“決勝男”ベイルが2018年CL決勝で決めた半端ないバイシクルキック【インクレディブル・ゴールズ】

2020.08.05 20:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回はレアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルがチャンピオンズリーグ(CL)決勝で決めた驚愕のゴールだ。

◆ベイルが決めたCL決勝の歴史に残る驚愕のスーパーゴール


名門サウサンプトンユースで育ち、トッテナムで世界トップレベルのアタッカーに成長したベイルは、2013年に鳴り物入りでマドリーに加入した。

加入初シーズンからバルセロナとのコパ・デル・レイやアトレティコ・マドリーとのCL決勝などで決勝点を決め、多くのタイトルもクラブにもたらした“決勝男”として知られるベイルだが、2018年5月26日に行われた、リバプールとのCL決勝戦では、大舞台で信じられないゴールを決めている。

1-1の同点で迎えた61分、ベンチスタートだったベイルがピッチへ。すると直後の63分、CL決勝の歴史に残るスーパーゴールが生まれる。

DFマルセロが左サイドでボールを持つと、ボックスの左端手前から右足でインスイングのボールを中へ入れる。するとこれをベイルが考えられない高さに足を上げ、バイシクルキック。ここしかないというピンポイントの場所で完璧にミートされたボールは、GKロリス・カリウスの届かないゴール左上に吸い込まれた。

交代早々値千金の勝ち越しゴールを決めたベイルは、その後にも無回転ロングシュートを叩き込み2得点。マドリーは3-1で勝利し、CL3連覇の偉業を達成している。
コメント
関連ニュース
thumb

ディ・バイオがユベントスで決めた火を噴くような豪快ドライブボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表FWマルコ・ディ・バイオ氏がユベントス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ディ・バイオが決めた思い切りの良いドライブボレー<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJtaXVoVWZSciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ラツィオでプロデビューを果たしたディ・バイオ氏は、多くのセリエAクラブを渡り歩き、2002年にユベントスに加入。リーグ優勝に貢献するなど、存在感を示した。 思い切りの良いシュートを武器に、ユベントスでは公式戦84試合で28ゴールを記録したディ・バイオ氏だが、2003年11月1日に行われたセリエA第8節のミラン戦では、豪快なボレーシュートを決めている。 0-1とミランにリードを許して迎えた84分、中央突破を図ったユベントスは、ディ・バイオが前線のFWダビド・トレゼゲにパスを送る。トレゼゲがこれをアウトサイドで叩き、浮き球のリターンパスを出すと、ディ・バイオが思い切りの良いボレーシュート。 左足から放たれた強烈なシュートはドライブしながらゴール左上に突き刺さり、見事な同点ゴールとなった。 試合はこのまま1-1のドローで終了。ユベントスは、敵地で貴重な勝ち点1を得た。 2020.09.27 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ポスト!ポスト!またポスト!2010南アW杯でビジャが決めた歴史的ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元スペイン代表FWのダビド・ビジャ氏が2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)で決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ビジャがW杯パラグアイ戦で決めた歴史的ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJlcHRHRnVIMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 現役時代はバレンシアやバルセロナ、アトレティコ・マドリー、そしてヴィッセル神戸でも活躍したビジャ氏。スペインを代表する名ストライカーとして活躍した。 2005年にはスペイン代表デビューを果たし、公式戦98試合59ゴールをマークし、スペインの黄金時代のエースとして活躍したビジャ氏だが、2010年7月3日の南アフリカW杯準々決勝、パラグアイ戦では、値千金のゴールを決めている。 ユーロ2008で優勝したスペイン代表は、優勝候補筆頭としてこの大会に参加。初戦でまさかの黒星スタートを切るなど、波乱に見舞われながらも準々決勝に進出すると、決勝トーナメント1回戦で日本代表を下したパラグアイと対戦した。 拮抗した展開が続き、0-0のままで迎えた81分、華麗なパス回しから相手を崩すと、ゴール右でボールを受けたFWペドロ・ロドリゲスがシュートを放つ。ペドロのシュートは、ゴール左のポストに直撃して跳ね返ると、これがボックス内で待っていたビジャの下に転がる。ビジャがこれをゴール右に蹴るが、狙いすぎたのかボールはゴール右のポストに直撃する。すると、跳ね返りがさらにゴール左のポストに当たり、ようやくゴールネットを揺らした。 このゴールがこの試合唯一の得点となり、スペイン代表が準決勝に進出。そのままスペイン代表史上初となるW杯優勝を果たしている。 2020.09.27 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

そこに通す!?バルサ時代のサンチェスが決めた豪快ニアポスト弾【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はインテルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスがバルセロナ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆サンチェスがクルトワの守るニアポストをぶち抜く<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJaNUU3NnpJSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 若くしてイタリアのウディネーゼに引き抜かれたサンチェスは、同クラブでブレイク。その後バルセロナやアーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、そしてインテルとビッグクラブを渡り歩いている。 突破力抜群のドリブルと、高い決定力を武器に各チームで活躍を続けるサンチェスだが、バルセロナ時代の2014年5月17日に行われたラ・リーガ第38節のアトレティコ・マドリー戦では、豪快なゴールを決めている。 0-0で迎えた34分、MFセスク・ファブレガスがボックス内にボールを入れる。これをFWリオネル・メッシが相手を背負いながら胸でトラップ。このトラップはやや伸びてしまったものの、これをボックス右で拾ったサンチェスがダイレクトで豪快なシュート。 ボックス右深部の角度の厳しい位置からの強烈なシュートは、GKティボー・クルトワの守るニアポストを抜き、ゴール右上に突き刺さった。 先制に成功したバルセロナだったが、後半に追いつかれ、試合は1-1のドローに終わっている。 2020.09.26 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

名手キャバイエがPSGで決めた美しいダイレクトミドルシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元フランス代表MFヨアン・キャバイエがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆キャバイエがPSGに決めたミドルシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJOUFUajlFTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リールの下部組織出身のキャバイエは、2004年にファーストチームデビュー。チームの司令塔として2010-11シーズンのリーグ優勝に貢献すると、その後ニューカッスルやPSG、クリスタル・パレスで活躍した。 優れたテクニシャンとして存在感を示したキャバイエだが、PSG時代の2014年10月17日に行われたリーグ・アン第10節のランス戦では、技術が光る美しいミドルシュートを決めている。 0-1とPSGビハインドで迎えた29分、左サイドでボールを持ったDFマクスウェルが、グラウンダーのクロスを上げる。中央にいた味方には合わなかったものの、後方のキャバイエがダイレクトでこれに合わせる。右足から放たれたシュートは、ゴール前の混戦をすり抜け、ゴール左に決まった。 これで同点としたPSGは、その後逆転に成功し、3-1で勝利している。 2020.09.25 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

おしゃれすぎるジャンピングヒール!若きデル・ピエロが決めた驚愕のゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ氏がユベントスで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆デル・ピエロが決めたおしゃれすぎるジャンピングヒール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVSjJrVTN2ayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ユベントスの象徴的な存在として長きに渡って活躍したデル・ピエロ氏。才能あふれるファンタジスタとして数々のスーパープレーで観客を魅了した。 ユベントスでは通算290ゴールという圧倒的な数字を残しているが、2002年11月17日に行われたセリエA第10節トリノ戦では、おしゃれすぎるスーパーゴールを決めている。 0-0の6分、相手ボックス左でユベントスがFKのチャンスを得る。するとキッカーのMFパベル・ネドベドが低めのボールをニアサイドに入れる。 これに飛び込んだデル・ピエロは、ボールより前に走り込んでしまったものの、空中で背を向けたまま左足ヒールで合わせ、わずかにボールの軌道を変えると、見事なゴールをニアポストに決めてみせた。 これで先制ゴールを奪ったユベントスは、4-0の大勝を収めている。 2020.09.24 21:30 Thu
twitterfacebook