中盤3選手の負担が大きいインテル、来シーズンへ向けて中盤に複数名を補強か?

2022.05.17 16:06 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエAでは最終節を残して2年連続となるスクデット獲得の可能性をかすかに残す2位のインテル。来シーズンへ向けては、今夏の移籍市場で中盤の選手を複数名獲得したいと考えているようだ。イタリア『SempreInter』が報じている。

インテルは、中盤のレギュラー格であるクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチ(29)、イタリア代表MFニコロ・バレッラ(25)、トルコ代表MFハカン・チャルハノール(28)ら3選手の稼働率が高く、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(34)とウルグアイ代表MFマティアス・ベシーノ(30)は契約満了に伴い今シーズンでの退団が確実視されている状況だ。

インテルを率いるシモーネ・インザーギ監督は、来シーズンのスカッドを構築するにあたって、中盤のレギュラー格3選手の現状を鑑み、彼らの負担を軽減する補強が欠かせないと考えているとされている。
『SempreInter』によると、現在インテルのトップターゲットとなっているのは、ボローニャのオランダ人MFイェルディ・スハウテン(25)とエンポリに所属するアルバニア代表MFクリシティアン・アスラニ(20)のようだ。

スハウテンは2019年7月に母国オランダからボローニャへ加入し、今シーズンはリーグ戦16試合に出場し1得点を記録。中盤の低い位置からゲームをコントロールするプレーメーカーで、ボローニャは1500万ユーロ(約20億円)程度で移籍を容認する見通しとのことだ。

また、アスラニは、今夏ミランとの争奪戦となることが予想されている注目株。エンポリの下部組織から今シーズン昇格したばかりの20歳で、ミランもパオロ・マルディーニSD(スポーツ・ディレクター)自ら交渉にあたっていることが明らかとなっている。

さらに、上記2選手を獲得できなかった場合は、過去にも獲得にチャレンジしてきたカリアリのウルグアイ代表MFナイタン・ナンデス(26)の獲得を目指すともされており、いずれにしても中盤をしっかりと補強するプランがあるようだ。


関連ニュース
thumb

古巣ミランの宿敵... インテルがフランク・ケシエに関心か

インテルが、バルセロナのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今夏のバルセロナ移籍前はミランに5シーズン在籍したケシエ。昨季はミランの11年ぶりとなるセリエA優勝に貢献し、最終節のサッスオーロ戦ではインテルとのスクデット争いの行方を決定づけるゴールも決めていた。 しかし、バルセロナではなかなかチャビ・エルナンデス監督の信頼を得られず。中断期間までにラ・リーガ7試合の出場にとどまり、うちスタメン起用は2試合と、早くも退団を考え始めているのではと報じられていた。 そんななか、古巣ミランの宿敵であるインテルが獲得に名乗り。ケシエ自身は少なくとも今季終了までは定位置確保に努めるつもりだが、望みが薄いと判断すれば来夏の退団を考慮するといい、バルセロナもレンタル放出を検討しているという。 『カルチョメルカート』は、インテルはケシエがアタランタからミランへ移籍した2017年夏以降、途切れることなく獲得の可能性をうかがっていたとし、現在は財政難ゆえに選手の年俸負担が獲得への課題と結論づけている。 2022.11.29 21:10 Tue
twitterfacebook
thumb

来夏移籍金ゼロも… 1月にフランス代表FWテュラム争奪戦?

ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)を巡り、争奪戦が繰り広げられる可能性があるようだ。 フランス代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のテュラム。ここまで2試合の途中出場で得点はないが、チームはグループ最終節を残して決勝トーナメント進出を決めたため、来月1日のチュニジア代表戦ではスタメン起用も考えられる。 所属するボルシアMGでは今季の公式戦19試合で13得点4アシストと大ブレイクを果たし、たちまちビッグクラブ注目の的に。契約は2023年6月までのため、フリーとなる来夏の争奪戦が予想されるが、現在では来年1月の移籍市場でステップアップするとの見方も強まりつつある。 候補に挙がるのはバイエルンやアトレティコ・マドリー、インテル、ドルトムント、ニューカッスル、アストン・ビラなど。中でもドイツ『ビルト』が特に熱心だと主張するのが、ラ・リーガで降格圏に低迷するセビージャだ。 セビージャはホルヘ・サンパオリ監督がストライカーの獲得を要望。ボルシアMGは想定外の活躍を披露したテュラムの慰留をすでに断念しており、来年1月にオファーが来た場合は移籍金3000万ユーロ(約42億9000万円)を要求するとされている。 財政状況が苦しいセビージャは、チーム内で重要な戦力と見なされない選手の譲渡を考慮。アルゼンチン代表MFパプ・ゴメス(34)や、同代表MFマルコス・アクーニャ(31)が候補に挙げられている。 2022.11.29 20:16 Tue
twitterfacebook
thumb

ルカク、今季終了後にチェルシー復帰か... インテルは後釜を選定済み

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカク(29)は、今季終了後に保有権元のチェルシーへ戻る可能性が高いようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 今夏に1年レンタルでインテルへと加入したルカク。昨季のチェルシーで鳴かず飛ばずの成績に終わり、わずか12ヶ月で出戻りとなったが、シーズン序盤に負ったケガが長引き、中断期間までに期待に見合う活躍は披露できていない。 自身は来季以降のインテル残留を強く希望も、なかなか稼働できないうえ、安くないコストがかかっているため、首脳陣らは今季終了後のレンタル期間満了に伴う退団を想定。ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)獲得に本腰を入れ出したのは、これが最大の要因だという。 レンタル延長という選択肢も残すものの、チェルシーとしても来夏にルカクを売却し、2021年夏に費やした移籍金1億1500万ユーロを少しでも回収したい考え。インテルはルカクを巡るチェルシーとの交渉に意欲を失いつつあり、現時点では今季限りの退団が濃厚とのことだ。 2022.11.21 17:25 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、本命テュラムの獲得は来冬に? プレミア勢との争奪戦は避けたいがW杯で…

インテルが、ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)獲得を急いでいるようだ。 フランスW杯優勝メンバーのリリアン・テュラム氏を父に持つマルクス・テュラム。自身もカタールW杯に臨むレ・ブルーに招集され、親子2代でW杯出場という偉業に。ボルシアMGでは今季、公式戦17試合13得点4アシストと大活躍しており、本大会でのさらなる飛躍も期待される。 先日にはインテルからの関心が明らかに。ボルシアMGとの契約が2023年6月までのため、財政難のインテルは選手がフリーとなる来夏の獲得に照準を向けたのではとも考えられていた。 だが、イタリア『カルチョメルカート』によると、インテルはテュラムを新戦力候補の上位に位置づけており、移籍金を支払ってでも来冬に獲得する考えへシフトチェンジし、選手側とのやり取りも強化。背景にはやはりW杯があり、大会での活躍によって人気が沸騰するのを恐れているという。 また、今夏のアーセナルなどからの関心が示すように、来夏まで待てばプレミアリーグ勢との争奪戦は不可避。資金力では太刀打ちできないため、一刻も早く確保したい考えとされる。 2022.11.20 16:15 Sun
twitterfacebook
thumb

海千山千のラニエリ監督、次なる舞台はスイスか

現在フリーのクラウディオ・ラニエリ監督(71)にスイスからオファーが届いているようだ。フランス『Le Nouvelliste』が報じている。 これまでチェルシーやユベントス、モナコなど数多くのクラブで指揮を執ってきたラニエリ監督。2015年から2017年にかけて在籍したレスター・シティではプレミアリーグ優勝に導き、現在でも“ミラクル・レスター”としてその功績が称えられている。 ここ数年はローマやサンプドリア、ワトフォードを歴任したが、今年1月にワトフォードを解任されて以降、フリーの状況が続く。 今年10月初旬には古巣のサンプドリアに再就任する噂もあったが、現在はスイスのシオンからオファーを受けており、クリスティアン・コンスタンティン会長とも直々に話をしたという。 現在のシオンはイタリア人指揮官のパオロ・トラメッツァーニ氏が監督を務めているが、チームはリーグ戦10チーム中8位と低迷。クラブはラニエリ監督の他にも、元スイス代表MFで昨年まで同リーグのルツェルンを指揮していたファビオ・セレスティーニ氏にも接触しているようだ。 2022.11.20 15:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly