ユーロ本大会お預けも…ウクライナ代表指揮官は胸を張る、終盤の物議判定には「決めるのは我々ではない」

2023.11.21 19:45 Tue
【動画】ウクライナvsイタリア、同点の終盤でPKか否かという際どいシーン



1 2
関連ニュース

イタリアサッカー連盟がウクライナを支援、イタリア国内のトレーニング施設を提供

イタリアサッカー連盟(FIGC)は13日、ウクライナサッカー連盟(UAF)と協定を結んだことを発表した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば紛争が続くウクライナでトレーニングができない選手に対し、イタリア国内の施設を使用してもらう内容とのこと。 使用できる施設にはイタリア代表が活動する際の練習場であるコベルチャーノも含まれている。 FIGCのガブリエレ・グラビナ会長はウクライナと協定を結んだことについて「このような重要な協定を結べたことを誇りに思う。この協定はウクライナのサッカーの未来を守ることが目的。技術面での協力もしていきたい。アンドリー(UAF会長のシェフチェンコ氏)は我々の古い友人であり、適切なタイミングで常に傍に居てくれる存在だ」と協定を結んだ意図を説明した。 2024.02.14 07:45 Wed

シェフチェンコ氏がウクライナサッカー連盟会長に就任! 2004年のバロンドール受賞者

ウクライナサッカー連盟(UAF)は25日、元ウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコ氏(47)の会長就任を発表した。 2004年のバロンドール受賞者・シェフチェンコ氏。ディナモ・キーウ、ミラン、そしてウクライナ代表のエースとして活躍した“ウクライナの矢”は、2022年2月にロシアのウクライナ侵攻が始まって以来、世界各国を駆け回って停戦に向けた活動に精を出しつつ、家族と共に生活拠点をキーウに置いている。 UAFの発表によると、首都キーウで25日に会長選挙を実施し、94人の選挙人のうち、実に93人がシェフチェンコ氏に投票。サッカーの枠を超えたウクライナの国家的英雄は、新たなサッカー協会会長に即日任命された。 シェフチェンコ氏は旧ソ連時代のキーウ出身。自宅がチェルノブイリ原子力発電所事故の被害に遭うなどした幼少期を経て、19歳で名門ディナモ・キーウのエースに。ミラン移籍後はチャンピオンズリーグ(CL)制覇にバロンドール受賞で名実ともに世界最高の選手となり、ウクライナ代表では2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)に出場。引退後はウクライナ代表監督としてユーロ2020を指揮した。 2024.01.25 21:24 Thu

パリ五輪行きを目指すU-23日本代表、3月にマリとウクライナと国内で対戦! 大岩剛監督「目の前の一戦一戦で勝負にこだわる」

日本サッカー協会(JFA)は15日、U-23日本代表が3月に行う2試合の対戦相手が決定したことを発表した。 すでに3月22日に京都のサンガスタジアム by KYOCERA、25日に福岡の北九州スタジアムで試合が行われることは発表されていた中で対戦相手も決定。22日はU-23マリ代表、25日はU-23ウクライナ代表と対戦することが決定した。 U-23マリ代表戦は、3月22日(金)の19時20分キックオフ。日本テレビ系にて全国生中継。サンガスタジアム by KYOCERAでは、2021年7月14日にMS&AD カップ 2021でなでしこジャパンがオーストラリア女子代表と対戦して以来、2度目の日本代表の試合となる。 U-23ウクライナ代表戦は、3月25日(月)の19時15分キックオフ。TBS系列にて全国生中継される。なお、ウクライナはすでにパリ・オリンピックの出場権を獲得している競合だ。 大岩剛監督は、最終予選前の大事な2試合に向けてコメントしている。 「いよいよオリンピックイヤーを迎え、改めて身が引き締まる思いです。我々の最初のターゲットは、4月から5月に開催されるAFC U23アジアカップカタール2024を勝ち抜き、パリオリンピック2024の出場権を獲得することです」 「そのため、大会直前の3月の活動で、京都でのU-23マリ代表戦に続き、欧州予選を突破したU-23ウクライナ代表と北九州で対戦できるこの2連戦は、非常に重要な試合になります。強豪国との対戦をリクエストしていた中、今回の試合が開催されることに、多くの関係者の皆さまへ御礼申し上げます」 「また、対戦相手のウクライナは国内が戦禍で大変な状況ですが、今回来日し対戦できることを感謝しています。我々のチームがこれまで積み上げてきたものを確認しながら、目の前の一戦一戦で勝負にこだわり、良い状態でアジア最終予選に向かうことができるよう、引き続き準備を進めていきます」 2024.01.15 16:15 Mon

ルヴァン王者福岡、CL常連シャフタールと2-2ドロー! 先月バルサ撃破の強豪に善戦【ウクライナ復興支援マッチ】

18日、ウクライナ復興支援チャリティマッチのシャフタールvsアビスパ福岡が国立競技場で行われ、2-2のドロー決着となった。 この一戦は、昨年2月からロシアによる軍事侵攻を受けているウクライナの復興を支援すべく開催されたチャリティマッチ。2023-24シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)にも出場する同国リーグ王者シャフタールが来日し、YBCルヴァンカップ2023王者の福岡と対戦した。 なお、シャフタールはウクライナ東部のドンバス地方ドネツク州を本拠地とするクラブ。州内にあるホームスタジアムのドンバス・アリーナは2014年を最後に使用できておらず、今季は国内リーグのホームゲームを主に西部リヴィウで、欧州カップ戦をドイツ・ハンブルクで戦っている。 13日にCLグループH最終節でポルトと対戦し、空路での移動も含めて中4日というシャフタール。対する福岡はキックオフからアクセル全開でウクライナ王者を攻め立て、4分にはボックス右からMF紺野和也が得意の内巻きコントロールショットを放つ。惜しくもゴール左へ外れた。 7分にシャフタールが1本目のシュートで先制。ゆっくりとしたパス回しから右サイドへ展開すると、ジョージア代表DFギオルギ・ゴチョレイシュヴィリがアーリークロスを入れ、今季CL4得点のウクライナ代表FWダニロ・シカンがファーへ逃げながらヘディングシュートを流し込んだ。 先月バルセロナ戦(1◯0)で決勝点を決めた男の1発に先手を取られた福岡。ウクライナ代表がずらりと揃うベストメンバーのシャフタールに対し、モチベーション高く試合に臨んでいることは明らかで、シーズンが終わって間もないこともあり、出足も鋭い。れっきとした強化試合だ。 前線から“素早く”プレスをかけてもシャフタールに剥がされることが少なくなく、最終ラインからのビルドアップに対してはシャフタールの“猛烈な”プレスに苦戦。それでも、試行錯誤とトライ&エラーを繰り返し、選手たちひとりひとりの動きには充実感が漂う。 福岡は34分に同点に。左CKにニアへ飛び込んだMF金森健志が頭でゴール前へすらすと、シャフタールGKドミトロ・リズニクが正面へ弾いたところをDF宮大樹がシュート。再び阻まれて宙に浮いたボールを自らヘディングで流し込んだ。 CL常連組のシャフタールに慣れ始めた福岡は直後に逆転。36分、左サイドをテンポよく崩すと、ボックス左に侵入したDF亀川諒史がマイナスのラストパスを中央へ。同点ゴールをお膳立てした金森が走り込み、左足シュートをゴール右隅へと流し込んだ。 シャフタールは1点ビハインドの後半、11人全員を入れ替え、53分に同点に。左サイドからのサイドチェンジをワントラップでボックス内に置いた元ウクライナ代表FWマリアン・シェヴドが巧みな左足コントロールショットをゴール左隅へ流し込む。 主力を一斉に下げたシャフタールは攻守両面でややプレー精度を落とすも、モチベーションと迫力は衰えず。63分には福岡のCKをカットして超ロングカウンターに転じ、最後は快足を飛ばした19歳のU-20ブラジル代表FWエギナウドが右足シュート。枠内へ飛ばずに福岡はことなきを得る。 69分、福岡は17日に今季限りでの現役引退を発表したMF田邉草民が途中投入でピッチへ。J1リーグ通算129試合出場の33歳は金森からキャプテンマークを譲り受けて国立競技場の芝生へと足を踏み入れる。 後半に入って再び劣勢を強いられる福岡だが76分、カウンターから右サイドへ展開し、最後はDF湯澤聖人のマイナスクロスに走り込んだMF田中達也が右足シュート。フリーで右足を振り抜くも、GKリズニクの正面を突く。 結局、これ以上にスコアは動かず2-2のドローで決着。勝敗はつかずとも、両チームとも集中力高く90分間を戦い、福岡としてはこの上ない強化試合に。また、ウィンターブレイク前のタイミングで来日したシャフタールも、前後半でガラリとメンバーを入れ替えたが、モチベーション高く90分間を戦い抜いた。好勝負を演じた両者に拍手を。 シャフタール 2-2 アビスパ福岡 【シャフタール】 ダニロ・シカン(前7) マリアン・シェヴド(後8) 【福岡】 宮大樹(前34) 金森健志(前36) 2023.12.18 21:12 Mon

ユーロ2024のプレーオフ組み合わせ決定! 残り3カ国を12カ国が3つのトーナメントで争う【ユーロ2024】

欧州サッカー連盟(UEFA)は23日、ユーロ2024プレーオフの組み合わせ抽選を実施した。 スイスのニヨンで行われた抽選会。12カ国が出場し、3つの枠を争うこととなる。 4カ国が3つに分かれてトーナメント方式で開催。準決勝は2024年3月21日、決勝は3月26日に予定されている。 パスAでは、ポーランドvsエストニア、ウェールズvsフィンランドが準決勝で実現。パスBでは、イスラエルvsアイスランド、ボスニア・ヘルツェゴビナvsウクライナ、パスCではジョージアvsルクセンブルク、ギリシャvsカザフスタンに決定した。 また、決勝は同じパス内の勝者が対戦。パスAはウェールズかフィンランド、パスBはボスニア・ヘルツェゴビナかウクライナ、パスCはジョージアかルクセンブルクで開催される。 ◆ユーロ2024プレーオフ 【パスA】 ◆準決勝 ▽2024/3/21(木) ポーランドvsエストニア ウェールズvsフィンランド ◆決勝 ▽2024/3/26(火) ウェールズ/フィンランド vs ポーランド/エストニア 【パスB】 ◆準決勝 ▽2024/3/21(木) イスラエルvsアイスランド ボスニア・ヘルツェゴビナvsウクライナ ◆決勝 ▽2024/3/26(火) ボスニア・ヘルツェゴビナ/ウクライナ vs イスラエル/アイスランド 【パスC】 ◆準決勝 ▽2024/3/21(木) ジョージアvsルクセンブルク ギリシャvsカザフスタン ◆決勝 ▽2024/3/26(火) ジョージア/ルクセンブルク vs ギリシャ/カザフスタン 2023.11.23 22:30 Thu