参入PO狙う山形が先制も、残留争う大宮が終盤に追い付き痛み分け【明治安田第33節延期分】

2022.10.05 21:13 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
5日、明治安田生命J2リーグ第33節延期分の大宮アルディージャvsモンテディオ山形がNACK5スタジアム大宮で行われ、1-1の引き分けに終わった。

降格圏との差を広げたい20位・大宮アルディージャと、勝てばJ1参入プレーオフ圏内へすべり込める7位・モンテディオ山形は、状況は異なれど、どちらも3ポイントが欲しい一戦に。

立ち上がりにはバックパスを処理した大宮GK志村滉に対し、チアゴ・アウベスがスライディングを試みると、雨に濡れたピッチで止まれずコンタクト。チアゴ・アウベスには警告が与えられたが、今季はGK受難の大宮にとってはヒヤリとする場面となった。
その6分後、山形は左サイドを突破して先制に成功。中盤でチアゴ・アウベスが落として河合秀人がスルーパスを送り、深い位置から川井歩が大きなクロス。ファーで受けた樺山諒乃介は、キックフェイントで小野雅史を外してペナルティアーク右から左足の強烈な一撃を沈めた。

後手を踏んだ大宮も直後に柴山。前半終了間際には小島 幹敏の狙いすましたミドルが際どいコースへ飛ぶも、GK後藤雅明の好セーブに遭い、ビハインドで前半を終える。

後半の立ち上がりには両チームに決定機を迎えたが、生かすことはできず。大宮は矢島慎也のゴール前でのボレーがクロスバーを越え、山形は裏抜けで一対一を迎えたチアゴ・アウベスのシュートが左ポストに嫌われた。

互いに攻め手を緩めない中で、大宮は68分にCKの混戦から袴田裕太郎が至近距離での強烈なシュート。だが、これもGK後藤に阻まれる。

大宮は終盤、後半頭から投入された山崎倫が負傷し、急遽87分に大山啓輔がピッチへ。すると怪我の功名かその2分後、ボックス手前左でその大山がキープしてスルーパスを送ると、これに反応した小島が土壇場で同点弾を沈めた。

試合はこのまま1-1でタイムアップ。勝ち点「1」を分け合っている。

◆第33節
▽8月27日(土)
いわてグルージャ盛岡 0-2 アルビレックス新潟
水戸ホーリーホック 0-0 FC琉球
ヴァンフォーレ甲府 2-2 ツエーゲン金沢
ベガルタ仙台 0-2 ジェフユナイテッド千葉
FC町田ゼルビア 0-1 横浜FC
徳島ヴォルティス 2-1 レノファ山口FC

▽8月28日(日)
ブラウブリッツ秋田 0-1 大分トリニータ
ロアッソ熊本 1-0 東京ヴェルディ
ザスパクサツ群馬 0-1 ファジアーノ岡山

▽9月21日(水)
V・ファーレン長崎 1-1 栃木SC

▽10月5日(水)
大宮アルディージャ 1-1 モンテディオ山形

関連ニュース
thumb

金沢の10番、嶋田慎太郎が契約更新 移籍2年目の今季J2で35試合3ゴール

ツエーゲン金沢は10日、MF嶋田慎太郎(27)の契約更新を発表した。 嶋田は下部組織時代から過ごすロアッソ熊本でプロ入り後、大宮アルディージャや、大分トリニータでプレー、2021年から金沢に活躍の場を移した。 金沢では移籍初年度から主力を張り、今季から背番号を「10」に変更。明治安田生命J2リーグでは35試合に出場して3ゴールを決めた。 3シーズン目に向けて契約更新に至ったアタッカーはクラブを通じて決意を新たにしている。 「ツエーゲン金沢に関わる全ての皆さま、今シーズンも素晴らしいサポートありがとうございました。2023シーズンもこのクラブでプレーする事を決断しました。ファン、サポーターと共に良いシーズンを送れるよう全力で頑張ります。よろしくお願いします」 2022.12.10 15:10 Sat
twitterfacebook
thumb

山口がFW高木大輔と契約更新、今季はリーグ戦37試合5得点「チームの先頭となって引っ張っていく存在に」

レノファ山口FCは10日、FW高木大輔(27)との契約更新を発表した。 高木は東京ヴェルディの下部組織出身で、東京Vの他、G大阪でもプレー。山口には2018年から2019年にも在籍しており、2021年に復帰していた。 元プロ野球選手の高木豊氏の息子であり、Jリーガーの3兄弟の末っ子。今季は明治安田生命J2リーグで37試合に出場し5得点、天皇杯で2試合に出場していた。 高木はクラブを通じてコメントしている。 「レノファ山口を応援してくださる全ての皆様、2022シーズン支えてくださったスポンサー企業の皆様、そして応援し続けてくれたファン・サポーターの皆様、1年間本当にたくさんのご支援とご声援ありがとうございました!」 「来シーズンもレノファ山口でプレーすることに決めました。多くは言いません。残留争いではなく来シーズンは必ずチーム全員で上位争いをして上を目指せるチームになるように成長していきます」 「そのチームの先頭となって引っ張っていく存在になれるよう努力していきます」 「レノファ山口を支えてくださる全ての皆様と成し遂げたいと心から思ってます。共に熱く戦いたくさんの勝利を分かち合いましょう!」 2022.12.10 12:25 Sat
twitterfacebook
thumb

大分DF高橋祐翔が2年の修行から復帰 「経験を大分トリニータの為にピッチの上で表現」

大分トリニータは10日、DF高橋祐翔(21)の復帰を発表した。 高橋は2020年に米子北高校から入団。2021年の日本フットボールリーグ(JFL)を戦うヴェルスパ大分に続き、今季から九州サッカーリーグのヴェロスクロノス都農に期限付き移籍をした。 3年ぶりの大分復帰となり、クラブを通じて意気込みを語っている。 「ファン、サポーターの皆さんお久しぶりです! 来シーズンより大分トリニータに復帰させていただくことになりました。この2年間で、沢山のことを経験することができました。この経験を大分トリニータの為にピッチの上で表現したいと思います。そして、様々な方々のサポートもあり、再び大分の地でサッカー出来ることに感謝をし、J1昇格という目標を達成できるよう、強い覚悟を持ち、チームのために戦います。応援をよろしくお願いします」 2022.12.10 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟FW谷口海斗、自身初のJ1挑戦となる契約更新! 「今まで以上に全力を」

アルビレックス新潟は10日、FW谷口海斗(27)と2023シーズンの契約更新に合意したと発表した。 谷口は岐阜経済大学卒で、いわてグルージャ盛岡、ロアッソ熊本を経て、2021年に新潟入り。移籍初年度から明治安田生命J2リーグで13ゴール(42試合)を決め、チームとしてJ2優勝&J1昇格の今季も9ゴール(36試合)を記録した。 クラブ公式サイトでは自身にとってキャリア初のJ1挑戦となる来季に向け、決意を新たにしている。 「今季は、アルビレックス新潟を支えてくださる皆さんの大きくて温かい応援のおかげで、目標を達成することができました。本当にありがとうございました」 「来季もアルビレックス新潟の一員として戦います。強敵のそろうJ1リーグで、今まで以上に全力を尽くし、応援してくださる皆さんへの感謝をプレーで表現し、チームのために一生懸命に頑張ります」 「また、J1リーグで戦うからこそ、より地域に貢献しなければなりません。未来の新潟を耕すつもりで行動していきます。来季も、温かいご声援をよろしくお願いいたします」 2022.12.10 11:05 Sat
twitterfacebook
thumb

水戸がおこしやす京都へ武者修行していたDF田辺陽太の復帰を発表

水戸ホーリーホックは9日、DF田辺陽太(20)の復帰を発表した。 田辺は水戸のユース出身で、2021年にトップチーム昇格。シーズン途中に当時JFLのいわきFCへと育成型期限付き移籍した。 今シーズンは4月に関西サッカーリーグ1部のおこしやす京都ACへと育成型期限付き移籍。リーグ戦で5試合に出場していた。 田辺はクラブを通じてコメントしている。 「来シーズン水戸ホーリーホックで戦えることを嬉しく思っています」 「来シーズンはファン・サポーターの皆さんの前で躍動する姿を1日でも早くみせたいと思っています」 「一緒に戦っていきましょう!応援よろしくお願いします!!」 2022.12.09 21:28 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly