鹿児島がロメロの決勝点で3連勝、首位いわきと勝ち点「1」差に迫る【明治安田J3第25節】

2022.09.19 20:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
19日、明治安田生命J3リーグ第25節の鹿児島ユナイテッドFCvsギラヴァンツ北九州が白波スタジアムで行われ、1-0でホームの鹿児島が勝利を収めた。

昨日、首位のいわきFCがつまずき、松本山雅FCが勝利したため、是が非でも勝ち点「3」が欲しい鹿児島。早々の6分に星広太が負傷によって渡邉英祐との交代を余儀なくされるも、前半終了間際に先制点を挙げる。

五領淳樹の右CKに対するGKのパンチングがミスとなり、こぼれ球を小野寺健也がヘッド。クロスバーからの跳ね返りを、ロメロ・フランクが押し込んだ。
ビハインドで折り返した北九州も"バトルオブ九州"で意地を見せ、ボックス手前でのFKがゴール前での混戦を招くと、本村武揚がオーバーヘッドでネットを揺らす。だが、クリアに飛び込んだ有田光希へファウルを取られ、得点は認められなかった。

その後も北九州の反撃を受けた鹿児島だが、終了間際の針谷岳晃のFKもGK白坂楓馬ががっちりキャッチ。虎の子の1点を守り切った鹿児島が3連勝で、首位・いわきFCへ勝ち点差「1」に迫っている。

◆明治安田生命J3リーグ第25節

▽9/19(月・祝)
鹿児島ユナイテッドFC 1-0 ギラヴァンツ北九州

▽9/17(土)
Y.S.C.C.横浜 0-0 カマタマーレ讃岐
アスルクラロ沼津 1-0 カターレ富山
ヴァンラーレ八戸 3-1 FC岐阜

▽9/18(日)
松本山雅FC 2-1 ガイナーレ鳥取
藤枝MYFC 1-0 SC相模原
FC今治 1-0 いわきFC
AC長野パルセイロ 0-1 福島ユナイテッドFC

※台風14号の影響で中止
テゲバジャーロ宮崎 vs 愛媛FC

関連ニュース
thumb

長野、松本の育成出身MF青木安里磨が加入内定

AC長野パルセイロは8日、松本大学サッカー部に所属するMF青木安里磨(22)の2023シーズン加入内定を発表した。 長野県安曇野市出身の青木は松本山雅FCU-15から松商学園高校、松本大学へと進学。今年のデンソーカップチャレンジサッカーではMFオナイウ情滋(新潟医療福祉大学→ベガルタ仙台内定) らとともに北信越選抜チームに選出された。 松本大からはMF濱名真央が松本に来季内定。2023年は対戦相手として"信州ダービー"でしのぎを削ることとなる。 2022.12.08 19:38 Thu
twitterfacebook
thumb

愛媛、群馬からFW深堀隼平が期限付き移籍で加入!「裏抜けが得意です」

愛媛FCは8日、ザスパクサツ群馬からFW深堀隼平(24)が期限付き移籍で加入すると発表。契約期間は2023年2月1日から2024年1月31日までで、群馬との公式戦には出場できない。 深堀は名古屋グランパスの下部組織出身で、2017シーズンに昇格し、同年7月にプロデビュー。2019年1月にはプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)のヴィトーリアに期限付き移籍も、契約期間満了に伴い8月に名古屋へ復帰した。 2020年からは水戸ホーリーホックに期限付き移籍し、さらにその翌年には完全移籍へ移行。同年7月にFC岐阜へ育成型期限付き移籍すると、今季からは群馬へ完全移籍していた。 今季は群馬でJ2リーグ29試合2得点。深堀は新天地となる愛媛の公式サイトを通じてコメントを発表し、自身の持ち味をアピールした。 「愛媛FCを愛する全ての皆様へ 初めまして。ザスパクサツ群馬から来ました深堀隼平です。特徴はスピードです。裏抜けが得意です。ワイドに張ってドリブルを仕掛けるのも得意です。足元に降りて狭いスペースで受けたりするのは好きではないですが、苦手でもないです」 「この自分の特徴を最大限発揮して、ゴールやアシストといった形でチームの勝利、そしてJ2昇格に貢献したいと思います。オレンジ色に染まったスタジアムでプレーすることを楽しみにしています!必ずJ2昇格しましょう。よろしくお願いします」 2022.12.08 19:19 Thu
twitterfacebook
thumb

岐阜、相模原から2選手を完全移籍で獲得! MF川上竜&FW浮田健誠

FC岐阜は8日、SC相模原からMF川上竜(28)とFW浮田健誠(25)の2選手を完全移籍で獲得したと発表した。 川上は福岡県出身で、アビスパ福岡の下部組織から福岡大学に進学し、卒業後に福島ユナイテッドFCへと入団。その後は地元福岡のギラヴァンツ北九州を経て、2021シーズンからの2年間、相模原に在籍した。 浮田は千葉県出身。柏レイソルのU-18から順天堂大学を経て、2020年にレノファ山口に入団し、1年目はJ2リーグで33試合7得点を記録。山口で2年間プレーしたのち、今季から相模原に在籍していた。 両選手は新天地となるFC岐阜の公式サイトを通じ、コメントを発表している。 ◆川上竜 「FC岐阜の一員になれることに喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。FC岐阜に関わる皆様に認めてもらえるように、クラブの目標に貢献できるように精一杯努力します。これからも自分らしくサッカーを大事にしていきたいと思います。よろしくお願いします」 ◆浮田健誠 「初めまして!SC相模原から加入することとなりました浮田健誠です!僕の持っているもの全てをFC岐阜の為に、緑のユニフォームを纏い全力で闘います。心強いサポーターの皆さんと多くの勝利を共に。夢や感動を届け、岐阜を盛り上げたいと思います!宜しくお願い致します!」 2022.12.08 18:26 Thu
twitterfacebook
thumb

北九州、田坂和昭氏の指揮官就任を発表!「強く闘えるチームを」

ギラヴァンツ北九州は8日、2023シーズンより田坂和昭氏(51)が指揮官に就任すると発表した。 現役時代にベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)や清水エスパルスなどでプレーした田坂氏。日本代表としては国際Aマッチ通算7試合を記録した。 引退後は現役最後のクラブとなったセレッソ大阪の下部組織で指導者キャリアをスタートし、2005年にJFA公認S級コーチライセンスを取得。 2011年には大分トリニータの指揮官に就任し、その後は清水や福島ユナイテッドFCの指揮官を歴任。2019~21年にかけては栃木SCで指揮を執り、来季より北九州で2年ぶりの現場復帰となる。 田坂氏は北九州の公式サイトを通じてコメントを発表した。 「来季よりギラヴァンツ北九州の監督に就任する事になりました田坂和昭です。クラブの目標達成と発展のため、選手一人一人の成長と自律を促し、主体的で強く闘えるチームづくりを目指していきます」 「また、サッカーを通じて地域の皆様に喜びと感動をお届けできるよう、これまでの経験をぶつけて全力で取り組んでまいりたいと思います。ミクスタで共に闘える日を心待ちにしています!どうぞよろしくお願いいたします」 2022.12.08 15:57 Thu
twitterfacebook
thumb

FC岐阜のFW大西遼太郎が熊本へ完全移籍加入「全力で戦い貢献できるよう頑張ります」

ロアッソ熊本は8日、FC岐阜からFW大西遼太郎(25)が完全移籍で加入すると発表した。 大西はジュビロ磐田の育成組織出身で、法政大学へ進学。在学中には2019年の天皇杯3回戦でガンバ大阪からゴールを奪い、金星を挙げた。 2020年に岐阜でプロキャリアをスタートさせ、3年間で明治安田J3に51試合出場3得点という数字を残した。 中盤のユーティリティプレーヤーは、両クラブを通じて次のようなコメントを充てている。 ◆ロアッソ熊本 「FC岐阜から加入することになりました、大西遼太郎です。ロアッソ熊本というクラブで戦えることを嬉しく思います!ロアッソ熊本のために全力で戦い、勝利に貢献できるよう頑張ります!よろしくお願いします!」 ◆FC岐阜 「今シーズン限りでFC岐阜を離れることになりました。FC岐阜でプロとしてスタートさせてもらい、J2昇格を目標にやってきましたが、なにも貢献できず、悔しくて申し訳なく思います」 「ただ、そんな中でも応援し続けていただいたファン・サポーターの皆様、スポンサーの方々には本当に感謝しています。またこの3年間、多くの偉大な先輩方とプレーさせてもらい、多くの事を学ばせてもらいました。考え方、姿勢、色々なことが僕には足りないことばかりでした。それでも下手くそと言い続けてくれたことに本当に感謝しています。少しでも大きくなった自分を見せられるように、より努力していきます。 「FC岐阜に関わる全てのみなさま、3年間ありがとうございました!」 <span class="paragraph-title">【動画】天皇杯で法政大時にG大阪を撃破した大西のゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="hyWhQUhhO-o";var video_start = 19;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.08 15:32 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly