2年ぶりのホーム開催となるオーストラリア代表が発表! Jからはミッチェル・デュークが招集《カタールW杯アジア最終予選》

2021.11.05 11:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オーストラリアサッカー協会(FFA)は5日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨むオーストラリア代表メンバー24名を発表した。

日本代表と同じグループBに入ったオーストラリア代表。かつてベガルタ仙台でも指揮したグラハム・アーノルド監督は、20名を海外から招集。国内組は4名となった。

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックの影響で、2年ぶりに国内で国際試合を行うこととなるオーストラリア。これまでの予選では中立地をホームとして戦ってきたが、ついに自国のサポーターの前で戦えることとなった。
今回のメンバーには、GKマシュー・ライアン(レアル・ソシエダ)やDFミロシュ・デゲネク(ツルヴェナ・ズヴェズダ)、DFトレント・セインズベリー(コルトレイク)、DFハリー・サウター(ストーク・シティ)らを招集した。

一方で、MFアーロン・ムーイ(上海海港/中国)や古橋亨梧の同僚でもあるMFトーマス・ロギッチ(セルティック/スコットランド)らは選外となった。

また、Jリーグ勢では、セレッソ大阪のFWアダム・タガートは負傷で招集外となったが、ファジアーノ岡山のFWミッチェル・デュークは招集。また、長谷部誠や鎌田大地と同僚のMFアルディン・フルスティッチ(フランクフルト)は招集を受けている。

国内組4名にはMFマシュー・レッキー(メルボルン・シティ)、DFライアン・グラント(シドニーFC)、FWジェイミー・マクラーレン(メルボルン・シティ)、そして浦和レッズでかつてプレーしたFWアンドリュー・ナバウト(メルボルン・シティ)が復帰している。

オーストラリアは、11日に2年ぶりのホームゲームでサウジアラビアとの首位攻防戦。16日にUAEで中国代表と対戦する。

今回発表されたオーストラリア代表メンバーは以下の通り。

◆オーストラリア代表メンバー24名
GK
マシュー・ライアン(レアル・ソシエダ/スペイン)
ダニエル・ヴコビッチ(NEC/オランダ)
ローレンス・トーマス(ソナーリュースケ/デンマーク)

DF
アジズ・ベヒッチ(ギレスンポル/トルコ)
ミロシュ・デゲネク(ツルヴェナ・ズヴェズダ/セルビア)
カラム・エルダー(ハル・シティ/イングランド)
ライアン・グラント(シドニーFC)
フラン・カラチッチ(ブレシア/イタリア)
トレント・セインズベリー(コルトレイク/ベルギー)
ハリー・サウター(ストーク・シティ/イングランド)

MF
ケネス・ドゥーガル(ブラックプール/イングランド)
デニス・ジェンロー(トゥールーズ/フランス)
アルディン・フルスティッチ(フランクフルト/ドイツ)
ジャクソン・アーバイン(ザンクト・パウリ/ドイツ)
ジェームズ・ジェッゴ(アリス・テッサロニキ/ギリシャ)
マシュー・レッキー(メルボルン・シティ)
ライリー・マッグリー(バーミンガム/イングランド)
ニキータ・ルカヴィツヤ(ハポエル・ペエルシェバ/イスラエル)
ジャンニ・ステンスネス(バイキングFK/ノルウェー)

FW
マーティン・ボイル(ハイバーニアン/スコットランド)
ミッチェル・デューク(ファジアーノ岡山/日本)
アワー・メイビル(ミッティラン/デンマーク)
ジェイミー・マクラーレン(メルボルン・シティ)
アンドリュー・ナバウト(メルボルン・シティ)

関連ニュース
thumb

夢破れたネイマールが号泣…ペリシッチ息子が慰める

悲願のワールドカップ(W杯)制覇をまたしても逃したブラジル代表FWネイマールが試合後に感極まった。 ブラジルは9日に行われたカタールW杯準々決勝でクロアチア代表と対戦。相手の堅守に手を焼いたブラジルは90分の戦いを0-0で終えたが、延長前半終了間際の106分に味方との2度のワンツーでボックス内に侵入したネイマールのゴラッソで先制に成功した。 ブラジルの英雄、ペレ氏が持つ同国代表歴代最多得点(77ゴール)に並ぶエースのゴールによってベスト4進出かに思われたが、チームは不屈のクロアチアに延長後半の土壇場で追いつかれてPK戦に持ち込まれる。そのPK戦では1人目のFWロドリゴ・ゴエス、4人目のDFマルキーニョスが失敗し、5人目と目されたネイマールにキッカーが回ることなく無念のベスト8敗退となった。 大会前に今大会が自身最後のW杯になることを示唆していた30歳FWは、PK戦後にピッチに座り込み、人目をはばからず号泣。その後、DFダニエウ・アウベスとDFチアゴ・シウバの重鎮2人に声をかけられて抱き起された同選手は立ち上がって歩き始めたが、涙は止まらず。 そういった中、ネイマールの元に駆け寄ったのが、クロアチア代表MFイバン・ペリシッチの息子であるレオナルド君だった。 当初、ブラジル代表のスタッフは背番号4のクロアチアのユニフォームを着用したレオナルド君をピッチへの乱入者と誤解したか、一度遠ざけようとしたが、少年は自身がペリシッチの息子であることを何とか説明できたか、ネイマールとの接触に成功。短い言葉を交わしつつ握手とハグを行い、ブラジルのエースを慰めた。 そのレオナルド君の心遣いもあってか、少し落ち着きを取り戻したネイマールは、チームメイトと合流してここまで献身的にサポートしてくれた母国サポーターのもとに挨拶へ向かった。 先日の日本代表戦では父親のペリシッチが悲しみに暮れる日本の選手を労う振る舞いが称賛されたが、偉大な父親の振る舞いはしっかりと息子に受け継がれていた。 また、自身を慰めようと駆け寄ってきたレオナルド君の心遣いに紳士的に応えたネイマールの振る舞いもやはり超一流だった。 <span class="paragraph-title">【動画】悲痛ネイマール、ペリシッチ息子が素晴らしい振る舞い</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Million heart brokes neymar crying <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Neymar?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Neymar</a> <a href="https://t.co/ENHlraFJJG">pic.twitter.com/ENHlraFJJG</a></p>&mdash; Henry (@shoaibA21211051) <a href="https://twitter.com/shoaibA21211051/status/1601277475316969474?ref_src=twsrc%5Etfw">December 9, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Lovely moment as a child from the celebrating Croatia squad - looks like Ivan Perisic family - runs over to console Neymar after <a href="https://twitter.com/hashtag/HRV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#HRV</a> shock Brazil to end <a href="https://twitter.com/hashtag/BRA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BRA</a> dream of 1st <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> since 2002 &amp; record-extending 6th title<a href="https://t.co/cyXMYoPulg">https://t.co/cyXMYoPulg</a><a href="https://twitter.com/TheAthleticFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@TheAthleticFC</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://t.co/HU2tZthP82">pic.twitter.com/HU2tZthP82</a></p>&mdash; David Ornstein (@David_Ornstein) <a href="https://twitter.com/David_Ornstein/status/1601275425040523264?ref_src=twsrc%5Etfw">December 9, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.12.10 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

2戦連続PK戦勝利のダリッチ監督「我々はPK戦に強い」

クロアチア代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督が、9日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)準々決勝、ブラジル代表戦を振り返った。 クロアチアはブラジル戦、守護神リヴァコビッチの活躍で90分を0-0で終えると、延長戦ではFWネイマールにゴールを許して先制されるもFWペトコビッチ弾で追いつき、最終的にPK戦では4-2と制してベスト4に勝ち上がった。 激戦を終えたダリッチ監督は以下のように試合を回想した。 「美しい試合だった。我々にとって素晴らしい試合で、とても知的だった。クロアチア代表がどんなチームかを示せた。我々は小さな国だが、2大会連続ベスト4に進出した。そして優勝候補のブラジルを倒した。我々がベスト4に勝ち上がったのは普通のことではない」 また、ブラジル戦に向けた戦略について聞かれたダリッチ監督は「戦術を変えるつもりはなかった。我々の目的は中盤を支配することだったが、ブラジルがそうさせてくれなかった。チームの重心を低くしたくなかったが、そこはブラジルが上回った。それでもメンタルの強さを示せたと思う」と苦戦を強いられたことを認めた。 そして2戦連続PK戦を制したことについては「我々は決して諦めない。PK戦では勝機があると思った。我々はPK戦に強いからね。だからPK戦に持ち込むことが必要だった」とPK戦への強い自信を示した。 最後に殊勲の守護神リヴァコビッチに関して問われると「彼は我々を救ってくれた。多くのシュートを止めてくれた。我々に自信を与えてくれる存在だし、相手にとっては怖い存在になっている。本当に素晴らしいパフォーマンスを披露してくれた」と今大会大活躍の守護神を称賛した。 2022.12.10 06:05 Sat
twitterfacebook
thumb

史上初4強目指すモロッコに不安材料…ハキミ&アゲルドが前日練習を回避

アフリカ勢史上初のベスト4進出を目指すモロッコ代表だが、運命のポルトガル代表戦に向けて2人の主力選手の状態が不安視されている。 今回のカタール・ワールドカップ(W杯)で大躍進を遂げているモロッコ。グループステージではクロアチア代表、ベルギー代表を退けると、ラウンド16ではPK戦までもつれ込んだスペイン代表との死闘を制し、同国史上初となるベスト8進出を果たした。 そして、10日に行われる準々決勝では優勝候補ポルトガルを相手にアフリカ勢悲願のベスト4進出を目指す。 だが、フランス『RMC sport』によると、その大一番に向けた前日練習ではDFアクラフ・ハキミ、DFナイーフ・アゲルドというディフェンスラインの中心選手2人がチームトレーニングを回避したという。 スペインを破るPK戦での“パネンカ”を含め、攻守両面でチームMVP級の輝きを放つハキミに関しては軽傷を抱えており、今回のトレーニング欠席は予防的な意味合いが強いという。そのため、翌日の試合への参加は可能とみられる。 一方、今大会の4試合でわずか1失点の堅守を支えるアゲルドに関しては、スペイン戦の後半終盤に負傷交代しており、ハムストリングあるいはそ径部に軽度の問題を抱えており、ハキミに比べて状態は厳しいようだ。 その他ではDFロマン・サイスやDFヌサイル・マズラウィ、MFソフィアン・アムラバトも筋肉系のトラブルを抱えているとみられるが、ハキミ同様に強行出場する可能性が高いという。 2022.12.10 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

無念敗退のブラジル、ネイマールがペレ氏持つFIFA公認のブラジル歴代最多得点記録に並ぶ

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールがサッカーの王様として知られるブラジルの英雄、ペレ氏が持つ同国代表歴代最多得点の77ゴールに並んだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)での偉業達成が期待されていたネイマールは、ラウンド16の韓国代表戦で今大会初ゴールを記録し、ペレ氏の持つ偉大な記録へ王手をかけていた。 そして、9日に行われたクロアチア代表との準々決勝では0-0で迎えた延長前半終了間際に圧巻のゴラッソで偉業を達成することになった。 延長前半アディショナルタイムの106分、相手陣内中央でボールを受けたネイマールは2人の味方との2度のパス交換でゴール前に抜け出すと、飛び出したGKドミニク・リバコビッチを巧みな右への持ち出しで交わした末に正確無比の右足シュートをニア上の完璧なコースに突き刺した。 そして、代表通算124試合目にして77ゴールに到達した30歳FWは、ペレ氏(92試合)の偉大な記録に肩を並べることになった。 なお、この77ゴールは国際サッカー連盟(FIFA)が公式に認定している記録で、ブラジルサッカー連盟(CBF)とペレ氏は以前から95ゴールを主張している。 この数字の認識の違いに関しては、FIFAが2カ国間の対戦のみを認めているのに対して、CBFとペレ氏はクラブチームと対戦した際に決めたゴールをカウントしていることによる相違となっている。 2010年8月10日に行われたアメリカ代表戦で初ゴールを挙げたネイマールは、W杯においては2014年ブラジル大会で4ゴール、2018年ロシア大会で2ゴール、今大会で2ゴールと通算8ゴールを記録。ただ、1958年大会、1962年大会、1970年大会で優勝を果たしたペレ氏とは異なり、W杯最高位は自身が負傷離脱した2014年大会のベスト4が最高位。 そして、自身最後の大会として臨んだ今大会でも前述の貴重な先制点は空砲に終わり、PK戦の末に敗れたブラジルは無念のベスト8敗退となった。 2022.12.10 02:56 Sat
twitterfacebook
thumb

不屈のクロアチアが2戦連続PK戦を制してベスト4、ブラジルはネイマール弾も無念の敗退《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)準々決勝、クロアチア代表vsブラジル代表が9日に行われ、1-1で120分を終了。PK戦の末、4-2でクロアチアがベスト4に進出した。 ラウンド16で日本代表をPK戦の末に下したクロアチアは、風邪をひいていたソサがスタメンに復帰。3トップはクラマリッチ、ペリシッチ、パシャリッチが形成した。 一方、韓国代表を4-1と粉砕したブラジルは韓国戦同様のスタメンで臨み、3トップはリシャルリソン、ヴィニシウス、ハフィーニャが形成。ネイマールは[4-3-3]の左インサイドMFに入った。 立ち上がりから押し込む展開としたのはブラジル。5分にはヴィニシウスが枠内シュートを放ったものの、自陣に引いてカウンターを狙うクロアチアも負けじと応戦。 日本戦で120分を戦った疲労を感じさせないクロアチアが良い入りを見せたことで互角の攻防が繰り広げられていく。 前半半ば以降はクロアチアがポゼッションを高めていった中、徐々に膠着した展開となりゴールレスでハーフタイムに入った。 迎えた後半、開始2分にブラジルに好機。右サイドからミリトンが入れたクロスのルーズボールがゴールへ。しかしGKリヴァコビッチのファインセーブに阻まれた。 さらに直後、ユラノビッチにボックス内のハンドがあったように思われたが、VARはノーファウルとしてPKにはならなかった。続く55分にもブラジルに先制のチャンス。リシャルリソンのスルーパスをボックス左で受けたネイマールがシュート。だが、ここもGKリヴァコビッチにセーブされた。 攻勢のブラジルはハフィーニャに代えてアントニーを、さらにヴィニシウスに代えてロドリゴを投入した。両ウイングをフレッシュな2人とした中、66分にも決定機。 ネイマールのパスを受けたパケタがボックス内に侵入。ゴール至近距離からシュートに持ち込んだが、ここもGKリヴァコビッチの好セーブに阻止された。 劣勢のクロアチアがペトコビッチとヴラシッチの両アタッカーを投入したのに対し、76分にもブラジルに絶好の先制チャンス。リシャルリソンのスルーパスをボックス左で受けたネイマールがシュート。だが、ここもGKリヴァコビッチの好守に阻止されてしまう。 80分のパケタのシュートもGKリヴァコビッチの手に収まった中、後半終盤にかけてもブラジルが押し込み続けたがゴールを割れず試合は延長戦にもつれ込んだ。 それでも延長前半16分、ブラジルがゴールをこじ開ける。決めたのはネイマール。パケタとのワンツーでボックス内に侵入したネイマールがシュートを決めきった。 延長後半、このままブラジルが勝ち切るかと思われたが、同12分にクロアチアが追いつく。ロングカウンターに転じた流れからオルシッチの左クロスをペトコビッチがボレーで合わせネットを揺らした。 1-1で120分を終え、迎えたPK戦ではブラジルの1番手キッカーを務めたロドリゴのシュートをGKリヴァコビッチが止めたクロアチアが4-2で勝利。日本戦に続き、2戦連続PK戦を制したクロアチアがベスト4に勝ち上がった。 2022.12.10 02:53 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly