トッティの10番継承噂もディバラはローマで21番着用へ! マティッチはすでに8番へ変更

2022.07.20 15:34 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマ加入が決定的なアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(28)の注目の背番号は21番になるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

先月末で7年を過ごしたユベントスを離れ、現在はフリートランスファーとなっているディバラ。これまではインテル、ナポリ行きの可能性も取り沙汰されたが、最終的にはジョゼ・モウリーニョ監督の熱心な説得もあり、永遠の都行きを決断。

移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、両者は年俸450万ユーロ+ボーナス150万ユーロの総額600万ユーロ(約8億4800万円)の3年契約で合意。さらに、同契約には1年の延長オプションと共に、2000万ユーロ(約28億2700万円)の契約解除条項が盛り込まれているとのことだ。

すでにオーナーであるフリードキン・ファミリーと共にキャンプ地のポルトガルに入り、19日にはスポルティングCPとのプレシーズンマッチをスタンド観戦する姿も確認されており、公式発表は秒読み段階となっている。

そういった中、ロマニスタを中心に注目を集めている背番号に関しては、ディバラが直近までユベントスで背負い、フランチェスコ・トッティ氏の引退以降、空き番となっている10番が有力視されていた。

トッティ氏自身がディバラを評価しており、今夏には加入を熱望する発言をしていることもあり、同氏の許可を得た後に同番号を継承するかに思われた。だが、28歳FWはローマの偉大なるレジェンドへの敬意によってその申し出を丁重に断ったようで、ユベントス加入時とアルゼンチン代表で背負っている21番をリクエストしたという。

なお、その21番は今夏にマンチェスター・ユナイテッドから加入した元セルビア代表MFネマニャ・マティッチがすでに使用。同選手はベンフィカ、チェルシー、セルビア代表で着用していることもあり、思い入れのある番号だったものの、ディバラに譲ることで同意。前述のスポルティング戦では、退団濃厚なスペイン代表MFゴンサロ・ビジャールがこれまで使用していた8番を背負ってプレーしていた。

ちなみに、ローマの21番に関してはここ数十年で代表的な選手はあまりおらず、直近数年ではFWボルハ・マジョラル(レアル・マドリー)、MFジョルダン・ヴェレトゥ(現17番)、MFマキシム・ゴナロン(クレルモン)が着用。また、2000-01シーズンのスクデット獲得時は、ディバラの同胞FWアベル・バルボが背負っていたが、同選手がゴールを量産していた時期は9番だった。

ローマの新たな21番となるディバラは、在籍期間にその番号を10番や16番、6番といった特別なモノにできるか…。

関連ニュース
thumb

名古屋もモウリーニョ率いるローマと11月に対戦! モウリーニョ監督「再び日本を訪れる事ができとても興奮しています」

名古屋グランパスは29日、11月に「EUROJAPAN CUP 2022」を開催することを発表。セリエAのローマが来日し、対戦することを発表した。 名古屋の発表によると、ローマとは11月25日(金)に豊田スタジアムにてフレンドリーマッチとして対戦するという。キックオフは19時30分とのことだ。 今回のフレンドリーマッチ開催に際し、長谷川健太監督とキャプテンのMF稲垣祥がコメントしている。 ◆長谷川健太監督 「イタリアを代表するチームと試合をできることを楽しみにしています。シーズン中と同じく、グランパスファミリーの皆さんと共に熱く、そして、アグレッシブに闘います。ワールドカップの盛り上がりに負けないように全力で臨みます」 ◆MF稲垣祥 「世界的なクラブと闘えることを、選手一同心から楽しみにしています。親善試合ですが、勝利にこだわりJリーグや名古屋グランパスの力を世界に示したいと思います」 「皆さんに楽しんでいただけるエキサイティングな試合になるよう臨みます。この試合を選手もファミリーの皆さんも一緒に楽しみましょう!」 「エキサイティングな試合に出来るよう、皆で良い準備をしていきたいと思います」 また、ローマのジョゼ・モウリーニョ監督も、日本行きにコメントしている。 「今年の11月、EUROJAPAN CUP 2022に参加するために我が選手たちを日本に連れて行けることを嬉しく思っています。Jリーグ屈指の名門チームである名古屋グランパスと対戦できることをとても楽しみにしています」 「過去の日本訪問でたくさんの素敵な思い出があり、また日本のファンがどれだけサッカーを愛しているかを知っているので、再び日本を訪れる事ができとても興奮しています」 「我が選手たちが強いチームを相手に、素晴らしいサポーターの前で自分達のスキルが試せることも、とてもエキサイティングです」 ローマは、かつてはMF中田英寿も在籍したクラブで、2000-01シーズンにスクデットを獲得。その後は優勝はないが、2006-07、2007-08シーズンはコッパ・イタリアを連覇している。 女子チームには現在DF南萌華が在籍。男子チームは世界的な名将であるジョゼ・モウリーニョ監督が率いている。アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラやイングランド代表FWタミー・エイブラハムらが所属しているが、カタール・ワールドカップ(W杯)を時期が重なるために不参加に。しかし、イタリア代表はW杯出場を逃しているため、MFニコロ・ザニオーロ、MFロレンツォ・ペッレグリーニ、FWアンドレア・ベロッティらは来日する可能性が高いと見られる。 2022.09.29 19:20 Thu
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ率いるローマが11月に来日! 横浜FMと国立競技場でフレンドリーマッチ開催

横浜F・マリノスは29日、11月に「EUROJAPAN CUP 2022」を開催することを発表。セリエAのローマが来日し、対戦することを発表した。 横浜FMの発表によると、ローマとは11月28日(月)に国立競技場にてフレンドリーマッチとして対戦するという。キックオフは19時30分とのことだ。 今回のフレンドリーマッチ開催に際し、キャプテンのMF喜田拓也、MF水沼宏太がコメントしている。 ◆MF喜田拓也 「今回、世界的に力のある素晴らしいクラブと対戦できる事を非常に嬉しく思います」 「この試合は貴重な経験になると思いますが、ただの思い出作りではなく、力のある相手に対して、今までやってきたことをチーム全員で思い切りぶつけていきたいと考えています。誇りと自信を持って戦う横浜F・マリノスの姿を一人でも多くの皆さんにご覧いただき、興味をもって頂くきっかけの試合となるよう全力を尽くして勝利したいと思います」 「エキサイティングな試合に出来るよう、皆で良い準備をしていきたいと思います」 ◆MF水沼宏太 「まずは、このような大会を開催するにあたり、多くの関係者の皆さんがご尽力頂いている事に感謝したいと思います」 「僕たち横浜F・マリノスがASローマと対戦するという事で、興味をもって下さる方もたくさんいると思います」 「幼少の頃からテレビで観ていたようなクラブと試合が出来るというのは、とても楽しみですし、日頃できない経験ができると思っています。選手みんなで全力で挑み、勝負にもこだわりたいと思いますが、とにかく観に来て下さる皆さんに楽しんで帰って頂けるような試合に出来ればなと思います。ぜひ皆さんスタジアムに来てください!」 ローマは、かつてはMF中田英寿も在籍したクラブで、2000-01シーズンにスクデットを獲得。その後は優勝はないが、2006-07、2007-08シーズンはコッパ・イタリアを連覇。女子チームには現在DF南萌華が在籍している。 男子チームは世界的な名将であるジョゼ・モウリーニョ監督が率い、2021-22シーズンは発足したヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)を制覇。アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラやイングランド代表FWタミー・エイブラハムらが所属しているが、カタール・ワールドカップ(W杯)を時期が重なるために不参加に。しかし、イタリア代表はW杯出場を逃しているため、MFニコロ・ザニオーロ、MFロレンツォ・ペッレグリーニ、FWアンドレア・ベロッティらは来日する可能性が高いと見られる。 2022.09.29 19:10 Thu
twitterfacebook
thumb

すでに3敗のインテル、元会長も懸念 「昨季にスクデットを逃した失望がまだ漂っている」

インテルの元会長であるマッシモ・モラッティ氏が古巣の状態を憂慮した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 王座奪還を期すセリエAで開幕7試合を消化して4勝3敗とスタートに躓いたインテル。シモーネ・インザーギ監督の進退を危ぶむ風潮が強まり、ウルトラスもスティーブン・チャン会長に退陣を要求する動きに出ている。 イタリア『Radio Centro Suono』に出演したモラッティ氏も現在のインテルを憂慮しており、セリエA連覇を逃した昨季からの立ち直りを求めた。 「インテルはもっとうまくやる必要があるだろう。最近のクラブは難しい状況が続いているように感じる。私は(ロメル・)ルカクの不在を痛感しているよ。彼はチームの中で、もっとも重要な選手だからだ」 「インテルは昨シーズン、スクデットを失ったことでショックを受け、今もまだ失望が漂っているように感じる。今の彼らには自分たちを再び動かして、チームを軌道に乗せるための何かが必要だ」 また、モラッティ氏は対戦相手であるローマにも言及。自身がインテルの会長を務めていた時代に3冠達成を成し遂げたジョゼ・モウリーニョ監督を評価し、今季のサプライズになる可能性を口にした。 「ローマは確かに調子が良いね。ここから安定感を得たいところだろう。彼らは面白いチームであり、今シーズンのサプライズになるかもしれない」 「モウリーニョの特徴は常に同じで、プロ意識と細部への集中を持っている。彼はきっと、昨シーズンよりも良い結果を出すという野心を持っているだろう」 「(今夏ローマに加入した)パウロ・ディバラは素晴らしい選手だ。インテルファンなら誰でも彼がここにいることを望んだと思う。だが、クラブは他の選択をした」 2022.09.29 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドで地位高めるダロト、新契約を期待か…古巣ミランら5クラブの関心ありも

ポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(23)はマンチェスター・ユナイテッドとの契約延長が第一希望のようだ。 ミランに出番を求めた時期もあったが、昨季途中からDFアーロン・ワン=ビサカの独壇場だった右サイドバックのポジションを奪ったダロト。エリク・テン・ハグ新政権の今季もその地位を守り、課題だった守備面も成長を感じさせる。 先のポルトガル代表活動でも代表初ゴールを含む2発の活躍を披露したりとキャリアを全体的に大きく前進させるが、ユナイテッドとの現行契約は今季限り。1年延長オプションもあるが、クラブにとっては解決すべき問題の1つといえる。 イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によれば、ダロトには古巣のミランをはじめ、ユベントス、ローマ、バルセロナ、アトレティコ・マドリーの継続的な関心もあるが、ユナイテッドからの新契約を期待しているという。 なお、ユナイテッドは来年1月のマーケットまでにひとまず延長オプションを発動させる見込みとのことだ。 2022.09.29 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

長期離脱のワイナルドゥム、ローマとPSGは契約見直しに向けた交渉開始か

ローマとパリ・サンジェルマン(PSG)がオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(31)の契約見直しに動いているようだ。 ワイナルドゥムは昨季、リバプールから加入したPSGで実力を発揮し切れず、今夏の移籍市場でローマに買い取りオプションが付随したレンタルの形で移籍。マンチェスター・ユナイテッドやトッテナムで指揮を執り、リバプール時代のワイナルドゥムを知るジョゼ・モウリーニョ監督の下で復活が期待されていた。 しかし、加入から間もない8月21日のチームトレーニング中に負傷。検査の結果、右足脛骨の骨折と診断され、手術こそ回避できたものの5カ月以上の離脱が確定した。これにより、ローマでのシーズンの半分を棒に振ることを余儀なくされている。 イタリア『カルチョメルカート』によると、この負傷を受けて、両クラブはワイナルドゥムの契約内容を見直す交渉を開始した模様。ローマ側がレンタル期間の1年延長を求めたのに対して、ワイナルドゥムとの契約が2024年夏までのPSGは買い取り金額の減額を提案する可能性があるという。 ただし、現在1月の復帰に向けてリハビリを開始したワイナルドゥムの状態次第で状況が再び変わる可能性があり、去就は流動的となっている。 2022.09.28 13:04 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly