ローマがフラッテージ呼び戻しに再関心! 過去の契約条項に古巣愛がアドバンテージに

2022.06.07 23:54 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマがサッスオーロのイタリア代表MFダビデ・フラッテージ(22)への関心を強めているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏が報じている。

ジョゼ・モウリーニョ体制2年目のシーズンに臨むローマでは、元アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンのインテル行き、マンチェスター・ユナイテッドとの契約が終了する元セルビア代表MFネマニャ・マティッチの獲得がいずれも決定的な状況だ。

さらに、中盤ではレンタルに出している数選手を含め、複数名の売却が既定路線と見られている。

そういった中、アストン・ビラのブラジル代表MFドウグラス・ルイスらと共に以前から有力な獲得候補に挙がっているのが、かつてプリマヴェーラに在籍していたフラッテージだ。

184cmのセントラルMFはセリエBのアスコリやエンポリ、モンツァでの武者修行を経て今シーズンにサッスオーロに復帰。セリエAで36試合4ゴール4アシストを記録し、今月4日に行われたUEFAネーションズリーグのドイツ代表戦では待望のアッズーリデビューも飾った国内注目の若手MFに成長している。

豊富な運動量と球際の強さを武器に中盤の幅広いエリアをカバーしつつ、ボールを奪い切るアグレッシブな守備。積極果敢なドリブルや的確な捌きに、“スペースをアタック”するゴール前への飛び出しを特長とするボックス・トゥ・ボックスの万能型だ。

これまでミラノ勢やナポリ、ユベントスからも関心を集めるフラッテージは、今年3月にクラブとの契約を2026年まで延長。

ただ、ローマは2017年に売却した際、リセール時の移籍金30%を受け取れる条項を盛り込んでおり、最低2000万ユーロ(約28億4000万円)と言われる移籍金をより安価な金額で獲得できるアドバンテージを有する。

また、ローマ生まれローマ育ちのフラッテージは、サッスオーロで背負う16番が物語るように、ローマのレジェンドであるダニエレ・デ・ロッシを崇拝するなど、ロマニスタを公言している。

先日のイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューでは将来的なジャッロロッシへの帰還を示唆している。

「ロマニスタであることは、僕の心に残っていることだよ」

「特定の場所で良い気分でいれば、そこをホームに感じるものさ。デ・ロッシのようなアイドルの一人の存在を含め、それらは僕と共にあったものだからね」

「以前にローマへ戻るという考えが自分を悩ませていたとすでに話したと思う。それは街自体を除き、時間の経過とともに変化するものだけど、考えは常にそこにあるよ。ローマ人にとって、それは正常なことだと思うよ」

なお、サッスオーロからローマへの帰還と言えば、イタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニが記憶に新しいが、フラッテージも現カピターノに続き永遠の都への復帰となるか…。

関連ニュース
thumb

すでに3敗のインテル、元会長も懸念 「昨季にスクデットを逃した失望がまだ漂っている」

インテルの元会長であるマッシモ・モラッティ氏が古巣の状態を憂慮した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 王座奪還を期すセリエAで開幕7試合を消化して4勝3敗とスタートに躓いたインテル。シモーネ・インザーギ監督の進退を危ぶむ風潮が強まり、ウルトラスもスティーブン・チャン会長に退陣を要求する動きに出ている。 イタリア『Radio Centro Suono』に出演したモラッティ氏も現在のインテルを憂慮しており、セリエA連覇を逃した昨季からの立ち直りを求めた。 「インテルはもっとうまくやる必要があるだろう。最近のクラブは難しい状況が続いているように感じる。私は(ロメル・)ルカクの不在を痛感しているよ。彼はチームの中で、もっとも重要な選手だからだ」 「インテルは昨シーズン、スクデットを失ったことでショックを受け、今もまだ失望が漂っているように感じる。今の彼らには自分たちを再び動かして、チームを軌道に乗せるための何かが必要だ」 また、モラッティ氏は対戦相手であるローマにも言及。自身がインテルの会長を務めていた時代に3冠達成を成し遂げたジョゼ・モウリーニョ監督を評価し、今季のサプライズになる可能性を口にした。 「ローマは確かに調子が良いね。ここから安定感を得たいところだろう。彼らは面白いチームであり、今シーズンのサプライズになるかもしれない」 「モウリーニョの特徴は常に同じで、プロ意識と細部への集中を持っている。彼はきっと、昨シーズンよりも良い結果を出すという野心を持っているだろう」 「(今夏ローマに加入した)パウロ・ディバラは素晴らしい選手だ。インテルファンなら誰でも彼がここにいることを望んだと思う。だが、クラブは他の選択をした」 2022.09.29 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドで地位高めるダロト、新契約を期待か…古巣ミランら5クラブの関心ありも

ポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(23)はマンチェスター・ユナイテッドとの契約延長が第一希望のようだ。 ミランに出番を求めた時期もあったが、昨季途中からDFアーロン・ワン=ビサカの独壇場だった右サイドバックのポジションを奪ったダロト。エリク・テン・ハグ新政権の今季もその地位を守り、課題だった守備面も成長を感じさせる。 先のポルトガル代表活動でも代表初ゴールを含む2発の活躍を披露したりとキャリアを全体的に大きく前進させるが、ユナイテッドとの現行契約は今季限り。1年延長オプションもあるが、クラブにとっては解決すべき問題の1つといえる。 イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によれば、ダロトには古巣のミランをはじめ、ユベントス、ローマ、バルセロナ、アトレティコ・マドリーの継続的な関心もあるが、ユナイテッドからの新契約を期待しているという。 なお、ユナイテッドは来年1月のマーケットまでにひとまず延長オプションを発動させる見込みとのことだ。 2022.09.29 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

長期離脱のワイナルドゥム、ローマとPSGは契約見直しに向けた交渉開始か

ローマとパリ・サンジェルマン(PSG)がオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(31)の契約見直しに動いているようだ。 ワイナルドゥムは昨季、リバプールから加入したPSGで実力を発揮し切れず、今夏の移籍市場でローマに買い取りオプションが付随したレンタルの形で移籍。マンチェスター・ユナイテッドやトッテナムで指揮を執り、リバプール時代のワイナルドゥムを知るジョゼ・モウリーニョ監督の下で復活が期待されていた。 しかし、加入から間もない8月21日のチームトレーニング中に負傷。検査の結果、右足脛骨の骨折と診断され、手術こそ回避できたものの5カ月以上の離脱が確定した。これにより、ローマでのシーズンの半分を棒に振ることを余儀なくされている。 イタリア『カルチョメルカート』によると、この負傷を受けて、両クラブはワイナルドゥムの契約内容を見直す交渉を開始した模様。ローマ側がレンタル期間の1年延長を求めたのに対して、ワイナルドゥムとの契約が2024年夏までのPSGは買い取り金額の減額を提案する可能性があるという。 ただし、現在1月の復帰に向けてリハビリを開始したワイナルドゥムの状態次第で状況が再び変わる可能性があり、去就は流動的となっている。 2022.09.28 13:04 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマが生え抜きザレフスキと延長交渉中 国外のビッグクラブが関心

ローマがポーランド代表MFニコラ・ザレフスキ(20)との新契約交渉を順調に進めているようだ。 ポーランド人の両親の下、ラツィオ州のティヴォリで生まれたザレフスキは、9歳からローマのアカデミーに在籍する、トレクアルティスタやエステルノを主戦場とする技巧派アタッカー。 ポーランド人ながらフランチェスコ・トッティや現カピターノであるMFロレンツォ・ペッレグリーニらの系譜を受け継ぐ創造性に優れるMFは、2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッド戦でトップチームデビュー。同試合では決勝点となったオウンゴールを誘発する鮮烈なデビューを飾った。 ジョゼ・モウリーニョ監督が就任した昨シーズンは、イタリア代表DFレオナルド・スピナッツォーラの長期離脱を受け、左のウイングバックにコンバートされると、公式戦24試合に出場。ヨーロッパ・カンファレンスリーグでは7試合で2つのアシストを記録するなど、主力として活躍し、久々のタイトル獲得に貢献した。 今シーズンもここまで公式戦6試合に出場するなど、ポルトガル人指揮官の信頼厚い20歳MFだが、プレミアリーグを中心に国外のクラブからの関心も伝えられる。 移籍市場に精通するジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、ローマは昨年末に2025年までの契約を結んだザレフスキに対して、2027年までの新契約をオファー。年俸に関しては150万ユーロ(約2億800万円)程度まで引き上げられる予定で、ローマ残留を優先する選手サイドとの交渉は順調に進んでいるようだ。 2022.09.28 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

再び恩師モウリーニョのもとへ、マティッチがローマ加入の理由明かす「新しい挑戦が必要だった」

元セルビア代表MFネマニャ・マティッチが、ローマ加入の理由を明かした。『フットボール・イタリア』が伝えている。 チェルシーでジョゼ・モウリーニョ監督の下、プレミアリーグ屈指の守備的MFに成長を遂げたマティッチ。2017年からはそのモウリーニョ率いるマンチェスター・ユナイテッドへと移籍し、主力として5年間プレーした。そして、今夏にはフリートランスファーでローマへと加入。今度はイタリアの地で恩師と3度目のタッグを組むことになった。 イギリス『タイムズ』のインタビューを受けたマティッチは、ローマ加入の理由は出場機会を得ることとしつつも、恩師であるモウリーニョ監督の存在も大きかったと本音を語った。 「正直なところ、僕はお金のためにサッカーを始めたわけではなく、ピッチに立ち続けるため、新しいチャレンジが必要だった。もっとプレーしたかったし、ジョゼから連絡があったときには自分の決断が正しかったと確信したよ」 「セリエAではもっと楽な仕事だと思っていたけど、まだまだたくさん走らないといけないね。ほぼ全試合に出てるけど、上手くやれていると自信を感じているよ。街も美しく、子供たちはすっかり馴染んだ。もう完璧だね」 「彼が史上最高の監督の一人であることは誰もが認めるところだ。個人的な付き合いは良好だけど、なぜかと聞かれてもわからない。僕は彼に特別なことを要求したことはないし、彼は常に勝利を望んでいる。良い結果を得られないと一緒に仕事をするのはとても難しいからね」 2022.09.26 16:44 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly