【独占インタビュー】「負の遺産という表現もできるかも」低迷が続き試行錯誤のG大阪、OB橋本英郎氏が思う“ガンバらしさ”とは?

2023.12.07 18:30 Thu
ガンバ大阪を支えるアカデミー出身の宇佐美貴史
©︎J.LEAGUE
ガンバ大阪を支えるアカデミー出身の宇佐美貴史
日本代表としても国際Aマッチ15試合に出場し、今年1月に25年のプロ生活に幕を閉じた橋本英郎氏。12月16日にキャリアの原点であるガンバ大阪の本拠地パナソニック スタジアム 吹田で引退試合を行うのに先駆け、超ワールドサッカーではインタビューを実施し、中編では今のG大阪を振り返ってもらった。

【第3回/全3回|前編後編
――今のガンバ大阪は復権を期して後輩たちが日々頑張っているが、厳しいシーズンが続いています。OBとしていかがでしょうか。

「非常に苦労しているなと思いますね。特に、ユースから上がってきた選手で残れている選手が少し減っているなと。トップに上がれてはいるんですけど、レンタルで出ていく選手も増えていますし、そのあたりでもう一回取り戻せたらいいなと個人的に思います」

――実際、ガンバ大阪のユースはプレミアリーグから降格し、トップチームと同じく落ち込み気味。トップチームではユース出身で倉田秋宇佐美貴史に続く選手がなかなか出てきていません。
「ちょっと時代が変わって、堂安律選手とか、井手口(陽介)選手も含め、活躍すると、海外に行ってしまうので、その辺りの難しさは感じます。食野(亮太郎)は帰ってきましたけど、彼とかが中心になって引っ張っていけるようになると、また違った状況になるのかなと思います」

――今のガンバ大阪で注目する若手はいかがでしょうか。中村仁郎選手や唐山翔自選手のような注目株もいますが。

「唐山(翔自)くんですかね。でも、ちょっとチャンスのもらい方を見ると、彼に柔軟性が必要なのかなと。特に、(ダニエル・)ポヤトス監督がフォーメーションだったり、約束事が多いので、そのなかで生きるにはどうしたらよいかだったり、そういう考える力がないと、今のサッカーに彼自身がフィットしていくのは難しいのかなと」

「ある程度、フォーメーションが変わって、彼向きの形を作ってくれれば、また違うと思いますけど、今のやり方で彼が生きるかと思うと、生きる感じがしないです。であれば、彼自身がもうちょっと柔軟性を持ったり、ゴールというところにフォーカスして、周りに作りをお願いしたりとか、そういうところの考え方を変えていかないといけないのかなと思います」

「(倉田)秋や、(宇佐美)貴史がそこらへんで頑張っていると思いますけど、彼らのような選手がそこらへんもアドバイスしていけると、もっと良いんでしょうけどね」

――唐山選手の理想像は大黒将志さんだと思いますけど、いかがでしょうか。

「そんな感じだと思います。ってことは大黒のようにプレーするには周りの選手にどういうプレーをしてもらったら良いんだろうっていう要求をしていかないといけないです」

「自分はゴール前で勝負するっていうなら、作りのところはある程度簡単にして、そこまで参加せず、ゴール前で勝負できるところで勝負するのは駆け引きとして大事になると思います」

「背後を取る動きや、ゴール前でのクロスに対するタイミング、足もとでもディフェンダーと入れ替わるようなタイミングで受けるようにするとか、そういう細かいところを考えていかないといけないです」

「フォワードとなると、外国人選手を取ってくるので、争っていくのは正直難しいんですよね。(イッサム・)ジェバリ選手がライバルなら、ポストプレーが上手ですし、真似しようとしても体格や身体の使い方からして難しいです」

「であれば、彼と違う特長を出す必要があります。そのなかで、ポヤトス監督が考えるような、途中交代で流れを変えたい、同じポジションだけで雰囲気が変わる、みんなの動き方が変わる選手ってなれば、全然違うと思います」

――近年のG大阪は韓国代表FWファン・ウィジョ選手がいなくなってから、ゴールゲッターが見つからない状況。チームに合うストライカーはどういうタイプだと考えますか?

「今はちょっと変わっているのかもしれないですけど、昔は数少ない決定機でも点を決められるタイプの選手。特に、俊敏性がある選手が合ったんですよね。高さというよりは」

チョ・ジェジンとかもいたんですけど。チョ・ジェジンがそんなに点数が多くなかったのはクロスからのゴールが当時のチームにそこまで多くなかったんです」

「今はクロスからのゴールが増えて、黒川(圭介)が上がれたりもするので、ゴール前で勝負できる選手が必要なのかなと思いますね。ポヤトス監督がどっちを求めているのかあまりわからないところがありますけど、最初はサイズを求めているのかなと思っていました」

「最初は鈴木(武蔵)選手を使っていましたけど、ジェバリ選手を使って、次は宇佐美選手を使っていますし。多少は高さや、ボールキープのところを優先しているのかなという気がします」

――宇佐美選手のストライカー起用はいかがでしょうか。

「彼自身がその意図だったり、やり方でそういう考えになれれば良いと思います。彼の場合はシーズン初めにタスクがすごく多かったです。キャプテンになって、7番を背負って、チームを引っ張る。で、インテリオールのポジションで攻守両面に関わって、FKもCKも蹴る。やることがいっぱいありました」

「点を取るだけでなく、アシストも含めてやらなければいけません。おっしゃるように、どちらかといえばゴールだけ、『フィニッシャーとしての力を発揮してください』であれば、持っているものは持っていますし、ゴール前の仕掛けも細かいタッチでかわせますから、チームとして求めて、フォーカスさせるのは大事かもしれないですね」

――その宇佐美選手は中盤での作りも担っていますが、山本悠樹選手が台頭しています。印象はいかがでしょうか。

「貢献度はめちゃくちゃ高いと思います。ダワン選手やネタ・ラヴィ選手、ファン・アラーノ選手との関係性も上手に作っていますし、外国人選手にうまく合わせられるのもすごく魅力的ですよね」

「能力の高い選手に合わせながら、自分の良さもしっかりと出せています。次はウィングや前線、サイドバックからのサポート、攻撃の厚みという話になってくるかもしれないですね」

――山本選手も橋本さんのようにクレバーな印象を受けますが。

「(クレバーさを)感じますね。視野は広くて、キックの種類も色々と変えて蹴っています。技術も僕より全然あると思います。僕の方がちょっと(足は)速かったかなと思うぐらいです(笑)。彼と僕は得点力でいったら同じぐらいだと思います。彼の方がもっと取れるんじゃないかなと思いますけど、彼のマインドのところだと感じます」

「今はチームのゲームメイクをするところにフォーカスしていると思うので、それにプラスアスファで点を取ったり、FKを決めたり、CKからアシストできる選手になれれば、僕じゃなく、遠藤(保仁)選手のようになれるんじゃないかなと思います」

――改めてチームに話を戻して、近年はガンバらしさを追い求めるシーズンが続いています。それが続く故、ガンバらしさが抽象化しつつありますが、それを築いた時代の1人としてガンバらしさとは何を指すものだと感じますか。

「ある意味、負の遺産という表現もできるかもしれないです。僕らの頃に点を取られても点を取るとか、そういうサッカーを気に入ってもらったサポーターの方が多くいました。それがガンバらしさという言葉で一人歩きしてしまったのかなと」

「その後、“ウサパト”っていう宇佐美とパトリック長谷川健太さんの3冠のときって、堅守速攻だったんですよね。それが続いて、タイトルを獲っているのにあまり面白くないという理由で叩かれてしまう、タイトルを獲って上位争いをしているのに面白くないと言われてしまう。これってすごく難しいなと」

「勝って、タイトルを獲って、3冠なんて僕らのときでもできていないのに、そのチームが違うと言われて、ガンバ大阪として『やっぱり違うよな、サポーターも言っているし』となったところもあるのかもしれません。そのあたりが正直、どこをゴールにするかが本当に難しいと思います」

「今年でいうと、ポゼッション率の低いチームの方が勝率良いんですよね。圧倒的に良いんですよ。これが面白いくらいハマっちゃってて。それは今シーズン、世界的にもそうなっています」

「マンチェスター・シティや、バルセロナぐらいまでいってしまえば、ポゼッションでもいいですけど、中途半端だと、今は守備が良くなっているので、逆にカウンターを受ける確率が上がります。守備が洗練されて、システマチックになって、理論的になって、一般的な攻撃だと止められますし、質が劣るとやられるようなことが増えています」

「あとはイマジネーション溢れるプレーであれば、打開できますけど、どんどんフィジカル重視というか、スピード感とか、世界でそういう流れになって、ファンタジスタやゲームメーカーがいなくなってきたと言われています」

「そういう時代背景もあって、どうしてもそちら側に寄っていっているので、クラブの理念や、フィソロフィーというところでブレずにやるところと、時代と若干のズレがあるなかで求められると、難しい部分もあるのかなと個人的に思います」

――そのなかで、今のガンバ大阪はポヤトス監督が主導権を握るサッカーで勝つスタイルの確立を目指しています。

「主導権という言葉の意味をどう捉えるかですよね。サポーターも含め、世間がどう見るかもあるんですけど。セレッソ大阪はダービーのとき、ボールを持たせて主導権を握りました。(ボールを)奪ったときに自分たちがポゼッションしやすい形を作るというのも1つだと思います」

「確実に自分たちがボールを回すのが主導権なのかをポヤトス監督が声を大にして言い出せば、また話は変わってくるのかなと。相手に持たれるけど、しっかりと守備を構築して、相手にボールをゴール前に運ばせないとか、奪ったあとに中盤を押し込んでボールを回せるとか」

「谷(晃生)選手と東口(順昭)選手が前半戦、繋がなあかん、繋がなあかん、繋がなあかんってどんだけ苦しむねんってぐらい悩んでいたと思います。それを解放した途端に勝ち出しました。やっぱりそういう要素はあると思います」

「相手が取りにきたら背後、背後を消されたら手前で繋げればいいというような、相手に合わせてプレーすること自体も主導権っていう考え方ができます。何をもって主導権かをクラブの発信の仕方だったり、監督や、選手がどう捉えているかが大事だと思います」

――シーズン中盤は3連勝&4連勝の8戦無敗で一気に中位まで浮上したガンバ大阪ですが、ここにきて急ブレーキ。この歩みをどう見ていますか。

「まずは自信がなくなっているのが大きいですね。倉田秋とも結構喋ったんですけど、彼が(第14節の)マリノス戦に出て負けたんですけど、そこで兆候が変わったと。その後の新潟戦で彼が先制点を取って、3-1で勝ったと思います。それから試合に勝てるようになりました」

「要はハードワークするのをみんなが認識して、それをベースに、本来は普通の話なんですけど、ミスしても切り替えてすぐ行動を取れれば、どんなサッカーでもある程度戦えたりします。それが今、横浜FCや、湘南が上のチームと戦える要素になっていると思います。そこでサボったり、基本的なところを疎かにして、その上っ面の戦術的なことばかりだと難しいです」

「やっぱり根幹にある、走らないといけないとか、球際は戦わないといけないとか。まずはそれが先にあってから戦術の話。自分たちに迷いが生まれたときに足が止めたり、どうしたらいいんだろうではなく、アクションを取ろう、正解じゃなくても正解にしようとか、そういうのができるとまた流れが変わってくると思います」

――試行錯誤が続くガンバ大阪ですが、今季のポジティブな要素はいかがでしょう。

「半田(陸)選手ですね。ポテンシャルを感じながら、シーズン初めこそJ2から来て、山形から来て、結構苦労している印象でしたけど、若さもあり、食らいついて、気づけば主力になりました。彼が右サイドにいないとっていう雰囲気まで出てきました。そのタイミングでケガをしたり、海外移籍の話なんかも出ましたけど、そこまで成長したのはクラブとして間違いなく良い兆しだと思います」

「あとは山本選手ですよね。彼自身もこのシステムのなかで役割を見つけて、良い動きをして、上がり目、ボランチ、アンカーでタスクをこなして、色んな選手に指示を出して、ゲームのコントロールもしています。そういう選手が元々、持った力を出せるようになりました」

「あとは外国人選手もある程度の助っ人という雰囲気を出してくれています。ファン・アラーノ選手は鹿島から出て来て、主力として点も取ってくれて、すごい運動量でチームを支えてくれています。特に、勝っている時期は彼がいないと成り立たなかったりもしました」

ネタ・ラヴィ選手もダワン選手もですし、軸となりそうな選手が出てきているなと思います。あとはセンターバックにも若い佐藤(瑶大)選手が出てきました。福岡(将太)選手と佐藤選手は1失点してしまうのを改善できなかったところが少しネックですけど、クラブとしてもう少しアプローチできていれば彼らがもっと成長の速度を上げた状態で支えてくれたんじゃないかと」

「どうしても失点してしまうと、クォン・ギョンウォン選手を使ったりとか。三浦弦太選手の方も能力があると思いますし、そこを使うとなると、彼らのチャンスがまたなくなってしまいます。そこでまた競争して、また彼らが出たときに良いパフォーマンスを発揮していくのが大事だと思います」

――ポヤトス監督のもと、試行錯誤が続くなかでやろうとしていることは見て取れます。この取り組みを加速させるには何が必要でしょうか。

「このままの形でいくなら、質ですね。パススピードを上げたり、細かい立ち位置を変えるとか、仕掛けるところと捌くところの判断だったり、そこの質をしっかりと上げていくのは大事になると思います。それ以上に走るとか、ベーシックなところも必要かなと。それができても、同じやり方を続けるのであれば、質は求められてくるんじゃないかなと思います」

――その中で、ガンバ大阪が“西の雄”に返り咲くために求められるものは何が必要でしょうか。

「大きくいうと、アカデミーかなと思っています。“西の雄”に長くいられるのはやはり育成だったり、教育の環境や、理念だったり、そこが安定して、地域にも認められて、そういう選手たちが人間性を含めて入ってくると、クラブは安定していくんじゃないかなと思います」

――現在のアカデミーではご自身と一緒にプレーした選手がコーチとして後進の育成に携わっています。

「クラブ愛の強い選手が入ってきてくれればなと。海外に行っても、堂安にしろ、気にはかけてくれています。そういう選手が増えて、帰ってくればなと。セレッソがそうで、清武(弘嗣)選手にしろ、香川(真司)選手にしろ、柿谷(曜一朗)選手にしろ、(山口)蛍選手にしろ、みんな帰ってきています」

「そういうクラブになってほしいなと思います。貴史は帰ってきてくれましたけど。そういう愛情を含め、思いも貴史だけが背負うんじゃなくて、秋も背負ってくれていると思いますけど、下の年代からも『俺が背負っていくよ』っていうメンバーが増えてきたら、軸ができます」

「で、補強でも取って、大学からも取ってっていう、理念というか、クラブの芯が整って、クラブ愛のある、みんなに愛される、変わらずにそう進んでいくと、安定して上位にいけるんじゃないかなって思います」

【後編は、「橋本英郎氏が引退試合への想いを語る」】

取材・文:超ワールドサッカー・玉田裕太
関連ニュース

G大阪新CB中谷進之介が初陣! その出来は? 「PKを与えちゃったんで、あれがなければ…」

ガンバ大阪は24日の明治安田J1リーグ開幕節でFC町田ゼルビアのホームに乗り込み、1-1で引き分けた。 J1初挑戦の町田は試合の入りから、黒田剛監督のもとで土台とする強度を押し出し、G大阪にリズムを作らせず。17分にオンフィールドレビューでのチェックからPKチャンスを掴み、鈴木準弥が先制ゴールを決めた。 失点後もなかなか攻め手に回れずのG大阪だったが、後半途中から数的優位に立つと、その後の宇佐美貴史、ネタ・ラヴィ、松田陸を送り込む3枚替えで攻撃が活性化。84分に宇佐美の鮮烈FKで勝ち点1をもぎ取った。 名古屋グランパスから今季加入で、三浦弦太とともに最終ラインの中央でフル出場した中谷進之介は勝ち点1という結果をこう振り返った。 「最低限ですね。前半はかなりバタバタしたし、何失点してもおかしくない状況だった。そこから立て直せたのは1つの収穫だと思う」 そんな27歳はセンターバックは昨季J1ワーストタイの61失点を喫したG大阪の守備を立て直す一手として加入。PK献上のシーンは不運なハンドだったが、ほかでは鋭いブロックだけでなく、ロングフィードでも存在感を示した。 昨季、センターバックの軸を定められなかったG大阪からすれば、大きな新戦力の中谷は初陣での出来を尋ねられると、「PKを与えちゃったんで、あれがなければ…」と悔やみつつ、それなりの手応えを口にしている。 「すごくシュートブロックもできたし、足が動いてもいたから、悪くはなかったと思う。なかなかのプレッシャーもあったし、移籍してきて注目もされるなかでの一戦だったから、『負けなくて良かった』というのが正直なところ」 2024.02.25 10:45 Sun

「Gの最高傑作」「生涯記憶に残るFK」G大阪の宇佐美貴史、大好きな後輩・谷晃生から有言実行のゴールが大反響「痺れるわ!」

ガンバ大阪のFW宇佐美貴史の完璧なFKに称賛の声が集まっている。 24日、G大阪は明治安田J1リーグ第1節でFC町田ゼルビアと対戦。アウェイでの開幕戦となった。 相手の町田はクラブ史上初のJ1挑戦となり、その初陣の相手となったG大阪。古巣対決となったGK谷晃生が先発出場した中、前半から町田のペースで試合が進む。 するとPKで失点しビハインドのG大阪。ただ、後半早々に仙頭啓矢が2枚目のイエローカードをもらい退場。G大阪は数的優位となると、84分にボックス手前でFKを獲得した。 キッカーを務めたのは後半途中から出場した宇佐美。よく知る後輩のGK谷との対決となった中、短い助走から完璧に壁の上を越えるシュートを放つと、ゴール左隅に吸い込まれ、G大阪が終盤に同点に追いついた。 完璧なコースに完璧な軌道のFKを沈めた宇佐美。背番号7を背負い、かつてその7番を背負ったFKの名手である遠藤保仁氏がコーチに就任しての初戦で彷彿とさせる見事なFKを沈めた。 ファンは「やっぱり宇佐美だ!」、「Gの最高傑作」、「痺れるわ!」、「生涯記憶に残るFKだな」、「大好きな後輩から点を奪うとは」、「特別な選手なんだよな」、「有言実行なのはさすが」とコメントを寄せている。 宇佐美は開幕を前にしたJリーグのPRイベントで谷と共演しゴール宣言。試合後には「自分の思うところに蹴れれば入ると思ったし、前日の練習でいい感触でFKを蹴れてもいた」とゴールを振り返っていた。 <span class="paragraph-title">【動画】宇佐美貴史が開幕戦で完璧なFK! チームを救う同点弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ubYdemkAfxU";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.24 22:55 Sat

「『昨日のまま蹴れれば』という思いでボールをセット」 G大阪FW宇佐美貴史が起死回生の華麗FKで2年連続開幕ゴール

ガンバ大阪のエースで、主将で、背番号「7」を背負う男がチームを最低限の結果に導いた。 ダニエル・ポヤトス体制2年目のG大阪は24日の明治安田J1リーグ開幕節でFC町田ゼルビアのホームに乗り込み、1-1のドロー。2年連続のドロー発進だが、開幕黒星という最悪の事態を回避した。 主将2年目の宇佐美貴史は1点を追いかける55分に指揮官が一挙に切った交代3枠の一手としてピッチに立つと、84分にバイタルエリア中央の左寄りから直接FK弾。鮮やかな一撃が勝ち点1に繋がった。 まさに千両役者の宇佐美だが、チームとして露呈した相手の土俵に乗っての戦いぶりを「町田のペースにズルズルと引っ張られている感じ」と振り返った。 引き分けという結果にも「勝てたゲームだった」ときっぱり。敵地で最低限の結果ともいえるが見方もできるが、3年連続で残留争いが続く状況もあってか、あえて厳しいスタンスをとった。 「ここで負けなかったこと、勝ち点1をとれことでポジティブになるのも大事だけど、勝てなかったことで危機感を募らせるのが今のチームにとって大事だと思う」 「負けなかったと一回リラックスするのではなく、勝ち切れなかったというところで緊張感を煽っていく方がいいかなと僕は感じる」 一方で、自身が入ってからは相手が数的不利というのもあったが、裏抜けも繰り返し、チームの攻撃を活性化。「相手を後ろに引っ張っていけば、自分たちのペースになると思ってやった」と述べた。 そんな31歳FWだが、相手の壁上から綺麗に巻いてゴール左角に突き刺したFK弾は絶品ゴールに。しかも、相手はG大阪ユースの後輩、谷晃生だ。 先の開幕イベントで「彼からゴールを取って、悔しがる晃生を見たい」と話した宇佐美からすると、宣言どおり。谷からは「さすがです」との声もあがったが、2年連続の開幕ゴールとなる起死回生弾をこう回想した。 「晃生がどうのこうのというよりは自分の思うところに蹴れれば入ると思ったし、前日の練習でいい感触でFKを蹴れてもいた。『昨日のまま蹴れれば』という思いでボールをセットした」 宇佐美個人にとっても、開幕戦でのサブスタートは悔しいはずだが、絶品FKで存在価値をアピールする今季のチーム第一号。プレーぶりからは状態の良さをうかがわせ、次節のホーム開幕戦となる3月2日のアルビレックス新潟戦では勝利を目指す。 <span class="paragraph-title">【動画】G大阪キャプテンが開幕戦から完璧FK! チームにとって起死回生の一撃に</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>チームを救うのはやはりこの男‼<br>\<br><br>緊迫した場面でキャプテン宇佐美の完璧なFKが炸裂<br>チームを救う至宝の一撃で息を吹き返す<br><br>明治安田J1第1節<br>町田×G大阪<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中 <a href="https://t.co/cOgjFsff0h">pic.twitter.com/cOgjFsff0h</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1761298681741935096?ref_src=twsrc%5Etfw">February 24, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.24 22:10 Sat

町田のJ1初勝ち点に貢献のGK谷晃生、保有元G大阪とのいきなりの対戦は「特別な90分間だった」

FC町田ゼルビアのGK谷晃生がドロー決着の一戦を振り返った。 クラブ史上初のJ1挑戦となった町田は24日の開幕節をホームで迎え、ガンバ大阪と対戦。前半にPKから鈴木準弥が先制点を奪うも、仙頭啓矢の退場でラスト30分を数的不利で戦うこととなり、終盤には宇佐美貴史に直接FKを沈められてしまった。 逃げ切りこそならなかったものの、試合終了間際のG大阪の猛攻を凌ぎきり、J1で初の勝ち点を獲得した町田。G大阪から期限付き移籍で町田に加入している守護神・谷は、保有元クラブ相手の一戦を「特別な90分間」と振り返り、後半アディショナルタイムの自らの遅延行為にも言及した。 「結果的に1-1という結果。終わってみて終始申し訳ない気持ちはありますけど、僕もやるしかなくて、遅延行為という形にはなってしまいました。後でガンバの選手たちには謝りました。自分にとっては特別な90分間だったなと思います」 また、谷はG大阪について「自分はやっぱり特別なクラブだと思う」ともコメント。敵として相まみえたことで、サポーターの力の大きさも実感したという。 「ユニフォームを背負っている選手たちもそうですけど、後ろにいるサポーターっていうのも、なんとも言えない威圧感がある。敵に回すと嫌だなっていうふうにすごい今日感じましたし、それも含めて開幕戦で良い雰囲気でできたかなと思います」 一方、ドロー決着に貢献した自らのパフォーマンスにも言及。直接FKからの失点シーンについてはお手上げだったと述べている。 「結果的に1失点してしまったんで、自分としては悔しい気持ちではありますけど。あれは正直宇佐美くんを褒めるしかないかなと思いますし、やられちゃったなっていう感じですね」 「(FKは)自分的にもすごい嫌な位置だなと。もうちょっと近い方がキッカーも蹴りづらいとは思うんですけど、絶妙な、一番蹴りやすい位置だったのかなと思いますし、あれが左側だったら右足も蹴りにくくなると思いますし、壁の位置も変わってきますし、本当に絶妙な位置で。でもあれをしっかり1本決めてくるっていうのは本当にさすがですね」 出場機会を求めてFCVデンデルEH(ベルギー2部)から日本へ戻ってきた中、試合に出るからにはできる限り上を目指したいとも主張。こういった試合もものにしなければならないと語った。 「勝ち点『1』をもたらしたというのか、『2』落としたというのかは自分たちの捉え方なんですけど、自分たちはこういうアクシデントがあっても勝利っていうもので、勝ち点『3』という結果で、示さなければいけないと思いますし、それぐらいタフなチームにならないと、上にはいけないと思う」 「自分は試合に出る限りは本当に上位で戦いたいなと思っていますし、今日に関して言えば最低限かなと思います。自分が帰ってきてJ1の中で何を残せるかというのは、今日はまだリーグ戦の1試合ではありますけど、今後続いていくリーグ戦でもっともっと自分の存在感だったり、そういうものを示していければ良いなと思っています」 2024.02.24 21:57 Sat

記念すべき町田のJ1初陣に手応え…鈴木準弥がG大阪戦を振り返り「前線のおかげで後ろは守りやすかった」

FC町田ゼルビアのDF鈴木準弥が、ガンバ大阪戦を振り返った。 24日、明治安田J1リーグ第1節の町田vsG大阪が行われ、1-1のドロー決着に。ホーム町田は記念すべきJ1初ゲームとなったこの一戦、押し込みまくった前半を鈴木のPK弾により1点リードで終えるも、数的不利となった後半は終盤に追いつかれ、勝ち点1発進となった。 右サイドバックでフル出場した鈴木は昨季途中に町田の一員となり、J2リーグ初優勝とJ1初昇格に大貢献。クラブにJ1初ゴールをもたらした28歳が、90分間を振り返る。 “前半は限りなくパーフェクトだったように見えましたが、黒田監督の志向するサッカーが体現できたのでしょうか?” 「はい。退場者が出るまでは、攻守ともに狙いがはっきり表現できました。思い通りのサッカーだったと思います」 “プレッシングの手応えもあったんじゃないですか?” 「そうですね。前線のオ・セフンや藤尾翔太だったりが、前から積極的にプレッシャーをかけてくれたので、僕ら後ろは本当に守りやすかったです。チーム全体が手応えを感じているはずです」 “流れがG大阪に傾きつつあった時間帯での仙頭啓矢選手の退場(60分)はアクシデントでしたか?” 「後半は前半ほど完璧ではなかったのかもしれないですけど、悪かったというほどでもなかったので、やはりあの退場はアクシデントだったかなと思います」 「数的不利がなければ概ねプラン通りでした。(G大阪が)クオリティの高い宇佐美貴史選手を投入してきて、そこにボールが集まると展開されて苦しい局面にはなるんですが、守備のやり方を変えるつもりはなかったです。退場がなければ、あのまま試合を進められたと思います」 「僕個人は『あと30分なんとか守り切らなきゃ』という思いと、『30分もある…』という2つの考えがありました。奪いどころを絞らないといけないな、とか、奪ったあとの出しどころを考えたりとか…冷静さが求められました。チームとしての意志は『このまま守り切る』という形になりました」 “前半に戻りますが、ご自身のPK弾・町田のJ1初ゴールについては?” 「チームが取ってくれたPKで、キッカーとして僕を事前に指名してもらっていたので…これまでPKキッカーになったことがなかったんですけど、思い切って蹴りました。枠に強く蹴ることだけを意識しました」 「1点をとるために、試合に勝つために、年明けからみんなでキツいキャンプを頑張ってきました。それを背負った形でのPKだったので、GKに触れられてドキッとしましたけど、押し込めれて本当に良かったです」 “ど真ん中に蹴り込みましたね…(笑)” 「いやー、G大阪さんのほうのゴール裏で圧力もあって…僕自身開幕戦で力が入っていることも自覚していたので、あんまりサイドを狙いすぎるとまずいかなと…当たり損ねて外れるのは...と思って(笑)」 「クラブのJ1初ゴールで名前を残せるのは素直に嬉しいですね。僕にとってもJ1初ゴールですから」 時折記者の笑いも誘いつつ、町田にとっての記念すべき90分間を振り返った鈴木。「勝ち点1発進」だけでは語れないほど、大きな手応えを得たようだ。 「攻守である程度通用していたはずです。他のチームもここからどんどん連携が深まっていく、コンディションも上がっていくと思いますが、僕たちも“らしさ・強み”を深めていきたいです」 2024年2月24日、町田の新たな冒険が幕を開けた。 2024.02.24 20:20 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly