セビージャがイスコの加入を正式発表!契約期間は2024年まで

2022.08.08 22:55 Mon
Getty Images
セビージャは8日、レアル・マドリーを退団した元スペイン代表MFイスコ(30)の獲得を正式発表した。契約期間は2024年までとなる。
PR
7日に移籍の基本合意が発表されていたイスコは、8日にメディカルチェックを受診し、2024年6月30日までの契約書にサインをしたとのことだ。
2013年にマラガからマドリーに加入したイスコは、在籍9年で公式戦353試合に出場し、3度のラ・リーガ制覇や5度のチャンピオンズリーグ優勝などを経験。

しかし、ここ数年は序列低下によって出場機会を失い、カルロ・アンチェロッティ監督が復任した昨シーズンも公式戦17試合の出場に留まっていた。

そういった中、イスコは昨シーズン限りとなっていた現行契約満了に伴い、エルブランコを退団していた。

PR
関連ニュース

「鳥山先生に向けた恩恵の印です」セビージャMFの右足にも孫悟空、スペインからも追悼の意「先生の名はセビージャにまで届いています」

漫画家の鳥山明さんを追悼する声がスペインからも届いている。 2024年3月1日に急性硬膜下血腫のため亡くなっていたことが発表された鳥山さん。『ドラゴンボール』や『Dr.スランプ』といった大人気漫画の生みの親であり、中でもドラゴンボールは海外のサッカー選手からも絶大な人気を誇る。 『ドラゴンボール』を愛する選手やクラブからは多くの追悼メッセージが届けられ、セビージャも『ドラゴンボール』に出てくるフュージョンのポーズをとるルーカス・オカンポスとスソの写真と共に追悼していた。 さらに、セビージャには『ドラゴンボール』を愛する選手がもう1人いたようで、日本語版の公式X(旧ツイッター)やインスタグラムで、セルビア代表DFネマニャ・グデリの右足に入った、『ドラゴンボール』の主人公である孫悟空タトゥーが披露された。 「ネマニャの鳥山先生に向けた恩恵の印です。世界に誇る先生の名はセビージャにまで届いています」 セビージャの投稿には、多くのファンからも追悼のコメントが寄せられており、改めて『ドラゴンボール』という作品の偉大さが明らかになっていた。 <span class="paragraph-title">【動画】セビージャMFグデリの右足にも孫悟空の姿が!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">ネマニャの鳥山先生に向けた恩恵の印です。世界に誇る先生の名はセビージャにまで届いています。<a href="https://twitter.com/hashtag/wearesevilla?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#wearesevilla</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%A7%81%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AF%E8%AB%A6%E3%82%81%E3%81%AA%E3%81%84?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#私たちは諦めない</a> <a href="https://t.co/LdWrMLGnN6">pic.twitter.com/LdWrMLGnN6</a></p>&mdash; セビージャFC(日本公式)| Sevilla FC official Japanese (@SevillaFC_JA) <a href="https://twitter.com/SevillaFC_JA/status/1766578930654294200?ref_src=twsrc%5Etfw">March 9, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.12 19:30 Tue

PSG戦控えるソシエダ、久保建英ら主力温存でセビージャに敗戦…公式戦3連敗に【ラ・リーガ】

ラ・リーガ第27節、セビージャvsレアル・ソシエダが2日にサンチェス・ピスファンで行われ、ホームのセビージャが3-2で勝利した。なお、ソシエダのMF久保建英はベンチ入りも出場機会はなかった。 7位のソシエダは、公式戦連敗のバウンスバックを期して15位のセビージャ戦に臨んだ。前節のビジャレアル戦で1-3の完敗を喫したラ・レアルは、直近のコパ・デル・レイ準決勝2ndレグのマジョルカ戦もPK戦の末に敗戦。格下相手にファイナル進出を逃す厳しい結果となった。 週明けに0-2からの逆転を目指すチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン(PSG)を控えるなか、公式戦連敗ストップを狙ったアウェイゲームでは先発6人を変更。久保やル・ノルマン、メリーノら主力をベンチに置き、パチェコやアランブル、トゥリエンテスら控え選手を起用。サディクとアンドレ・シウバを2トップに配した[4-4-2]で臨んだ。 ホームアドバンテージにコンディション面で優位に立つセビージャが良い入りを見せる。開始3分には高い位置でプレッシャーをかけてボールを奪い切ったイザーク・ロメロが馬力のある仕掛けでボックス左に侵入し、GKと一対一の決定機を迎えるが、ここはGKレミロの好守に阻まれる。 その後、ソシエダがザハリャンのミドルシュートで際どいシーンを作り出し、ここからのオープンな展開が予期されると、その予想通りに試合が動く。 まずは11分、セビージャのセットプレーの二次攻撃からハンニバルのシュートをボックス内で足元に収めたロメロがすかさずシュート。これはGKレミロの好守に阻まれるが、こぼれ球に詰めたエン=ネシリが難なく押し込んだ。続く13分にはGKからのロングボールを頭で繋いでロメロのショートスルーパスでボックス左に抜け出したエン=ネシリが角度のないところから強烈な左足の弾丸シュートを突き刺し、瞬く間にドブレーテを記録した。 好調2トップの活躍によってホームチームが2点のリードを得て余裕を持った試合運びを見せる中、前半のうちに1点でも返したいラ・レアルは徐々にボールを握って相手陣内でのプレーを増やしていく。 2トップの高さをシンプルに活かしたクロスに加え、中盤3枚で埋め切れないスペースでボールを引き出しながら中央でのコンビネーションも仕掛けていく。だが、最後のところで粘る相手の堅守をこじ開けるまでには至らず。 前半終盤は完全に膠着状態に陥っていたが、ソシエダがワンチャンスを活かして1点を返す。前半アディショナルタイムに背後へ飛び出したアンドレ・シウバがDFセルヒオ・ラモスのハンドを誘発。これを自ら古巣のゴールに決め切った。 ホームチームの1点リードで折り返した試合。少し嫌な終わり方となったホームチームは前半終盤に負傷したヘスス・ナバスをハーフタイムで下げてフアンル、53分にはハンニバルに代えてスソと早いタイミングで交代カードを切っていく。 後半も引き続き膠着状態が続いたが、より優勢に進めていたセビージャがセットプレーからゴールをこじ開ける。66分、セットプレーの二次攻撃から右サイドのオリベル・トーレスが正確なクロスを上げると、ボックス中央に飛び込んだセルヒオ・ラモスのヘディングシュートがゴール左隅に決まった。 この3失点目で敗色濃厚となったソシエダは、すでにブライス・メンデスを投入していたものの、切り札の久保やメリーノの投入を自重。代わってベッカー、ウルコ・ゴンサレスをアンドレ・シウバ、スビメンディという主力に代えて投入した。 後半終盤にかけては交代選手を中心に攻勢を強めたラ・レアルがホームチームを押し込むと、6分が加えられた後半アディショナルタイムの92分にはブライス・メンデスがペナルティアーク手前からの直接FKを左隅に突き刺して再び点差を縮める。 だが、同点ゴールを奪うまでには至らず。セビージャに競り負けたソシエダは、一部主力に休養を与えたものの、公式戦3連敗でPSG戦に臨むことになった。 2024.03.03 00:03 Sun

スーペルゴラッソのモドリッチにアンチェロッティ監督「ベンチに置いておくのはつらい」 注目の去就は?

レアル・マドリーが接戦を制した。 レアル・マドリーは25日のラ・リーガ第26節でセビージャをホームに迎え撃ち、1-0で勝利。途中出場のルカ・モドリッチによるスーペルゴラッソで2試合ぶりの勝利を掴み、首位の座を守った。 スペイン『マルカ』によると、カルロ・アンチェロッティ監督は「とても質が高く、バランスに優れた素晴らしい試合だった」と振り返っている。 「ジュード・ベリンガムやホセルのような攻撃の基準を欠き、予想どおりの問題が起きた。それでも、勝ち点3に値したと思うし、素晴らしい試合をしてくれ、とても満足だ」 この試合では今季に入ってから出番が減り、退団が噂され始めるなか、ド派手な決勝ゴールをマークした38歳モドリッチにも触れている。 「ルカのゴールを祝ったのはそれにふさわしいから。素晴らしいゴールを決めてくれたし、出たときは大いに貢献してくれる。ベンチに置いておくのはとてもつらいことだが、彼は日々、模範を示してくれている」 続けて、10番の将来を巡っての質問が飛ぶと、「ルカが来季、どうしたいのかは彼次第だ」と返し、選手本人とクラブの問題と語った。 「彼だけでなく、(トニ・)クロース、ナチョ(・フェルナンデス)も同じ状況にある。クラブがこれからの数カ月ですべてを解決するだろう」 「このようなケースの管理はとても複雑。私も選手の経験があるし、モドリッチがプレーしないときに何を考えているかは完全にわかる」 「モドリッチは39歳の選手に見えないね(今年9月で39歳に)」 <span class="paragraph-title">【動画】去就注目モドリッチがスーペルゴラッソ! 決勝ゴールに</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>モドリッチ、超絶ゴラッソ<br>\<br><br>途中出場のモドリッチが<br>こぼれ球を拾い右足一閃<br>衰え知らずの38歳が大きな勝ち点3をもたらした<br><br>ラ・リーガ第26節<br>レアル・マドリード×セビージャ<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中 <a href="https://t.co/Nc2gH8H2f3">pic.twitter.com/Nc2gH8H2f3</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1761941728582332836?ref_src=twsrc%5Etfw">February 26, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.26 12:55 Mon

途中出場モドリッチがスーペルゴラッソ! マドリーがS・ラモス帰還のベルナベウでセビージャにウノセロ勝利【ラ・リーガ】

ラ・リーガ第26節、レアル・マドリーvsセビージャが25日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが1-0で勝利した。 首位のマドリーは前節、ラージョとのマドリード自治州ダービーに臨み1-1のドローに終わった。勤続疲労によって攻撃のギアが上がらず、試合終了間際にはカルバハルが退場となるアクシデントにも見舞われ、ラージョと前回対戦に続くドロー決着となった。中6日と十分な休養期間を経て臨んだ15位のセビージャとのホームゲームでは前節から先発4人を変更。サスペンションのカマヴィンガと負傷のホセルに加え、モドリッチとフラン・ガルシアに代わってクロース、ロドリゴ、メンディ、負傷明けのリュディガーが起用された。 セルヒオ・ラモスのベルナベウ帰還に注目集まった名門対決。[3-5-2]の布陣で臨んだセビージャに対して、マドリーはブラヒム・ディアス、ロドリゴ、ヴィニシウスを3トップに配した[4-3-3]でスタートする。 後ろ重心の相手に対してボールの主導権を握って攻め手を窺うホームチーム。開始10分にはショートカウンターからヴィニシウスの絶妙な折り返しに反応したルーカス・バスケスがボックス内に抜け出し、GKに寄せられる寸前でボレーシュートを流し込む。だが、立ち上がりの先制点かに思われたこの場面はオンフィールド・レビューの末にカウンターの起点となったナチョの潰しの局面でのファウルを取られて取り消しに。 自陣に引きこもるセビージャの守備に対して、以降は外回りの攻撃を強いられるマドリー。ヴィニシウスとブラヒム・ディアスの両ウイングによる仕掛けやコンビネーションプレーでチャンスを窺うが、やや相手寄りの微妙な判定もあってリズムを掴めない。 スタンドのマドリディスタを含めてフラストレーションが募る状況が続くなか、39分にはチュアメニのボックス内での反転シュート、前半アディショナルタイムにはバルベルデの強烈なミドルシュートでゴールに迫るが、GKニーランの好守に阻まれて前半のうちにゴールをこじ開けることはできなかった。 迎えた後半、早い時間帯のゴールを目指すマドリーはいきなりの決定機。49分、右サイド深くに侵攻したブラヒム・ディアスが正確な右足のグラウンダークロスを供給。これをゴール前のバルベルデがワンタッチで合わせるが、これは惜しくも右ポストを叩いた。 一方、前半同様に手数をかけないカウンターでワンチャンスを狙うセビージャは52分にビッグチャンス。左サイド深くに抜け出したオリベル・トーレスのグラウンダーの折り返しを、ゴール前に走り込んだイザーク・ロメロがワンタッチで合わすが、これはGKルニンの見事な反応に阻まれる。 ここから試合がオープンになり始めると、マドリーは一気に攻勢を強める。54分には左からカットインしたロドリゴがDFセルヒオ・ラモスのスリップを利用してペナルティアーク付近に持ち込んで右足を振るが、これは枠の右。55分にはボックス右でボールを受けたヴィニシウスが左足のコントロールシュートをファーポストに蹴り込むが、これはGKニーランの見事な反応にはじき出される。 その後、試合は主審のふくらはぎ負傷というアクシデントによって第4審判が急遽代役を担うことに。数分間の中断を経て再開されると、再び膠着状態に陥る。 何とかゴールをこじ開けたいアンチェロッティ監督はナチョを下げてモドリッチを投入し、チュアメニをセンターバックに下げる。すると、百戦錬磨のマエストロがスーペルゴラッソで期待に応える。 81分、相手陣内中央右でバルベルデが浮き球のクロスを供給。ペナルティアーク付近でDFに撥ね返されたこぼれに反応したモドリッチは絶妙なファーストタッチで右へ持ち出してシュートコースを作って素早いヒザ下の振り抜きから右ポストの内側を掠める完璧なミドルシュートを突き刺した。 モドリッチの圧巻の一撃でようやくアウェイチームの堅守をこじ開けたマドリーは、ここからセバージョス、アルバロ・ロドリゲスの投入で試合を締めに入る。 そして、続けて攻撃的な選手を投入した相手のパワープレー気味の攻撃をリュディガーを中心にしっかりと撥ね返してウノセロ勝利。リーグ2戦ぶりの白星を収めた。 2024.02.26 07:03 Mon

「ゴール決めても祝わない」…セルヒオ・ラモスが今週末に古巣ベルナベウへ! 「ユニークで感動的な瞬間に」

セビージャの元スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが今週末に古巣サンティアゴ・ベルナベウに帰還する。 セビージャは25日のラ・リーガ第26節でレアル・マドリーのホームに乗り込む。元レアル・マドリーのセルヒオ・ラモスにとって、19歳だった2005年夏から34歳の2021年夏までを過ごした古巣での一戦だ。 パリ・サンジェルマン(PSG)でのプレーを挟み、昨夏にセビージャ復帰の37歳DFにとって、レアル・マドリー退団後初となるサンティアゴ・ベルナベウでの試合となるなか、スペイン『マルカ』によると、『DAZN』で心境を語った。 「キャリアで最も重要な瞬間を何年も過ごしたし、家のように感じることだろう。ファンやチームメイトとの素晴らしい思い出だってあるしね。ユニークで感動的な瞬間になるはずだ」 苦楽をともにしたレアル・マドリーに対しては今も変わらずの深い敬意から、この試合で自身がゴールを決めても祝うつもりがないものの、15位に甘んじるチーム事情から勝てれば素直に喜ぶようだ。 「レアル・マドリーは毎年、優勝候補の一角に挙がる。ファンやチームのことをリスペクトしているし、自分がゴールを決めても祝ったりなんてしない。ただ、運よくゴールを決めて勝ったら、とても嬉ぶ。僕らにとって、3ポイントは本当に役立つものだからだ」 そんな百戦錬磨のセンターバックだが、1年契約でのセビージャ復帰とあって、今夏の動向も注目どころ。だが、今のところは「ここで幸せだし、明日のことなんて考えていない」と話している。 2024.02.22 16:55 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly