エンポリ、ユベントスからMFラノッキアをレンタルで獲得!昨季はモンツァでプレー

2023.07.18 06:30 Tue
Getty Images
エンポリは17日、ユベントスからイタリア人MFフィリッポ・ラノッキア(22)をレンタル移籍で獲得した。

ペルージャの下部組織で育ったセントラルMFのラノッキアは、2019年1月にユベントスの下部組織に移籍。2018-19シーズンはそのままペルージャにレンタルされると、当時の指揮官であったアレッサンドロ・ネスタ監督に見いだされ、弱冠17歳ながらトップチームデビューを飾った。
ユベントスに復帰した2020-21シーズンは、BチームであるU-23ユベントスに昇格すると、セントラルMFの主力として公式戦31試合に出場し4ゴール3アシストを記録。2021-22シーズンはセリエBのヴィチェンツァにレンタル移籍し、リーグ戦30試合に出場した。

この活躍が認められ、昨シーズンはクラブ史上初のセリエA参戦となったモンツァにレンタル移籍。しかし、マッテオ・ペッシーナニコロ・ロベッラステファノ・センシらレギュラー陣の壁は厚く、公式戦16試合出場でわずか671分のプレータイムにとどまっていた。

フィリッポ・ラノッキアの関連記事

ユベントス行きが迫るリールのポルトガル代表DFチアゴ・ジャロ(23)だが、移籍完了まであと少しかかるようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 昨年3月に負った右ヒザ前十字じん帯断裂からの復帰を目指しているものの、ユベントスやインテルからの関心が取り沙汰されていたジャロ。インテルが今夏にフリーで獲得を目指した一方、この1月から動いたユベントスは移籍金300万ユーロ(約4億8000万円)+アドオン+リセール時の移籍金10%譲渡という条件でリールと合意に達した。 ジャロは契約を完了させるため、今週中にイタリアへ到着する見込みだったというが、その予定が数日ほど延期になっている模様。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ユベントスは経営面における「流動比率」に問題を抱えており、新たな選手と契約する前に選手を売却する必要があるという。 現在はエンポリへ貸し出しているイタリア人DFフィリッポ・ラノッキア(22)のパレルモへの売却を進めており、交渉が最終段階にあるとのこと。また、かつてユベントスに所属していたルーマニア代表DFラドゥ・ドラグシン(21)がジェノアからトッテナムへ移籍したことで、売却条項を盛り込んでいたユベントスに移籍金の20%が加算されるという。 この2つを合わせてようやくジャロ獲得が可能になるユベントスは19日から来週始めにかけての決着が目標に。選手本人もその間にトリノへやってくるようだ。 2024.01.18 13:06 Thu
ユベントスは20日、U-21イタリア代表MFフィリッポ・ラノッキア(21)と2026年6月まで契約を延長したことを発表した。 ペルージャの下部組織で育ったセントラルMFのラノッキアは2019年冬にユベントスに加入。昨季はセリエBのヴィチェンツァにレンタル移籍し、リーグ戦30試合に出場し、主力としてプレーしていた。 なお、イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』によればラノッキアは新シーズン、モンツァに買い取りオプション付きのレンタルで移籍することになるとのことだ。 2022.07.21 00:00 Thu
ユベントスがカリアリに所属するウルグアイ代表MFナイタン・ナンデス(26)の獲得を目指しているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。 ナンデスは2019年8月にボカ・ジュニアーズからカリアリへと加入。豊富な運動量や献身的な守備をベースとしたセントラルハーフ、もしくは右サイドハーフで、ウルグアイ代表でも主力選手の1人として通算49試合0得点を記録している。 今シーズンは新型コロナウイルス感染やケガの影響により、公式戦22試合の出場にとどまったナンデス。クラブもセリエB降格が決まり、過去にもユベントスを含めたセリエAの上位クラブやプレミアリーグ行きがたびたび囁かれてきたことからも、3シーズンを過ごしたカリアリをいよいよ離れるのではないかとみられている。 『カルチョ・メルカート』によると、スカッドの刷新を目論むユベントスはすでにカリアリとの交渉に乗り出しており、ナンデス獲得のために必要となる移籍金は1500万ユーロ(約21億1000万円)前後とのことだ。 これに対し、ユベントスはU-23チームに所属する選手らを譲渡することで移籍金の引き下げを図りたいようだ。今シーズン、1年レンタルで加入したセリエCのパレルモで公式戦47試合29得点を挙げたブラジル人FWマッテオ・ブルノーリ(27)や、セリエBのヴィチェンツァに1年レンタルで在籍したU-21イタリア代表MFフィリッポ・ラノッキア(21)が候補に挙げられている。 2022.06.17 14:50 Fri

記事をさがす

フィリッポ・ラノッキアの人気記事ランキング

1

ユーベがカリアリMFナンデスを再び獲得へ? 選手譲渡で移籍金引き下げを狙う

ユベントスがカリアリに所属するウルグアイ代表MFナイタン・ナンデス(26)の獲得を目指しているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。 ナンデスは2019年8月にボカ・ジュニアーズからカリアリへと加入。豊富な運動量や献身的な守備をベースとしたセントラルハーフ、もしくは右サイドハーフで、ウルグアイ代表でも主力選手の1人として通算49試合0得点を記録している。 今シーズンは新型コロナウイルス感染やケガの影響により、公式戦22試合の出場にとどまったナンデス。クラブもセリエB降格が決まり、過去にもユベントスを含めたセリエAの上位クラブやプレミアリーグ行きがたびたび囁かれてきたことからも、3シーズンを過ごしたカリアリをいよいよ離れるのではないかとみられている。 『カルチョ・メルカート』によると、スカッドの刷新を目論むユベントスはすでにカリアリとの交渉に乗り出しており、ナンデス獲得のために必要となる移籍金は1500万ユーロ(約21億1000万円)前後とのことだ。 これに対し、ユベントスはU-23チームに所属する選手らを譲渡することで移籍金の引き下げを図りたいようだ。今シーズン、1年レンタルで加入したセリエCのパレルモで公式戦47試合29得点を挙げたブラジル人FWマッテオ・ブルノーリ(27)や、セリエBのヴィチェンツァに1年レンタルで在籍したU-21イタリア代表MFフィリッポ・ラノッキア(21)が候補に挙げられている。 2022.06.17 14:50 Fri

エンポリの人気記事ランキング

1

インテルのU-21イタリア代表FWエスポージトが今季はエンポリに武者修行…昨季はセリエBで22試合6ゴール6アシスト

エンポリは17日、インテルのU-21イタリア代表FWセバスティアーノ・エスポージト(22)が買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入することを発表した。 エスポージトは、インテルのユース出身で、2019年7月にファーストチームに昇格。SPALやヴェネツィア、バーゼル、アンデルレヒト、バーリと武者修行を繰り返した。 インテルではこれまで公式戦通算15試合に出場し1ゴールを記録していた。 2023-24シーズンはサンプドリアへとレンタル移籍。セリエBで22試合に出場し6ゴール6アシストを記録していた。 買い取り義務の可能性もあったレンタル移籍だったが、インテルへと復帰。エンポリで再び武者修行を続ける。 2024.07.18 08:05 Thu
2

ボローニャがFWカンビアギを獲得、昨季まではレンタル先のエンポリでプレー

ボローニャは12日、アタランタのイタリア人FWニコロ・カンビアギ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2029年6月までの5年間。移籍金は1000万ユーロ(約17億2000万円)とのことだ。 アタランタの下部組織出身である走力に長けたセカンドストライカーのカンビアギは、2022年夏からエンポリにレンタル。在籍2シーズンで公式戦66試合出場8ゴール7アシストを記録していた。 ラツィオやジェノアも獲得に興味を示していたようだが、チャンピオンズリーグに出場するボローニャが獲得を決めた。 2024.07.13 08:00 Sat
3

カリアリがエンポリの主将DFルペルトを獲得! ダビデ・ニコラ監督に続く

カリアリは8日、イタリア人DFセバスティアーノ・ルペルト(27)のエンポリからの完全移籍を発表した。契約期間は2028年6月までとなる。 故郷のレッチェでキャリアをスタートした191cm左利きセンターバックのルペルト。ナポリの下部組織へ移ると2015年5月にセリエAデビューを果たし、その後はエンポリやクロトーネなどへのレンタル移籍を繰り返した。 2022年夏にはエンポリへ3度目のレンタル移籍。2023-24シーズンは完全移籍へと切り替わり、キャプテンとしてセリエAの38試合全てに先発した。 レンタル時代も含めるとエンポリには通算4シーズン在籍。公式戦129試合5ゴールを記録した。 なお、カリアリはエンポリを奇跡の残留に導いたダビデ・ニコラ氏を新監督として招へい。ルペルトはニコラ氏の後を追う形でのカリアリ入りとなった。 2024.07.09 11:02 Tue
4

デ・ケテラエル、オリジ、マルディーニ…ミラン“買取OP付き"レンタル放出組の将来は?

ミランが買い取りオプション付きのレンタル移籍で放出している選手たち。イタリア『カルチョメルカート』が、彼らがレンタル先で得ているという評価をレポートした。 低迷とまでは言い切れずも、うだつの上がらない日々が続くミラン。セリエAは3位でチャンピオンズリーグ(CL)圏内と最低限の結果を残しているが、その一方、今シーズンのCLではグループ最終節1試合を残して4位…ラウンド16進出が厳しい状況となっている。 また、ここ最近はDFマリック・チャウやDFピエール・カルルら最終ラインに故障者が続出しており、直近のゲームでは世界最高峰の左サイドバックであるDFテオ・エルナンデスをセンターバック起用…即戦力センターバックは現状、DFフィカヨ・トモリただ1人しかいない。 そんな状況下、ビジャレアルに貸し出し中のDFマッテオ・ガッビアを来年1月でレンタル契約を打ち切り、ミラノへ呼び戻すのではないかという報道も。 その一方、『カルチョメルカート』は、ミランが買い取りオプション(買取OP)付きの1年レンタルで貸し出している選手たちのレンタル先での評価をレポートする。 まずはアタランタへ貸し出したベルギー代表FWチャールズ・デ・ケテラエル(22)。契約は買取OP2300万ユーロ(約36億円)+ボーナス400万ユーロ(約6億2000万円)、将来のリセール時にミランが移籍金の10%を得る…となっており、アタランタとしてはミランとの値引き交渉こそ視野に入れつつも、買い取りには非常に前のめりだという。 ボローニャへ貸し出したのはベルギー代表MFアレクシス・サーレマーケルス(24)。買取OP900万ユーロ(約14億1000万円)というなか、こちらもボローニャ側が値引きを望みつつも、買い取りそのものには前向きで、今季終盤からミラン&選手との本格協議を始めるとみられている。 ブラジル人MFジュニオール・メシアス(32)はジェノアへ1年レンタル。こちらは250万ユーロ(約3億9000万円)の買取OPが一定条件を満たせば買い取り義務に変化する契約となっており、近々これが実現することになると考えられている。ミランは来夏で250万ユーロをゲットだ。 “マルディーニ3世”イタリア人FWダニエル・マルディーニ(22)はエンポリで奮闘中。500万ユーロ(約7億8000万円)の買取OPだというが、ケガで今季頭から10月中旬まで離脱していたため、まだまだ先は見通せず…現段階ではミラノ帰還orエンポリ完全移籍…どちらとも言えないようだ。 一方で、来夏でミランに帰ってきそうなのがベルギー代表FWディヴォク・オリジ(28)。ノッティンガム・フォレストへのレンタルで慣れ親しんだイングランドに帰還も、8試合0得点と全く結果を残せておらず、中堅クラブにとってはそこそこ高額な年俸400万ユーロ(約6億2000万円)ということもあり、ミラン帰還の現実味が増しているようだ。 なお、他にもDFバロ・トゥーレやFWロレンツォ・コロンボを買取OP付きのレンタル移籍で貸し出し中のミラン。仮に全員の買取OPが先方のクラブによって行使された場合、実に4000万ユーロ(約62億5000万円)が懐に入ってくるとのことだ。 2023.12.07 20:00 Thu
5

ぎりぎり残留のエンポリ、ペッツェッラ&グラッシと契約更新!

エンポリは8日、イタリア人DFジュゼッペ・ペッツェッラ(26)と同MFアルベルト・グラッシ(29)の契約更新を発表した。両選手とも1年延長オプション付きの2026年夏までとなる。 両選手とも世代別のイタリア代表歴を持ち、ペッツェッラが2023年夏から、グラッシが2022年夏からエンポリでプレーする。 昨季は左サイドバックのペッツェッラが公式戦20試合、ディフェンシブMFのグラッシが28試合(1アシスト)に出場した。 エンポリは昨季のセリエAを17位フィニッシュで残留。新シーズンからはロベルト・ダヴェルサ監督が指揮を執る。 2024.07.09 11:40 Tue

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly