バジャドリー、セビージャからロケ・メサを補強!

2020.10.06 13:29 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バジャドリーは5日、セビージャからスペイン人MFロケ・メサ(31)をフリーで獲得したことを発表した。契約期間は3年となる。これまでレバンテやテネリフェ、ラス・パルマスなど多くのスペインクラブを渡り歩いてきたロケ・メサは、2018年1月にスウォンジーからセビージャにレンタル移籍すると、同年6月に完全移籍。公式戦通算56試合に出場していたが、昨季はフレン・ロペテギ監督就任と大幅なスカッド刷新に伴い、レガネスにレンタルしていた。

昨季のレガネスではラ・リーガで29試合に出場するなど主力として活躍するもチームは18位で2部へ降格。今夏にセビージャに戻ったが、バジャドリー加入の発表同日に契約解除が伝えられていた。

現在、3シーズン連続でプリメーラ(1部)で戦うバジャドリーは、5節を消化した時点で2分け3敗と、厳しい開幕スタートに。新たな司令塔の加入で巻き返すことが出来るだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

メッシがペレ超えのバルサ通算644ゴール! 新布陣も機能してバジャドリーに完勝《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第15節、バジャドリーvsバルセロナが22日にホセ・ソリージャで行われ、アウェイのバルセロナが0-3で勝利した。 前節、指揮官の古巣バレンシアとのシーソーゲームを2-2のドローで終えた5位のバルセロナ(勝ち点21)は連勝がストップ。降格圏に沈む18位のバジャドリー(勝ち点14)とのアウェイゲームでは、勝ち点3奪取が求められた。クーマン監督はこの一戦に向けて先発3人を変更。ブスケッツ、コウチーニョ、グリーズマンに代えてラングレ、デ・ヨング、ピャニッチを起用。また、今季初めてスタートから[3-5-2]の布陣を採用した。 立ち上がりはホームで勢いを持ったバジャドリーが続けてシュートを放つなど、相手に勝る入りを見せる。だが、時間の経過と共に新布陣になじみ始めたバルセロナは、デストとジョルディ・アルバの両ウイングバックが高い位置を取って良い形で攻撃へ絡んでいく。 そして、21分にはペナルティアーク付近の密集地帯をペドリとのパス交換で突破したメッシが左足のシュートを枠の左上隅に飛ばすが、ここは古巣対戦のGKマシプの好守に阻まれる。だが、このプレーで得た左CKの二次攻撃でメッシの丁寧な浮き球クロスに完璧なタイミングで飛び出したラングレのヘディングシュートが決まり、良い流れの中で先制点を奪い切った。 この先制ゴールで余裕を持った試合運びが可能となったバルセロナは35分に追加点を奪取。ボックス手前でメッシ、デ・ヨング、ピャニッチと細かく繋いでピャニッチの絶妙なスルーパスに抜け出したデストがボックス右から高速クロス。これをゴール前のブラースヴァイトがワンタッチで合わせた。 鮮やかな連携で課題の2点目を奪い切って試合を折り返したアウェイチームは、後半もストレスなくボールを動かして完全に試合の主導権を掌握。そして、後半もメッシが積極的にフィニッシュに絡んで元同僚の守るゴールを脅かす。 すると65分、ボックス手前でデ・ヨングから短いパスを受けたペドリが足裏を使った絶妙なショートスルーパスをゴール前にスペースに流すと、これに反応したメッシがすかさず左足を振り抜いてゴール右隅へ突き刺した。 そして、このゴールはメッシにとってバルセロナでの公式戦通算644ゴール目(749試合)となり、元ブラジル代表FWペレ氏(サントス)と並んでいた同一クラブでの最多得点記録を更新し、新記録を樹立した。 エースのメモリアルゴールで勝利を確実なモノとしたバルセロナはそれぞれカードをもらっていたアルバとデ・ヨングに代えてジュニオル・フィルポ、ブスケッツ、アラウホと殊勲のペドリに代えてユムティティ、コウチーニョと積極的に交代カードを切っていく。 その後、選手交代の影響か、オレジャナ、キケ・ペレスに続けて決定的なシュートを打たれる場面があったものの、ここはGKテア・シュテーゲンが見事な連続セーブで凌いで事なきを得る。これで気を引き締め直したチームはここから冷静にゲームをコントロールし、敵地で3-0の完勝。 新布陣の機能性、ピャニッチらの活躍が光る実りある内容で2戦ぶりの白星を手にした。 2020.12.23 07:52 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、レマルの1年8カ月ぶりのゴールで7連勝! 次節ダービーに弾み《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第12節、アトレティコ・マドリーvsバジャドリーが5日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが2-0で勝利した。 現在、2位のアトレティコ(勝ち点23)は前節、バレンシア相手にウノセロでのらしい勝利を飾り、6連勝を達成。今節では18位に沈むバジャドリー相手に7連勝を目指した。 直近のチャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦を1-1のドローに終えたことにより、グループステージ突破を最終節に持ち越すことになっており、ザルツブルクとの直接対決を控える中、今節では幾つかのポジションでターンオーバーを採用。負傷のヒメネス、カラスコに加え、コケ、マルコス・ジョレンテ、フェリックスを温存し、コロナウイルスから回復したスアレスやビトロ、レマル、エレーラ、フェリペが起用された。 攻撃時にスアレスを最前線に置きレマルとコレアが2シャドーに入る[3-4-2-1]の布陣で臨んだアトレティコは、序盤からボールの主導権を握る。開始4分にはコレアのシュートをGKが弾くと、これを奪ったスアレスがドリブルでかわしにかかるが、ボールがゴールラインを割ってしまう。 その後も相手陣内で大半の時間を過ごすアトレティコだが、フェリックスやコレアらの不在が響き、引いた相手に対してなかなか効果的にボールを動かすことができない。最前線のスアレスも駆け引きを繰り返すものの、コンディションの問題か、個で打開するシーンはほとんどない。 一方、完全にカウンター狙いの相手に対して幾度か自陣への侵入を許したが、ここまでわずか2失点の守備陣が簡単にボックス内への侵入を許さず、相手の攻撃を可能性の低いミドルシュートに留めた。 互いに決定機が少ないクローズな前半を経て試合は後半に突入。早い時間帯にゴールをこじ開けたいアトレティコはビトロに代えてジョレンテをハーフタイム明けに投入した。 この交代によって後ろを4バックに代えて、より前がかった形にして攻勢を強めると、56分にゴールをこじ開ける。相手陣内中央でボールを受けたジョレンテの斜めのスルーパスに抜け出したトリッピアーが絶妙なグラウンダーのクロスを供給。中央のスアレスは合わせられなかったものの、ファーに詰めていたレマルが角度のないところから左足で流し込んだ。 レマルの2019年4月のエイバル戦以来となる値千金のゴールによって先手を奪ったアトレティコは、ゴール直前に準備させていたフェリックスとコケをコレア、サウールに代えて投入。ここから完全に試合の主導権を握った。 そして、72分にはGKオブラクからのロングボールをハーフウェイライン付近で競り勝ったトリッピアーがスペースに流すと、これに抜け出したジョレンテがそのままボックス内まで運んでGKとの一対一を制した。 ダメ押しの2点目を奪ったことで、ここから完全に逃げ切り態勢に入ったアトレティコは一矢報いろうと、積極的にゴールを目指すアウェイチームの攻撃を難なく撥ね返し続け、このまま試合をクローズ。 ターンオーバーを敢行した中、危なげなく勝ち切ったアトレティコはリーグ7連勝を飾り暫定首位に浮上。来週に控えるザルツブルク戦、マドリーとのダービーに向けて実りある勝利を手にした。 2020.12.06 05:02 Sun
twitterfacebook
thumb

バジャドリー、スペイン人MFフェデと2023年まで契約延長

バジャドリーは23日、スペイン人MFフェデ(23)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 “フェデ”に愛称で知られるフェデリコ・サン・エメテリオ・ディアスは、10歳の頃にラシン・サンタンデールの下部組織に入団。2013-14シーズンにトップチームに登録されると、2014年1月に16歳でプロデビュー。その後、セビージャ傘下のセビージャ・アトレティコでのプレーを経て、2018年8月にバジャドリーに3年契約で加入。 加入初年度はグラナダへレンタル移籍に出されたが、昨夏に復帰すると2019年8月25日のレアル・マドリー戦で、念願のラ・リーガデビュー。今季はここまでラ・リーガ8試合に出場している。 2020.11.24 07:50 Tue
twitterfacebook
thumb

久保が途中出場のビジャレアル、今季未勝利のバジャドリーに快勝で暫定3位に《ラ・リーガ》

ビジャレアルは2日、ラ・リーガ第8節でバジャドリーをホームに迎え、2-0で快勝した。ビジャレアルのMF久保建英は64分から出場している。 前節カディス戦でラ・リーガ初先発を飾ったものの見せ場を作れなかった久保は、4日前に行われたヨーロッパリーグのカラバフ戦では先発した中で好機を演出し、チームも3-1で勝利した。その久保はベンチスタートとなり、エースのジェラール・モレノが先発で公式戦5試合ぶりの出場となった。 3分け4敗と未勝利のバジャドリーに対し、立ち上がりからボールを保持して押し込んだのはビジャレアル。そして21分、左サイドのペドラサの突破からチュクウェゼが決めてビジャレアルが順当に先制した。 さらに37分、右CKからニアサイドのアルカセルがヘッドで逸らすと、ファーサイドのパウ・トーレスが押し込んで加点した。 さらに42分、ジェラール・モレノがポスト直撃のシュートを浴びせたビジャレアルが圧倒した前半は2点のリードで終了した。 迎えた後半も主導権を握るビジャレアルは64分、チュクウェゼに代わって久保が[4-4-2]の右MFの位置にそのまま投入される。 直後、モイ・ゴメスのFKからジェラール・モレノがヘッドでネットを揺らすも、ファウルがあってVARの末にノーゴールとなった。 84分には久保に決定機が訪れたが、バッカのスルーパスに抜け出した久保はGKとの一対一をマシプの好守に阻まれて決めきれず。 それでも2-0で快勝したビジャレアルが暫定3位となっている。 2020.11.03 06:56 Tue
twitterfacebook
thumb

バジャドリーで結果を残せなかったベン・アルファがボルドーに加入

ボルドーは7日、バジャドリーを退団していた元フランス代表FWハテム・ベン・アルファ(33)の獲得を発表した。契約期間は1年で、オプションでさらに1年延長される契約になっている。背番号は8に決まった。 リヨンでプロデビューを果たしたベン・アルファ。2004-05シーズンからのリーグ4連覇を経験したが、その後加入したマルセイユやニューカッスルでは厳しいキャリアが続いた。それでも、2015年夏にフリーで加入したニースでは、リーグ戦34試合で17ゴール6アシストと爆発。その活躍ぶりから翌年パリ・サンジェルマン(PSG)へと大きくステップアップした。 しかし、PSGではそうそうたるビッグプレイヤーとのポジション争いに敗れて構想外となると、1年半に渡って実戦から遠ざかることに。その後、2018年9月にレンヌに加入。 そのレンヌでは公式戦41試合に出場し9ゴール6アシストを記録。チームの10位フィニッシュやクープ・ドゥ・フランス優勝、ヨーロッパリーグ(EL)のベスト16進出に貢献していた。 そして昨季前半は所属クラブがなかった中、今年1月にバジャドリーへ加入してラ・リーガ初挑戦に挑んだが、リーグ戦でわずか5試合の出場に留まっていた。 2020.10.08 07:00 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly