三好康児と坂元達裕が共にアシスト記録! 上田綺世は初ゴールならず【ジュピラー・プロ・リーグ日本人選手】

2022.08.08 10:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2022-23シーズンのジュピラー・プロ・リーグの第3節が週末に開催された。

日本人10名がプレーするベルギー1部。日本人対決が実現したのはコルトレイクvsシント=トロイデン、シャルルロワvsオーステンデの2カードとなった。

コルトレイクは渡辺剛が先発フル出場。シント=トロイデンはシュミット・ダニエル橋岡大樹がフル出場、香川真司林大地が先発出場し、それぞれ58分、84分に交代した。

試合は昨季から11戦無敗のシント=トロイデンがペースを握るも、なかなかゴールを奪えず。ポゼッションしながらもゴールをこじ開けられない。

対するコルトレイクはカウンターから何度か決定機を作るものの、GKシュミット・ダニエルの好セーブもありこちらも得点を奪えず。ゴールレスドローに終わった。

またシャルルロワの森岡亮太、オーステンデの坂元達裕は共に先発出場。森岡は前半のみの出場、坂元はフル出場した。

試合はアウェイのオーステンデが主導権を握ると、28分にロビー・ダヒースのゴールで先制。その後シャルルロワが追いつくも、66分にニック・ベッツナーが勝ち越しゴール。後半アディショナルタイムには坂元が自陣から前線に蹴り出したロングフィードをテオ・エンディカがダメ押しゴールを決め、1-3で快勝した。

その他、ロイヤル・アントワープの三好康児はOHルーヴェン戦に先発出場し74分までプレー。0-1で迎えた38分にワンツーで抜け出しボックス内右からマイナスのクロス。これをラジャ・ナインゴランが蹴り込み、アシストを記録し4-2の勝利に貢献した。セルクル・ブルージュの上田綺世は後半から出場したもののゴールを奪えず、チームも2-0で敗戦。ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの町田浩樹はケガでメンバー外となった。

シュミット・ダニエル[シント=トロイデン]
▽8/6
コルトレイク 0-0 シント=トロイデン
◆フル出場

橋岡大樹[シント=トロイデン]
▽8/6
コルトレイク 0-0 シント=トロイデン
◆フル出場

香川真司[シント=トロイデン]
▽8/6
コルトレイク 0-0 シント=トロイデン
◆58分までプレー

林大地[シント=トロイデン]
▽8/6
コルトレイク 0-0 シント=トロイデン
◆84分までプレー

渡辺剛[コルトレイク]
▽8/6
コルトレイク 0-0 シント=トロイデン
◆フル出場

上田綺世[セルクル・ブルージュ]
▽8/7
スタンダール・リエージュ 2-0 セルクル・ブルージュ
◆後半開始から出場

三好康児[ロイヤル・アントワープ]
▽8/7
ロイヤル・アントワープ 4-2 OHルーヴェン
◆74分までプレー。1アシスト

坂元達裕[オーステンデ]
▽8/6
シャルルロワ 1-3 オーステンデ
◆フル出場。1アシスト

町田浩樹[ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ]
▽8/6
メヘレン 3-0 サン=ジロワーズ
◆ベンチ外

森岡亮太[シャルルロワ]
▽8/6
シャルルロワ 1-3 オーステンデ
◆ベンチ入りせず

1 2

関連ニュース
thumb

旗手の豪快ミドル弾でセルティックが接戦を制す!古橋も今季7点目を記録《スコティッシュ・プレミアシップ》

セルティックは1日、スコティッシュ・プレミアシップ第9節のマザーウェルと対戦し2-1で勝利した。 前節のセント・ミレン戦でリーグ戦初黒星を喫したセルティックが、3試合勝利のないマザーウェルをホームに迎えた一戦。セルティックは日本代表帰りのFW古橋亨梧、MF旗手怜央に加え、招集外となったFW前田大然の3人を先発で起用した。 試合が動いたのは15分、ボックス左横でパスを受けたジョタがダイレクトクロスを供給するとゴール前のオライリーがヘディングシュート。相手GKが弾いたボールを古橋が押し込んだ。 古橋の今季7点目で先制したセルティックだったが36分、ユラノビッチが胸でGKハートへバックパスを送るが、このパスがズレるとボールはそのままゴールに吸い込まれ、同点弾を献上してしまう。 1-1で迎えた後半も主導権を握るセルティックは、62分にボックス内でパスを受けた古橋が巧みな反転からチャンスを作るが、これはフィニッシュの寸前で相手DFにかき出された。 それでも直後の64分、左CKをボックス左手前で受けた旗手がカットインから右足一閃。目が覚めるような豪快なミドルシュートをゴール右隅に突き刺し、セルティックが勝ち越しに成功した。 その後も攻撃の手を緩めないセルティックは74分、75分と立て続けに古橋が決定機を迎えたが、決めきることはできず。試合はそのまま2-1でタイムアップ。 旗手の今季初ゴールが決勝点となり、セルティックが接戦を制した。なお、前田は64分、古橋は80分、旗手は90分までプレーしている。 セルティック 2-1 マザーウェル 【セルティック】 古橋亨梧(前15) 旗手怜央(後19) 【マザーウェル】 OG(前36) 2022.10.02 02:00 Sun
twitterfacebook
thumb

三笘薫が初アシストでトロサールのハットお膳立て! デ・ゼルビ新体制のブライトンが敵地でリバプールとドロー《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第9節、リバプールvsブライトンが1日にアンフィールドで行われ、3-3のドローに終わった。なお、ブライトンのMF三笘薫は66分から途中出場した。 開幕から不振が続く8位のリバプールは、エバートンとのドロー、チャンピオンズリーグ(CL)でのナポリ戦の1-4の大敗と再び窮地に追い込まれたが、直近の公式戦となったアヤックス戦で劇的な2-1の勝利を収め、インターナショナルマッチウィークの中断期間に入った。ここからの巻き返しを図るクロップのチームは、CLレンジャーズ戦を挟んで行われるアーセナル、マンチェスター・シティとの連戦を控える中、難敵相手にリーグ2戦ぶりの白星を狙った。アヤックス戦からは先発3人を変更し、エリオット、ジョタ、ルイス・ディアスに代えてヘンダーソン、フィルミノ、カルヴァーリョを起用した。 一方、開幕から4勝1分け1敗の4位と最高のスタートを飾ったブライトンだが、先月にポッター監督がチェルシーに引き抜かれ、インターナショナルマッチウィーク期間にデ・ゼルビ新監督を招へい。その新指揮官の初陣ではいきなり難所アンフィールドに乗り込むことになった。プレミア初挑戦のイタリア人指揮官はこの初陣で前任者の[3-4-2-1]を継続し、メンバーの入れ替えも最小限にとどめ、三笘はベンチスタートとなった。 熱狂的なKOPの後押しによってホームチーム優勢の入りが予想された中、試合は予想外の展開となる。開始4分にブライトンはロングボールの流れからペナルティアーク付近でのヘンダーソンの中途半端な対応を突いてボールを奪い返すと、ボックス中央での細かい連係からウェルベックの短いパスに反応したトロサールがボックス左から左足のシュートを流し込む。 開始早々にリバプールゴールをこじ開けたアウェイチームは、さらにアグレッシブなプレスと巧みな連携で揺さぶると、ウェルベックのヘディング、ゴール前に勢いを持って入ったトロサールのシュートで決定機に持ち込むが、ここはGKアリソンのビッグセーブに阻まれる。 それでも、18分にはアレクサンダー=アーノルドの軽率なボールロストをキッカケに左サイドを崩したブライトンはウェルベックのグラウンダーの折り返しをボックス中央のマーチがワンタッチで叩いてゴール左のトロサールに繋ぐと、トロサールの強烈な左足シュートがGKの手を弾いて再びゴールネットを揺らした。 20分経たずに2点のビハインドを背負ったリバプールはここから反撃を開始。ブライトンの攻勢を食い止めてまずは守備からリズムを立て直すと、右サイドのサラーの仕掛け、中央のフィルミノを起点としたコンビネーションでチャンスを窺う。そして、幾度かの決定機を経た33分には相手陣内でルーズボールを拾ったヘンダーソンからの浮き球のパスに抜け出したサラーがボックス内でGKを引き付けて冷静に右のスペースへボールを流すと、これに反応したフィルミノがブロックに入ったDFの足に当たらぬように浮き球のシュートを無人のゴールへ流し込んだ。 その後の攻勢は実らずも1点差に縮めて後半を迎えたリバプールは、カルヴァーリョに代えてディアスをハーフタイム明けに投入。後半立ち上がりは行ったり来たりの展開となったが、結果的にドイツ人指揮官の交代策が同点ゴールをもたらす。 54分、自陣深くのロングカウンターからボールを繋いで左サイドのディアスがボックス付近までボールを運んでいく。そして、冷静に中央に走り込むフィルミノへ横パスを通すと、ブラジル代表FWは巧みなステップワークでDFをかわして左足のシュートをゴール右隅へ突き刺した。 良い時間帯にスコアをタイに戻したホームチームは、直後にヘンダーソン、ツィミカスを下げてミルナー、エリオットを同時投入。攻撃に変化を加えていくと、押し込む状況が続く中で意外な形から逆転ゴールが生まれる。63分、右CKの場面でキッカーのアレクサンダー=アーノルドが右足アウトスウィングで入れたクロスに対して、GKサンチェスがパンチングを空振りすると、DFウェブスターの身体に当たって大きくコースが変わったボールがゴールネットを揺らした。 一方、不運な形からの失点で試合を引っくり返されたブライトンは66分、グロスを下げて三笘を投入。2シャドーの左に入った三笘は70分過ぎにDF2枚を鮮やかに抜き去っていきなり決定機を演出すると、74分には左でタメを作ってエストゥピニャンのオーバーラップをシンプルに使い、そのクロスからウェルベックがGKアリソンを脅かす決定機へ繋げた。 以降は一進一退の展開が続く中、アウェイチームに推進力を与えた日本代表が決定的な仕事を果たす。83分、左ウイングバックにポジションを移したマーチとのパス交換で左の深い位置に侵攻した三笘が左足で折り返しを入れると、DFファン・ダイクの足に当たったボールがファーへ流れると、トロサールが左足ダイレクトで合わす。これがGKの手を弾いてクロスバーの内側を叩きゴールネットを揺らした。 三笘の初アシストからトロサールにハットトリックとなる3点目が生まれたブライトンは、これで引くことなくリスクを管理しながらも躍動する三笘を起点に勝ち点3を目指す。その三笘は87分にもライン際の鮮やかな仕掛けでアレクサンダー=アーノルドを翻弄し、イエローカードを出させる見せ場も作り出す。 一方、好調ブライトンが相手といえども勝ち点3がほしいリバプールは、試合終盤にチアゴを下げてヌニェスをピッチに送り出し、攻勢を強めていく。91分にはボックス手前の好位置で得たFKをアレクサンダー=アーノルドが直接狙うが、枠の左隅を捉えたシュートはGKサンチェスの好守に阻まれた。 そして、試合はこのまま3-3でタイムアップを迎え、リバプールはエバートン戦に続く2試合連続ドローとなり、CLを挟んで次節アーセナルとの強豪対決に挑むことになった。一方、ブライトンはデ・ゼルビ体制の初陣を飾れずも、難所アンフィールドから勝ち点1を持ち帰ることになった。 2022.10.02 01:14 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤&伊藤がゴール関与もシュツットガルト、後半AT被弾でヴォルフスブルクとの下位対決を落とす《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは1日、ブンデスリーガ第8節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、2-3で敗れた。シュツットガルトのMF遠藤航は68分までプレー、DF伊藤洋輝はフル出場している。 代表ウィーク前の前節、フランクフルトとの日本人対決に敗れた16位シュツットガルト(勝ち点5)は、遠藤と伊藤が開幕から8試合連続スタメンとなった。 17位ヴォルフスブルク(勝ち点5)に対し、9分にピンチ。しかしヴィマーのヘディングシュートはわずかに枠を外れて助かった。 さらに14分、FKの流れからゲルハルトのヘディングシュートがゴールを襲うもGKミュラーが好守で救った。 すると22分、シュツットガルトが先制する。流れの中で相手ボックス内に侵入していた伊藤がマイナスクロスをダイレクトでシュート。ゴール前のギラシーがコースを変えてネットを揺らした。 しかし1分後、昨季までシュツットガルトに在籍していたマーモウシュに同点弾を許し、試合は振り出しに。 そして38分、アルノルトの強烈なミドルシュートをGKミュラーは弾ききれず逆転を許してしまった。 それでも前半追加タイム1分、遠藤が得たCKから同点に持ち込む。ショートコーナーの流れからシュテンツェルの右クロスをマヴロパノスがヘッドで叩き込んだ。 迎えた後半、57分に遠藤のパスを受けたムヴァンパがバー直撃のシュートを浴びせたシュツットガルトだったが、劣勢が続く。 68分に遠藤が負傷交代となった中、74分のピンチではGKミュラーが好守で凌ぐも、追加タイム1分に勝ち越される。サイド攻撃を受けた流れから最後はゲルハルトに決められた。 これが決勝点となってシュツットガルトは惜敗。下位対決を落とし、未勝利が続く苦しい状況を抜け出せずにいる。 2022.10.02 00:38 Sun
twitterfacebook
thumb

鎌田&長谷部フル出場のフランクフルト、10人になりながらも首位ウニオンに快勝《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第8節、フランクフルトvsウニオン・ベルリンが1日に行われ、2-0でフランクフルトが快勝した。フランクフルトのMF鎌田大地とDF長谷部誠はフル出場、ウニオンのMF原口元気はベンチ入りも出場機会はなかった。 代表ウィーク前の前節、鎌田の直接FK弾始め、全3ゴールに絡む活躍でシュツットガルトに快勝とした7位フランクフルト(勝ち点11)は代表戦でもゴールを挙げた鎌田がボランチで先発。公式戦連勝に貢献した長谷部も3バックの中央でスタメンとなった。 一方、スタートダッシュに成功して首位に立つウニオン(勝ち点17)は原口が6試合ベンチスタートとなった。 立ち上がりのウニオンの圧力を受け止めたフランクフルトは12分に先制する。コロ・ムアニが右サイドを突破してボックス右へ侵入。マイナスに折り返したクロスをゲッツェが確実に決めきった。 先制したフランクフルトが流れを掴む中、ウニオンは28分にハベラーのミドルシュートでゴールに迫るもGKトラップのセーブに阻まれる。 すると42分、フランクフルトに追加点。敵陣でボールを奪ったリンドストロームがボックス左に侵入。カットインからシュートを決めきった。 迎えた後半、55分のピンチを守護神トラップの好守で凌いだフランクフルトが主導権を渡さずに時間を進めていく。 69分にコロ・ムアニが2枚目のイエローカードを受けて退場となり、10人となったフランクフルトだったが、ウニオンの反撃を許さずに2-0のまま勝利。代表ウィーク前の好調を持続し、公式戦3連勝とした。 2022.10.02 00:26 Sun
twitterfacebook
thumb

「何でもできる選手」現地紙がチーム最高評価で日本代表MF守田英正を絶賛「常にライン間で解決策を示した」

スポルティングCPの日本代表MF守田英正が高い評価を受けている。 9月30日、プリメイラリーガ第8節でスポルティングはジル・ヴィセンテと対戦した。 日本代表から戻った守田はこの試合もボランチの一角で先発出場。ジル・ヴィセンテもMF藤本寛也が先発出場を果たした。 守田は16分に味方のシュート性のクロスに飛び込み、移籍後初ゴールを記録。チームの先制ゴールを奪うと、22分にはロングボールに走り前線でキープ。すると見事なヒールパスでオーバーラップしたペドロ・ゴンサウベスに繋ぎ、アシストを記録した。 1ゴール1アシストで3-1の勝利に貢献した守田。ポルトガル『レコルド』はチーム最高点の4点(5点満点)をつけ、MVPに選出した。 「彼は中盤でも攻撃でも何でもできる選手であり、今回もそれを見せてくれた」 「最初のゴールの狡猾さに加え、2点目を品よく直線的にデザインした。ただ、それだけに留まらなかった」 「さらに前に出ていき、フィールドを埋める働きを見せ、中盤ではストッパーにもなっていた。彼は常にライン間で、解決策を示していた」 ゴールとアシストの数字だけでなく、プレスや守備、ポジショニングでも絶賛された守田。また一段上のレベルに上がるキッカケとなるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】見事な飛び込みで初ゴール&技ありヒールアシスト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="JcPD1BAOL8k";var video_start = 67;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.01 12:20 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly