シュツットガルトSBボルナ・ソサにロンドンの3クラブが関心か?

2022.02.17 23:39 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シュツットガルトのクロアチア代表DFボルナ・ソサ(24)にロンドンの3クラブが関心を示しているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。

『ビルト』が伝えるところによれば、ソサは今シーズンのブンデスリーガで降格圏の17位に甘んじるシュツットガルトを今夏のタイミングで去ることを検討しているという。

そして、その実力派サイドバックに関心を示しているのが、今冬の移籍市場でイングランド代表DFベン・チルウェルの穴埋め補強として関心を示したチェルシーと、トッテナム、アーセナルのロンドンの3クラブだという。

チェルシーに関しては今夏のスペイン代表DFマルコス・アロンソの去就が不透明で、トッテナムはスペイン代表DFセルヒオ・レギロンのバックアッパーが手薄な状況だ。一方、アーセナルはスコットランド代表DFキーラン・ティアニーと、U-21ポルトガル代表DFヌーノ・タヴァレスと頭数は揃っている。

今冬の移籍市場ではシュツットガルトが2500万ポンド(約39億2000万円)をチェルシーサイドに要求したこともあり、移籍は実現しなかったが、今夏のタイミングではより安価な金額で獲得可能とも言われている。

母国の名門ディナモ・ザグレブの下部組織出身のソサは、2015年の冬にトップチームに昇格。2018年夏に加入したシュツットガルトでは、ここまで公式戦73試合に出場し、3ゴール19アシストを記録している。

187cmの恵まれた体躯に高精度の左足を兼備する攻撃的なサイドバックは、左サイドバック、ウイングバックを主戦場にクロスやプレースキック、ビルドアップの局面で存在感を放つクロッサータイプのサイドプレーヤーだ。

関連ニュース
thumb

「チェルシーに来るべき」、チアゴ・シウバがネイマールのチェルシー入り熱望

ブラジル代表DFチアゴ・シウバが同胞FWネイマールのチェルシー加入を熱望している。ブラジル『Jornal do Commercio』が伝えている。 2017年にバルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に加入して以降、ここまで公式戦144試合100ゴール60アシストを記録し、多くの国内タイトルに貢献してきたネイマール。 間違いなく近年のパリの巨人のアイコンの一人と言えるスーパースターだが、ピッチ内外で見せる素行問題や稼働率の低さもあり、現在はアンタッチャブルな存在とは言えない状況だ。 さらに、クラブがフランス代表FWキリアン・ムバッペ中心のチーム作りを進め、ネイマールの同胞レオナルド氏に代わってルイス・カンポス氏を補強責任者に任命したこともあり、今夏の移籍市場での売却の可能性が浮上している。 選手側が保有する1年の延長オプションを除き、契約が2025年まで残っているネイマールに関しては、その高額な移籍金とサラリーによって、そう易々と移籍先を見つけることはできないが、現時点ではチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、ニューカッスルというプレミアリーグの3クラブが候補に挙がっている。 そういった中、ブラジル代表とPSGで長らく共演してきたチェルシーDFは、母国のレシフェで行われたイベントの場でセレソンのエースの去就に言及。イングランドでの共闘を熱望した。 「彼はチェルシーに来なければならないね。もしそうなれば、それがベストだろう。彼がコメントする必要はない。今のところ僕は何も知らないけど、そうなることを願っているよ」 現在、チェルシーでは手薄なセンターバックの補強、リーズ・ユナイテッドのブラジル代表FWハフィーニャの獲得に全力を注いでいるが、新オーナーのトッド・ベーリー氏は新体制での目玉補強としてネイマールの獲得に動く可能性は十分にあるはずだ。 2022.06.29 14:14 Wed
twitterfacebook
thumb

CBが足りないチェルシー、獲得失敗続きで次のターゲットはナポリDFクリバリか

今夏のセンターバック補強が急務ながら、誰1人確保できていないチェルシー。新たなターゲットに目を向けているという。 チェルシーは、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーがレアル・マドリーへと移籍。デンマーク代表DFアンドレア・クリステンセンが退団し、バルセロナへと移籍するとされている。 さらにスペイン代表DFセサル・アスピリクエタの去就も不透明な状況。ディフェンスラインの補強が急務となっている。 そのチェルシーはユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトやパリ・サンジェルマン(PSG)のスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルに興味を持っていた中、獲得が難しい状況に。イタリア『スカイ・スポーツ』によると、新たなターゲットをナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(31)に定めたという。 今夏のCB補強は確定的だが、その値段がどれも高価なものに。ユベントスは契約延長に合意しなかったデ・リフトの売却を考えたが、その費用は1億ユーロ(約143億3500万円)となり、チェルシーはドイツ代表FWティモ・ヴェルナーを差し出して減額を申し出たが拒否されている。 また、シュクリニアルに関しては、PSG行きが迫っており、個人観での合意に至ったとも報道。獲得は難しい状況だ。 クリバリはナポリとの契約が残り一年となっており、契約を延長する意思はないという。その理由は、サラリーの減額をクラブが求めているためとされている。 その結果、イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ、ベルギー代表FWドリエス・メルテンスがチームを去り、クリバリも続くものと見られている。 クリバリ自身は残留を望んでいるとされるが、4000万ユーロ(約57億3500万円)のオファーがあればナポリは放出を受け入れると見られている。また、ユベントスに移籍されるぐらいならば、国外のチェルシーに移籍してほしいという考えもあるようだ。 2022.06.29 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーがハフィーニャ争奪戦のポールポジションに バルサ&アーセナルを追い抜く

チェルシーがリーズからブラジル代表FWハフィーニャ(25)の獲得に近づいているようだ。 ここまで退団者が相次ぐ一方で、補強なしのチェルシー。オーナー交代による首脳陣刷新が移籍市場での出遅れの原因となっているが、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーやデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンがごっそり抜けたセンターバックを含め、補強が噂される。 そこで新たに名が浮上したのがハフィーニャだ。リーズでの活躍ぶりからブラジル代表でも定位置を掴むサイドアタッカーを巡ってはクラブとの契約を2024年まで残すものの、さらに上でのプレーを望み、移籍が取り沙汰されている。 当初こそバルセロナ行きが濃厚視されたが、停滞が続くと、アーセナルが接近。そのアーセナルは先日に2度目のオファーを出したといわれるが、イギリス『The Athletic』によると、チェルシーが獲得に近い存在だという。 チェルシーもまだ口頭での提示段階だが、移籍金として5500万ポンド(約91億2000万円)の支払い意思を示したようで、リーズも受け入れる姿勢。ハフィーニャの意思次第だが、チェルシーがポールポジションに立っている模様だ。 バルセロナが財政難で資金調達に手こずり、アーセナルもリーズを納得させられるだけのオファーを出せずにいる隙に、争奪戦を制す公算が高まっているチェルシー。マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングに対する関心も噂されるが、果たして。 2022.06.29 09:55 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーがジンチェンコに注目か、シティから3選手引き抜きの可能性が浮上

チェルシーが、マンチェスター・シティのウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコ(25)の獲得を考慮しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ここまでドイツ代表DFアントニオ・リュディガーやデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンら放出のニュースのみとなっているチェルシー。オーナー交代による首脳陣刷新が行われていることが移籍市場での遅れの原因となっているが、最終ラインの補強は今夏の絶対的な課題だ。 そこで新たに名前が挙がったのがジンチェンコだ。ジョゼップ・グアルディオラ監督から左サイドバックとして重宝される25歳は、そのユーティリティ性と技術の高さが買われ、今季も公式戦28試合に出場した。 しかし、シティがブライトン&ホーヴ・アルビオンのスペイン代表DFマルク・ククレジャ(23)を獲得しようとする動きを本格化させており、ジンチェンコの去就にも影響が。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ククレジャ確保次第、放出候補入りすると見られている。 その動向を注視するチェルシーだが、シティからはジンチェンコの他にも、イングランド代表FWラヒーム・スターリングとオランダ代表DFナタン・アケの獲得も狙っている模様。果たして3選手同時引き抜きは可能なのだろうか。 2022.06.28 21:10 Tue
twitterfacebook
thumb

新SDを探すチェルシー、PSGのマクスウェル氏に注目か

上層部の刷新が行われているチェルシーが、新たなスポーツ・ディレクター(SD)としてパリ・サンジェルマン(PSG)のマクスウェル氏に注目しているようだ。 クラブの所有権がロマン・アブラモビッチ氏からトッド・ベーリー氏に移譲され、フロント陣の総入れ替えが進むチェルシー。先日のブルース・バック会長の退任を皮切りに、ディレクターのマリナ・グラノフスカイア氏も対陣。直近ではグラノフスカイア氏と共にリクルートにも携わってきたレジェンドのペトル・チェフ氏の退団も決定した。 そうなると気になるのは彼らの後任。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、4人の候補者がリストに載っており、そのうちの一人がマクスウェル氏のようだ。 現役時代にアヤックスやインテル、バルセロナで活躍したマクスウェル氏は、2012年から過ごしたPSGで2017年に引退。その後は同クラブでアシスタントSDに任命され、FWキリアン・ムバッペやFWリオネル・メッシ、DFアクラフ・ハキミの移籍に携わってきた。 管理職としてはまだ道半ばだが、ベーリー氏はそのキャリアを高く評価している模様。ただ、同氏は他にも注視している人物がおり、今季限りでリバプールのSDを退任したマイケル・エドワーズ氏もその一人。 リバプールではFWサディオ・マネやFWモハメド・サラー、DFアンドリュー・ロバートソン、DFヴィルヒル・ファン・ダイク、GKアリソン・ベッカーなど錚々たるメンツの獲得を主導した実績を持つが、同氏にはチェルシーの他にもマンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリー、そしてPSGも招聘に動いているようだ。 2022.06.28 17:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly