【ブンデスリーガ日本人選手】伊藤がフル出場のシュツットガルトがフランクフルトを下し上位追走!日本人対決は実現せず

2023.11.27 07:30 Mon
Getty Images
ブンデスリーガ第12節が週末にドイツ各所で行われた。
PR
今シーズンのブンデスリーガにはボルシアMGのDF板倉滉、フライブルクのMF堂安律、フランクフルトのDF長谷部誠らに加え、アウグスブルクに加入したMF奥川雅也が2季ぶりに1部に復帰した。
今シーズンも多くの選手が活躍する中、第12節では堂安律伊藤洋輝、浅野拓磨が先発出場した。

伊藤の先発したシュツットガルトは、長谷部の所属するフランクフルトとアウェイで対戦。試合は開始早々の2分にウンダブのゴールでシュツットガルトが先制する。

先制を許したフランクフルトは29分にオウンゴールで追いついたが、シュツットガルトは前半終了間際に再びウンダブのゴールで勝ち越しに成功。
勝ち越したシュツットガルトは、59分からエースのギラシーを投入。すると82分、ミロのスルーパスからギラシーに決定機が訪れたが、得意のチップキックで浮かせたシュートはゴール左に外れた。

結局、試合はそのまま1-2でタイムアップ。ウンダブのドッペルパックでフランクフルトを下したシュツットガルトが上位陣を追走している。なお、シュツットガルトの伊藤はフル出場、原口元気とフランクフルトの長谷部は欠場となった。

板倉滉[ボルシアMG]
▽11/25
ドルトムント 4-2 ボルシアMG
◆ケガのため欠場

長谷部誠[フランクフルト]
▽11/25
フランクフルト 0-3 シュツットガルト
◆ベンチ入りも出場せず

奥川雅也[アウグスブルク]
▽11/25
ウニオン・ベルリン 1-1 アウグスブルク
◆ベンチ入りせず

堂安律[フライブルク]
▽11/25
フライブルク 1-1 ダルムシュタット
◆82分までプレー

伊藤洋輝[シュツットガルト]
▽11/25
フランクフルト 0-3 シュツットガルト
◆フル出場

原口元気[シュツットガルト]
▽11/25
フランクフルト 0-3 シュツットガルト
◆ベンチ入りも出場せず

浅野拓磨[ボーフム]
▽11/26
ハイデンハイム 0-0 ボーフム
◆76分までプレー

PR
関連ニュース

「最初は簡単ではなかった」ドイツ移籍から1年、ブンデスリーガデビューも果たした福田師王が意気込みを語る「僕のゴールでチームの勝利に貢献する」

パリ・オリンピック世代のU-23日本代表にも招集され、現在はボルシアMGのファーストチームでもプレーするFW福田師王が現在の心境を語った。 神村学園高等部からJリーグを経由せずに、ボルシアMGへと渡った福田。2023年1月に加入し、セカンドチームでプレーを続けた。 高く評価されていた能力をセカンドチームで発揮。今シーズンもレギオナルリーガ・ヴェスト(ドイツ4部)で14試合5ゴールと結果を残すと、1年が経過した今年1月にファーストチームに正式に昇格した。 ドイツに渡って1年。ファーストチームに入った福田は、クラブのインタビューでこの1年を振り返り、サッカー面では苦労もあったとした。 「ドイツでは日本と体力やプレーのスピードが全く違うので、最初は簡単ではなかったです。でも、時間が経つにつれて、僕はヨーロッパのサッカーのスタイルとより高いレベルに適応することができました」 「今ではどんなパスからでも、どんな状況でも、ここでゴールを決めることができると学びました」 今シーズンは中位に甘んじているボルシアMG。チームの立て直しの中で、期待されているものも大きい。 昇格できたことについては「ファーストチームの一員になれてとても嬉しいです。それは僕に大きな自信を与えてくれました。トレーニングでも、試合でも、僕は常にベストを尽くすように努めています」とコメント。チームからの信頼が大きな自信に繋がっているという。 また、先輩でもあり、良き理解者でもある日本代表DF板倉滉についても言及。「滉さんは、僕にとって大きな助けになっています。ピッチ内外で僕をたくさんサポートしてくれています」と、心強い存在のようだ。 福田は1月27日に行われた首位のレバークーゼン戦でブンデスリーガデビュー。11分間の出場だったが、「本当にボルシアに勝って欲しかったです。ピッチに入った時は、自分のデビューのことよりも、チームと試合のことを考えていました。チームが勝てるように、ゴールを決めたかったです」と、デビュー戦を振り返った。 その後、バイエルン戦、RBライプツィヒ戦と終盤に3試合出場。この先への思いを語っている。 「基本的には常に改善し続けることを心掛けています。もちろん、もっと試合に出て勝利に貢献できればと思います」 「僕の大きな願いは、ボルシアで得点し、僕のゴールでチームの勝利に貢献することです」 <span class="paragraph-title">【動画】積極的なプレーを見せる福田師王の最新プレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IM6mHi4PJ00";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.01 12:55 Fri

「間違いなくタキだ!」南野拓実のゴールがリーグ・アンの月間優秀ゴールにピックアップ!「お気に入りはどれ?」

リーグ・アンが公式X(旧ツイッター)で2月の優秀ゴールを3つピックアップ。モナコの日本代表MF南野拓実のゴールも選ばれている。 日本代表の一員として参加していたアジアカップ2023の敗退から、“中0日”でリーグ戦に出場し周囲を驚かせた南野は、2月のリーグ戦4試合に出場し1ゴール1アシストを記録。クラブの月間MVPに選ばれる活躍を見せた。 中でも圧巻だったのが25日のRCランス戦。30分にゴールネットを揺らした場面は後に相手のオウンゴールに訂正されたものの、PK奪取に加え、後半アディショナルタイムには、カットインから強烈な左足シュートをねじ込みチームを勝利に導く劇的なゴールを決めていた。 リーグ・アンは、「多くの決定的ゴールが生まれた2月!あなたのお気に入りはどれ?」と2月のリーグ戦で生まれたゴールの中から3つをピックアップ。RCランス戦の南野のゴールも選ばれている。 南野のゴール以外には、スタッド・ブレストのMFピエール・レース=メルがマルセイユ戦で決めたゴールと、スタッド・ランスのFWモハメド・ダラミーがMF伊東純也の代わりにキッカーを務めて冷静に決めたPKが選ばれている。 ファンからは、「間違いなくタキだ!」、「ミナミノ」、「明らかにタキだ」といったコメントも寄せられている。 ゴールの難易度だけでなく、後半アディショナルタイムの決勝ゴールということも踏まえ、素晴らしいゴールだった。 <span class="paragraph-title">【動画】一番すごいのはどれ?南野の劇的ゴラッソもピックアップされたリーグ・アンの月間優秀ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="fr" dir="ltr"> De nombreux buts décisifs ont été marqués en février ! Lequel est votre préféré ? <a href="https://twitter.com/SB29?ref_src=twsrc%5Etfw">@SB29</a> <a href="https://twitter.com/AS_Monaco?ref_src=twsrc%5Etfw">@AS_Monaco</a> <a href="https://twitter.com/StadeDeReims?ref_src=twsrc%5Etfw">@StadeDeReims</a> <br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/BestTiming?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BestTiming</a> by <a href="https://twitter.com/oriswatches?ref_src=twsrc%5Etfw">@oriswatches</a> <a href="https://t.co/aMVn3yB7L4">pic.twitter.com/aMVn3yB7L4</a></p>&mdash; Ligue 1 Uber Eats (@Ligue1UberEats) <a href="https://twitter.com/Ligue1UberEats/status/1763299436094972208?ref_src=twsrc%5Etfw">February 29, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.01 12:05 Fri

アーセナル冨安健洋にシェフィールド・ユナイテッド戦で復帰の可能性…指揮官が示唆

アーセナルの日本代表DF冨安健洋に復帰の可能性が浮上している。 2月上旬にアジアカップから戻った冨安だが、ふくらはぎの問題で直近の公式戦4試合を欠場。その間のチームはポルトとのチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグこそ落としたが、プレミアリーグで着実に白星を重ねる。 そうしているうちに3月に入ったが、ミケル・アルテタ監督が4日に敵地で行われるプレミアリーグ第27節のシェフィールド・ユナイテッド戦で復帰を示唆した。 イギリス『フットボール・ロンドン』によると、「オレクサンドル・ジンチェンコとトミヤスがメンバー入りする可能性は?」との質問にこう返したようだ。 「可能性はあるが、様子を見る必要がある。特に、土曜日と日曜日の最後2つのセッションではね。(問題なしが)確認できれば、彼らは月曜日に出場できるかもしれない」 この3月はポルトとのCLリターンレグや、チェルシー&マンチェスター・シティとのプレミアリーグが控え、代表としても北中米ワールドカップ(W杯)予選が…。冨安の復帰が待たれるところだ。 2024.03.01 09:35 Fri

「Wシンジ大好きだった」「2人の笑顔さいこうです」日本代表でもクラブでも共に戦った香川真司が引退決断の岡崎慎司を労う「ゆっくり語りましょう」

セレッソ大阪の元日本代表MF香川真司が、今シーズン限りで引退を発表した元日本代表FW岡崎慎司を労った。 26日、シント=トロイデンと岡崎は今シーズン限りでの現役引退を発表。昨シーズンから続くケガを含め、身体的に限界が来たとして引退を決断したことを明かした。 日本代表としては歴代3位の50ゴールを記録し、代名詞であるダイビングヘッドなど体を投げ出してゴールに向かう闘志溢れるプレーは多くの人を魅了。これまでの所属クラブをはじめ、日本代表で共に戦ったメンバーからも労いのメッセージが送られていた。 そんな中、同じ“シンジ”という名前で、日本代表としても長らく仲間として戦い、2022-23シーズンまではシント=トロイデンでチームメイトでもあった香川がインスタグラムを更新。岡崎の引退にメッセージを送った。 「岡ちゃんお疲れ様。また日本でゆっくり語りましょう」 香川は岡崎とのオフショットを投稿。笑顔での2ショットにファンは「本当に楽しそう」、「Wシンジ大好きだった」、「2人の笑顔さいこうです」、「Wシンジかっこいい」、「このコンビが大好き」、「どこかでまた見たい」とコメントが寄せられた。 <span class="paragraph-title">【写真】香川真司が岡崎慎司との2ショットで引退を労う</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C37XEO8yiEY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C37XEO8yiEY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C37XEO8yiEY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Shinji Kagawa 香川真司(@sk23.10)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.02.29 22:30 Thu

「緊張感はずっとあった」パリ行きの切符を手にした植木理子、本大会への競争に「どれだけアピールできるか」

なでしこジャパンのFW植木理子(ウェストハム)が、オリンピック出場を喜んだ。 28日、パリ・オリンピック アジア最終予選の第2戦が国立競技場で行われ、なでしこジャパンは北朝鮮女子代表と対戦した。 第1戦はゴールレスで終わっており、勝った方が五輪行きを決めるという試合に。高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)のゴールで先制すると、後半2位は藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)がヘディングでゴールを奪い追加点。その後1点を返されるが、2-1でなでしこジャパンが勝利し、パリ・オリンピックの切符を手にした。 植木は2-1でリードしたまま89分に田中美南(INAC神戸レオネッサ)と交代して出場。アディショナルタイムを含めてのプレーとなった。 試合後のメディア取材に応じた植木は「勝っていたので前から行くところ、守備の部分での役割っていうのはありましたし、攻撃の部分でも無理に行くというよりは、ボールを大事にしながら、チャンスがあればゴールを狙いに行きました」と自身の役割について語り、「まずは勝ち切れたことが1番の収穫です」と、しっかりと試合を締められたことを喜んだ。 大一番を前に、負ければ多くのものを失ってしまう可能性もあったなか、チームとしては緊張感があったという。 「結構チーム全体的に緊張感というのはずっとあったので、そういう意味では大一番という意識は全員があったと思います」 それでもしっかりと勝利を収め、パリ行きが決定。「ここから選手間の競争は高まると思います。そこに向けてやっていきたいですし、まずは自チームに戻って、どれだけアピールできるかかなと思います」と語り、本大会のメンバー入りに向けてのアピールが必要だと語った。 2試合を通じて攻撃面は苦しんだ日本。第2戦でもシュート数はそこまで多くはならなかった。 植木は「攻撃の部分ではもっともっとコンビネーションや関わりを増やすことで改善できると思います」と、改善の余地があるとしながらも「相手も必死にやってくるので、その中で2点取れたことは良かったと思います」と、難しい戦いでもしっかりとゴールを重ねられたことは良かったとした。 2024.02.29 22:20 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly