シュミット・ダニエルはフランスへ? 川島永嗣も所属したメスに加入か…週末の試合はメンバー外とも

2023.08.27 13:20 Sun
©STVV
シント=トロイデンの日本代表GKシュミット・ダニエル(31)の新天地はフランスになるようだ。ベルギー『Het Belang van Limburg』が伝えた。
PR
日本代表、そしてシント=トロイデンで守護神を務めるシュミット・ダニエルは、2019年7月にベガルタ仙台から完全移籍で加入した。
在籍5シーズン目を迎えている中、これまで公式戦114試合に出場し35試合でクリーンシートを達成。今シーズンも開幕から4試合連続でゴールを守っている。

一方で、今夏の移籍市場ではステップアップを目指してると長らく伝えられており、トルステン・フィンク監督も移籍の可能性を認めていた。

ただ、噂されていたクラブ・ブルージュへの移籍はオファー額の問題もあり立ち消えに。シュミット・ダニエル自身も「今のところは何もない」と、移籍の話に進展がないと語っていた。
そんな中、浮上したのがリーグ・アンへの移籍。メスへの移籍が進んでいるという。

かつて元日本代表GK川島永嗣も在籍したメス。今シーズンから再びリーグ・アンに昇格し、開幕2試合で1分け1敗と勝利がまだない状況だ。

シュミット・ダニエルの退団に備え、シント=トロイデンはU-22日本代表GK鈴木彩艶を浦和レッズからレンタルで獲得。いつ退団されても良い状況だが、移籍が近づいているのか、27日のセルクル・ブルージュ戦のメンバーからシュミット・ダニエルは外れることとになるとのこと。鈴木がデビューを果たすと報じられている。

望んだステップアップを果たせそうなシュミット・ダニエル。ヨーロッパ5大リーグで正守護神となれるのか、注目が集まる。

PR
関連ニュース

先発復帰の南野拓実は失点関与も後半盛り返す…ゴロビン躍動のモナコが3連勝で首位キープ!【リーグ・アン】

リーグ・アン第9節、モナコvsメスが22日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、ホームのモナコが2-1で逆転勝利した。なお、モナコのFW南野拓実は79分までプレーした。 現在、リーグ連勝で首位に立つモナコは、下位の15位に位置するメス相手に3連勝を狙った。負傷明けとなった前節のスタッド・ランス戦は途中出場も、日本代表でプレーした南野は先発に復帰。センターバックに離脱者続出のチームが[3-4-2-1]から[4-4-2]の布陣に変更した中、右サイドハーフに立ち位置を変えた。 格下相手にホームで圧倒する入りが期待されたモナコだったが、ミスから出ばなを挫かれる。4分、中盤でボールを持った南野がフォファナに出した短いバックパスをラミーヌ・カマラに奪われると、フォファナを振り切ったカマラがハーフウェイライン手前から右足のロングシュート。これが前目にポジションを取っていたGKケーンの頭上を越えてゴールネットに突き刺さった。 19歳のセネガル代表MFに衝撃的なリーグ・アン初ゴールを献上したモナコはすぐさま反撃を開始。先制後は完全に後ろ重心となったメスを押し込んでいく中、ボックス付近での細かいボールの出し入れに加え、16分にはゴロビンの強烈なミドルシュートでゴールに迫る。 しかし、時間の経過と共に強固さを増したアウェイチームの守備ブロックを揺さぶり切れず、攻撃が停滞。ミドルシュートやセットプレー以外でなかなかフィニッシュまで持ち込めない。 それでも、前半終了間際の42分にはボックス手前左でマツィマの縦パスを受けたゴロビンがDFに囲まれながらも右足を一閃。鋭いシュートがゴール右上隅の完璧なコースに決まった。勢いづくホームチームは、直後にもボックス内に侵入した南野が右足のシュートを放つなど畳みかける攻めを見せたが、1-1のイーブンで前半を終えた。 迎えた後半、守備的MFカマラを下げてアタッカーのアクリウシュを投入し、序盤から攻勢を仕掛けるモナコ。48分には左サイドのゴロビンが入れたクロスに大外で反応した南野に決定機も、ギリギリで合わせたダイレクトシュートはGKにキャッチされる。 以降も良い形で攻め続けると、55分に逆転ゴールが生まれる。ボックス手前右で南野が倒されて得たFKの場面でキッカーのゴロビンが壁のギリギリ上を越える鋭い右足のシュートをゴール右隅に突き刺した。 逆転ゴールに繋がるFK奪取で前半のミスをやや挽回した南野だが、熾烈さを極めるポジション争い優位に立つべく、ここから積極果敢に攻撃に絡んでいく。60分過ぎにはヤコブスの左クロスに合わせるヘディングシュート、直後には再びボックス中央で足元に収めて鋭い反転シュートを放つが、枠を捉えたシュートは相手GKの好守に阻まれる。 さらに、より積極的にボールを呼び込んでアクションを起こす日本代表FWは75分にディアタとのパス交換で右のポケットを取って角度のないところから右足を振るが、これはわずかに枠の左へ外れた。すると、直後の79分にはベン・セギルとの交代でピッチを後にするが、まずまず盛り返して出番を終える形となった。 その後、モナコは幾つかピンチはありながらも安定した試合運びでこのまま2-1のスコアでクローズ。ゴロビンの見事な2ゴールの活躍によってリーグ3連勝を達成し、首位キープに成功した。 2023.10.23 02:02 Mon

シュミット・ダニエルの移籍失敗に疑惑が浮上? 謎の医学的理由で獲得見送りか…FIFAへ訴える可能性

今夏のステップアップを目指すも移籍が実現しなかった日本代表GKシュミット・ダニエル(31)だが、その裏では大きな問題が発生していたようだ。ベルギー『Het Belang van Limburg』が伝えた。 2019年7月にベガルタ仙台から完全移籍でシント=トロイデンに加入し在籍5シーズン目を迎えているシュミット・ダニエル。これまで公式戦114試合に出場し35試合でクリーンシートを達成し、正守護神に君臨していたなか、契約最終年を迎えたこともあり、今夏の移籍が確実視されていた。 ベルギー国内をはじめ、トルコやフランスから関心。その中で、リーグ・アンのメスへの移籍が迫っていたが、移籍最終日に破談に。シント=トロイデンにとってもシュミット・ダニエルにとっても望んでいない結果となったが、破談になった理由を巡ってクラブが訴えることになるようだ。 『Het Belang van Limburg』は「悲しい事件」としてこの件を報道。どうやらメスは、“医学的な理由”でシュミット・ダニエルの獲得を見送ったとのこと。ただ、その理由が不明確だというのだ。 どこに問題があるのかが明確に発表されていないため、疑惑が浮上。メディカルチェックの結果はアリバイとして使われただけであり、実際に移籍が実現しなかったのは他の移籍が失敗に終わったために獲得できなくなったのではないかと『Het Belang van Limburg』は報じている。 シュミット・ダニエルは、移籍失敗により正守護神の座を今夏浦和レッズからレンタル移籍で加入したU-22日本代表GK鈴木彩艶に奪われ、4番手に転落。ステップアップどころか、プレー機会を失う事態に発展。また、シント=トロイデンとしては、移籍金が手にできる可能性を失ったため、国際サッカー連盟(FIFA)にメスを訴える可能性があるとされている。 メスが一体どんな医学的な理由でシュミット・ダニエルの獲得を見送ったのか。どういった結末を迎えるだろうか。 2023.09.27 11:30 Wed

15歳でセネガル代表最年少デビューの神童FWはメス移籍へ

セネガルに現れた超新星の新天地はフランスのメスとなるようだ。 現在、セネガル国内で新たな神童として注目を集めているのが、15歳のFWアマラ・ディウフだ。 今月9日に行われたルワンダ代表戦で15歳と94日でのA代表最年少デビューを飾り、そのパフォーマンスが大きな称賛を浴びた。 174cmの左ウイングを主戦場とする右利きのアタッカーは、爆発的なスピードとアジリティ、テクニックを生かしたドリブル突破を最大の特長とするが、若さに似つかわしくないアタッキングサードでのプレー精度、創造性を兼ね備える総合力の高さが光る。 現在、首都ダカールに本拠地を置くジェネレーション・フット・アカデミーに在籍しており、同クラブでキャリア初期を過ごしたFWサディオ・マネに続くビッグタレントとして早くも注目を集める。 そして、A代表に先んじて飛び級でプレーするU-17セネガル代表でも10試合8ゴールと決定的な仕事を果たす逸材に関しては、バルセロナとマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルがすでにスカウトを派遣していた。 しかし、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、その新天地は今シーズンからリーグ・アンに復帰したメスになるという。 メスは個人間、クラブ間でも合意を取り付けており、ひとまずはユース年代のチームでプレーすることになるようだ。 なお、新天地となるメスは、トッテナムで活躍するMFパプ・サールといったセネガル人選手を多く輩出しており、ディウフにとってヨーロッパでのキャリアをスタートするには適したクラブと言えるはずだ。 2023.09.12 07:00 Tue

メス、1年でリーグ・アン昇格に導いたボローニ監督との契約を2025年まで延長

メスは7日、ルーマニア人指揮官ラズロ・ボローニ監督(70)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 2021-22シーズン限りで退任したフレデリック・アントネッティ前監督の後任として昨夏にリーグ・ドゥ(フランス2部)へ降格したメスの指揮官に就任したボローニ監督。 昨季は前半戦こそ中位に甘んじたが、第13節のル・アーヴル戦以降はリーグ戦25試合無敗を記録し、第37節終了時にボルドーをかわし自動昇格圏の2位に浮上。そのままチームを1年でのリーグ・アン復帰に導いた。 2011年6月に退任したRCランス以来、12年ぶりのリーグ・アンとなった今季では、開幕戦のスタッド・レンヌ戦こそ大敗を喫したが、ここまで4試合で1勝2分け1敗とまずまずの成績を残している。 2023.09.08 01:00 Fri

伊東純也フル出場に中村敬斗が途中出場のS・ランスは敵地で最低限のドロー【リーグ・アン】

リーグ・アン第4節、メスvsスタッド・ランスが3日にスタッド・サン・サンフォリアンで行われ、2-2のドローに終わった。なお、ランスのMF伊東純也は先発フル出場、FW中村敬斗は71分から出場した。 前節、モンペリエとのアウェイゲームを3-1で勝利して連勝を達成したランスは、昇格組のメスを相手に3連勝を狙った。この試合では伊東が4試合連続スタメンを飾った一方、中村はダラミーとの入れ替わりで3試合ぶりのベンチスタートとなった。 ボールを保持するランスと堅守速攻で応戦するメスという明確な構図の下でスタートした試合。立ち上がりはホームチームが球際の強度、切り替えの精度で上回ると、7分には狙い通りのカウンターからアソロの見事な持ち上がりから最後はボックス手前のサバリの強烈なミドルシュートが決まった。 先制を許したランスは自陣で堅固なブロックを敷く相手に攻めあぐねる序盤戦となったが、17分にはテウマの高い位置でのボール奪取から仕掛けたショートカウンターでディアキテがボックス手前から強烈なミドルシュートをゴール右隅に突き刺し、早い時間帯にスコアをタイに戻した。 1-1のイーブンとなった試合は以降も互いに狙いとする形の攻撃で勝ち越しゴールを目指す拮抗した攻防が続く。その中で序盤は存在感を欠いた伊東だが、30分を過ぎた辺りから正確なクロスやオープンスペースでの仕掛けからのラストパスでチャンスに絡んでいく。ハーフタイム直前には互いに決定機を迎えたものの決め切るには至らず。 迎えた後半、立ち上がりにメスの決定的なカウンターを何とか凌いだランスは前節勝利の立役者が再び決定的な仕事を果たす。52分、ボックス手前左で内側に仕掛けたダラミーからボールを引き取ったテウマが得意の左足シュートをゴール右隅に流し込んだ。 これで試合を引っくり返したランスだったが、リードを維持できない。63分、投入されたばかりのジャローに見事なミドルシュートを突き刺され、2-2の同点に追い付かれた。 これで完全にホームチームに流れが傾いた中、スティル監督は71分にテウマを下げて中村をリシャルドソンと共に投入。中村は直近2試合と同様に左ウイングに入った。投入直後には攻守に精力的なプレーを見せた中村だが、なかなかフィニッシュの局面には絡むことができず。一方、伊東も相手の厳しいマークを前に期待された局面打開やアタッキングサードでの崩しの起点を担うことができない。 試合終盤にかけても劣勢を強いられたランスだが、何とか相手の攻勢を凌ぎ切って2-2のスコアでタイムアップを迎えた。2試合連続でパフォーマンスは振るわなかったものの、敵地から勝ち点1を持ち帰ることに成功した。 2023.09.04 00:10 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly