バイエルンで新型コロナ蔓延…陽性者2人追加で合計6人に

2022.01.04 09:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンは3日、2選手の新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性を発表した。

今回陽性と判定されたのは、フランス代表DFリュカ・エルナンデスと、フランス人DFタンギ・ニアンズの2名とのことだ。

クラブの発表によれば、両選手はすでに国内で隔離されているとのこと。リュカはモルディブに滞在していたとのことだ。

バイエルンは1日に、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアー、フランス代表FWキングスレー・コマン、フランス代表MFコランタン・トリソ、イングランド人DFオマー・リチャーズの4名が陽性判定を受けたことを発表していた。

なお、ドイツ代表MFレロイ・サネ、クロアチア代表DFヨシプ・スタニッチ、フランス代表DFダヨ・ウパメカノの検査は完了していないとのことだ。

バイエルンは問題のない選手だけで新年のトレーニングを開始。7日にボルシアMG戦を控えているが、どうなるだろうか。

関連ニュース
thumb

バイエルンのCLユニは“ドイツ版トランプ”がモチーフ!どんぐり・草・ハート・鈴の4シンボルがデザイン

バイエルンは11日、2022-23シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)用ユニフォームを発表した。 ダークグレーをベースにしており、胸スポンサーやクラブのエンブレム、サプライヤーであるアディダスのロゴなどは赤で施されている。 このユニフォームは、バイエルン州の伝統的なトランプゲーム「シャーフコップフ」をモチーフにしており、どんぐり(クラブ)、葉(スペード)、ハート、鈴(ダイヤ)の4つのシンボルが、並んだひし形の中に描かれている。 また、首の後ろにはホームシャツ同様に「Mia San Mia (俺たちは俺たちだ)」の文字があしらわれている。 昨シーズンのCLではビジャレアルを前にベスト8で散ったバイエルン。このユニフォームで3シーズンぶりのビッグイヤーを目指す。 <span class="paragraph-title">【写真】4つのシンボルが描かれたバイエルンのCLユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChHIEiEKL4_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChHIEiEKL4_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChHIEiEKL4_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FC Bayern(@fcbayern)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.12 15:45 Fri
twitterfacebook
thumb

主砲流出覚悟のシュツットガルトはザークツィーを後釜に?

シュツットガルトが、バイエルンのU-21オランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(21)の獲得に動いているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 シュツットガルトではエースストライカーのオーストリア代表FWサシャ・カライジッチ(25)に今夏の流出の可能性がある。とりわけ、先週末に行われたRBライプツィヒとのリーグ開幕戦後には、自身の将来について明確にしたいと、移籍を示唆するコメントも残している。 そのため、エース流出に備えてクラブは、後釜の確保に動き始めている。 『スカイ』によると、シュツットガルトは9日にバイエルンと電話での話し合いを行い、ザークツィーの問い合わせを行ったという。ただ、現時点ではクラブ間、個人間の双方において合意には至っていないという。 ザークツィー自身はバイエルンに比べて出場機会を得られるシュツットガルト移籍に前向きな姿勢を示しているようだが、バイエルンは同選手の移籍金として2000万ユーロ(約27億4000万円)を要求しており、お世辞にも資金力が潤沢とは言えないシュツットガルトが獲得できるかは微妙なところだ。 ただ、バイエルンサイドはカメルーン代表FWエリック・マキシム・チュポ=モティングを前線のバックアッパーに位置づけ、ザークツィーは余剰人員となっているため、移籍形態は不明だが、シュツットガルトへの移籍を認める可能性もある。 2017年にフェイエノールトからバイエルンに加入した大型ストライカーのザークツィーは、2019年12月にトップチームデビュー。そのデビューシーズンはリーグデビュー戦でのゴールを含め、ブンデスリーガ4ゴールを挙げる活躍を見せて台頭した。 しかし、以降はトップチームに定着できず、一昨シーズンの後半戦はパルマへ、昨シーズンはアンデルレヒトに2シーズン連続で武者修行へ出ていた。 そのアンデルレヒトでは公式戦47試合18ゴール13アシストと、覚醒の兆しとなる印象的なパフォーマンスを見せていた。 2022.08.11 15:29 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンが韓国人MFイ・ヒョンジュの買取OPを行使! 2025年までの3年契約

ブンデスリーガのバイエルンは9日、U-18韓国代表MFイ・ヒョンジュ(19)の買い取りオプション行使を発表した。契約期間は2025年までの3年間となる。 イ・ヒョンジュは今年1月にKリーグ1の浦項スティーラースから1年レンタルでバイエルンへ加入。身長は169cmと小柄だが、優れたテクニックで相手を翻弄するセントラルハーフだ。 バイエルンでは主にセカンドチームでプレー。レギオナルリーガ・バイエルン(ドイツ4部)で6試合に出場したほか、U-19のリーグ戦では1試合1得点1アシストを記録した。 イ・ヒョンジュは「新しい契約にサインし、バイエルンでの道を歩み続けることができてとても幸せだよ。今シーズンもチームの成功のためにできる限りのことをしたいと思っている」とコメントしている。 2022.08.10 14:41 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリーが来夏のエンクンク獲得を目指す! 移籍金は約82億円か

レアル・マドリーが来夏にライプツィヒのフランス代表MFクリストファー・エンクンク(24)獲得を目指すようだ。 エンクンクはパリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織出身。2019年夏にライプツィヒ入りし、昨季は公式戦51試合で32得点20アシストと大暴れ。多くのビッグクラブが関心を寄せる人気選手となった。 そんななか、今年6月にライプツィヒとの契約を2026年まで延長。今季の残留は濃厚と考えられるが、スペイン『Fichajes』によると、マドリーが来夏の獲得を画策。6000万ユーロ(約82億6000万円)強の金額で獲得できるチャンスがあるという。 ライプツィヒは9日、チェルシーからドイツ代表FWティモ・ヴェルナーの復帰と来夏のスロベニア代表FWベンヤミン・シェシュコ(19)加入を相次いで発表。選手層の拡充ができたことにより、エンクンク移籍の可能性は少なからず大きくなったようだ。 なお、バイエルンもエンクンクを注視しているとのこと。来夏は欧州屈指の名門が火花を散らす争奪戦となるのだろうか。 2022.08.10 14:04 Wed
twitterfacebook
thumb

大エースの去ったバイエルン、ラーム氏はナーゲルスマン監督の手腕に期待「どう成長していくか見守りたい」

バイエルンのレジェンドである元ドイツ代表DFのフィリップ・ラーム氏が、古巣への期待を語った。 バイエルンは今夏の移籍市場でFWサディオ・マネ、FWマティス・テル、MFライアン・グラフェンベルフ、DFマタイス・デ・リフト、DFヌサイル・マズラウィの5選手を獲得した一方、長らく絶対的なエースとして君臨してきたFWロベルト・レヴァンドフスキがバルセロナに移籍。2シーズン連続でブンデスリーガの一冠に終わったチームには、大きな変革が起きた。 こうしたなか、5日に行われたブンデスリーガ開幕節では、昨季ヨーロッパリーグ(EL)を制すなど波に乗っている難敵フランクフルトを圧倒。新戦力のマネにゴールが生まれるなど前半だけで5点を奪い、最終的には6-1のスコアで白星を手にしている。 ドイツ『キッカー』のインタビューを受けたラーム氏は試合を振り返り、バイエルンにはどんな状況でも脈々と受け継がれてきた勝者のメンタリティが備わっていると主張。特にベテランであるFWトーマス・ミュラーとGKマヌエル・ノイアーの2選手は、チームに非常に大きな影響を与えていると語った。 「バイエルンの勝者のメンタリティは、何世代にもわたって培われ、受け継がれてきた。この40年間、クラブを引っ張ってきたOBたちを通してね。他のどのクラブにこれがあると思う?この点において、バイエルンはヨーロッパでも特筆した存在だ」 「トーマス・ミュラーとマヌエル・ノイアーの2人は、こうしたイメージの象徴だろう。彼らはチームが必要とするリーダーだ。もちろん、それ以外にも優秀な選手はいるが、この2人が中心になっているからこそ、チームメイトの姿勢にも影響を与えている」 また、ラーム氏はユリアン・ナーゲルスマン監督がレヴァンドフスキの去ったチームをどのように導いていくかに期待。大きなプレッシャーがかかっていることに理解を示しつつ、それでもタイトル獲得は義務だと強調した。 「レヴァンドフスキ抜きで新たなアプローチを見出すことが、今季の監督に課せられた使命だろう。ユリアン・ナーゲルスマンは今、どのようにチームを発展させるか示さなければならない」 「私は、監督が何度も変わることに批判的な見方をしているよ。リバプールのユルゲン・クロップやマンチェスター・シティのペップ・グアルディオラは、偉大な監督であっても足跡を残すには時間が必要という典型例だ」 「ナーゲルスマンはホッフェンハイムとライプツィヒで、チームを成長させられると証明した。それでも、世界有数のビッグクラブでの指揮は、特に若い監督には難しいものだろうね。とはいえ、バイエルンで何年にもわたって本当にうまくやるためには、1つ以上のタイトルを獲らなければならない」 「これからどう成長していくのか見守りたいね。ユップ・ハインケス体制の初年度も成功したとは言えず、2位と準優勝が2つあった。それでも、翌シーズンには3冠を達成できたんだ」 2022.08.08 16:46 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly