「本当に強いチーム」、殊勲同点弾のショムロドフがJ1王者に敬意

2022.11.29 05:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
ASローマのウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフが横浜F・マリノス戦を振り返った。

ローマは28日、国立競技場で行われた『EUROJAPAN CUP 2022』で横浜FMと対戦し、3-3で引き分けた。

25日に行われた名古屋グランパス戦を0-0のドローで終えたローマは、ジャパンツアーを白星で締めくくるべく今シーズンのJ1王者と対戦。
過密日程も一部主力のコンディションの問題により、中2日にも関わらず最低限のメンバー変更にとどまったチームは前半に苦戦。開始序盤にセットプレーから先制点を許すと、以降は反撃に出るものの攻撃が停滞。逆に、前半終了間際にはGKミル・スヴィラールの不運なオウンゴールによって2点ビハインドで試合を折り返した。

それでも、後半にMFニコロ・ザニオーロ、ショムロドフらの投入と[4-3-3]へのシステム変更が機能すると、69分にはザニオーロの個人技で1点を返す。その直後に痛恨の3失点目を喫したが、試合最終盤に決死の猛攻を見せると、84分にDFロジェール・イバニェス、そして93分にはゴール前の混戦からショムロドフのゴールで追いつく。

その後、ザニオーロの決定機逸で劇的な逆転勝利には至らずも、J1王者相手にセリエA強豪の意地を見せて3-3のドローに持ち込んだ。

同試合後、殊勲の同点ゴールを挙げるなどザニオーロと共に攻撃を活性化させたウズベキスタン代表FWが試合を振り返った。

「今日はゴールを決めることができましたが、チームでは多くの決定機を作れているので、今後はその決定機をもっと生かしていきたいです」

「スペースがあって攻撃がしやすい展開になったので、そのスペースを生かして攻撃を仕掛けるようにしました」

また、前半は特に苦戦を強いられた横浜FMの印象については、「本当に強いチームと感じましたし、このような舞台で日本のチャンピオンと戦うことができたのは光栄です」と、J1王者への敬意を口にした。

最後に、この試合でも盛大なチャントでチームを後押しした日本のロマニスタに対しては、「ここに本当に多くのロマニスタが来てくれてうれしいです。心から皆さんに感謝します」と、ジャパンツアーを通じた歓迎に対する感謝の言葉を語った。


関連ニュース
thumb

「シャツを着たくないなら…」ローマGMが揉めたザニオーロに言及、契約交渉どころではなかったと告白「対処するのが難しかった」

ローマのゼネラル・マネージャー(GM)を務めるチアゴ・ピント氏が、ガラタサライへと完全移籍したイタリア代表MFニコロ・ザニオーロについて言及した。イタリア『イル・メッサジェッロ』が伝えた。 今冬の移籍市場でローマは、リーズ・ユナイテッドからスペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ、ボデ/グリムトからノルウェー代表FWオラ・ソルバッケンを獲得。一方で4選手が退団した。 その中で、主要リーグの移籍市場が閉じた後に移籍したのがザニオーロ。多くのオファーをもらっていた中、最終的には遅くまで移籍市場が開いているトルコのガラタサライへと移籍することとなった。 トルコ史上最高額の移籍金となる1650万ユーロ(約23億2000万円)+アドオン1300万ユーロ(約18億3000万円)になるとされるザニオーロだが、退団を巡ってはクラブと仲違いすることとなった。 ピント氏は最終的にガラタサライのオファーを受けたものの、満足するものではなかったとした。 「交渉の結末を考えると、もっとお金を得ることができたか問われればイエスと答えるだろう。その証拠に、1週間前にはより大きなオファーがあった。ただ、今回の事態を受けて、このような解決策を講じることにした」 「どちらも悪いことはない。本当に幸せか?私は決してそうは思わない。満足かどうかを尋ねられたら、疑問を持っている」 以前から国内のライバルに加え、プレミアリーグへの移籍が取り沙汰されてきたザニオーロは、2024年夏に終了する現行契約を巡る延長交渉が難航。そして、今冬の移籍市場を前にクラブに対して、再三に渡って移籍希望を伝えていた。 ザニオーロの希望は国内残留で、ミランとは個人間で合意に至ったものの、移籍金の問題で意中のクラブは撤退。そういった中、ボーンマスがローマを納得させるオファーを掲示したが、イングランド行きに難色を示した自身の不遜な振る舞いが相手クラブの怒りを買い、最終的に移籍は実現しなかった。 結果としてザニオーロの穴埋めをローマができない状況での退団となったが、ピント氏はボーンマスに移籍していればチームは違う補強の動きができたと語った。 「私は満足しない。他の全ての移籍市場の動きでは、私はチームが改善したと言ったが、今は同じことは言えない。3人の選手を失い、2人を連れてきた」 「ザニオーロは対処するのが難しかったが、みんなが喜び、チームが成長するようなシチュエーションが見つかっていた。ソルバッケンの状況は、FFPの話が深刻な問題となっており、冗談ではないことを理解させられた。クラブの持続可能性にとっては重要なことだ」 「ボーンマスのオファーを受けていれば、もっと強いチームになれたかもしれないが、上手くいかなかった。私が責任を負うべきことだ」 「市場の重要性は20〜30%。監督とテクニカルスタッフを信頼している。もしザニオーロがイングランドからのオファーを受けていたら、我々は別の手段をとっていただろう」 また、ザニオーロの態度についても言及。ローマという街に愛されていながら、クラブにいたくないという選手は契約交渉の問題ではないと厳しいコメント。延長交渉が難航したことが問題ではなかったとした。 「ニコロは、他の数少ない選手のようにこの街に愛されていた。ただ、ローマのシャツを着たくないということになれば、それは交渉や契約更新を超越してしまう。イタリアのセリエAを見てみると、何人の重要な選手がフリーで残っているのか?とても多くのことがあったが、ローマにはなかった」 「契約更新の話になると、選手や代理人、ピッチ上のパフォーマンスについても要望がある。代理人とは良好な関係だったにも関わらず、我々はこれらの点で意見が一致しなかった」 「私も“いくらか”を稼げれば良いと考えることはできるが、ある日ローマを離れ、具体的なオファーを出してくれるのがボーンマスとガラタサライだけであれば、何かがおかしなことになる。ニコロに起こったことを考えて、契約更新がなかったからここまで来たという考えは間違っている」 2023.02.09 16:35 Thu
twitterfacebook
thumb

夏のストライカー獲得を目指すユナイテッド、エイブラハムをリストアップか

マンチェスター・ユナイテッドがローマのイングランド代表FWタミー・エイブラハムの(25)獲得を検討しているようだ。 昨年11月にFWクリスティアーノ・ロナウドがクラブとの対立から退団し、新たな点取り屋を探すユナイテッド。最優先ターゲットはトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(29)だが、トッテナムがエース売却を断固拒否する姿勢であることから、獲得には大きなハードルがある。 また、同じく獲得を狙うナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(24)についても、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長が「売り物ではない」と断言。タフなネゴシエーターとして知られるデ・ラウレンティス会長を相手に、交渉は困難を極めると予想される。 イギリス『テレグラフ』によると、今夏の移籍市場で確実にストライカーを確保したいユナイテッドは、プレミアリーグでの実績を持つエイブラハムもリストに含めたとのことだ。同選手はローマで重要な戦力となっている一方で、クラブは補強のための資金を必要としており、移籍金次第では売却もやぶさかではない模様だ。 チェルシーの下部組織出身であるエイブラハムは、2019-20シーズンにプレミアリーグで15ゴールを記録するなど活躍したが、その後序列が低下したことで2021年夏に5年契約でローマ入り。加入初年度から主軸に定着すると、今季も公式戦28試合で7ゴール5アシストを記録している。 2023.02.09 16:34 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミア全試合配信の「SPOTV NOW」がセリエAの配信を開始! 一部の試合はライブ中継が独占配信

「SPOTV NOW(スポティービーナウ)」は9日、2月11日(土)よりセリエAを配信することを発表した。 「SPOTV NOW」は2022-23シーズンのプレミアリーグ全試合を配信。また、日本人選手が多数在籍するセルティックが戦うスコティッシュ・プレミアシップ、メジャーリーグ・ベースボール(MLB)も配信している。 その「SPOTV NOW」にセリエAが追加。第22節から配信を開始し、注目試合には日本語実況がつくことに。また、一部中継は「SPOTV NOW」独占となる予定だという。 直近の独占配信の予定は下記の通り。 ■セリエA SPOTV NOW ライブ中継独占配信の試合 ・第24節 ミラン vs アタランタ ユベントス vs トリノ ・第26節 ユベントス vs サンプドリア ミラン vs サレルニターナ ・第28節 ユベントス vs ヴェローナ ナポリ vs ミラン 「SPOTV NOW」は月額1300円(税込)または年額9900円(税込)で利用が可能となっている。 2023.02.09 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「代理人やチェルシーと話をしたのは事実」PSG行き破談のツィエク獲得をローマも目指していたとGMが明言

ローマのゼネラル・マネージャー(GM)を務めるチアゴ・ピント氏が、今冬の移籍市場について言及した。イタリア『イル・メッサジェッロ』が伝えた。 今冬の移籍市場では、4選手が退団。イタリア代表MFニコロ・ザニオーロはマーケット終了間際に揉めた中、最終的にはガラタサライへと完全移籍した。 ローマはリーズ・ユナイテッドからスペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ、ボデ/グリムトからノルウェー代表FWオラ・ソルバッケンを獲得。最小限の補強を行った。 そのローマだが、どうやらチェルシーのモロッコ代表MFハキム・ツィエクの獲得に関心を寄せていたとのこと。ピント氏が交渉を認めた。 「ツィエクに関しては、我々が代理人やチェルシーと話をしたのは事実だ。彼は主要な代役ではなかったが、その1つだった」 「マーケット終盤の展開は悔やまれる。ただ、代理人との話し合いの場で、最後の最後に我々が手にした選手は正しかった」 ツィエクは最終的にパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が確定。しかし、チェルシー側が3度の書類不備を起こし、登録期限に間に合わないという事態が発生。チェルシーに残留することとなっていた。 ローマはザニオーロを手放した一方で、ガラタサライに所属するオーストリア代表MFユスフ・デミル(19)、U-17トルコ代表MFエフェ・アクマン(16)という2人の逸材タレントの優先交渉権を手にしたとされている。 堅実経営を続けるローマ。「満足することはない」とピント氏は語ったが、ジョゼ・モウリーニョ監督の下でこのまま上位争いを続けたいところだ。 2023.02.09 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマがガラタサライの逸材2人の優先交渉権確保! ザニオーロ交渉の一環

ローマが、ガラタサライの2人の逸材タレントの優先交渉権を手にしたようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 ローマとガラタサライではイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)の完全移籍に向けた交渉が完了に向かっている。 この交渉ではオーストリア代表MFユスフ・デミル(19)、U-17トルコ代表MFエフェ・アクマン(16)という2人の逸材タレントに関する話し合いも行われ、ローマは細かい条件は不明も優先交渉権を手に入れたようだ。 母国の名門ラピド・ウィーンで台頭したデミルは、2021年夏に1年間の有償レンタルでバルセロナへ加入。当初、バルセロナ・アトレティック登録となっていたが、プレシーズンのアピールとトップチームでのアタッカー不足の影響もあり、ラ・リーガ開幕からトップチームに帯同。第2節のアスレティック・ビルバオ戦でデビューを飾った。 以降は公式戦9試合に出場したが、完全移籍での買い取りを望まないバルセロナが昨冬にレンタル契約を早期解消。その後、古巣に戻った同選手は、昨夏ガラタサライへ完全移籍していた。 ここまで新天地では真価発揮とはいっていないが、トップ下やウイングを主戦場とする173cmのレフティは、圧倒的なテクニック、創造性を武器に個での局面打開、ラストパス、正確なフィニッシュと攻撃のあらゆる局面で存在感を示すオーストリア期待のアタッカーだ。 一方、アクマンはガラタサライのレジェンドである元トルコ代表MFアイハン・アクマンを父親に持ち、トップチームでプレーするU-19トルコ代表MFハムザを実兄、フランクフルトからギョズテペにレンタル中のU-21トルコ代表FWアリ・アクマンを従兄に持つ、国内屈指のエリート一家の一員。 ガラタサライではトップチームデビューを果たせていないが、トルコの世代別代表では常に主力を担ってきたテクニックと戦術眼に優れる守備的MFだ。 2023.02.09 06:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly