新潟MF伊藤涼太郎がシント=トロイデンに完全移籍へ、地元紙が報道「中盤を強化する」

2023.06.04 11:05 Sun
©︎J.LEAGUE
アルビレックス新潟のMF伊藤涼太郎(25)が、シント=トロイデンに完全移籍する可能性があるようだ。ベルギー『Het Belang van Limburg』が伝えた。
PR
昨シーズンから新潟でプレーする伊藤。今シーズンは明治安田生命J1リーグで16試合に出場し7ゴールを記録。6年ぶりのJ1を戦う新潟を牽引している。
高いパフォーマンスを見せる伊藤には日本代表入りの期待も寄せられる中、セルティックが獲得に動き出しているとスコットランドでは報道されている。

そんな中、新たな移籍先候補としてシント=トロイデンが浮上。獲得に迫っているようだ。

『Het Belang van Limburg』は伊藤は「中盤を強化する」と伝え、「前でも後ろでもプレーできる」と現在プレーするトップ下やボランチでもプレーが可能と評価している。
シント=トロイデンは新シーズンからかつてヴィッセル神戸を指揮したトルステン・フィンク監督が就任。かつてはケヴィン・マスカット監督(現:横浜F・マリノス)も指揮しており、伊藤のことはよく把握しているという。

シント=トロイデンは今シーズンもGKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、FW岡崎慎司、FW林大地、FW原大智と日本人選手が5名在籍。初めてヨーロッパに挑戦するには、環境としても打ってつけ。橋岡は浦和時代にチームメイトでもあったため、情報も入っているはずだ。

伊藤は浦和レッズでキャリアをスタート。しかし、高い選手層の壁にぶち当たり、水戸ホーリーホック、大分トリニータで武者修行。浦和に復帰するも出番は増えず、2022年に新潟へと完全移籍した。

すると、J2を戦っていた新潟でブレイク。チームの6年ぶりのJ1昇格に貢献し、今季の活躍につながっている。



PR
1 2
関連ニュース

鈴木彩艶が代表戦の鬱憤晴らす好セーブ!シント=トロイデンを完封勝利に導く「この調子で頑張ってほしい」「これこそザイオン!」

シント=トロイデンの日本代表GK鈴木彩艶が完封勝利に貢献した。 シント=トロイデンは9日、ジュピラー・プロ・リーグ第25節でKVコルトレイクをホームに迎え、1-0で勝利を収めた。 鈴木は先発出場し、リードして迎えた69分にビッグセーブを披露。シント=トロイデンは左サイドを崩され、クロスからニアでイサーク・デイビスにフィニッシュを許したが、ポジショニングを微調整して足でストップ。窮地を救った。 DAZNがこのプレーを「日本代表守護神がビッグセーブ」と称してピックアップすると、ファンからも「この調子で頑張ってほしい」、「日本の守護神彩艶!」、「これこそザイオン!」といったエールが贈られることとなった。 1日に浦和レッズからの完全移籍移行が発表されたばかりの鈴木。日本代表として4試合に出場したアジアカップ2023ではベスト8に終わったが、悔しさをはねのける活躍で虎の子の1点を死守している。 なお、その他の日本人プレーヤーは、シント=トロイデンの藤田譲瑠チマが先発出場し、後半アディショナルタイムまでプレー。山本理仁は78分から途中出場し、小川諒也と伊藤涼太郎はベンチ入りも出番がなかった。岡崎慎司はメンバー外だった。 また、コルトレイクの角田涼太朗と藤井陽也は揃ってフル出場。藤井は40分にCKからオウンゴールを献上している。 <span class="paragraph-title">【動画】日本代表帰りの鈴木彩艶が好セーブ披露でクリーンシート達成</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>日本代表守護神がビッグセーブ<br>\<br><br>鈴木彩艶が完封勝利に貢献<br>チーム合流後初のリーグ戦で活躍<br><br>ベルギーリーグ第25節<br>シント=トロイデン×コルトレイク<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中<a href="https://twitter.com/STVV_JP?ref_src=twsrc%5Etfw">@STVV_JP</a> <a href="https://t.co/2C9seGQP9g">pic.twitter.com/2C9seGQP9g</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1756203218487345292?ref_src=twsrc%5Etfw">February 10, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.10 22:30 Sat

アジアカップで奮闘中の鈴木彩艶がシント=トロイデンに完全移籍移行! 浦和に感謝…「11年間ありがとうございました」

シント=トロイデンと浦和レッズは1日、日本代表GK鈴木彩艶(21)の完全移籍移行を発表した。完全移籍の契約は今年7月1日からとなる。 現在、アジアカップでベスト8まで勝ち進む日本代表で全4試合に先発中の鈴木。クラブレベルでは昨夏に浦和からシント=トロイデンに期限付き移籍し、欧州に舞台を移すと、ジュピラー・プロ・リーグでは加入直後から16試合連続で先発が続いている。 パリ・オリンピック出場も目指す注目株はシント=トロイデンを通じて、「このたび、STVVに完全移籍することになりました」と報告しつつ、決意を新たにしている。 「まず初めにシーズンの半分をこのクラブで過ごし、正直、自分としてはまだまだ力不足を感じています。これまで以上に努力をし目に見える結果でこのクラブに貢献できるように精進していきます。引き続き応援よろしくお願いします」 一方、下部組織から過ごした浦和では「このたび、シント=トロイデンVVへ完全移籍することになりました」と語りはじめ、さらなる活躍とこれまでのサポートに感謝した。 「浦和で培った経験を世界の舞台で発揮できるように、そして、浦和レッズアカデミーの選手たちの目標となれるようにこれからも努力を続けていきます。改めまして11年間ありがとうございました」 2024.02.01 17:24 Thu

「キャッチしてこぼすのが嫌だった」失点前のプレー判断はイラク戦の反省から、GK鈴木彩艶が失点シーンを語る「悔しい部分はある」

日本代表GK鈴木彩艶(シント=トロイデン)が、バーレーン代表戦での失点シーンを振り返った。 31日、アジアカップ2023・ラウンド16のバーレーン代表vs日本代表がアル・トゥマーマ・スタジアムで行われ、1-3で日本が勝利。ベスト8進出を決めた。 グループEを首位で通過したバーレーンと、グループDを2位通過となった日本との対戦。試合は毎熊晟矢のミドルシュートの跳ね返りを堂安律が決めて先制すると、後半早々には良い守備から久保建英が追加点を奪う。 しかし、セットプレーからオウンゴールで失点し嫌なムードに。それでも上田綺世が毎熊のパスを受けて3人を振り切ると、GKの股間を抜く豪快ゴール。1-3で勝利を収め、準々決勝に進出した。 4試合連続でゴールを守っている鈴木。勝利したことについては「今日のゲームも完全なアウェイのなると事前に聞いていましたし、前回のイラク戦はそういった中で早い時間帯に失点してしまって、難しい展開になりました。勝利するというところで次のステージに繋げられたことは良かったです」と、まずは勝てたことが良かったとした。 前半は相手のオフサイドだったが一対一もセーブするなど、良いプレーを見せていた。「オフサイドになりましたけど、常に笛が鳴るまで自分としてはプレーし続けますし、あのシーンも落ち着いて対応できました」とコメント。「ボールにアタックしようかなと思ったんですけど、相手の状況が良かったのでステイして、角度的にも良くて自分の間合いで対応できました」と振り返った。 一方で後半にはオウンゴールで失点。CKから相手のシュートを弾くも、浮き球を処理しにいったところ、上田と交錯してオウンゴールとなった。「後半の失点というところは、どちらもボールに反応するので、少し悔しい部分はあります」と語る鈴木。「最初のボールで自分としては手が使えるので、下ではなく空中に弾けば、セカンドボールにも対応できると思いました」とプレー選択を語り、「自分としてはキャッチした感覚があってぶつかって失点しまいました」とコメント。上田との接触については、「僕のことも見えてなかったといっていて、いくら声を掛けていても上田選手はゴールライン上にいたのでどちらも反応しました」と、互いに失点を防ごうとした結果だとした。 ただ、失点に繋がるCKの前に右からのクロスがDFに当たって浮き球になると、鈴木はパンチングを選択。これが短くなってしまい、繋がれた結果がCKになっていた。 鈴木はそのシーンを振り返り「空中に上がったボールは凄く回転がかかっていたので、キャッチしてこぼすのが嫌でした」とコメント。「前回のイラク戦で同じシーンがあってキャッチミスをして、そこをセカンドボール拾われたシーンがあって、そのイメージで弾きに行ったし、もっとトライしていいんじゃないかと言われました」と語り、イラク戦での失敗を繰り返さないようにパンチングの判断にしたと説明。ただ、キャッチしに行っても良いと言われたと明かした。 これでセットプレーからはロングスローを含めて4失点目。4試合連続失点中と守備陣としては残念な結果になっている。 「アジアカップではセットプレーが大事になる」と語る鈴木。「セットプレーで失点することは非常にもったいないので修正したいです」と自薦への意気込みを語った。 <span class="paragraph-title">【動画】CKからのシュートに反応も、その後に接触してボールはゴールへ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="UQYzszRD4BY";var video_start = 323;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.01 06:20 Thu

「プレミアリーグでのプレーは僕の夢」 シント=トロイデン橋岡大樹がルートンに移籍! 指揮官も歓迎

ルートン・タウンは30日、シント=トロイデンからDF橋岡大樹(24)の獲得を発表した。 背番号は「27」。事前の報道によると、200万ユーロ(約3億2000万円)ほどで、契約は2027年6月までの3年半となる。30日にホームで行われたプレミアリーグ第22節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦ではハーフタイムにお披露目の機会が設けられ、元浦和レッズDFはピッチでファンに挨拶した。 プレミアリーグ挑戦を受け、「プレミアリーグでプレーするのは僕の夢でした。フィジカルでも、テクニックでもトップのリーグで、インテンシティも高く、難しいとは思いますが、チームのために全力を尽くします」と決意表明した。 「僕の強みはヘディング、一対一、そして走ること。今季はまだ2ゴールしか決めていませんが、もっと決めたいです。ルートンサポーターの前で喜ぶのが待ち切れません。加入が決まってとても嬉しいですし、一刻も早くプレーするのが楽しみです」 2021年1月からシント=トロイデンで欧州挑戦の橋岡は通算91試合に出場し、今季も公式戦19試合に出場して2得点2アシスト。日本代表としては7キャップをマークしており、現在のプレミアリーグでは冨安健洋、三笘薫、遠藤航に続く4人目の日本人プレーヤーとなる。 ロブ・エドワーズ監督は「ハシはバックラインならどこでもプレーできる万能DFで、彼に会ってみて、グループにもうまく溶け込めると思った。素晴らしい姿勢もあり、ルートン・タウンでプレーしたいという強い気持ちがある」と期待を寄せた。 「彼はルートン・タウンが良いチームなのを理解して、出場機会を求めて戦わなければならないのもわかっている。彼はここでの挑戦を本当に楽しみにしているんだ。ポゼッションにも慣れていて、アグレッシブで、守備の意欲も強い。彼の加入を嬉しく思う」 <span class="paragraph-title">【写真】ルートンのユニフォームを着た橋岡大樹、ファンの前でお披露目</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The first Japan international to sign for Luton Town.<br><br>Welcome, <a href="https://t.co/VguUGIWrdo">pic.twitter.com/VguUGIWrdo</a></p>&mdash; Luton Town FC (@LutonTown) <a href="https://twitter.com/LutonTown/status/1752397085612048601?ref_src=twsrc%5Etfw">January 30, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Hashi at the K <a href="https://t.co/vkHyuvCDR9">pic.twitter.com/vkHyuvCDR9</a></p>&mdash; Luton Town FC (@LutonTown) <a href="https://twitter.com/LutonTown/status/1752433031556575654?ref_src=twsrc%5Etfw">January 30, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.01.31 09:50 Wed

「天才」「センスの塊」伊藤涼太郎が相手の逆を突く芸術的FK!なぜかアビスパ福岡のファンからは悲鳴も?「トラウマが…」「既視感しかない」

シント=トロイデンのMF伊藤涼太郎が、チームを救う同点弾をFKで決めた。 28日、ジュピラー・プロ・リーグ第22節でヘントと対戦したシント=トロイデン。日本人選手では、MF山本理仁とMF藤田譲瑠チマが先発。伊藤とDF小川諒也はベンチスタートとなり、DF橋岡大樹、FW岡崎慎司、日本代表に帯同中のGK鈴木彩艶は欠場となった。 試合は、開始早々の2分にヘントに先制点を許す苦しい展開に。その後もヘントに何度かチャンスを作られるものの耐えていた中、後半の63分に藤田に代わって伊藤が起用される。 だが、74分のPKは相手GKに阻まれ追いつけないシント=トロイデン。それでも試合終盤の90分に伊藤がチームを救う。 ボックス左手前のやや角度のない位置でFKを獲得すると、キッカーは伊藤。相手の守備陣が中へのクロスを警戒する中、相手の意表を突いた伊藤のキックはゴール左下へ。鋭いシュートが相手GKの逆を突きゴールネットを揺らした。 伊藤のゴールには、ファンも「天才」、「上手すぎる」、「センスの塊」と反響が寄せられている。 さらに、伊藤がアルビレックス新潟に在籍していた頃の2023年4月に行われたアビスパ福岡戦で決めたFKに似ていると話題に。「トラウマが…」「既視感しかない」、「まんまそれ」と、その試合でハットトリックを決められてしまった福岡のファンからの悲鳴にも近いコメントも寄せられていた。 なお、試合はその後ヘンクが2人目の退場者を出し、さらに観客席から発煙筒が投げ込まれるなど大荒れに。その間ゴールは生まれず、伊藤のゴールで追いついたシント=トロイデンは、1-1で引き分けている。 <span class="paragraph-title">【動画】伊藤涼太郎が相手の逆を突く芸術的FKでチームを救う!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="gI3TrmJzQJU";var video_start = 418;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/6liVp6RPbpw?si=N2WOGmfjm3DwyY02" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture; web-share" allowfullscreen></iframe> 2024.01.29 13:00 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly