【ブンデスリーガ日本人選手】板倉がW杯前最終戦で戦列復帰!堂安vs原口の上位対決はフライブルクに軍配

2022.11.14 06:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第15節が週末にドイツ各所で行われた。

今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。

新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第15節では伊藤、鎌田、堂安、原口、吉田が先発出場、板倉が途中出場した。
板倉滉の所属するボルシアMGは、ホームでドルトムントと対戦。試合は開始早々の4分にホフマンにゴールでボルシアMGが先制。19分にブラントのゴールで追いつかれたが、26分にホフマンのFKをベンセバイニがヘッドで叩き込み勝ち越すと、30分にもN・シュロッターベックがネットを揺らし、2点をリードする。

その後、前半終盤にセットプレーのこぼれ球をN・シュロッターベックに押し込まれ、再び1点差とされたボルシアMGだったが、後半開始早々の46分にコネがミドルシュートを沈め、リードは再び2点差に。

その後も危なげなく試合を進めたボルシアMGは、88分にコネに代えて板倉が大きな歓声に迎えられ、およそ2カ月ぶりのピッチへ。結局、試合はそのまま4-2でボルシアMGが快勝した。

また、堂安の所属するフライブルクと原口の所属するウニオン・ベルリンによる日本人対決は、前半で4点を奪ったフライブルクが、前半で10人となったウニオンの反撃を1点に抑え、4-1で勝利している。

板倉滉[ボルシアMG]
▽11/11
ボルシアMG 4-2 ドルトムント
◆88分までプレー
結果ニュース

鎌田大地[フランクフルト]
▽11/13
マインツ 1-1 フランクフルト
◆フル出場

長谷部誠[フランクフルト]
▽11/13
マインツ 1-1 フランクフルト
◆ケガのため欠場
結果ニュース

堂安律[フライブルク]
▽11/13
フライブルク 4-1 ウニオン・ベルリン
◆76分までプレー

原口元気[ウニオン・ベルリン]
▽11/13
フライブルク 4-1 ウニオン・ベルリン
◆60分までプレー
結果ニュース

吉田麻也[シャルケ]
▽11/12
シャルケ 0-2 バイエルン
◆フル出場
結果ニュース

伊藤洋輝[シュツットガルト]
▽11/12
レバークーゼン 2-0 シュツットガルト
◆フル出場

遠藤航[シュツットガルト]
▽11/12
レバークーゼン 2-0 シュツットガルト
◆ケガのため欠場
結果ニュース

浅野拓磨[ボーフム]
▽11/12
アウグスブルク 0-1 ボーフム
◆ケガのため欠場

関連ニュース
thumb

PSGがメッシ逆転弾でオナイウ阿道スタメンのトゥールーズ撃破!《リーグ・アン》

リーグ・アン第22節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsトゥールーズが4日にパルク・デ・プランスで行われ、ホームのPSGが2-1で逆転勝利した。なお、トゥールーズのFWオナイウ阿道は62分までプレーした。 首位のPSGは前節、モンペリエに3-1の勝利を収めて3試合ぶりの白星を奪還。連勝を狙う今節は、オナイウのリーグ・アン初ゴールなどでトロワに大勝した12位のトゥールーズと対戦した。 この試合では負傷のネイマール、サスペンションのヴェッラッティに加え、モンペリエ戦で負傷したムバッペとセルヒオ・ラモスが不在に。これを受け、ガルティエ監督はメッシとエキティケを2トップに配した[4-3-1-2]の布陣で臨んだ。 立ち上がりから押し込む入りを見せたPSGだが、10分過ぎにアクシデントが発生。筋肉系を痛めたレナト・サンチェスがプレー続行不可能となり、重傷を悟ったポルトガル代表MFは涙を浮かべてドレッシングルームへ下がり、若手DFビチャーブがスクランブル投入された。 この負傷交代で流れが悪くなると、20分にはビチャーブがボックス手前で与えたFKの場面で雑な壁の作り方の影響してか、ファン・デン・ブーメンに直接FKを決められてビハインドを背負った。 何とか前半の内に追いつきたいホームチームは、ネイマールとムバッペ不在の中でメッシにボールを集めながら後ろ重心のアウェイチームの守備ブロック攻略を目指す。だが、セットプレーを除いてなかなか決定機を作れない。 だが、前半終盤の38分には前節に幻のゴラッソを決めていたモロッコ代表DFが正真正銘のゴラッソを決める。右サイドでソレールからパスを受けたハキミがカットインを仕掛けると、ペナルティアーク付近で利き足とは逆の左足の強烈なミドルシュートをゴール左隅の完璧なコースに突き刺した。 ハキミのゴラッソによって1-1のイーブンで試合を折り返したPSGは余裕をもって後半に臨む。すると、今度は頼れるエースが魅せる。58分、ペナルティアーク付近でハキミから短いパスを受けたメッシはそのまま左足を一閃。この鋭いシュートがゴール左下隅の完璧なコースに決まった。 ハキミに続くメッシのゴラッソで逆転を許したトゥールーズは、直後の62分に2枚替えを敢行。前半からフィニッシュの局面に顔を出せずにいたオナイウは消化不良の形でダリンガと交代することになった。 後半半ばから終盤にかけてはPSGが概ね試合をコントロールしたものの、相手を突き放す3点目を奪えずにいると、トゥールーズも要所で鋭い攻撃を仕掛けてホームサポーターをヒヤリとさせる。 その後、後半最終盤にはトゥールーズがセットプレーからルオー、PSGがカウンターからメッシと互いに決定機を作り出したが、いずれもゴールとはならず。試合は2-1のスコアのままタイムアップ。満身創痍のPSGが辛くもリーグ連勝を飾っている。 2023.02.05 03:46 Sun
twitterfacebook
thumb

三笘の公式戦3戦連発弾でボーンマスを下したブライトンが公式戦連勝!《プレミアリーグ》

三笘薫の所属するブライトン&ホーヴ・アルビオンは4日、プレミアリーグ第22節でボーンマスと対戦し1-0で勝利した。三笘はフル出場で87分にゴールを記録した。 先週末に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦を三笘の決勝弾で制したブライトンが、公式戦4連敗中のボーンマスをホームに迎えた一戦。ブライトンの三笘は左MFでリーグ戦6試合連続の先発出場となった。 ブライトンは13分に相手GKのパスミスを敵陣でカットしたウンダブが決定機を迎える。しかし、2度のシュートはメファムのシュートブロックやGKネトのセープに阻まれ、3度目のシュートは左ポストに弾かれた。 一進一退の展開が続く中、ブライトンは35分に右クロスの流れたボールをボックス左で拾った三笘の仕掛けからチャンスを作ったが、クロスはゴール前に詰めた味方に合わず。 ブライトンは40分にも、左サイドからマーチのクロスをウェルベックがヘディングシュートを放ったが、これは相手GK正面を突いた。 ゴールレスで迎えた後半も膠着状態が続く中、69分にピンチ。中盤からドリブルを仕掛けたがセメンヨが中央を切り裂き、ボックス内まで侵入。しかし、シュートはエストゥピニャンがスライディングブロックで阻んだ。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指すが、拮抗した展開が続く。それでもブライトンは87分、サルミエントの左クロスをボックス中央左で合わせた三笘が頭で合わせると、GKネトが右手で触るも弾ききれず、ゴールに吸い込まれた。 結局、三笘の公式戦3戦連発弾が決勝点となり、ブライトンが苦しみながらもホームで勝ち点3を獲得した。 2023.02.05 02:10 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場、鎌田先発のフランクフルトがコロ・ムアニのドッペルパックでヘルタに快勝《ブンデスリーガ》

フランクフルトは4日、ブンデスリーガ第19節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、3-0で快勝した。フランクフルトのMF鎌田大地は69分までプレー、DF長谷部誠はフル出場している。 前節バイエルン戦を鎌田のアシストで引き分けた6位フランクフルト(勝ち点32)は、鎌田が先発に復帰。長谷部が2試合連続リベロでスタメンとなった。 17位ヘルタ・ベルリン(勝ち点14)に対し、鎌田が[3-4-2-1]のボランチでスタートしたフランクフルトが押し込む展開で立ち上がる。 すると20分、ボックス左ゴールライン際で仕掛けたコロ・ムアニがDFに倒されてPKを獲得した。このPKをコロ・ムアニ自ら決めてフランクフルトが先制した。 さらに28分、リンドストロームのスルーパスに抜け出したコロ・ムアニがGKとの一対一を制し、リードを広げたフランクフルトがハーフタイムにかけても主導権を握り、2-0で前半を終えた。 迎えた後半、3選手を変更してきたヘルタに対し、フランクフルトがボールを握りながら試合をコントロールしていく。 そして69分に鎌田を交代させた中、3点目に迫りつつ試合を進めていたフランクフルトは、追加タイムにブタのゴールが生まれて3-0で快勝としている。 2023.02.05 01:39 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナルがリーグ14戦ぶりとなる今季2敗目…ダイチ率いる新生エバートンに9戦ぶりの白星献上《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、エバートンvsアーセナルが4日にグディソン・パークで行われ、ホームのエバートンが1-0で勝利した。なお、アーセナルのDF冨安健洋は85分から途中出場した。 先月末に行われたFAカップでマンチェスター・シティに敗れ、2023年初黒星を喫したアーセナル。その敗戦からのバウンスバックを図るアルテタのチームは、降格圏の19位に沈みランパード前監督を解任し、ダイチ新監督を招へいした新生トフィーズ相手に白星を狙った。 リーグ2連勝中の首位チームは、大幅なターンオーバーを行ったシティ戦で温存した主力を復帰させ、現状のベストメンバーを起用。状態が懸念されたトーマスも無事スタメンに入った。 [4-5-1]のコンパクトな布陣で臨んだエバートンに対して、立ち上がりからボールを持って主導権を握るアーセナル。だが、新指揮官の下で球際の強度を強調するホームチームの堅守に苦戦。決定機はおろか、なかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続く。 これに対して、ダイチ監督の代名詞であるロングボールやカウンターを仕掛けるエバートンは、十分に分があるセットプレーを含めシンプルな攻めから幾度か際どいシーンを作り出し、グディソンのエバトニアンを沸かす。 前半半ばを過ぎても拮抗した展開が続く中、30分過ぎには互いに決定機を創出。まずは30分、サカのラストパスに反応したエンケティアがボックス内で強さを発揮してDFを振り切って右足を振るが、これは大きくふかしてしまう。 直後にはエバートンが続いて左サイドを破ってオナナ、マクニールの折り返しからキャルバート=ルーウィン、ドゥクレに決定機も、最後の精度を欠く。 何とか前半の内に攻撃の糸口を掴みたいアーセナルだったが、39分にジンチェンコの左クロスから迎えたサカの決定機はDFコーディの見事なゴールカバーに阻まれ、最低限のゴールレスでハーフタイムを迎えることになった。 後半はキックオフ直後にゲイエの強烈なミドルシュートでホームチームが見せ場を作ったが、以降は攻守両面でハーフタイムに修正を施したアウェイチームが前半にはあまり見られなかった厚みのある仕掛けでゴールに迫っていく。 さらに、59分にはトーマスとマルティネッリを下げてトロサールと、アーセナルデビューのジョルジーニョをピッチに送り込んだが、奇しくもこの交代直後に試合が動く。 60分、エバートンは右CKの場面でキッカーのマクニールが滞空時間の長いボールを入れると、ゴール前の密集で競り勝ったタルコウスキが頭で流し込み、値千金の加入後初ゴールとした。 自分たちの流れでゴールを奪えず、逆に先制を許す苦しい展開となったアーセナルは、ここからよりリスクを冒して前に出る。そして、エンケティアの個人技や狭い局面でのコンビプレーで打開を図るが、最後のところで粘る相手の守備に手を焼き、シュートを枠に飛ばせない。 そういった中、77分にウーデゴールを下げてファビオ・ヴィエイラ、85分にはホワイトを下げて冨安をピッチに送り込み、まずは同点を目指していく。しかし、ボックス内でのシュートチャンスではトロサールやジンチェンコが焦りからか、ことごとくシュートを枠外に外してしまう。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ダイチ新監督率いるエバートンが初陣を会心の勝利で飾り、昨年10月半ば以来となるリーグ9戦ぶりの白星を挙げた。一方、格下相手に敗れたアーセナルは今季初の公式戦連敗と共に、昨年9月のマンチェスター・ユナイテッド戦以来となる14戦ぶりの今季2敗目を喫した。 2023.02.04 23:37 Sat
twitterfacebook
thumb

「笑顔が輝いてる」「雰囲気変わった??」堂安律、コーヒー片手の満面の笑顔が話題「爽やかで素敵」

フライブルクの日本代表MF堂安律のオフショットが話題となっている。 カタール・ワールドカップ(W杯)では2ゴールの活躍を見せ、フライブルクでも中心選手としてプレーする堂安。再開後のブンデスリーガでもスタメン出場を続け、前節のアウグスブルク戦ではアシストを記録した。 フライブルクは4日のブンデスリーガ第19節でドルトムントと対戦。上位を窺う中では負けられない重要な一戦となる。 そのドルトムント戦を前に堂安がインスタグラムを更新。飛行機移動後のトレーニングに向かうシーンと思われるが、これが話題となっている。 駐車場で撮られたものだが、フライブルクのジャージでコーヒーを片手に笑顔を見せている。 笑顔の堂安にファンは「可愛すぎ!!」、「かっこいい」、「ほんとかっこいい」、「笑顔が輝いてる」、「雰囲気変わった??」、「爽やかで素敵」と称賛の声が集まっている。 勝ち点で並ぶドルトムントとの試合で堂安が結果を残せるか。試合後もこの笑顔が見たいものだ。 <span class="paragraph-title">【写真】堂安律がコーヒー片手に笑顔でオフショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CoNHBjItOYj/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CoNHBjItOYj/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CoNHBjItOYj/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">堂安律/Ritsu Doan(@doanritsu)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.04 22:25 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly