5失点惨敗のイタリア…マンチーニ監督も完敗認める 「ドイツははるかに優れていた」

2022.06.15 10:28 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督がチームの完敗を認めた。『UEFA.com』が伝えている。

イタリアは14日、UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ3の第4節でドイツ代表と対戦した。UNL3戦未勝利の相手に立ち上がりからボールを握られると、10分に失点を許してしまう。前半終了間際にもPKで追加点を許したチームは後半に守備が崩壊して3失点。その後、FWウィルフレッド・ニョントに代表初ゴールが生まれ、終了間際にもDFアレッサンドロ・バストーニがゴールを挙げるなど意地を見せたが、2-5で敗れた。

4日に1-1のドローゲームを演じたドイツとの再戦で5失点大敗にマンチーニ監督も落胆を隠さず、相手がはるかに優れていたと完敗を認めた。

「このような形でシーズンを終えるのは残念だ。ドイツが強いのは理解しているが、我々は彼らに好きなようにプレーさせてしまった。我々にはいくつかのミスがあり、チームとしてうまく守れなかったと思う」

「ドイツのような素晴らしいスピードを持つ相手にリードを許してしまうと、スペースができる危険な状況となる。常に多くのリスクを背負うことになるんだ」

「我々にとっては長い道のりだ。良いことがあれば、そうでないこともある。今夜もニョントのゴールやその他のチャンスなど、心強い兆候もあった。とはいえ、ドイツは我々よりはるかに優れており、勝利に値する」

関連ニュース
thumb

チェコに4発快勝のポルトガルがグループ首位で最終節へ!《UNL》

ポルトガル代表は24日、UEFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ2第5節でチェコ代表とアウェイで対戦し4-0と快勝した。 ここまで2勝1分け1敗で2位につけるポルトガルは、クリスティアーノ・ロナウドやブルーノ・フェルナンデス、ベルナルド・シウバ、ダニーロらが順当にスタメンとなった。 一方、1勝1分け2敗で3位のチェコはシックやフロジェク、ソウチェクらがスタメンとなった。 最前線にC・ロナウドを据えた[4-2-3-1]で試合に臨んだポルトガルは、11分に左CKの二次攻撃からチャンス。ベルナルド・シウバのパスをボックス右で受けたW・カルバーリョが中に折り返すと、相手DFがブロックしたこぼれ球をディアスが右足で狙ったが、シュートは右サイドネットに外れた。 しかし、直後の14分にポルトガルにアクシデント。バイタルエリアのW・カルバーリョが供給したループパスにC・ロナウドが反応すると、飛び出したGKヴァツリークと接触。C・ロナウドは鼻筋から出血し、止血のために試合が一時中断した。 再開後もポルトガルがボールを保持する展開で推移したものの、集中した守りを見せるチェコを崩しきれない膠着状態が続く。それでも33分、ドリブルで持ち上がったダロトのスルーパスからで右サイドを抜け出したブルーノ・フェルナンデスがクロスを供給。ボックス左深くに流れたボールをレオンがダイレクトで折り返すと、最後はゴール前まで駆け上がったダロトがゴールに押し込んだ。 先制したポルトガルは、前半アディショナルタイム2分にもW・カルバーリョのパスをボックス左横で受けたマリオ・ルイのクロスをゴール前に走りこんだブルーノ・フェルナンデスが流し込んだ。 リードを広げられたチェコは、前半終了間際にPKのチャンスを獲得したがシックのPKはクロスバーをかすめ、枠の上に外れた。 迎えた後半もポルトガルが主導権を握ると52分、バイタルエリア中央右でボールを受けたダロトがカットインから左足一閃。コントロールショットがゴール左隅に吸い込まれた。 立ち上がり以降はチェコが徐々に盛り返して試合は拮抗した展開に。その後、ポルトガルはジョタやR・オルタ、パリーニャらを投入。すると82分、R・オルタの右CKをニアでC・ロナウドがヘディングで合わせると、ゴール左に逸れたボールをゴール左手前のジョタが頭で押し込んだ。 結局、試合はそのまま4-0でポルトガルが勝利。同時刻開催の試合でグループ首位のスペイン代表がスイス代表に敗れたため、ポルトガルが首位に浮上し最終節を迎えることとなった。 2022.09.25 05:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ルーカス・エンメチャ&リュディガーが最終節のイングランド戦を欠場

ドイツサッカー連盟は24日、ヴォルフスブルクのFWルーカス・エンメチャがUEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ3最終節のイングランド代表戦を欠場することを発表した。 公式声明によれば、ルーカス・エンメチャはヒザに痛みがあり、ドイツ代表を率いるハンジ・フリック監督がイングランド戦の欠場を決めたとのこと。 また、累積警告のためイングランド戦の欠場が決まっているレアル・マドリーのDFアントニオ・リュディガーは、24日にチームを離脱し所属クラブに戻ったとのことだ。 UNL5試合を終えて1勝3分け1敗の3位に位置するドイツは、首位のハンガリー代表と4ポイント差があり、準決勝進出はならず。また、最下位イングランドとも4ポイント差となっており、すでにグループA残留を決めている。 2022.09.25 01:35 Sun
twitterfacebook
thumb

就任後初黒星で突破消滅…フリック「W杯のときじゃなくてよかった」

ドイツ代表のハンジ・フリック監督がコメントした。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』が報じている。 UFFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ3で2位につけるなか、23日の第5節で首位のハンガリー代表をホームに迎え撃ったドイツ。勝ち点1差で追いかけるハンガリーとの直接対決だったが、17分に失点すると、攻撃も攻めあぐね、そのまま0-1の黒星を喫した。 ドイツを率いるようになってから14試合目にしての初黒星だが、最終節を残してグループ突破消滅の痛い敗北となったフリック監督。試合後、ドイツ『ZDF』で肩を落とした。 「目を見張るものだった。(カタール・)ワールドカップのときじゃなくてよかった。前半は本当に酷かったよ。積極性がなく、自信に欠け、イージーミスも多すぎだった。後半は良くなったが、十分なチャンスを作れなかったね」 また、MFヨシュア・キミッヒは「ビルドアップが遅すぎたし、ミスも多すぎた。僕らの目標はグループ突破だったんだ。前半の戦いからそう感じられなかったとしてもね」と嘆いている。 そして、MFヨナス・ホフマンは「前半は居眠り状態だったし、後半はより速いプレーを心がけた。優勢ではあったけど、ビッグチャンスをあまり作れなかったね。パスやクロスの精度がいまいちだった。今日の負けは腹立たしいけど、頭は下げないよ」と語った。 2022.09.24 13:55 Sat
twitterfacebook
thumb

イングランド代表指揮官サウスゲイト、ファンのブーイングに「まったくもって理解できる」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督がコメントした。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』が報じている。 UFFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ3で2分け2敗の未勝利でよもやの最下位に沈むイングランド。このまま最下位に終わるようだとグループB降格が決まるなか、23日の第5節でイタリア代表とのアウェイ戦に臨んだ。 イタリアも1勝2分け1敗の3位と今ひとつ波に乗り切れずにいる状況だが、イングランドは攻め手を欠き、0-0の68分にFWジャコモ・ラスパドーリの右足ミドルから失点。そこから押し返したが、ゴールが遠く、0-1の黒星を喫した。 今年11月のカタール・ワールドカップ(W杯)が刻々と迫るなか、UNLでグループB降格と厳しい現実を突きつけられたサウスゲイト監督は試合後、失意を語った。 「ポゼッション、シュート、オンターゲットの数を振り返っても、パフォーマンスを批判しすぎるのは難しい」 「個人的に正しい方向に進むパフォーマンスぶりだと感じたが、結果が結果だけに、外からの反応と異なるものだと完全に理解している」 「ゴールが決めらない理由の説明は本当に難しい。正しいエリアに入ってはいけているが、ラストパスの精度を上げられずにいる場面があった」 今活動に向けたメンバー選考で物議を呼ぶなか、手腕でもていたらくぶりを露呈した指揮官はまた、ブーイングに出たファンの心情を理解しつつ、今後にも触れた。 「ファンの結果に対する反応は理解している。まったくもって理解できる。ファンが満足するようなパフォーマンスをしたいと常に思っている」 「多くの雑音があるだろうが、それは私を取り巻くものであって、まったく構わない。彼ら(選手)をプレッシャーから守るのが私の仕事だから」 2022.09.24 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

突破目前のハンガリー代表監督「誰もこんなことができるなんて信じていなかった」

ハンガリー代表のマルコ・ロッシ監督がコメントした。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』が報じている。 UFFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ3でイタリア代表、イングランド代表、ドイツ代表を抑え込み、首位を走るハンガリー。23日の第5節では2位につけるドイツとのアウェイ戦に臨み、17分に左CKからFWアダム・サライの一発で先制すると、そのまま1-0で勝ち切った。 ドイツをグループ敗退に追いやり、突破の可能性を残してイタリアとの最終節を迎えるロッシ監督は決勝弾のサライを名指しで称えながら振り返った。 「サライは本当に称賛に値する。前半は良いパフォーマンスだったが、後半は非常に深くで守備をしなければならなかった。我々はイタリアとの試合でこのパフォーマンスを締めくくることができる。イタリア戦は私にとって特別な一戦になるだろうね。5試合を戦って10ポイントを上積めたのは喜ばしいこと。誰もこんなことができるなんて信じていなかった」 また、キャプテンを務める殊勲のサライは「イングランドに続いてドイツも倒せてすごく誇らしいよ。信じられないような結果だけど、チームは日々取り組んでいるし、偶然ではないね」と語っている。 2022.09.24 09:35 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly