三笘の新たなボスはクヌートセンorデ・ゼルビ?

2022.09.11 07:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーにグレアム・ポッター監督を引き抜かれたブライトンが、後任候補として2人の指揮官をリストアップしているようだ。

今シーズン、開幕から4勝1分け1敗の4位と躍進を見せるブライトン。しかし、2019年夏からチームを率い、昨季にはクラブ史上最上位となる9位フィニッシュに導いたポッター監督が、トーマス・トゥヘル監督の後任としてチェルシーに引き抜かれることになった。

現在、チームはエリザベス女王逝去により今週末のボーンマス戦、鉄道ストライキにより来週末のクリスタル・パレス戦がいずれも延期となり、インターナショナルマッチウィーク明けの10月1日のリバプール戦までに後任監督を選定する猶予が与えられている。
イギリス『テレグラフ』によると、ブライトンは後任指揮官としてボデ/グリムトを率いるヒェティル・クヌートセン監督、サッスオーロやシャフタール・ドネツクを率いたロベルト・デ・ゼルビ氏の2名を有力な候補として交渉を進めているようだ。

ノルウェー人指揮官のクヌートセン監督は、母国の下部リーグで下積みを積んだのち、オースムンド・ビェルカン監督のアシスタントコーチとしてボデ/グリムトに加入。2018年にはビェルカン監督のスポーツディレクター就任に伴い、後任として監督に昇格した。

就任2年目となった2019シーズンに2位躍進を果たすと、その翌年にはエリテセリエン(ノルウェー1部)初優勝に導き、昨シーズンには連覇を達成。さらに、昨季のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)ではグループステージでジョゼ・モウリーニョ監督率いるローマを相手に歴史的な6-1の勝利を収め、大きな話題を集めた。

3シーズン連続でエリテセリエンの年間最優秀監督賞を受賞している53歳の指揮官に関しては、欧州5大リーグへのステップアップも見込まれている。

一方、イタリア人指揮官のデ・ゼルビ氏はこれまでフォッジャ、パレルモ、ベネヴェントで実績を積み、2018年7月からサッスオーロの監督に就任。

ジョゼップ・グアルディオラを彷彿とさせる立ち位置、ボールの循環にこだわる攻撃的なポゼッションスタイルを志向する青年指揮官は、2019-20シーズンから2シーズン連続で8位フィニッシュに導いた。シャフタールでは30試合を指揮し、20勝5敗5分けの戦績を残したが、ロシアによるウクライナ侵攻の影響を受け、今年7月に契約を解消していた。

なお、先日にはセルティックのアンジェ・ポステコグルー監督や、ノッティンガム・フォレストのスティーブ・クーパー監督が候補として名前が挙がっていたが、現時点ではいずれも可能性は低いとのことだ。

現在、ポジション争いで苦戦が続く日本代表MF三笘薫にとってクラブの後任人事は、今後の出場機会を左右する大きなポイントとなる。共に[4-2-3-1]の布陣をメインシステムに採用し、サイドには突破力のある選手を起用する傾向があるため、相性は悪くないはずだ。ただ、引き続きベルギー代表FWレアンドロ・トロサールがポジション奪取の壁となりそうだ。

関連ニュース
thumb

「もう三笘チャンネル」ブライトンが公式ユーチューブでボーンマス戦の三笘を特集「定期的に三笘動画くれる」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンがボーンマス戦の日本代表MF三笘薫をピックアップした動画を公開している。 4日に行われたプレミアリーグ第22節でボーンマスと対戦したブライトン。苦しみながらも試合終盤の三笘薫のゴールで辛勝した。 三笘はこれで公式戦3戦連発。その注目度は日に日に増しているが、ブライトンの公式SNSもそれに合わせて多くの動画や写真を投稿している。 7日にクラブのYouTubeチャンネルで公開されたのは、「ピッチサイド: ミトマのいいとこどり」というタイトルの動画で、試合中だけでなく、試合前後の様子なども捉えたものだ。三笘の試合直前の表情やスタッフとの関係性も分かる動画になっている。 ファンは「三笘さんを目当てに見に来て、ブライトンをどんどん好きになる好循環」、「三笘目当てで見てたけど、どんどん他の選手が好きになってくる」、「定期的に三笘動画くれるブライトン公式好き」、「もう、三笘チャンネルw」とコメント。「週末が楽しみ」といった声もあり、三笘への期待値はどんどん高まっているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ブライトンの動画で明らかになった試合直前の三笘の表情</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="yyWT97JWZdQ";var video_start = 51;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.08 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

「より注目して欲しい」絶好調の三笘薫が心境、活躍の秘訣は「プレッシャーを楽しんでいる」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が、自身の活躍に言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 今シーズンからプレミアリーグに挑戦している三笘。シーズン当初は控えの立ち位置であり、途中出場や不出場も多かった。 しかし、2022年10月29日のプレミアリーグ第14節チェルシー戦で先発出場し初アシストを記録。すると、続くウォルバーハンプトン戦でも先発し今度は初ゴール。さらにEFLカップのアーセナル戦でもゴールを決め、3試合連続で数字を残した。 その後カタール・ワールドカップ(W杯)に日本代表として出場。スペイン代表戦では「三笘の1ミリ」と呼ばれる世界中で注目されたアシストを記録。ベスト16でクロアチア代表に敗れた際には、自身のPK失敗もあり人目を憚らずに涙を流した。 そんな中再開したシーズンでは圧巻のパフォーマンスを披露。公式戦9試合で5ゴール1アシストを記録。現在3試合連続ゴール中と絶好調だ。 ファンの心を鷲掴みにし、世界からも注目を集めている三笘がクラブのインタビューに応じ、現在の心境を語った。 「すべての試合でゴールを決めようとしています。そうすれば勢いに乗れます。気にはしていませんが、みんなが僕を見ているのは事実で、ある意味ではそのプレッシャーを楽しんでいます」 「今は毎試合ゴールかアシストができれば良いと思っていますし、上手くいっています」 その三笘は、2試合連続での決勝ゴールを決めた4日のボーンマス戦についても言及。ゴールを決めなければ「最悪だった」と語った。 「ボーンマス戦でのパフォーマンスには満足できなかったですし、ゴールなしで試合を終わらせたら最悪だと思っていました」 「時間が経てばもっとできると思っていたので、フラストレーションが溜まっていました。ドローだったら悔しかったですし、ゴールできてよかったです。僕は学ばなければいけません」 さらに、その前のFAカップ4回戦のリバプール戦で決めた劇的ゴールは、日本でも大きく取り上げられ、W杯の盛り上がりのようにヒートアップ。多くの人に見てもらいたいとした。 「日本で大きなニュースになったことは知っていますし、それは感じていました。それも死にかけた間際で、大きな喜びを感じられたからだと思います」 「とにかく、僕はみんながより注目してくれていることを嬉しく思います」 <span class="paragraph-title">【動画】何度見ても驚ける!13のカメラが捉えたリバプール戦のスーパーゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Every angle of THAT <a href="https://twitter.com/kaoru_mitoma?ref_src=twsrc%5Etfw">@Kaoru_Mitoma</a> goal! <a href="https://t.co/9xLmIPFmSQ">pic.twitter.com/9xLmIPFmSQ</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1620348852824858624?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.08 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

「ミトマが楽しそう!」ブライトンのユニークな練習で三笘薫が絶叫!「こんなに笑ってるの試合以外で初めてみた」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンがクリスタル・パレス戦に向けてのトレーニングの様子を公開している。 4日に行われたプレミアリーグ第22節のボーンマス戦で、苦しみながらも試合終盤の日本代表MF三笘薫のゴールで辛勝したブライトン。リーグ戦4試合無敗としている。 11日にはクリスタル・パレスとのアウェイゲームに臨むブライトンは、ロンドやパスドリルのほか、ユニークな練習メニューも実施。相手と正対した状態から、決められたコース内でステップしてかわすという鬼ごっこのようなメニューを取り入れた。 鬼役にタッチされたらダメというものだが、突破力に定評のある三笘でも、鬼役のモイセス・カイセドにタッチされ、「うわー」と絶叫していた。それでも、2度目の対決ではステップの種類をかえ、カイセドを上手くかわしていたように見えた。 ブライトンがこの日の練習をSNSで公開すると、ファンも「ミトマ楽しそう!」、「みんな楽しそう 三笘くんが笑顔だあ」、「こんなに笑ってる三笘さん試合以外で初めてみたわ」、「薫くん良き表情してる」と注目。ユニークなメニューを楽しんでいた。 また、この日の練習から、1月にスウェーデンのAIKソルナから加入したスウェーデン代表MFヤシン・アヤリも参加している。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫が練習中に絶叫!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="r4wcH2uEdkA";var video_start = 53;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.08 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

「カオルは国際的なスーパースター!」ブライトンが投稿した日本の女性ファンに現地ファンも感謝「凄いこと」「よく来てくれた」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンが各国から応援してくれるファンを紹介。日本人の女性サポーターもピックアップされて話題だ。 日本代表MF三笘薫の大活躍で注目を集めるブライトン。三笘以外にも、今冬の移籍が大きく騒がれたエクアドル代表MFモイセス・カイセドや同じエクアドル代表のDFペルビス・エストゥピニャン、アルゼンチン代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)を制したMFアレクシス・マク・アリスターなど多国籍軍としても知られている。 各国の有望な選手を見出して起用し、ビッグクラブが引き抜くという構図が出来上がっている中、スタジアムには毎試合多くの国のサポーターが集まってくる。 ブライトンは試合に訪れる各国のサポーターの写真を紹介。「マッチデーには沢山の旗が」と投稿し、エクアドル、ガーナ、スペイン、そして日本の国旗を掲げるサポーターを紹介した。 それぞれの写真には説明文もつけられ、三笘を応援しにきた日本人の女性サポーターの写真には「『MITOMA』と書かれた日本の国旗/カードを掲げているファン。カオルは国際的なスーパースター!」と、活躍が続く三笘を称えるコメントがついている。 これには現地のファンも「世界中のファン、特に日本の友人たちがアメックス(・スタジアム)に来るのはすごいことだ!」、「僕たちは今、国際的なクラブだ」、「よく来てくれた」とコメントを寄せている。 また、三笘のファンである写真のご本人もコメント。「まさかの私です。素敵な写真を撮ってくれてありがとう。私はあなたたちの成功を永遠に応援します」と感謝。ブライトンの試合を数試合現地観戦続けており、ついにクラブ公式に取り上げられることとなった。 ブライトンのスカウト陣の優秀さがわかる今シーズンの飛躍。選手が引き抜かれても新たな才能を連れてくるブライトンはどこまで躍進するのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【写真】ブライトンの試合を訪れ「MITOMA」の国旗を掲げた女性サポーター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">So many flags on matchday! <a href="https://t.co/0K6xPosE9T">pic.twitter.com/0K6xPosE9T</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1622681533445447680?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】臨場感最高!三笘薫の劇的ヘッドを10台のカメラで!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/BHAFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BHAFC</a> <a href="https://t.co/zXcMVe5cuD">pic.twitter.com/zXcMVe5cuD</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1622641771623882752?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.08 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「信じられない仕事」ベルギー時代の三笘薫を知るブライトンFWが活躍を称賛「ベルギー時代よりも優れている」

ベルギー時代からのチームメイトであるブライトン&ホーヴ・アルビオンのFWデニス・ウンダブが日本代表MF三笘薫の凄さを語った。クラブ公式サイトが伝えた。 ウンダブは、2020年7月からロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズでプレー。2022年1月にブライトンへと完全移籍すると、そのままレンタルでサン=ジロワーズに残った。 三笘が初めてヨーロッパにチャレンジした最初のチームメイトであり、2021-22シーズンのジュピラー・プロ・リーグではレギュラーシーズンの33試合で25ゴール10アシストを記録。三笘からのアシストを受けるなど、良いコンビを見せていた。 そのウンダブは三笘と共に今シーズンからブライトンでプレー。自身初のイングランドでのプレーでは苦戦が続き、ここまでプレミアリーグ9試合でノーゴールとなっている。 ウンダブは4日に行われたボーンマスにも先発出場。6試合ぶりの出番をもらった中、ゴールを決められずに75分に交代。三笘からのお膳立てがありながらもミスをするなどしていた。 試合後、ウンダブは決勝ゴールを決めてチームを勝利に導いた三笘について言及。今シーズンの働きぶりの凄さを称えた。 「彼は今シーズンとても大きな一歩を踏み出した。彼の一対一は、ベルギー時代よりも優れている。いつパスをするのか、いつ一対一で仕掛けるべきなのかを理解している。彼がチームのために信じられない仕事をしており、違いを生み出しているということは、誰もが同意するだろう」 「彼は最高の試合ができなかったにも関わらず、再びゴールを決めた。今リズムに乗っているし、これを続けてくれることを願っている」 「ほとんどの場合はデュエルで勝利する。適切なタイミングで適切な場所にいる必要があり、ボールが自分のためにそこにあれば、それをフィニッシュまで持っていく必要がある。彼がいれば、毎試合5、6回のチャンスが生まれるかもしれない。次は彼がこのポジションにいるときに得点できるように頑張る」 <span class="paragraph-title">【動画】臨場感最高!三笘薫の劇的ヘッドを10台のカメラで!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/BHAFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BHAFC</a> <a href="https://t.co/zXcMVe5cuD">pic.twitter.com/zXcMVe5cuD</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1622641771623882752?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.07 20:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly