C・ロナウド&マネが2試合連続揃い踏み! アル・イテハドとアル・アハリが開幕4連勝、元名古屋マテウスは豪快ミドル弾【サウジ・プロ・リーグ】

2023.08.30 12:10 Wed
Getty Images
28日、29日にサウジ・プロ・リーグの第4節が行われた。開幕3連勝のアル・イテハドは、アウェイでアル・ワフダと対戦。FWカリム・ベンゼマ、MFエンゴロ・カンテ、MFファビーニョは揃って先発出場。移籍の噂も上がっていたFWジョタはベンチスタートとなった。
試合は前半こそゴールが生まれなかった、63分にロマリーニョのゴールでアル・イテハドが先制。すると、67分には途中出場のジョタが追加点。73分にもイゴール・コロナドがゴールを決め、0-3で快勝を収めた。なお、ベンゼマはこの日も不発に終わった。

今夏の大型補強が話題のアル・ヒラルは、同じく話題を呼んでいるアル・イテファクと対戦。アル・ヒラルはGKボノ、DFカリドゥ・クリバリ、MFルベン・ネヴェス、FWアレクサンダル・ミトロビッチ、FWマウコムが揃って先発出場。ネイマールはメンバー外だった。対するアル・イテファクもMFジョーダン・ヘンダーソンは先発出場している。

試合は24分にミトロビッチのアシストからマウコムがゴールを決めてアル・ヒラルが先制。41分にはサレム・アル・ドサリがネットを揺らし、2-0で勝利を収めた。
同じく今夏大型補強のアル・アハリはホームにアル・タイを迎えた一戦。GKエドゥアール・メンディ、DFメリフ・デミラル、DFロジェール・イバニェス、MFフランク・ケシエ、FWリヤド・マフレズ、FWロベルト・フィルミノ、FWアラン・サン=マクシマンが揃って先発出場した。

試合は、39分に左サイドを崩すと、ボックス内左からのサン=マクシマンのクロスをボックス中央でマフレズがダイレクトで蹴り込み先制。59分には、マフレズのパスをボックス手前で受けたケシエが左足で弾丸ミドルを突き刺し、2-0で勝利を収めた。これで開幕4連勝となった。

名古屋グランパスから加入したFWマテウス・カストロが加入したアル・タアーウンはアウェイでアル・オクドゥードと対戦。マテウスは先発出場すると、前半アディショナルタイムにボックス手前から左足一閃。クロスバーを叩いた強烈なシュートが決まった。試合は、このゴールが決勝点となり、アル・タアーウンが勝利している。

開幕から連敗スタートとなったアル・ナスルは、前節初勝利。ホームにアル・シャバブを迎えた。

FWクリスティアーノ・ロナウド、FWサディオ・マネ、MFマルセロ・ブロゾビッチが先発出場。マンチェスター・シティから加入したばかりの、DFアイメリク・ラポルテも先発のピッチに立った。アル・シャバブはGKに元韓国代表のキム・スンギュ、MFエベル・バネガ、MFグスタボ・クエジャールが出場した。

試合は前節に続いてC・ロナウドとマネが躍動。C・ロナウドは前半のうちに2つのPKを決めてリードを広げると、40分には左サイドからブロゾビッチの横パスを受けたC・ロナウドがダイレクトで前のスペースへパス。ボックス内右からマネが蹴り込み、リードを3点とした。

開幕4連勝は今夏大型補強のアル・イテハドとアル・アハリの2クラブのみ。アル・ヒラル、アル・タアーウンが勝ち点10で追いかけている。

◆サウジ・プロ・リーグ第4節

アブハ・クラブ 2-1 アル・フェイハ
アル・ラーイド 3-0 アル・リヤド
アル・ヒラル 2-0 アル・イテファク
アル・ワフダ 0-3 アル・イテハド
アル・オクドゥード 0-1 アル・タアーウン
ダマク 2-2 アル・ファトフ
アル・ハリージュ 1-1 アル・ハジム
アル・アハリ 2-0 アル・タイ
アル・ナスル 4-0 アル・シャバブ


関連ニュース

煽られたC・ロナウド、相手ファンの「メッシコール」を挑発し出場停止…今季は22試合20ゴール

アル・ナスルのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが出場停止処分を受けることとなった。 C・ロナウドは、25日に行われたサウジ・プロ・リーグのアル・シャバブ戦の行動が問題視されることに。ファンを挑発した行為が処分の対象となった。 アル・シャバブのサポーターは、3-2でアル・ナスルに敗れた試合後、「メッシ」とC・ロナウドの永遠のライバルであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの名前を連呼していた。 これに対し、C・ロナウドは耳に手を当ててファンに向かってジェスチャー。これが挑発と捉えられたようだ。 サウジアラビアサッカー連盟(SAFF)の懲戒・倫理委員会はC・ロナウドに対して1試合の出場停止処分を決定。また、この決定に対して控訴はできないとしている。 C・ロナウドは今シーズンのリーグ戦で22試合20ゴールを記録。チームは2位につけている。 <span class="paragraph-title">【動画】C・ロナウドがファンのメッシコールを挑発し出場停止に</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="es" dir="ltr"> fue suspendido con un partido y una multa de € 7.500 ¿El motivo? Este gesto contra la hinchada de Al-Shabab en la victoria 3-2 de Al-Nassr. La decisión fue determinada por el Comité Disciplinario de la liga de Arabia Saudita. <a href="https://t.co/2WKYXCNTJV">pic.twitter.com/2WKYXCNTJV</a></p>&mdash; VarskySports (@VarskySports) <a href="https://twitter.com/VarskySports/status/1762970936322691221?ref_src=twsrc%5Etfw">February 28, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.29 22:05 Thu

相手サポーターの「メッシ」コールに卑猥なジェスチャーで応戦したC・ロナウドに1試合の出場停止処分と罰金120万円

アル・ナスルのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに1試合の出場停止処分と3万サウジリヤル(約120万円)の罰金が科された。 C・ロナウドは、25日にアウェイで行われたサウジ・プロ・リーグ第21節のアル・シャバブ戦にフル出場。21分にはPKでこの試合の先制点をマークしていた。 だが、先制点の直後に相手サポーターから「メッシ」コールを受けたC・ロナウドは、耳に手を当てるポーズを見せてから、股間の前で右手を前後に動かすジェスチャーを見せつけるように行っていた。 相手サポーターの挑発が先とはいえ、応戦したC・ロナウドにはサウジアラビアサッカー連盟(SAFF)が処分を下すことに。サウジアラビア『アル・リヤド』などによると1試合の出場停止と罰金が科されたようだ。また、アル・シャバブに対してもかかった費用である2万サウジリヤル(約80万円)の罰金を支払うという。 アル・ナスルは、29日のアル・ハズム戦で、リーグ戦20試合に出場して22ゴールを決めている絶対的エースのC・ロナウドを欠くことに。首位アル・ヒラルを追う中で痛手となる。 <span class="paragraph-title">【写真】C・ロナウドがやり返した卑猥なジェスチャー</span> <span data-other-div="movie"></span> <span data-other-div="movie"></span><div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/ronaldo20240229_tw.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> 写真:Getty Images 2024.02.29 13:50 Thu

再びサウジがバルセロナ選手に触手…レヴァンドフスキら3選手に関心か

サウジ・プロ・リーグがバルセロナの選手を注視しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 マンチェスター・ユナイテッドを退団したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを迎え入れ、その後も多くのスター選手をヨーロッパのトップクラブから獲得し続けているサウジアラビア。今夏の移籍市場でもその流れが続くのか、注目となっている。 当のサウジアラビア側は、勢いを止めるつもりなどさらさらないようで、バルセロナの3選手の獲得を検討。まずは、昨夏も獲得に動いたブラジル代表FWハフィーニャ(27)への再アタックが考えられるようだ。 バルセロナでの成功を求めているというハフィーニャは前回、年俸2000万ユーロ(約32億6000万円)のオファーを拒否。しかし、16歳のスペイン代表FWラミン・ヤマルが台頭した今も中東からの誘惑に負けないのかは不明となっている。 一方、2022年夏にリーズ・ユナイテッドからハフィーニャを獲得したバルセロナは、このウインガーとの契約期間が2027年6月まで。移籍金5800万ユーロ(約94億4000万円)+ボーナス最大900万ユーロ(約14億7000万円)の減価償却費がまだ半分以上も残っているが、サウジアラビアの有力クラブからのオファーであれば問題はないとみられている。 また、バルセロナとの契約が残り2年となるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(35)が獲得候補に。すでに代理人には接触を図っており、クラブ側もその事実を認識しているという。 バルセロナ側としては、このストライカーのパフォーマンスに満足しているだけでなく、加入したばかりの19歳ブラジル代表FWヴィトール・ロッキの指導役になってもらいたいとも考えている模様。少なくともあと1年は残ってほしいようで、レヴァンドフスキ本人や妻も、現時点ではカタルーニャを離れる意思がないようだ。 最後に、サウジ・プロ・リーグは一流のGKの獲得も熱望。バルセロナとの契約を2028年6月まで残すドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(32)に目をつけているという。 まだ正式なオファーはないものの、テア・シュテーゲンがキャリア終盤に大金を得たいと考える場合は、移籍の可能性が出てくるようだ。 2024.02.28 19:51 Wed

サウジで奮闘中のネヴェス、昨夏にバルセロナやアーセナル行きが頓挫 「実現しない移籍にうんざりしていた」

ポルトガル代表MFルベン・ネヴェスが昨夏のアル・ヒラル移籍を振り返った。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 2017年夏にポルトからウォルバーハンプトンへ移籍し、チームの主軸として長年にわたってイングランドで戦ってきたネヴェス。度々ステップアップの可能性が報じられ、昨夏も国内外問わず、ビッグクラブからの関心が取り沙汰されたが、サウジアラビア行きの流れに乗ってアル・ヒラルへ移籍した。 新天地ではブラジル代表FWネイマールやセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ、モロッコ代表GKボノ、セルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ、セルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチ、ブラジル代表FWマウコム、ブラジル代表DFレナン・ロディらがチームメイトに。現在はサウジ・プロ・リーグやAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝トーナメントを戦っている。 ここまで公式戦28試合に出場し、リーグ首位のチームを支えているネヴェスは半年前の中東行きの決断について、ポルトガル『O Jogo』にコメント。バルセロナやアーセナルとの交渉が破談となったことからアル・ヒラル移籍を選んだと明かしている。 「3つのクラブが近づいていたが、結局移籍は実現しなかった。それが悲しかったし、アル・ヒラルに行く決断を後押しした」 「名前は言いたくなかったが、バルセロナは最もホットなクラブの1つだったし、それ(移籍の噂)は嘘ではなかった。もう少しで実現しそうだった。アーセナルと同様にね。それから、イングランド国外にもう1つクラブがあった」 「こうした出来事が積み重なった中、この絶好のチャンスがやってきた。僕はそれを受け入れることに何の疑問も持たなかった。実現しない移籍にうんざりしていた」 また、ネヴェスはサウジアラビアでの将来にも言及。リーグレベルの高さを語り、当分はとどまることになると見解を示している。 「アラビアでプレーしていても、ヨーロッパの同僚たちとは何の違いも感じない。フィットネスは問題ない。いつかヨーロッパに戻り、最高のレベルでプレーできるよう、しっかりと道を進んでいる」 「正直に言うと、すぐには戻れないと思っている。このままいけば、アラビアは2年以内に世界で最も重要なリーグの1つになるだろう」 「秘密はない。やってくる選手の質は非常に高い。各チームがそのレベルにある8人の外国人選手に懸ければ、ほとんどプレイステーション・リーグになるし、選手を自由に選ぶことができる。2年、もしかしたら、もう少し長くここにいるかもしれない」 2024.02.28 11:48 Wed

お父さんの指示をスルー…握手をしなかった長男とC・ロナウドの親子のやり取りが話題「この後叱られたのかな?」

アル・ナスルのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが父としての一面を見せた。 2022年の末からサウジアラビアでプレーしているC・ロナウド。移籍に合わせて家族も一緒に引っ越しており、長男のクリスティアーノ・ロナウド・ジュニア君はマハド・アカデミーに入団。2023年11月からは父と同じアル・ナスルのアカデミーでプレーしている。 そして、ロナウド・ジュニアが所属するアル・ナスルのU-13チームはリーグ優勝を達成。17日に行われたファーストチームのサウジ・プロ・リーグ第20節アル・ファトフ戦のキックオフ前には、U-13チームの偉業をファーストチームの選手が祝福するイベントが行われた。 2列になって、ファーストチームのメンバーが待ち構えるピッチに入場したU-13チームの選手たち。片方の列の選手たちはファーストチームの選手たちにハイタッチで祝ってもらっていたものの、もう片方の列の先頭だったロナウド・ジュニアは段取りが分からず、どうすべきか分からなくなってしまったようだ。 見かねたC・ロナウドがロナウド・ジュニアに対して何か指示をするようなジェスチャーも見せていたが、結局ロナウド・ジュニアはファーストチームの選手たちとのハイタッチを諦め、もう片方の列の横を並走することに。ロナウド・ジュニアの後ろの選手たちもほとんどが同じように続いていった。 入場後の流れについて、ロナウド・ジュニアにどの程度の説明がされていたのかは不明だが、結果的にファーストチームの選手たちをスルーしてしまった息子の振る舞いにC・ロナウドはややお怒りの様子だった。 そのシーンには、ファンも「立派なお父さんだ」、「2列なのが悪い」、「ジュニアは反抗期か」、「思春期だな」、「この後叱られたのかな」とコメント。普段はなかなか見られないC・ロナウドの父の顔に注目が集まっていた。 <span class="paragraph-title">【動画】握手をしなかったロナウド・ジュニア、その時お父さんは!?</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ar" dir="rtl"> نجوم الحاضـر .. يرحبـون بالمستقبـل <br>أبطالنا <a href="https://t.co/xzklfjNfF0">pic.twitter.com/xzklfjNfF0</a></p>&mdash; نادي النصر السعودي (@AlNassrFC) <a href="https://twitter.com/AlNassrFC/status/1758901019310784954?ref_src=twsrc%5Etfw">February 17, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.19 19:15 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly