ベーリー買収ストラスブールに監督交代の可能性? サン=ジロワーズ前指揮官ゲレツが後任候補に

2023.06.25 16:31 Sun
Getty Images
先日にトッド・ベーリー氏率いる『BlueCo』による買収が発表されたストラスブールに監督交代の可能性が浮上している。フランス『レキップ』が報じている。

昨年5月にチェルシーを買収したコンソーシアムの『BlueCo』。ベーリー氏は以前からマルチクラブ・オーナーシップへの関心を公にしており、その言葉通りにストラスブールを買収した。
その買収発表ではマルク・ケラー会長を含む現経営陣に当面の運営を任せる意向を示していたが、若手選手が経験を積む場を増やしたいという構想を実現すべく、早くも現場介入を試みるようだ。

ストラスブールは今シーズン、成績不振を理由にジュリアン・ステファン前監督を解任。その後任に指名されたフレデリック・アントネッティ監督は、降格圏の17位に低迷していたチームを最終的に15位でフィニッシュさせて残留に導いた。

そのフランス人指揮官との契約はあと1年残っているが、『BlueCo』は若手起用にやや消極的な指揮官のスタイルを懸念し、新指揮官の招へいに動いている模様だ。
そして、現在有力な後任候補に挙がっているのが、今シーズン限りでユニオン・サン=ジロワーズの指揮官を退任したカレル・ゲレツ氏だ。

フェリス・マッズ氏の副官を務めていたゲレツ氏は、マッズ氏が退任した昨夏にサン=ジロワーズの指揮官に就任。今季はレギュラーシーズンを首位ヘンクと同勝ち点の2位で通過すると、プレーオフ1でも最後まで熾烈な優勝争いを繰り広げた。

また、初参加となった欧州カップ戦では、チャンピオンズリーグこそ予選敗退となったが、ヨーロッパリーグではウニオン・ベルリンやブラガらと同居したグループDを首位で突破し、ベスト8に導いていた。

現時点でGK川島永嗣、MF鈴木唯人の日本人選手2人の去就は不明だが、今季のサン=ジロワーズでDF町田浩樹を指導したゲレツ氏の招へいは去就に影響を及ばす可能性もありそうだ。

トッド・ベーリーの関連記事

マンチェスター・ユナイテッドが首脳陣の陣容を固めている。『The Athletic』が報じた。 ジム・ラトクリフ新共同オーナーの下、チームだけでなくクラブ全体のテコ入れを図っているユナイテッド。1日には、ニューカッスルとの交渉が難航していたダン・アシュワース氏のスポーツ・ディレクター(SD)就任を発表した。 ここに加わると見られるのが、以前チェルシーでテクニカル・ディレクター(TD)を務めていたクリストファー・ヴィヴェル氏(37)。今夏の移籍市場における助っ人として、ひとまず短期間の契約を結ぶという。 ヴィヴェル氏はタレントの発掘や選手のリクルートに関する専門知識を提供。また、複数クラブをモデルとした運営知識を持ち込むことも期待されている。 かつてはホッフェンハイムでスカウトや分析官を務め、2015年11月からはRBライプツィヒのTDとして、全年齢層を対象としたリクルートやスカウティングを担当。レッドブル社のサッカー部門全体のチーム作りと人材採用も担っていた。 チェルシーのTDには2022年12月に就任。2022年5月からオーナーとなったトッド・ベーリー氏に代わり業務をこなしていたが、わずか半年余りの2023年7月に袂を分かっていた。 2024.07.02 22:27 Tue
選手売却の必要性が報じられていたチェルシーだが、今夏はその心配がないかもしれない。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 トッド・ベーリー新体制移行後の常軌を逸した補強策により、プレミアリーグの利益と持続可能性に関する規則(PSR)の違反の可能性が取り沙汰されるチェルシー。来シーズンの勝ち点剥奪の可能性も見込まれ、選手売却によって6月30日までに収支を均衡させる必要があるとされていた。 しかし、チェルシーはこの説を否定しているとのこと。期限は来年の夏までで、今月中に無理な売却を行う必要はないという。 売却候補に挙がっていたのは、獲得コストがゼロで売却益をすべて収入に計上できるホームグロウン選手。イングランド代表MFコナー・ギャラガー(24)やイングランド人DFトレヴォ・チャロバー(24)ら生え抜きが対象と見られていたが、放出を避けられる可能性が出てきた。 2024.06.08 12:02 Sat
チェルシーはエンツォ・マレスカ監督の希望を叶えるため、新たなゴールキーパーを獲得する可能性があるようだ。 昨夏に就任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督と袂を分かち、新たにレスター・シティからマレスカ監督を迎えたチェルシー。トッド・ベーリー氏がオーナーに就任して以来、多額の資金を市場に投下し続けているが、今夏も指揮官のスタイルに合った選手の確保に動くと見られている。 そんな中、イギリス『ミラー』によると、マレスカ監督の戦術において重要な役割を担うゴールキーパーの獲得に動いている模様。指揮官はビルドアップ能力に秀でた選手を熱望しており、ラス・パルマスのスペイン人GKアルバロ・バジェス(26)が有力な候補になっているようだ。 レアル・ベティスの下部組織出身であるバジェスは、2019年にラス・パルマスへ加入。今シーズンはラ・リーガで37試合に出場しており、守護神としてチームを支えた。 チェルシーはバジェスのスイーパーキーパーとしてのクオリティを高く評価。マレスカ監督の戦術に合致する存在として、関心を深めている模様だ。 なお、バジェス獲得を決めた場合には、スペイン代表GKロベルト・サンチェスが売却される見通しに。いずれにしても、マレスカ監督の意向次第で夏には大きな動きを見せる可能性がある。 2024.06.04 18:30 Tue
チェルシーのイングランド代表MFコナー・ギャラガー(24)は、やはり今夏売却される可能性が高いようだ。イギリス『インデペンデント』が報じている。 トッド・ベーリー新体制移行後の常軌を逸した補強策によって、プレミアリーグの利益と持続可能性に関する規則(PSR)の違反の可能性が盛んに取り沙汰されるチェルシー。 その違反によっては来シーズンの勝ち点剥奪も見込まれる中、クラブは6月30日までに主力数選手の売却によって収支を均衡させる必要がある。その中で獲得コストがゼロで、売却益をすべて収入に計上できるホームグロウン選手の売却は必須事項とみられる。 そして、予てより約5000万ポンド(約99億6000万円)程度の金額での売却が可能なギャラガーは、有力な売却候補となっている。 前指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ監督は中盤の絶対的な主力、ゲームキャプテンを務めたダイナモの残留をクラブに強く求めていたが、クラブ首脳陣はファン・サポーターの反発を押し切ってでもギャラガーの売却を強硬に主張。その意見の相違がアルゼンチン人指揮官の退任の大きな要因のひとつとも言われる。 ギャラガーは依然としてブルーズ残留を希望しているものの、現状では泣く泣くクラブを去る以外に選択肢はないようだ。 そういった中、現在同選手に対してはアストン・ビラ、トッテナムの国内2クラブに加え、バイエルンやサウジアラビアからも関心が寄せられている。 とりわけ、ウナイ・エメリ監督がその能力を高く評価するアストン・ビラは、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を交渉材料にギャラガー本人を口説き落としたい考えだ。 対して1年前から獲得に動いているトッテナムは、アンジェ・ポステコグルー監督の下でのエキサイティングなプロジェクトと、才能豊かなスカッドという環境面によって、より選手の能力を引き上げられるという部分やクラブとしての競争力という部分で争奪戦を制したいと考えているようだ。 2024.05.30 17:10 Thu
リバプールを退任したユルゲン・クロップ監督は、他クラブと比較して忍耐強さを持っていたオーナーへの感謝を口にした。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 クロップ監督は2015年にリバプールの指揮官に就任すると、9シーズンにわたってチームを指揮。低迷するチームを立て直し多くのタイトルを獲得してきたが、今年1月にエネルギーの枯渇を理由に退任を表明した。 19日に行われたプレミアリーグ最終節でリバプールラストマッチを迎え、選手やスタッフ、多くのファンに惜しまれながらアンフィールドを去ったクロップ監督。その熱狂も冷めやらぬ28日には、リバプール市内のM&Sバンクアリーナで送別会が開催され、およそ11000人のファンが集まった。 その中で行われた質疑応答にて、クロップ監督は自身を信頼してくれたオーナー陣への感謝を表明。一方で、トッド・ベーリー会長の下で指揮官解任をくり返すチェルシーには、批判的な姿勢を見せている。 「リバプールが無限の資金を持つクラブであることを想像できるだろうか?例えば、キリアン・ムバッペ、ジュード・ベリンガム、アーリング・ハーランドがこのクラブに来たとしよう。それはもう我々ではない。そうしたスタイルは合わないのだ。我々はリバプール流のやり方で、タイトルを勝ち取った。我々は難しい話し合いを重ねてきたし、同時期に他クラブは同じことをしていなかった」 「我々は新しいスタンドを2つ建て、新しい練習場を作り、(旧練習場の)メルウッドを買い戻した。まぁ、そもそもメルウッド売却自体が良くないアイデアだったとも思うがね。ただ、オーナーはオーナーのやりたいことをやるし、お金を稼ぎたいんだ。そしてもちろん、彼らは稼いでいるだけではなく、何かに投資もしている」 「こうしたオーナーがいてくれることを、我々は幸せに思うべきだろう。ロンドンのクラブ(チェルシー)を買収した人たちではなくね。もし、チェルシーを買収した人間が上にいたら、私はリバプールで1年も生き残れなかっただろう」 「『素晴らしい成長だが十分ではない。クビにしろ』となっただろう。1年が経っても結局は『クビにしろ』となったかもしれない。実際、復活を期待できるようなフットボールをしても、彼らは(マウリシオ・ポチェッティーノ監督を)解任した」 「人々はいつだって隣の芝生が青く見えてしまうものだ。それでも、我々にはクラブに責任を感じ、成功のため懸命に働くオーナーがいる。私はサポートを感じていたし、だからこそできる限りのことをしてきたと思う。それで満足だ」 クロップ監督はリバプールに途中就任となった2015-16シーズン、プレミアリーグを8位で終えるとヨーロッパリーグ(EL)も決勝で敗退して欧州カップ出場権を得られず。理想的なスタートは切れなかったものの、クラブが不動の信頼を寄せ続けたことが後の成功の要因になったと指揮官自身も考えているようだ。 2024.05.29 13:50 Wed

ストラスブールの関連記事

ストラスブールは18日、パトリック・ヴィエラ監督(48)との契約解除を発表した。双方合意の下でのこととなる。 ヴィエラ監督は2023年7月にストラスブールの監督に就任。2023-24シーズンのリーグ・アンでは10勝9分け15敗の13位で終わっていた。 若手の成長をさせたヴィエラ監督は、3年契約を結んでおり、クラブとしては引き止めておきたかったが、今回は双方合意で契約解除となった。 ストラスブールは「我々はプロジェクトの第1段階でパトリックが成し遂げた仕事に対して感謝の意を表し、彼の今後の成功を祈っている。彼はいつでもクラブで歓迎されるだろう」とコメントしている。 2024.07.19 00:15 Fri
チェルシーがアトランタ・ユナイテッドからU-23アメリカ代表DFケイレブ・ワイリー(19)を獲得するようだ。 ワイリーは米国アトランタの出身で、地元のアトランタ・ユナイテッド・アカデミーから2022年に実質的なトップ昇格。サイドバックを中心に左サイド全般をこなし、19歳にしてMLS通算77試合出場を誇る。 パリ五輪が迫るU-23アメリカ代表に名を連ねており、先月にはU-23日本代表とのテストマッチに左サイドバックとして先発出場。また、昨年3月に18歳でA代表デビューも飾っている。 イギリス『90min』と『Athletic』によると、そんなワイリーをチェルシーが獲得へ。移籍金850万ポンド(約17.5億円)で交渉が成立したのち、24-25シーズンは系列クラブのストラスブールへレンタル移籍させる見通しだという。 7月初めにスタートしたアトランタとのクラブ間交渉はすでに合意へ向かっており、チェルシーにとってDFトシン・アダラバイヨやMFキーナン・デューズバリー=ホールらに続く、今夏6人目の補強となる可能性が高いようだ。 また、『90min』は、チェルシーはバーゼルのU-21ポルトガル代表MFレナト・ヴェイガ(20)、ボカ・ジュニアーズのアルゼンチン人DFアーロン・アンセルミーノ(19)獲得にも近づいていると伝えている。 2024.07.09 18:40 Tue
ボーフムは24日、ストラスブールからマリ代表MFイブラヒマ・シソコ(26)を完全移籍で獲得した。契約期間は2027年6月30日までとなる。 ボーフム加入の決まったイブラヒマ・シソコは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「ボーフムに来られて嬉しいよ。ブンデスリーガへの移籍はエキサイティングだ。ファンやスタジアムにとても興味があるし、新しい刺激を楽しみにしている。もちろん、できるだけ早く新しいチームのことを知り、共通の目標を達成する手助けをしたい」 ブレストの下部組織で育ったイブラヒマ・シソコは、2016年4月30日のエビアン戦でプロデビューを飾るも、その後はなかなか出場機会を得られず、2018年にストラスブールへ完全移籍。 ストラスブールでは、加入初年度から守備的MFの主力としてプレーすると、在籍5年間で公式戦198試合に出場し5ゴール14アシストを記録。今季も公式戦31試合に出場していた。 また、年代別のフランス代表に選出されてきたイブラヒマ・シソコだが、フル代表ではマリ代表を選出。昨年10月に行われたサウジアラビア代表との国際親善試合で代表デビューを飾った。 2024.06.25 08:30 Tue
元フランス代表FWケヴィン・ガメイロ(37)が10日、今季限りでのストラスブール退団を発表した。 セビージャやアトレティコ・マドリー、バレンシアで活躍した後、2021年夏にプロキャリアをスタートさせたストラスブールに復帰したガメイロ。 復帰初年度はリーグ・アンで11ゴールを挙げる活躍を見せ、昨季も10ゴールと衰えを見せない得点力を発揮していた。しかし今季は26試合の出場で4ゴールに終わっていた。 そのガメイロは会見にて「12日のホーム最終戦は僕にとって素晴らしい瞬間になると思う。プロキャリアを始めた時、復帰した時にたくさんの愛をくれたサポーターに感謝したい。現役が終わりに近づいている時に美しい冒険ができた。でも、これで終わりではないよ。今後数年、さらに他の経験をするためにストラスブールでの冒険を終わらせることにした」とサポーターへの感謝を込め、現役続行を告げた。 2024.05.11 08:00 Sat
スタッド・ランスの日本代表コンビが結果を残した。 13日、リーグ・アン第29節でスタッド・ランスはアウェイでストラスブールと対戦した。この試合では日本代表FW中村敬斗が先制ゴールを記録。先発出場した日本代表MF伊東純也のアシストを受けた。 開始8分、右サイドを伊東がドリブルで縦に仕掛けると、相手を置き去りにしてクロス。これをボックス内に飛び込んだ中村がヘッドで合わせ、幸先良くスタッド・ランスが先制した。 中村にとっては昨年12月20日のル・アブール戦以来、シーズン3点目となった。 これにはファンも「これは最高」、「兄弟感がすごい」、「これが見たかった!」、「完璧な2人のプレー」、「これはめっちゃ嬉しい」、「純也がキレキレだな」、「まじで声出た」と、待望のゴール、そして日本人コンビのゴールに沸いていた。 なお、試合はその後に逆転を許して敗戦となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】日本人コンビ発動!伊東純也の突破から中村敬斗がヘッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="gRBnGLTTxSI";var video_start = 62;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.14 19:35 Sun

リーグ・アンの関連記事

元フランス代表DFのマテュー・ドゥビュシー氏(38)が、古巣のリールで指導者キャリアをスタートすることになった。 レ・ブルーの一員として通算27キャップを刻んだ右サイドバックは、1993年にリールの下部組織に加入。2003年にファーストチームに昇格すると、2013年1月にニューカッスルへ移籍するまで20年の長きに渡って“レ・ドゲス”で活躍した。 その後、2014年7月にアーセナルへステップアップを遂げるもメインキャストには至らず、ボルドーへのレンタル移籍を経て2018年1月にサンテチェンヌへ完全移籍。2021年8月からヴァランシエンヌでプレーし、昨年限りで現役を引退していた。 リールの発表によると、11年半ぶりの古巣帰還を果たした38歳は、リザーブチームを率いるステファン・ピショ監督のアシスタントに就任。また、アカデミー全体の指導にも携わり、リールの若き才能に現役時代の経験、プロフェッショナルとしての価値観、クラブのDNAを伝えることになる。 2024.07.19 14:00 Fri
日本代表MF伊東純也とMF中村敬斗が所属するスタッド・ランスは18日、U-18フランス代表GKマティス・モルヴィル(18)との契約延長を発表した。 セネガルにもルーツを持つモルヴィルは、オセールの下部組織育ちで、2023年7月にスタッド・ランスのU-19チームに加入した。 U-18フランス代表にも招集されたことのあるモルヴィル。プロデビューは果たしていないものの、将来性を買われての契約延長となった。なお、フランス5部を戦うスタッド・ランスBでのプレーがメインとなる。 モルヴィルの父親は、ディディエ・モルビル。フランス出身のラッパーでジョーイ・スターの名前で活動。クール・シェンと共にヒップホップバンド「Suprême NTM(シュプレームNTM)」を結成。1998年にリリースされたアルバム「Suprême NTM」は80万枚を売り上げるヒット作となった。 <span class="paragraph-title">【写真】スタッド・ランスでプレーするモルヴィル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"></a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Pro2?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Pro2</a></p>&mdash; Stade de Reims (@StadeDeReims) <a href="https://twitter.com/StadeDeReims/status/1813883937267368401?ref_src=twsrc%5Etfw">July 18, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.19 11:50 Fri
マンチェスター・ユナイテッドが次なるターゲットにも動いているようだ。 チームが新シーズンに向けて始動したなか、オランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)に続いて、U-23フランス代表DFレニー・ヨロ(18)を獲得したユナイテッド。アタッカーにセンターバックと補強を成功させ、ここまで順調ぶりがうかがえる。 そんな赤い悪魔が次に補強を考えるとされるのが中盤。そのポジションはイングランド代表MFコビー・メイヌーを軸に回るだろうが、守備的MFとしてパリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表MFマヌエル・ウガルテ(23)を狙っているといわれる。 ウガルテもユナイテッドと紐づいた当初からチャンピオンズリーグ(CL)に出られずともこの移籍に前向きとされるなか、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏の最新情報によると、個人合意に。クラブ間での交渉が継続中という。 他クラブの問い合わせもあるというが、ユナイテッドとの話がここまでスムーズに進むのは代理人がヨロと同じくジョルジュ・メンデス氏なのが大きく、成立するかどうかはもはやクラブ間次第とみられる。 ただ、ユナイテッドはウガルテの獲得話を進めるなかで、中盤の整理を迫られるとのことで、ブラジル代表MFカゼミロ(32)か、スコットランド代表MFスコット・マクトミネイ(27)の売却を検討しているそうだ。 スポルティングCPでは日本代表MF守田英正もプレーしたウガルテ。昨季がPSG加入1年目で、公式戦37試合で3アシストをマークしたが、限定的な出場も多く、微妙な立ち位置となっている。一方の代表では先日までコパ・アメリカ2024に参戦。ベストイレブンに輝いた。 2024.07.19 11:30 Fri
リヨンは18日、メスのジョージア代表FWジョルジュ・ミカウタゼ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2028年6月までの4年間で、移籍金はフランス『レキップ』によると1850万ユーロ(約31億7000万円)とのこと。 メスでプロデビューを飾ったストライカーのミカウタゼは、2022-23シーズンにリーグ・ドゥで23ゴールをマークしてブレイク。ベルギーのスランへのレンタルを経て2023年8月にアヤックスに完全移籍していた。 しかし出番に恵まれず、昨季後半はレンタル先のメスでリーグ・アン20試合出場13ゴール4アシストの結果を残していた。 そして先のユーロ2024では4試合3ゴール1アシストを記録し、初出場ジョージア代表の16強入りに大きく貢献していた。 この活躍を受けてメスは1300万ユーロ(約22億5000万円)の買い取りオプションを行使。その後、モナコと2000万ユーロ(約34億6000万円)+ボーナス500万ユーロ(約8億6000万円)の条件でクラブ間合意に達していたが、ミカウタゼが拒否し、ユース時代を過ごした古巣リヨン加入となった。 リヨンでは元フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(33)が今夏パリ五輪に出場することに加え、契約が残り1年となっており、新たな得点源としてミカウタゼの復帰が求められていた。 2024.07.19 07:30 Fri
マルセイユは18日、マンチェスター・ユナイテッドの元イングランド代表FWメイソン・グリーンウッド(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2029年6月までの5年間で、移籍金はイギリス『BBC』によるとアドオン400万ユーロを含む総額3160万ユーロ(約54億2000万円)とのこと。 ユナイテッドでキャリアをスタートし、2019-20シーズンにはプレミアリーグで10ゴールをマークしたグリーンウッド。ユナイテッドでの輝かしいキャリアが待っているかと思われたが、2022年1月の恋人に対する強姦と暴行容疑による逮捕でプレー機会を失っていた。 そんな中、昨夏レンタルで移籍したヘタフェで復活。公式戦36試合で10得点6アシストと活躍していた。 マルセイユサポーターによる加入反対運動があったものの移籍を決めたグリーンウッドは以下のように話した。 「マルセイユはフランスでとても大きなクラブ。フランスで唯一チャンピオンズリーグを優勝したクラブだね。素晴らしい歴史とサポーターを持っている。新監督のデ・ゼルビとも話した。彼が率いるブライトンを見ていたから彼のことは少しわかっている。楽しいサッカーをしていたからマルセイユで彼の下、プレーできることを楽しみにしているよ」 また、加入反対運動があったことについては「もちろん、その論争があったことは承知している。でもいかなる論争にも巻き込まれたくない。僕は昨年8月、自分の想いを声明に出している。パートナーとは夫婦として関係を再構築し、女児を授かった。前を見てマルセイユでの冒険を始めたいと思っている」と過去のスキャンダルと向き合い、マルセイユでの活躍を誓った。 2024.07.19 07:00 Fri

記事をさがす

トッド・ベーリーの人気記事ランキング

1

新SD就任のユナイテッド、今夏の補強に向けた助っ人も…ライプツィヒやチェルシーでTD務めたヴィヴェル氏と短期契約へ

マンチェスター・ユナイテッドが首脳陣の陣容を固めている。『The Athletic』が報じた。 ジム・ラトクリフ新共同オーナーの下、チームだけでなくクラブ全体のテコ入れを図っているユナイテッド。1日には、ニューカッスルとの交渉が難航していたダン・アシュワース氏のスポーツ・ディレクター(SD)就任を発表した。 ここに加わると見られるのが、以前チェルシーでテクニカル・ディレクター(TD)を務めていたクリストファー・ヴィヴェル氏(37)。今夏の移籍市場における助っ人として、ひとまず短期間の契約を結ぶという。 ヴィヴェル氏はタレントの発掘や選手のリクルートに関する専門知識を提供。また、複数クラブをモデルとした運営知識を持ち込むことも期待されている。 かつてはホッフェンハイムでスカウトや分析官を務め、2015年11月からはRBライプツィヒのTDとして、全年齢層を対象としたリクルートやスカウティングを担当。レッドブル社のサッカー部門全体のチーム作りと人材採用も担っていた。 チェルシーのTDには2022年12月に就任。2022年5月からオーナーとなったトッド・ベーリー氏に代わり業務をこなしていたが、わずか半年余りの2023年7月に袂を分かっていた。 2024.07.02 22:27 Tue
2

チェルシーがランパードの暫定監督就任を正式発表! シーズン終了までを託すオーナー「残りの全試合で可能な限り最高の結果を」

チェルシーは6日、今シーズン終了までの暫定指揮官にフランク・ランパード氏(44)を招へいしたことを発表した。 2日、チェルシーは成績不振を理由にシーズン途中にブライトン&ホーヴ・アルビオンから引き抜いたグレアム・ポッター監督を解任。コーチのブルーノ・サルトール氏が暫定指揮を執り、4日にはリバプール戦を戦っていた。 新監督を探す中で、早急に決めることを避けたいチェルシー。一方で、チャンピオンズリーグ(CL)のタイトルが残っており、プレミアリーグでもできるだけ上位でのフィニッシュを目指したいなか、指揮経験がほとんどないサルトール氏に任せることもできないことから、ランパード氏の一時的な就任が報じられていた。 チェルシーは6日に正式発表。オーナーのトッド・ベーリー氏がコメントしている。 「フランクをスタンフォード・ブリッジに迎えられることを嬉しく思う。フランクはプレミアリーグの殿堂入りした選手であり、このクラブのレジェンドだ」 「監督を招へいするための徹底的なプロセスを継続する中で、クラブとファンに残りシーズンの明確で安定した計画を提供したいと考えた」 「我々はあらゆる成功のチャンスを自分たちに与えたいと考えており、フランクは我々をフィニッシュラインに導くために必要な、全ての特性と資質を備えている」 「土曜日にウルブスとの重要な試合があり、来週はマドリードで行われるチャンピオンズリーグ準々決勝に注意を向ける。残りの全ての試合で可能な限り最高の結果を得ることを目指しており、我々は皆、フランクを全面的にサポートするつもりだ」 ランパード氏は、現役時代はレジェンドとしてプレーし、プレミアリーグで3度の優勝、チャンピオンズリーグでも優勝経験がある。また、引退後の2019年7月から2021年1月までチェルシーを指揮し、タイトルこそ獲得できなかったが、FAカップ決勝に導いていた。 2023.04.06 21:59 Thu
3

チェルシーのヴィヴェルTDがわずか半年余りで退団へ…“ガーデニング休暇”ですでに選手補強には関与せず

チェルシーのテクニカルディレクター(TD)を務めるクリストファー・ヴィヴェル氏が、就任からわずか半年余りでクラブを去ることになった。イギリス『フットボール・ロンドン』など複数メディアが報じている。 昨年5月にトッド・ベーリー氏を筆頭とするコンソーシアムに買収され、新たな時代の幕を開いたチェルシー。昨夏から今夏までの3度の移籍市場で巨額の資金を投下してきたが、昨シーズンは屈辱のプレミアリーグ12位フィニッシュなど、思うように結果を残せていない。 そういった中、昨年12月からベーリー氏に代わってTDを務めていたヴィヴェル氏が、早くもクラブを去ることが決定した。 ヴィヴェル氏はチェルシーに引き抜かれるまでRBライプツィヒのTDを務めていた人物で、全年齢層を対象としたリクルートとスカウティングを担当。また、レッドブル社のサッカー部門全体のチーム作りと人材採用も担っていた。 リクルート部門の責任者探しに奔走していたベーリー氏が、最初に招へいを決断したこともあり、今後のブルーズで重要な役割を担っていくかに思われたが、クラブはヴィヴェル氏と袂を分かつ決断を下したという。 現在、ヴィヴェル氏は“ガーデニングリーブ[高位の退職者が競合会社(クラブ)に転職(移籍)する際、元の会社(クラブ)が即座の転職(移籍)を阻止するために与える有給の長期休暇]”に入っており、退団が決定的な状態にある。 これを受け、クラブは共同スポーツディレクター(SD)のポール・ウィンスタンレイ氏とローレンス・スチュワート氏がリクルート部門のすべてを監督するというより大きな責任を担うことになるようだ。 2023.07.22 15:36 Sat
4

リバプール退任のクロップがオーナーに感謝、一方で解任連発のチェルシー上層部をチクリ「彼らが上にいたら私は1年も生き残れなかった」

リバプールを退任したユルゲン・クロップ監督は、他クラブと比較して忍耐強さを持っていたオーナーへの感謝を口にした。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 クロップ監督は2015年にリバプールの指揮官に就任すると、9シーズンにわたってチームを指揮。低迷するチームを立て直し多くのタイトルを獲得してきたが、今年1月にエネルギーの枯渇を理由に退任を表明した。 19日に行われたプレミアリーグ最終節でリバプールラストマッチを迎え、選手やスタッフ、多くのファンに惜しまれながらアンフィールドを去ったクロップ監督。その熱狂も冷めやらぬ28日には、リバプール市内のM&Sバンクアリーナで送別会が開催され、およそ11000人のファンが集まった。 その中で行われた質疑応答にて、クロップ監督は自身を信頼してくれたオーナー陣への感謝を表明。一方で、トッド・ベーリー会長の下で指揮官解任をくり返すチェルシーには、批判的な姿勢を見せている。 「リバプールが無限の資金を持つクラブであることを想像できるだろうか?例えば、キリアン・ムバッペ、ジュード・ベリンガム、アーリング・ハーランドがこのクラブに来たとしよう。それはもう我々ではない。そうしたスタイルは合わないのだ。我々はリバプール流のやり方で、タイトルを勝ち取った。我々は難しい話し合いを重ねてきたし、同時期に他クラブは同じことをしていなかった」 「我々は新しいスタンドを2つ建て、新しい練習場を作り、(旧練習場の)メルウッドを買い戻した。まぁ、そもそもメルウッド売却自体が良くないアイデアだったとも思うがね。ただ、オーナーはオーナーのやりたいことをやるし、お金を稼ぎたいんだ。そしてもちろん、彼らは稼いでいるだけではなく、何かに投資もしている」 「こうしたオーナーがいてくれることを、我々は幸せに思うべきだろう。ロンドンのクラブ(チェルシー)を買収した人たちではなくね。もし、チェルシーを買収した人間が上にいたら、私はリバプールで1年も生き残れなかっただろう」 「『素晴らしい成長だが十分ではない。クビにしろ』となっただろう。1年が経っても結局は『クビにしろ』となったかもしれない。実際、復活を期待できるようなフットボールをしても、彼らは(マウリシオ・ポチェッティーノ監督を)解任した」 「人々はいつだって隣の芝生が青く見えてしまうものだ。それでも、我々にはクラブに責任を感じ、成功のため懸命に働くオーナーがいる。私はサポートを感じていたし、だからこそできる限りのことをしてきたと思う。それで満足だ」 クロップ監督はリバプールに途中就任となった2015-16シーズン、プレミアリーグを8位で終えるとヨーロッパリーグ(EL)も決勝で敗退して欧州カップ出場権を得られず。理想的なスタートは切れなかったものの、クラブが不動の信頼を寄せ続けたことが後の成功の要因になったと指揮官自身も考えているようだ。 2024.05.29 13:50 Wed
5

「本当に高くついた失敗」1000億円補強も無冠確定のチェルシー、オーウェン氏が無謀なチーム構成を痛烈批判「数年間問題を抱えることになる」

元イングランド代表FWマイケル・オーウェン氏が、踏んだり蹴ったりのチェルシーに辛辣なコメントを残した。 今シーズンからトッド・ベーリー氏がオーナーに就任したチェルシー。すると、夏と冬の2度の移籍市場で、総額6億ポンド(1000億円)以上を費やし、大量の選手を獲得した。 トーマス・トゥヘル監督でスタートしたシーズンだったが、直ぐに成績不振で解任し、ブライトン&ホーヴ・アルビオンからグレアム・ポッター監督を引き抜くことに。しかし、ポッター監督でも成績は改善しないでいると、冬の大型補強も実らず。7カ月で解任すると、シーズン終了までレジェンドのフランク・ランパード監督を就任させていた。 しかし、ランパード監督が率いても公式戦4連敗。18日にはチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでレアル・マドリーに0-2で敗れ、ベスト8敗退。今シーズンの無冠が確定すると共に、来シーズンのCLどころか、ヨーロッパの大会の出場もほぼ不可能となり、最悪な結果に終わってしまった。 残りシーズンは真の消化試合となってしまうチェルシー。『BT Sport』の解説を務めたオーウェン氏は、ベーリー氏の方針を糾弾。自分たちで首を絞めることになったとした。 「彼らが非常に多くの選手を買い取ったことは信じられないほどの間違いであり、とばっちりを受けることになる。なぜなら選手を追い出さなければならないことにつながった」 「一部の選手は去りたくないだろうから、彼らには報酬を支払わなければいけない。本当に高くついた失敗だ」 同じ番組に出演していた元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏は「契約が3年、4年、5年、6年、7年と残っている選手が巨額のサラリーを受け取っている場合、問題は誰が彼らを高値で購入し、その金額の賃金を払うのか?」と、無謀な契約形態でサインした選手たちの処遇を心配することとなった。 するとオーウェン氏は「彼らはそうはできず、数年間問題を抱えることになるだろう。退団させたい選手がいても、退団させることはできない」と返答。高額な移籍金で獲得し、長期契約、高額なサラリーの設定の影響で、買い手が見つ狩る可能性はほぼないとし、不満を抱える大量の選手たちにコストをかけ続けるだけだと厳しい言葉を並べた。 2023.04.19 22:45 Wed

ストラスブールの人気記事ランキング

1

チェルシーが若手3選手の獲得に接近…次なる新戦力はU-23米国代表DFワイリーか

チェルシーがアトランタ・ユナイテッドからU-23アメリカ代表DFケイレブ・ワイリー(19)を獲得するようだ。 ワイリーは米国アトランタの出身で、地元のアトランタ・ユナイテッド・アカデミーから2022年に実質的なトップ昇格。サイドバックを中心に左サイド全般をこなし、19歳にしてMLS通算77試合出場を誇る。 パリ五輪が迫るU-23アメリカ代表に名を連ねており、先月にはU-23日本代表とのテストマッチに左サイドバックとして先発出場。また、昨年3月に18歳でA代表デビューも飾っている。 イギリス『90min』と『Athletic』によると、そんなワイリーをチェルシーが獲得へ。移籍金850万ポンド(約17.5億円)で交渉が成立したのち、24-25シーズンは系列クラブのストラスブールへレンタル移籍させる見通しだという。 7月初めにスタートしたアトランタとのクラブ間交渉はすでに合意へ向かっており、チェルシーにとってDFトシン・アダラバイヨやMFキーナン・デューズバリー=ホールらに続く、今夏6人目の補強となる可能性が高いようだ。 また、『90min』は、チェルシーはバーゼルのU-21ポルトガル代表MFレナト・ヴェイガ(20)、ボカ・ジュニアーズのアルゼンチン人DFアーロン・アンセルミーノ(19)獲得にも近づいていると伝えている。 2024.07.09 18:40 Tue
2

伊東&オナイウが途中出場でデビュー! 南野と川島も今季初のベンチ入り【リーグ・アン日本人選手】

リーグ・アン第2節が今週末に行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズのFWオナイウ阿道、モナコとスタッド・ランスに加入したFW南野拓実、FW伊東純也の3選手が新たに参戦。 開幕節ではオナイウが唯一のベンチ入りを果たしたものの、負傷を抱える3選手と共に出番なしに終わっていた。しかし、今回の第2節では伊東とオナイウがいずれも途中出場でリーグ・アンデビューを飾った。 筋肉系の問題でマルセイユとの開幕戦で招集外となった伊東はホーム開幕戦となったクレルモン戦で初のベンチ入り。チームは立ち上がりから優勢に試合を運んでドゥンビアとバログンのPKによる2点を先行。しかし、後半立ち上がりにアグバドゥが軽率な対応で一発退場に。さらに、直後にはハンドで与えたPKを決められて1点を返されると、試合の流れが大きく変わってしまった。 62分にもセットプレーからアンドリッチに2点目を奪われて追いつかれると、72分にも相手セットプレーのサインプレーからムハメド・チャムに見事なミドルシュートを突き刺され、逆転を許した。この失点直後の76分にマツシワに代わって投入された伊東は、右サイドハーフに入った。だが、チームは伊東の投入直後に4点目を奪われる。その後、ホームで負けられないスタッド・ランスは反撃を見せて、伊東も終盤に入ってサイドや中央でボールに触る回数を増やしたが、数的不利の影響は大きくさしたる見せ場を作れぬままタイムアップを迎えた。伊東がデビューを飾ったものの、チームは2試合連続4失点を喫しての連敗スタートとなった。 一方、オナイウはトロワとのアウェイゲームで2試合連続のベンチスタート。前半に相手のオウンゴールで先制に成功したトゥールーズは、後半立ち上がりにもかつてアルビレックス新潟に在籍したラファエル・ハットンのゴールで追加点を奪取。オナイウは2点リードの76分にそのラファエル・ハットンのとの交代でリーグ・アンデビュー。右ウイングに入ったオナイウは攻撃面で目立ったプレーはなかったものの、守備時は低い位置まで下りてディフェンスラインをサポートするなど献身的なプレーを披露。その後、チームはヒーリーがトドメの3点目を決め、敵地で0-3の快勝。1部復帰2戦目にしてリーグ・アン初勝利を手にした。 開幕節は筋肉疲労を考慮されてベンチ外となった南野は、ホーム開幕戦となったスタッド・レンヌ戦ではベンチスタート。PSVとのチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦での低調なパフォーマンスを払しょくしたいところだが、この試合では前半にチームが退場者を出した影響でチームが守備的な戦いを余儀なくされ、最後まで出番は訪れず。それでも、チームは難敵相手にドロースタートとなった。 川島はモナコとの開幕戦を肩のケガの影響で欠場したが、ニースとのアウェイゲームで今季初のベンチ入りを果たした。なお、チームは1-1のドローで試合を終えて今季初の勝ち点を手にしている。 ★南野拓実[モナコ] ▽8/13 モナコ 1-1 スタッド・レンヌ ◆ベンチ入りも出場なし ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽8/14 トロワ 0-3 トゥールーズ ◆76分から途中出場 ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽8/14 スタッド・ランス 2-4 クレルモン ◆76分から途中出場 ★川島永嗣[ストラスブール] ▽8/14 ニース 1-1 ストラスブール ◆ベンチ入りも出場なし 2022.08.15 06:00 Mon
3

ボーフム、ストラスブールからマリ代表MFを獲得

ボーフムは24日、ストラスブールからマリ代表MFイブラヒマ・シソコ(26)を完全移籍で獲得した。契約期間は2027年6月30日までとなる。 ボーフム加入の決まったイブラヒマ・シソコは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「ボーフムに来られて嬉しいよ。ブンデスリーガへの移籍はエキサイティングだ。ファンやスタジアムにとても興味があるし、新しい刺激を楽しみにしている。もちろん、できるだけ早く新しいチームのことを知り、共通の目標を達成する手助けをしたい」 ブレストの下部組織で育ったイブラヒマ・シソコは、2016年4月30日のエビアン戦でプロデビューを飾るも、その後はなかなか出場機会を得られず、2018年にストラスブールへ完全移籍。 ストラスブールでは、加入初年度から守備的MFの主力としてプレーすると、在籍5年間で公式戦198試合に出場し5ゴール14アシストを記録。今季も公式戦31試合に出場していた。 また、年代別のフランス代表に選出されてきたイブラヒマ・シソコだが、フル代表ではマリ代表を選出。昨年10月に行われたサウジアラビア代表との国際親善試合で代表デビューを飾った。 2024.06.25 08:30 Tue
4

「これは最高」「泣いてしまう」鈴木唯人がベンチ入り10試合目でデビュー、圧巻の個人技で即ゴールにファンも衝撃「何回でも観ていられる」

ストラスブールのU-22日本代表MF鈴木唯人が大きな仕事をやってのけた。 今年1月、清水エスパルスからストラスブールへとレンタル移籍した鈴木。ここまで9試合ベンチ入りをしならも、デビューを果たせていなかった。 それでも16日に行われたリーグ・アン第31節のアジャクシオ戦では、75分についに出番が回ってくることに。移籍後初出場を果たした。 86分には背後への飛び出しからボックス右ライン際で右足のシュートを放ってチャンスに絡むと、以降も安定したボールキープで前線の起点に。 さらに、89分にはペナルティアーク右でシソコから足元にパスを受けた鈴木はDF3人に囲まれながらも、鮮やかなステップワークで内側に切り込むと、最後は4人目に寄せられる寸前で左足を一閃。鋭いグラウンダーのシュートがGKの脇を抜けてゴールネットへ突き刺さり、デビュー戦で衝撃の初ゴールを決めた。 ファンは「これは最高だ」、「ここから暴れてほしい」、「素晴らしい」、「やっぱり上手い」、「何回でも観ていられる」、「改めて見ると凄い」、「泣いてしまう」、「めちゃくちゃ祝福されている」と称賛のコメントが寄せられている。 試合は3-1でストラスブールが勝利。連敗も「2」でストップした。 <span class="paragraph-title">【動画】圧巻の個人技!鈴木唯人、リーグ・アンデビューで即ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="GZwjfb7kyWw";var video_start = 206;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.04.17 09:50 Mon
5

清水、ストラスブールに期限付き移籍していた鈴木唯人が復帰…「常に向上心を持って頑張っていきたい」

清水エスパルスは13日、ストラスブールに期限付き移籍していたMF鈴木唯人(22)の復帰を発表した。背番号は「23」に決定している。 今年1月末にストラスブールへ加入した鈴木は、デビュー戦となった4月16日開催のリーグ・アン第31節のACアジャクシオ戦でゴールを挙げる鮮烈なデビューを飾った。しかし、チームが残留争いを強いられた中で思うように出場機会を伸ばせず、リーグ・アン3試合1ゴールという成績に終わった。 ストラスブールは買い取りオプションを持っていたものの、行使を見送ったことで、期限付き期間満了に伴う復帰という形となった。 2022年1月のA代表合宿にも呼ばれ、2024年のパリ・オリンピックを目指す世代別代表でも中心を担う鈴木は市船橋高校の出身。小学生の頃は横浜F・マリノスプライマリー追浜でもプレー。 2020年に入団した清水では、ルーキーイヤーから主力として活躍すると、3シーズンで明治安田生命J1リーグで通算83試合5得点を記録していた。 約4カ月間のフランスでの挑戦を終え、清水復帰が決定した鈴木はクラブ公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「このたび、清水エスパルスに復帰することになりました。1日1日を無駄にせず、常に向上心を持って頑張っていきたいと思います」 2023.07.13 14:24 Thu

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly