5選手が途中出場で"初ゴール"を記録、大宮は監督交代後初白星に【明治安田J2第21節】

2022.06.12 20:17 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
12日、明治安田生命J2リーグ第21節の6試合が各地で行われた。

ともに連勝を狙う4位・モンテディオ山形と14位・水戸ホーリーホックはケーズデンキスタジアム水戸で顔を合わせた。

アグレッシブ姿勢を見せた水戸が序盤からゲームの主導権を握ると、途中出場の梅田魁人が均衡を破る。ピッチへ立った1分後の80分、ボールを保持した山形DF野田裕喜が自陣ボックス内で足をもつれさせると、これを見逃さずにボールをさらい、ニアを射抜いた。

高川学園出身の梅田は福岡大学を経て、テゲバジャーロ宮崎から水戸へ今季加入した。ステップアップを果たしたFWは19試合目にして嬉しい加入後初ゴールを記録。これが決勝点となり、水戸が山形を下している。

5位・ファジアーノ岡山は17位・レノファ山口FCとアウェイで対戦した。

飲水タイム明けの27分、山口GK関憲太郎がゴールを空けて処理したボールがチアゴ・アウベスへ渡ると、そのままシュート。これは枠を外したが、チームのトップスコアラーは37分のチャンスをきっちり仕留める。

岡山は相手スローインの場面で前線からプレッシャーをかけ、右サイドの高い位置でボールを奪う。ボックス内へのステファン・ムークのパスはカットされて一旦は相手ボールとなるも、田中雄大が圧力を掛けてクリアをブロックし、再びマイボールに。ボックス右から折り返すと、近いサイドでチアゴ・アウベスが収めて左隅へ流し込み、今季8点目となる2試合連続ゴールを挙げた。

リードをして迎えた55分には、山瀬功治のシュートを宮崎智彦が、佐藤謙介の右足をヨルディ・バイスがゴールライン上でクリア。追加点こそ奪えなかったものの、1点を守り切って2連勝を飾り、4位へ浮上している。

互いに勝ち点「29」。6位・FC町田ゼルビアは8位・ロアッソ熊本をホームに迎えた。36分、相手を押し込んだ町田は安井拓也が鋭い縦パスをペナルティアーク左へ差し込むと、ドゥドゥは打ってくれというメッセージ付きの優しいポストプレー。これを長谷川アーリアジャスールがダイレクトで狙い、右足で巻いたシュートを右隅へと沈めた。

追い掛ける展開となった熊本は78分、阿部海斗土信田悠生の2枚を同時に投入すると、この交代策が的中。右サイドでボールを持った河原創がニア裏へ斜めの浮き球を送ると、反応したのは土信田。ワントラップから右足のボレーを突き刺し、試合を振り出しに戻した。

高川学園から駒澤大学を経て今季加わったルーキーのJ初ゴールで追い付いた熊本。このままタイプアップを迎え、1-1の引き分けに終わっている。

相馬直樹監督就任後の初勝利を目指す20位・大宮アルディージャは、ブラウブリッツ秋田の敵地へ乗り込んだ。結果を残したのは73分に矢島慎也に代わって投入された泉澤仁。ゴールレスで迎えた81分、ショートコーナーから大山啓輔がクロスを入ると、跳ね返されたボールをボックス左で拾い、グラウンダーのキック。これが対峙者の股を抜け、ゴール前のDFのクリアも及ばずにラインを割った。

今季6シーズンぶりに古巣へ戻ったドリブラーは、開幕前の負傷で長期離脱。回復後は徐々に出場時間を伸ばし、これが復帰後の初ゴールに。泉澤の1点で接戦を制した大宮が新体制初白星を手にしている。

味の素スタジアムで行われた15位・東京ヴェルディvs21位・いわてグルージャ盛岡の一戦は、声出し応援の運営検証対象試合として行われた。

試合が動かしたのは東京V。23分、梶川諒太のミドルがブロックされてボックス右へ大きく浮き上がると、深澤大輝の頭での折り返しが小池純輝を抜けて蓮川壮大のオウンゴールを誘発した。

ホームチームは70分にも追加点を奪取。蓮川のドリブルを自陣中央で梶川が防いでカウンターへと転じると、持ち上がって左を使い、新井瑞希が切れ込んでボックス手前左からグラウンダーのクロスを送る。駆け上がってきた深澤がコントロールから左隅へ流し込み、リードを広げた。

2点のビハインドとなり、チャンスもポストに嫌われていた岩手だったが、終盤に猛追を見せる。86分に深澤のパスミスから途中出場の和田昌士がGKとの一対一を制して今季初ゴールを決めると、3分後には同じく途中出場の中村充孝。こぼれ球に反応してボックス左から右足を振り抜き、豪快な一撃を突き刺した。

中村充孝の加入後初ゴールで岩手が試合を振り出しに戻し、このまま試合終了。追い付かれた東京Vは7試合未勝利となった。

また、正田醤油スタジアム群馬で行われた18位・ザスパクサツ群馬vs19位・栃木SCの"北関東ダービー"は、ゴールレスドローに終わっている。

◆第21節
▽6月12日(日)
レノファ山口FC 0-1 ファジアーノ岡山
ブラウブリッツ秋田 0-1 大宮アルディージャ
水戸ホーリーホック 1-0 モンテディオ山形
FC町田ゼルビア 1-1 ロアッソ熊本
ザスパクサツ群馬 0-0 栃木SC
東京ヴェルディ 2-2 いわてグルージャ盛岡

▽6月11日(土)
ヴァンフォーレ甲府 1-1 ジェフユナイテッド千葉
ツエーゲン金沢 1-1 横浜FC
徳島ヴォルティス 2-2 ベガルタ仙台
FC琉球 1-2 V・ファーレン長崎
大分トリニータ 1-2 アルビレックス新潟

関連ニュース
thumb

千葉元監督のニコラエ・ザムフィール氏が逝去…9月中旬に77歳で

かつてジェフユナイテッド千葉を率いたニコラエ・ザムフィール氏が9月14日に77歳で亡くなった。千葉が3日に発表している。 ザムフィール氏はルーマニア人指導者で1999年7月に2000年の途中まで千葉を指揮。わずか1年ほどの指揮だったが、1999シーズンにチームをJ1残留に導き、Jリーグ38試合13勝2分け23敗、Jリーグカップ4試合1勝2分け1敗の通算成績を残した。 千葉は「在任中はクラブの発展のために多大なるご尽力をいただきました。ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします」と哀悼の意を表している。 2022.10.03 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

PO圏内の3チームが揃って黒星! 金沢はJ2残留が決定【明治安田J2第39節】

2日、明治安田生命J2リーグ第39節の5試合が各地で行われた。 シーズンが深まるにつれて堅守に磨きがかかる4位のロアッソ熊本は、直近6試合で無敗と好調をキープ。今節は15位のブラウブリッツ秋田をホームに迎え撃った。 だが、今節は開始早々の3分に先制を許すと、後半立ち上がりにも自陣でのミスから追加点を献上。84分に粟飯原のゴールで1点を返すも、同点には至らず。1-2で手痛い黒星を喫した。 12位の東京ヴェルディは、なんとかプレーオフ圏内に踏みとどまりたい6位のベガルタ仙台のホーム、ユアテックスタジアムに乗り込んだ。 0-0のまま迎えた76分、東京Vはショートコーナーの流れから最後はゴール前で染野がヘディングシュートを叩き込み、待望の先制点をゲット。さらに88分には、途中出場したばかりの阪野が追加点を決めて0-2。仙台の反撃をねじ伏せ、アウェイで白星を飾っている。 10位のジェフユナイテッド千葉はアウェイで13位の水戸ホーリーホックと対戦。千葉は90分を通してシュート4本に終わるなど、なかなか攻撃の糸口を掴めない展開が続く。 それでも77分に得たPKのチャンスは、キッカーの櫻川ソロモンが冷静にネットへ突き刺す。虎の子の1点を守り抜いた千葉が0-1で勝利し、3試合ぶりの勝ち点3を挙げた。 3位のファジアーノ岡山はアウェイでツエーゲン金沢と対戦。19分に杉浦のゴールで金沢に先制を許すも、29分にPKから同点に。ヨルディ・バイスのキックは金沢GK白井にセーブされるも、弾かれたボールを自らネットに流し込んだ。 だが、1-1で迎えた後半立ち上がりの52分にそのヨルディ・バイスが痛恨のオウンゴールを献上。すぐさま反撃を開始するも、なかなかネットを揺らせず。アディショナルタイムに金沢に試合を決定づける3点目を奪われ、3-1で敗戦となった。なお、勝利した金沢はJ2残留が決定している。 J3降格圏の21位に低迷するいわてグルージャ盛岡は、アウェイで14位のレノファ山口と対戦。高井のゴールで先制を許して迎えた22分に和田の強烈ミドルで同点とするも、30分に再び高井にネットを揺らされる。 試合は山口の1点リードで終盤まで進み、岩手は敗戦も覚悟した中、終了間際に同点ゴールが生まれる。90+6分、右CKの流れから最後はブレンネルがボックス内でヘディングシュートし、山口DFに当たりながらもネットに吸い込まれた。2-2のドローに終わり、お互いに勝ち点1を分け合う結果となった。 ◆明治安田生命J2リーグ第39節 ▽10/2(日) ロアッソ熊本 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ブラウブリッツ秋田</span> ベガルタ仙台 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 東京ヴェルディ</span> 水戸ホーリーホック 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ジェフユナイテッド千葉</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 3</span>-1 ファジアーノ岡山 レノファ山口FC 2-2 いわてグルージャ盛岡 ▽10/1(土) モンテディオ山形 1-1 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ザスパクサツ群馬 1</span>-0 大宮アルディージャ ヴァンフォーレ甲府 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 栃木SC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 3</span>-2 FC町田ゼルビア FC琉球 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 横浜FC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大分トリニータ 3</span>-1 V・ファーレン長崎 2022.10.02 16:24 Sun
twitterfacebook
thumb

大宮GK南雄太がクラブハウスで交通事故、自転車と接触し相手はケガ

大宮アルディージャは1日、GK南雄太が交通事故を起こしたことを報告した。 クラブの発表によると、事故は9月30日(金)の14時15分頃、大宮のクラブハウス入り口付近で発生した。 南が運転する車が公道に出ようとした際、左から来た自転車と接触。運転していた女性は病院に運ばれ、両ヒジと両ヒザの擦り傷、打撲の診断を受けたという。なお、南にケガはなかった。 大宮はクラブ公式サイトを通じて、「交通事故の発生、また自転車を運転されていた方に怪我を負わせてしまったことにつきまして、深くお詫び申し上げます。本件を受け本人へ厳重注意をするとともに、選手、スタッフへの注意喚起を行い、今後の再発防止に向けて交通安全の取り組みを徹底いたします」としている。 南は昨シーズンは期限付き移籍でプレーし、今シーズンから完全移籍で加入。チームの守護神としてリーグ戦15試合に出場し、元日本代表GK楢崎正剛氏が持っていたGKとしてのJリーグ最多出場記録を塗り替え、663試合出場を達成していた。 しかし、5月18日に行われた明治安田生命J2リーグ第15節延期分のいわてグルージャ盛岡戦で試合終盤に体勢を崩すと、そのままプレー続行不可能に。右足アキレス腱断裂と診断され手術。現在は復帰し、一部トレーニングを始めていた。 2022.10.01 23:30 Sat
twitterfacebook
thumb

山形が新潟の選手への侮辱発言を謝罪…サポーターがSNSで発信

モンテディオ山形は1日、アルビレックス新潟の選手への侮辱発言について声明を発表した。 1日、明治安田生命J2リーグ第39節で山形はホームに新潟を迎えた。 そんな中、新潟の選手に対して侮辱する発言がSNS上で確認されたとのこと。山形のサポーターが行っていたという。 山形は代表取締役社長の相田健太郎氏の名義でクラブ公式サイト上に謝罪文を掲載。また、このような侮辱行為を許さないとした。 「本日10月1日のアルビレックス新潟との試合に際し、モンテディオ山形サポーターによる新潟の選手を侮辱する投稿がSNS上にて確認されました」 「まず、当該の選手とアルビレックス新潟のクラブ・関係者・サポーターのみなさんに心よりお詫び申し上げます」 「このような投稿は到底看過できるものではありません。発言者に対しては然るべき対応を行ってまいります。クラブとしては、個人や集団を攻撃、脅迫、侮辱する行為や発言については法的措置も辞さない強い態度で臨んでまいります」 「サッカーは人種や民族の垣根を超えて、全ての人達が楽しめる素晴らしいスポーツです。そして、Jリーグは敵味方の関係を超えて、日本中の人々を繋ぎ、喜びや興奮を共有し合う素晴らしいコンテンツです。我々はこのJリーグとプロスポーツがある喜びを共に感じながら、全ての人達が元気に暮らせる社会を創り上げてまいります」 なお、試合は1-1の引き分けに終わっている。 2022.10.01 23:18 Sat
twitterfacebook
thumb

首位新潟がドローで足踏み、2位横浜FCが1ポイント差に迫る【明治安田J2第39節】

1日、明治安田生命J2リーグ第39節の6試合が各地で行われた。 首位を走る新潟は、7位モンテディオ山形とのアウェイ戦に臨んだ。立ち上がりは静かな展開となるも、ペースを掴んだ山形がまずはチャンスを作る。25分に敵陣中央でボールを持った山田がボックス内に浮き球のボールを供給。これを国分が落とし、最後はゴール前のディサロが左足で合わせたが、枠の左に外れる。 勢いを強めるホームチームは34分、敵陣中央から国分が送ったロングボールをボックス左手前で松本、山田と繋ぎ、最後はゴール前のディサロへ。左足のシュートをゴール右上に突き刺した。 前半は相手に押し込まれていた印象の新潟だが、後半に入って徐々に攻勢を強めていく。56分に敵陣で相手からボールを奪取した伊藤がボックス手前左までドリブルで持ち込み、ボックス左にスルーパスを送る。これに反応した谷口が走り込み、左足を振りぬいたが、枠の左へ。 アウェイチームは64分にも決定機を迎える。右CKの場面でキッカーの星が鋭いボールを送ると、谷口がヘディングシュート。これは相手GKの正面に飛び、こぼれたところを藤原が詰めるも、再び相手GKの好セーブに阻まれる。 後半は幾度となく相手ゴールに迫る新潟。85分には待望の瞬間が訪れる。敵陣中央に細かいパスワークで侵入し、ボックス手前左でボールを持った堀米がボックス内にパスを送る。ボールを後ろ向きに受けた谷口は反転しながら右足を振りぬくと、相手DFの股を抜いて、ゴール左に決まった。 この流れのまま逆転を目指したい新潟だが、その後見せ場を作ることはできず、1-1のドロー決着。1ポイントを得るにとどまった。 2位横浜FCは最下位のFC琉球とアウェイで対戦した。立ち上がりは両チーム攻撃の機会を窺う時間が続いたが、ファーストシュートを放ったのは横浜FC。14分にカウンターの流れから長谷川のスルーパスでボックス手前中央に抜け出したイサカ・ゼインがシュートを放つも、相手GKに防がれる。 対する琉球は16分に最初のチャンス。敵陣でボールを奪ったが左サイドから沼田がアーリークロスを上げると、これは相手GKにはじかれるも、こぼれ球をファーサイドの大本が折り返し、最後はゴール前の金井が左足でフィニッシュ。しかし、こちらも相手GKの好セーブに阻まれる。 横浜FCは33分にも速攻から攻め込む。岩武の自陣からの浮き球のパスで、ボックス右へ抜け出したイサカ・ゼインが相手DFに倒されてPKを獲得。これを小川が落ち着いてゴール右に決め、先制に成功する。 先制を許した琉球は前半の間にそれでも試合を折り返して62分、自陣での組み立てから上原が絶妙なロングボールをボックス内に供給。ゴール前で福村が合わせたが、上手くミートできずに相手GKにキャッチされてしまった。 さらに、72分にもホームチームに決定機。敵陣で相手からボールを奪った金井がドリブルでボックス手前中央まで持ち込み、ゴール前にスルーパスを送る。抜け出した池田は相手GKとの一対一を迎えるが、左足のシュートは枠の左に逸れる。 その後も集中した守備で琉球の猛攻をしのぎ切った横浜FCが0-1で勝利。3ポイントを獲得し、首位新潟との勝ち点差「1」まで迫った。 その他、5位の大分トリニータは8位V・ファーレン長崎との“九州ダービー”に3-1で勝利。18位栃木SCはアウェイで17位のヴァンフォーレ甲府を0-1で破り、これが7試合ぶりの白星となった。 ▽10/1(土) モンテディオ山形 1-1 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ザスパクサツ群馬 1</span>-0 大宮アルディージャ ヴァンフォーレ甲府 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 栃木SC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 3</span>-2 FC町田ゼルビア FC琉球 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 横浜FC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大分トリニータ 3</span>-1 V・ファーレン長崎 ▽10/2(日) ロアッソ熊本 vs ブラウブリッツ秋田 ベガルタ仙台 vs 東京ヴェルディ 水戸ホーリーホック vs ジェフユナイテッド千葉 ツエーゲン金沢 vs ファジアーノ岡山 レノファ山口FC vs いわてグルージャ盛岡 2022.10.01 21:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly