負傷離脱続くベイル、やはり11月までかかる様相

2021.10.01 17:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルはやはり11月まで復帰できなさそうだ。スペイン『マルカ』が報じた。

今季からレンタル先のトッテナムから戻り、ラ・リーガ開幕から3試合連続で先発して1ゴールを記録したベイル。先の代表ウィークでも国際親善試合を含む3試合でプレーして、そのうちのカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループE第5節のベラルーシ代表戦でハットトリックの活躍を披露した。

だが、レアル・マドリーに合流してからの練習で右足ハムストリングの違和感をアピールして、先月12日に本拠地で行われたラ・リーガ第4節のセルタ戦に続き、15日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループD第1節のインテル戦も欠場。一部メディアで2カ月離脱の見込みも浮上している。

そうしたなか、カルロ・アンチェロッティ監督は19日に敵地で行われたラ・リーガ第5節のバレンシア戦に先駆けた会見で復帰時期の見通しが立っていない状況を明らかにしつつ、長期離脱の可能性も示唆。そして、ロバート・ページ暫定監督も既報通り、復帰に11月まで時間を要する見込みを口にした。

「ベイルや我々のメディカルチームと連絡を取り続けており、ケガの状態を確認している」

「ハムストリングのケガはグレード1〜4で評価されるが、彼は4に近いものだ。重いケガであり、残念だが、(10月の)次のインターナショナルウィンドーは彼にとって早すぎる」

「しかし、回復のペースは幸いにも見込みよりも早く、我々は11月に復帰できると確信している」

その見立て通りなら、11月の代表ウィークに先駆け、まずレアル・マドリーで戦線復帰を果たすことが予想されるという。これ以上、復帰時期が早まりそうな感じではないだけに、しっかりとリカバリーした状態で戻ってこられる否かが今後の焦点となりそうだ。


関連ニュース
thumb

レアルサポがベイルに対し"Fワード"、暴言とともに物を投げ付ける

一部のレアル・マドリーサポーターはウェールズ代表FWガレス・ベイルに不満をくすぶらせているようだ。 13日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選でホームにベラルーシ代表を迎えたウェールズ。この試合で先発出場を果たしたベイルは、代表通算100試合出場を達成していた。 代表では大台を達成した一方で、クラブでは負傷がたたって思うような成績を残せていない。 トッテナムへのレンタル移籍から復帰してのマドリー8シーズン目は、開幕から3試合続けて先発出場が続いていたが、ハムストリング負傷の影響で8月末以降は欠場が続いている。 過去には一部のファンから「優先順位はウェールズ>ゴルフ>マドリー」と揶揄されたこともあるが、今回の代表活動もマドリーでの実戦復帰前に参加したことで不満を覚えたサポーターがいるようだ。 クラブよりも代表を優先しているように見えるベイルに腹を立てた一部のサポーターは車を待ち伏せ。今月19日にベイルがトレーニング場を後にする際、車に向かって「F*** You」の叫び声とともに、窓に向かってマーカーペンのようなものを投げ付けた。 代表100キャップを達成したベイルだが、今度はふくらはぎを負傷した伝えられている。マドリーのサポーターを満足させる日は、当分先になりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】F*ckと罵りベイルに物を投げ付けるマドリーサポ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/tv/CWdcrb5spw2/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/tv/CWdcrb5spw2/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/tv/CWdcrb5spw2/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">El Golazo De Gol(@elgolazodegol)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.20 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯プレーオフ出場のウェールズ、暫定指揮官は突破に自信「我々は相手が誰であっても恐れない」

ウェールズ代表のロブ・ペイジ暫定監督が、チームの姿勢を絶賛した。『UEFA.com』が伝えている。 ウェールズは16日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループEの最終節でベルギー代表と対戦した。引き分け以上でホームでのプレーオフ開催権を獲得するウェールズだったが、12分に先制点を許す苦しい展開に。しかし、32分にFWキーファー・ムーアのゴールで同点とすると、後半は強豪相手に互角の戦いを繰り広げ、そのまま1-1のドロー。この結果、ウェールズはグループステージ2位となり、プレーオフ進出が決定した。 交際相手への暴行疑惑で指揮が執れないライアン・ギグス監督に代わり、暫定指揮官ながらおよそ1年間チームを率いてW杯出場へ望みを繋いだペイジ暫定監督は、試合後にチームに相応しい結果を得られたとコメント。同時に、ホームで行われるプレーオフへの自信も示した。 「我々のいくつかのプレーは時折際立っていた。勝ち点1には十分値するものだったと思う。プレーオフについては相手をリスペクトしているが、どこであっても恐れはない。このスタジアムがファンに支えられ揺れているとき、我々は誰も恐れることはないのだ」 「最後の10~15分となっても相手と互角に渡り合っており、勝てるような気もしていた。我々はただ守るだけに満足せず、勝ち点3を獲得したかったのだ。ゴールを許してしまったのは残念だったが、あれは(ケビン・)デ・ブライネの素晴らしいフィニッシュだった」 「この結果は選手たちの姿勢に尽きるよ。若い選手たちにとって、夏のユーロの大舞台を経験したことは役立ったと思っている。今夜の試合には大きなプレッシャーがあったが、感情を排除して通常の試合として臨む必要があった。しかし同時に、チームはその重要性も理解していたのだ」 2021.11.17 12:52 Wed
twitterfacebook
thumb

ベルギーが予選を無敗で突破!2位ウェールズ&3位チェコがPO進出《カタールW杯欧州予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選・グループE最終節のウェールズ代表vsベルギー代表が16日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 グループ2位のウェールズ(勝ち点14)が、すでに首位通過を決めたベルギー(勝ち点19)をホームに迎えた一戦。 引き分け以上でホームでのプレーオフ開催権を獲得するウェールズは、快勝した前節のベラルーシ代表戦からスタメンを3人変更。ケガで離脱のベイルやハリー・ウィルソン、アンパドゥに替えてムーア、モレル、メファムをスタメンで起用した。 一方、3大会連続の本大会出場を決めているベルギー代表は、前節のエストニア代表戦からスタメンを6人変更。既にチームを離脱しているGKクルトワやアザール、デナイヤーらに替えてオリジやトルガン・アザール、ボヤタらをスタメンで起用した。 試合は立ち上がりの12分にベルギーが動かす。右クロスのこぼれ球をボックス外のヴィツェルがミドルシュートで狙うと、相手DFに当たった跳ね返りをペナルティアーク右のデ・ブライネがダイレクトシュート。これがゴール右に突き刺さった。 先制を許したウェールズだったが32分、B・デイビスのロングパスをボックス左横で受けたダニエル・ジェームズがクロスを供給。2度相手DFに弾かれたが、こぼれ球を拾ったダニエル・ジェームズが縦への仕掛けからクロス上げると、中央で収めたモーアが左足でゴールネットを揺らした。 追いつかれたベルギーは、36分にデ・ブライネの右CKをボヤタがドンピシャヘッドで合わせたが、シュートは枠の左。さらに41分にも、デ・ブライネの右FKからボックス手前のT・アザールが右足ボレーを合わせたが、シュートは右ポストに弾かれた。 1-1で迎えた後半、ベルギーは58分にデ・ケテラエル、カスターニュ、オリジを下げてサーレマーケルス、デンドンケル、バンゼイルを投入した。 一進一退の膠着した展開が続く中、ウェールズは83分に左サイドから仕掛けたネコ・ウィリアムズがボックス左から右足一閃。強烈なシュートがゴール右隅を捉えたが、これはGKカスティールスの好セーブに阻まれた。 終盤はオープンな展開が続いたが、互いに追加点は生まれず、1-1でタイムアップ。この結果、ウェールズの2位通過が決定。また3位のチェコ代表もUEFAネーションズリーグ2020–21の成績上位2チームに入り、プレーオフ進出を決めた。 ◆グループE最終順位 (勝ち点、得失点差) 1.ベルギー 20pt +19 ――本大会出場―― 2.ウェールズ 15pt +5 3.チェコ 14pt +5 ――PO進出―― 4.エストニア 4pt -12 5.ベラルーシ 3pt -17 2021.11.17 06:57 Wed
twitterfacebook
thumb

プレーオフ進出決定済みのウェールズ、ベイルはベルギー戦先発回避

レアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルは、16日に行われるカタール・ワールドカップ欧州予選最終節のベルギー代表戦で先発を回避するようだ。ウェールズを率いるロブ・ペイジ監督が明かしている。 ヒザを痛めていたベイルは13日に行われたベラルーシ代表戦で先発。2カ月ぶりの実戦となった中、ハーフタイムで交代となっていた。 そのベイルのコンディションについてペイジ監督は次のように話している。 「ベイルの先発はない。キャンプに入った時点からそう考えていた。ベラルーシ戦でハーフタイムまでプレーし、ベルギー戦ではスーパーサブとして起用するというプランを常に考えていた。ベルギー戦までにどれだけ回復できるか、様子を見ることになる。とはいえ、コンディションは確実に良くなっているよ」 なお、グループEで2位に位置するウェールズは、ネーションズリーグでの結果によりプレーオフ進出は決まっている。 2021.11.16 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「忘れられない日」幾多のケガに阻まれながらベイルがウェールズ代表100キャップ達成、2カ月ぶり試合に「気持ちよかった」

ウェールズ代表のFWガレス・ベイルが、自身の100キャップ達成について語った。 ウェールズは13日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選でホームにベラルーシ代表を迎えた。 ベイルは、今シーズン開幕からレアル・マドリーで出場を続けたが、9月に負傷。相変わらずの負傷癖が治らず、ヒザを痛めて9月1日のフィンランド代表とのフレンドリーマッチを最後にプレーしていなかった。 しかし、ケガから復帰したことで今回の活動に招集。2カ月ぶりの試合出場となった。 試合は、アーロン・ラムジーが3分に先制すると、20分にはネコ・ウィリアムズが追加点。その後も効果的に得点を重ね、5-1で圧勝。グループ2位に浮上した。 ベイルは前半のみでピッチを後にしたが、この試合がウェールズ代表通算100試合目の出場に。もともと45分間プレーする予定だったと語り、ケガからの復帰は大変だったと語った。 「僕は2カ月チームを離れていたので、もし上手くいくのであれば、火曜日に向けて準備を整える計画だった。そして、45分間プレーする計画だった」 「僕が大喝采を浴びてピッチを後にしたかったが、交代は5人までしかできないし、重要なのチームのことだった。この機会を楽しめたし、戻って来れて嬉しい。ケガから復帰するのは大変だった」 また、ウェールズはUEFAネーションズリーグの戦績で上位に位置していたためプレーオフ行きがすでに決定しているが、ホームアドバンテージを得るためには2位になる必要がある。 最終節はW杯出場を決めたベルギーとの一戦となるが、チェコ代表と2位の座を争っており、勝ち点で並ぶ可能性が。得失点差が関わってくることから、ベラルーシ戦は最初から全力で戦っていたと語った。 「最初のホイッスルが吹かれた時から、自分たちの力を発揮しなければいけないと思っていた。得失点差で決まる可能性があったので、素晴らしいパフォーマンスができて嬉しい」 「気持ちよかった。簡単ではない試合のフィットネスを取り戻す必要があった。45分で十分だと感じたし、コントロールもできた」 「僕は45分間プレーするつもりだった。そして、2点差がついていれば、あと15分間リスクを負う必要がないだろうと考えていた」 「世界で最高のファンを抱えている。彼らとともに、僕の100キャップをホームで、ファンの声援を受けながら達成できたことは、とても特別なことであり、忘れられない日となった」 2021.11.14 11:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly