PSG退団しフリーのセルヒオ・ラモス、サウジではなくガラタサライ行きか

2023.08.15 21:58 Tue
Getty Images
昨シーズン限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団した元スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(37)。新天地の噂はあまり出てこないなか、トルコからのオファーがあるという。

トルコ『ファナティック』によると、ガラタサライが獲得に関心を寄せているとのこと。サウジアラビア行きがなくなった今、その動きが加速しているという。
セビージャ、レアル・マドリー、そしてPSGでプレーしてきたセルヒオ・ラモス。マドリーでは公式戦671試合に出場し101ゴールとDFながら驚異的なゴール数を記録した。

PSGでは2シーズン過ごし、公式戦58試合で6ゴールを記録。1年目はケガに泣かされたが、2年目の昨季はしっかりと稼働していた。

そのセルヒオ・ラモスはアル・アハリからの関心が寄せられていたが移籍せず。他のクラブからのオファーがなければガラタサライへと移籍する可能性が高いという。
ガラタサライはすでに2年契約のオファーを出しており、年俸は550万ユーロ(約8億7000万円)を用意しているとのことだ。

今シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)の予選から参加。久々の本大会出場に向けて、CLでの経験豊富なセルヒオ・ラモスを加えたいと考えているという。

ガラタサライは今夏の移籍市場で、PSGからFWマウロ・イカルディ、クリスタル・パレスからFWウィルフリード・ザハ、RBライプツィヒからDFアンヘリーニョ、シャフタール・ドネツクからFWテテ、レバークーゼンからMFケレム・デミルバイを獲得。チームの強化を進めている。
関連ニュース

アストン・ビラがザニオーロの買い取りを見送る方針で一致か

アストン・ビラがイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(24)の買い取りを見送るようだ。 昨夏ガラタサライから買い取りオプション付きのレンタル移籍でビラ入りしたザニオーロ。ローマで紆余曲折経験した若者は、ガラタサライ在籍半年でリーグ優勝に大きく貢献し、意気揚々とプレミアリーグの舞台に乗り込んだ。 しかし、昨秋の賭博スキャンダルこそ”違法性なし”としてお咎めなしだったが、肝心のピッチでの活躍に乏しく、その数字は公式戦27試合2ゴール0アシスト。年明け以降の1試合最長プレータイムは「27分間」だ。 イギリス『フットボール・インサイダー』によると、かねてより報じられていた通り、ザニオーロのレンタル契約は、特定の条件が満たされた場合に買い取りオプションが買い取り義務へ移行するものとなっているという。 ビラはこれを回避したうえで、今季終了後にガラタサライへ送り返す方向で一致した模様。復調傾向にあるMFジェイコブ・ラムジー、今冬獲得のFWモーガン・ロジャーズ、来季は2人をより積極的に起用する思惑とされている。 つい先日には、イタリア代表のルチアーノ・スパレッティ監督から、ビラでの出番減を理由にユーロ2024本大会のメンバー落選も示唆されたザニオーロ。まだ若くチカラも伸びしろもある...芯のある男にならねばならない。 2024.02.26 14:00 Mon

アストン・ビラはザニオーロの買取OPを行使せず? 選手はセリエA復帰を希望か

現在アストン・ビラでプレーするイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(24)は、今夏にセリエAへ復帰する意思があるようだ。 ザニオーロは昨夏の移籍市場で、ガラタサライからビラに買い取りオプションの付随したレンタル移籍の形で加入。初挑戦となるプレミアリーグでローマ時代に披露していたクオリティの発揮が期待されていた。 しかし、今シーズンはウナイ・エメリ監督の下で現在プレミアリーグ4位と躍進するチームで、思うような出場機会を確保できず。公式戦27試合出場2ゴールの成績を残すも、プレミアリーグでの先発は7試合にとどまっている。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のアンドレア・ラマゾッティ記者によると、こうした状況もありビラはザニオーロの買い取りを見送る方針とのこと。選手は夏にガラタサライへ戻る可能性が濃厚なようだ。 ただし、ザニオーロはこれ以上トルコでプレーすることを望んでおらず、セリエA復帰を検討している模様。フィオレンティーナ、ミラン、ユベントスが獲得に関心と報じられている。 ただし、いずれのクラブも買い取りオプション付きのレンタル移籍のみ望んでいる様子。ガラタサライがこれ以上のレンタル移籍を望むかは不透明であり、その去就が注目されている。 2024.02.20 10:40 Tue

エリクセンはユナイテッド残留へ、ガラタサライから関心も移籍の意思なし

移籍が噂されたマンチェスター・ユナイテッドのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(31)だが、残留する見通しとなったようだ。 エリクセンは2020年夏にユナイテッドへ加入すると、 エリク・テン・ハグ監督体制1年目のチームの主力に定着。しかし、今シーズンは序列が低下しており、ここまで公式戦19試合に出場するもプレミアリーグでの先発は9試合にとどまっている。 リーグ戦直近2試合はベンチ入りするも出番がなかったエリクセンに対しては、9日まで移籍市場が開いているスュペル・リグ(トルコ1部)のガラタサライが関心。買い取りオプションの付随した半年間のレンタル移籍を模索中と報じられていた。 しかし、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、エリクセンは少なくとも今冬にユナイテッドを離れる意思はないとのこと。選手はユナイテッドに満足しており、残るシーズンに集中する姿勢を見せているようだ。 ガラタサライはラツィオの日本代表MF鎌田大地(27)にも関心を示していることから、エリクセンの決断を受けてどのような動きを見せるかが注目されている。 2024.02.08 16:45 Thu

鎌田大地はまだトルコ行きの道が? 今年に入り5試合連続出番なしで立場がぐらつく

ヨーロッパの主要リーグの移籍市場が終了。その中で、去就に注目が集まっているのがラツィオの日本代表MF鎌田大地(27)だが、やはりトルコへ移籍する可能性が残されているという。 昨シーズン限りでフランクフルトを退団し、今シーズンからラツィオに完全移籍で加入した鎌田。今シーズンはセリエAで16試合1ゴール1アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)で5試合、コッパ・イタリアで1試合に出場している。 フランクフルトでの活躍、ヨーロッパの舞台での活躍が目に止まっての補強となったが、シーズン序盤こそ輝きを見せることもあったが、徐々に序列が低下。マウリツィオ・サッリ監督の信頼も徐々に薄れ出番も減少し、2024年は5試合連続でベンチで試合を見守ることとなっている。 明らかにチームの中での序列が低下しており、サッリ監督の下では加入当時に考えられたようなキャリアを歩めない可能性が非常に高まっている。 そんな中、まだ市場が開いているトルコへの移籍の可能性があるとのこと。中盤を補強したいガラタサライは、マンチェスター・ユナイテッドのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの獲得にも関心を示しているが、鎌田も諦めていないとのことだ。 9日まで市場が開いており、まだ時間は残されている状況。ラツィオでは当初思っていたキャリアにはなっていないが、どういう決断を下すだろうか。 2024.02.06 15:20 Tue

ガラタサライがエリクセン獲得に本腰、トルコ1部の移籍市場は9日まで

デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(31)が今冬中にマンチェスター・ユナイテッドを離れる可能性が排除できないようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 昨季加入でエリク・テン・ハグ監督体制1年目を力強く支えたエリクセン。2021年の心停止から見事にカムバックした稀代のプレーメーカーだが、今季に入って序列が低下し、2連勝の直近2試合もベンチで90分間過ごしている。 イングランドをはじめとする欧州5大リーグはすでに今冬の移籍市場が閉じているが、スュペル・リグ(トルコ1部)は今月9日まで。エリクセンおよびユナイテッドは水面下でガラタサライとの協議に臨んでいるとのことだ。 スュペル・リグ2連覇を目指すガラタサライは、現在“宿敵”首位フェネルバフチェと勝ち点「63」で並んで2位。激しいデッドヒートを繰り広げており、現場への後押しとしてエリクセンの半年レンタルを目論んでいるようだ。そこには買い取りオプションの付帯も睨んでいるという。 また、9日までの交渉成立が厳しいと判断すれば、今季終了後の完全移籍獲得に向けた提案に移行する方針とのこと。ガラタサライは今冬フランス人DFサシャ・ブイ、DRコンゴ代表FWセドリック・バカンブを計3500万ユーロ(約55億8000万円)で売却…金庫がかなり潤っているとされる。 2024.02.06 13:20 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly