドフビクのドブレーテに、後半アディショナルタイムにはレジェンドFWストゥアーニが劇的勝ち越しゴールを記録。終盤戦へ勢いがつく2戦ぶりの白星となった。難所メトロポリターノでのタフなアウェイゲームとなるが、相手の日程面を鑑みれば勝ち点3を持ち帰る可能性は十分にあるはずだ。 首位のレアル・マドリーは、週明けに敵地でのCLマンチェスター・シティ戦を控える中、15位のマジョルカとのアウェイゲームに臨む。ミッドウィークにサンティアゴ・ベルナベウで行われたシティとの1stレグはゴラッソの応酬となる激しい打ち合いに。開始早々に失点を喫したマドリーは、オウンゴールとFWロドリゴのゴールで鮮やかに逆転。その後、後半に相手の2つのゴラッソで試合を引っくり返されるも、MFバルベルデのゴラッソで最終的に3-3のドローに終わった。 そのリターンレグでは通算3戦全敗の難所エティハドでの勝利が突破の条件となるため、万全の状態で臨みたいところ。アンチェロッティ監督としては大幅なターンオーバー、シティ戦に向けたオプションの採用を含めた戦い方を想定しているはずだ。ただ、コパ決勝敗退からのバウンスバックを図るマジョルカ相手に隙を見せれば足をすくわれる可能性があるだけに、FWホセルやMFモドリッチ、DFルーカス・バスケスらを中心にしっかりと戦いたい。 2位のバルセロナはCLのパリ・サンジェルマン(PSG)戦を控える中、降格圏の18位に沈むカディスと対戦。パルク・デ・プランスで行われた1stレグはチャビ監督の交代策がものの見事に機能し、FWハフィーニャのドブレーテとDFクリステンセンのゴールによって3-2の先勝。ホームでの2ndレグに弾みを付けた。 ただ、強力な攻撃陣を擁するPSG相手に厳しい戦いが想定されており、万全の状態で臨みたいところだ。チャビ監督としては2ndレグをサスペンションで欠場するMFセルジ・ロベルト、クリステンセンに加え、FWフェリックスやFWフェラン・トーレス、MFフェルミン・ロペスといった準主力をメインキャストに据えつつ、カディスとのアウェイゲームで勝ち点3を目指すことになるはずだ。 MF久保建英を擁する6位のレアル・ソシエダは、最下位のアルメリア相手に今季最長となるリーグ4連勝を狙う。前節のアラベス戦は久保が前半に負傷交代するアクシデントに見舞われたが、DFパチェコのトップチーム初ゴールを最後まで守り切ってウノセロ勝利を収めた。久保に関しては今週のチームトレーニングを回避しており、現状ではベンチ入りできるか否かが焦点となる。ただ、今後にビッグマッチを控えていることを考えれば、日本人エース不在の中でチームとして格下相手にきっちり勝ち切りたい。 その他ではコパ優勝後初めてサン・マメスに凱旋する5位のアスレティックと10位のビジャレアルが対峙する強豪対決、ラージョvsヘタフェのマドリード自治州ダービー辺りにも注目したい。 《ラ・リーガ第31節》 ▽4/12(金) 《29:00》 ベティス vs セルタ ▽4/13(土) 《21:00》 アトレティコ・マドリー vs ジローナ 《23:15》 ラージョ vs ヘタフェ 《25:30》 マジョルカ vs レアル・マドリー 《28:00》 カディス vs バルセロナ ▽4/14(日) 《21:00》 ラス・パルマス vs セビージャ 《23:15》 グラナダ vs アラベス 《25:30》 アスレティック・ビルバオ vs ビジャレアル 《28:00》 レアル・ソシエダ vs アルメリア ▽4/15(月) 《28:00》 オサスナ vs バレンシア 2024.04.12 19:00 Fri

「到着した時に嘔吐した」ベンチ入りもプレーしなかったデ・ブライネについてグアルディオラ監督が言及「文句を言っている暇はない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、レアル・マドリー戦でプレーしなかったベルギー代表MFケビン・デ・ブライネについて言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 9日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグでシティはアウェイでマドリーと対戦した。 ディフェンディングチャンピオンとして連覇を目指す中、最多優勝を誇るマドリーと3年連続で対戦。試合は互いにスーパーゴールを決めるなど打ち合いとなり、3-3のドローに終わった。 この試合、ベンチ入りをしたものの出番がなかったデ・ブライネ。スタジアムに入ってから突如体調不良を訴えて、プレーできる状態ではなかったと明かした。 「ここのロッカールームに到着した時だ。ホテルでの最後のミーティングでは、彼は参加していた。彼は私に何も言わなかった」 「しかし、彼はどんどん気分が悪くなり始めた。彼が到着した時、嘔吐した。彼はプレーするのに気分が良くなかった」 「ハイレベルの秘訣の1つは、混乱に適応することだ。文句を言っている暇はない。カイルはここにいない。ナタンはここにいない。ケビンはプレーできないが、我々は11人でプレーする。来週の水曜日に戻ってくることを願っている」 ケガで離脱していた中で復帰したデ・ブライネ。大一番で不在だった理由はコンディションということだが、ホームでの2ndレグに間に合うのか注目だ。 2024.04.10 14:13 Wed

「チャンスを最大限に活かせた」CL大一番でゴラッソのフォーデンが喜び「僕たちは自分の力を信じている」

マンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンが、チャンピオンズリーグ(CL)での戦いを誇った。 フォーデンは9日に行われたCL準々決勝1stレグのレアル・マドリー戦で先発。試合は開始早々にMFベルナルド・シウバのゴールで先制しながら前半のうちに逆転を許す苦しい展開に。それでも66分、ペナルティアーク付近でボールを受けたフォーデンの見事なシュートで同点にすると、直後にはDFヨシュコ・グヴァルディオルにもゴールが生まれて逆転に成功。その後追いつかれたシティだが、敵地で3-3のドローに終わった。 激闘を振り返ったフォーデンはチームのメンタリティを誇りつつ、敵地で十分な戦いができたことを喜んでいる。 「ゲームプランが変わったとまでは思わないが、時には得点が早すぎることもあると思う。マドリーは失点に対して本当に良い反応を示しており、僕たちはもう一度落ち着いて自分たちのフットボールをしなければならなかった」 「このチームはこれまで長い道のりを歩んできた。落ち込んだときであっても、僕たちはうつむくことなく自分の能力を信じている。誰もがいつだって逆転が可能と知っているし、そのための一員となれる素晴らしいチームなんだ」 「僕たちがポゼッションを握ったことで彼らは少し疲れており、僕が中に入ったときも多くのスペースがあった。時間が経つにつれ、試合は少しずつオープンになっていたね。特に後半は、より試合に参加できるようになったと感じていた」 「何度かチャンスがあり、それを最大限に活かすことができて本当に嬉しいよ。この場所で、勝利という結果にこだわることはできない。ここでのドローは素晴らしい結果だと思う」 <span class="paragraph-title">【動画】左足一閃、とんでもないコースにフォーデンが叩き込む!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="peM-Vb-3hE8";var video_start = 34;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.10 11:55 Wed

「信じられない試合だ」ホームでシティと3-3のドロー、CLでの激闘にアンチェロッティ監督は「2つの素晴らしいチームがあった」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)での激闘を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 9日、ホームでマンチェスター・シティとのCL準々決勝1stレグを迎えたマドリー。いきなり失点を許しながらも12分にオウンゴールで追いつくと、その2分後にFWロドリゴ・ゴエスのゴールで逆転に成功して後半へ。エンドが変わり攻勢を強めた相手に一時逆転を許したものの、79分にMFフェデリコ・バルベルデがゴラッソを叩き込み同点とすると、その後はスコア動かず3-3のドローに終わった。 激闘を終えたアンチェロッティ監督はハイレベルな試合だったと内容への満足感を示しつつ、敵地での2ndレグも同じようなパフォーマンスを見せたいと語っている。 「信じられないような試合だった。非常に質の高い、2つの素晴らしいチームがあったと思う。我々は自分たちのプレーに満足しており、敵地でも再現できることを願っている。今日は2-1で勝てたかもしれないし、2-3で負けたかもしれない。両チームが試合で見せたことを考えると、結果は妥当だろう」 「我々は激しい試合の中で、素晴らしいパフォーマンスを見せた。スタートは非常に悪く早い段階で失点したが、その後のチームプレスは非常にうまく機能し、ボールを奪い、切り替えからの攻撃がうまくいっていた」 「勝てるチャンス、3-1にするチャンスもあったが、相手は2つの素晴らしいゴールを決めてきた。それでも我々はすぐ試合に戻り、同点に追いつこうとする意欲と献身を見せたと思う。次はアウェイだが、今日のようなパフォーマンスを再び見せられるはずだ」 <span class="paragraph-title">【動画】ゴラッソ連発!白熱のレアルvsシティ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="peM-Vb-3hE8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.10 10:40 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly