冨安健洋の立ち位置は? アーセナルが今季の集合写真撮影の舞台裏を公開

2021.09.22 08:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルが、2021-22シーズンの選手の集合写真を撮影した。

今夏の移籍市場でアーセナルは、1億5680万ポンド(約238億円)とプレミアリーグで最多の大金を投じ、将来性豊かな若手選手たちを獲得した。

今夏加入したGKアーロン・ラムズデール、DFベン・ホワイト、DFヌーノ・タヴァレス、MFアルベール・サンビ・ロコンガ、MFマルティン・ウーデゴールは試合でも出番を掴んでいる状況。そして日本代表DF冨安健洋も2試合連続スタメン起用されており、チームの大きな助けとなっている。

その新戦力が揃い、チーム全員が揃った中でアーセナルはチームの集合写真撮影を実施。最悪なスタートを切った中、現在は2連勝と調子も上向きということもあり、和やかな雰囲気で行われた。

アーセナルはその舞台裏を撮影した映像を公開。チームマスコットであるガナザウルスも登場するなどした映像には、評価が急上昇中の冨安も登場した。

選手たちには笑みも溢れる中、スタッフにより次々と立ち位置を決められ、中央にミケル・アルテタ監督が着席。全員集合の写真撮影が終了した。

アルテタ監督の隣には、キャプテンのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンとスイス代表MFグラニト・ジャカが陣取る状況。攻撃的な選手が最前列に並んだ。

木になる冨安は守備陣が並んだ2列目に位置。隣にはポジションを争うロブ・ホールディングが立ち、動画では仲良く肩を組む姿も見られる。

ホールディングの逆サイドには、今夏加入のサンビ・ロコンガが並んだ。



1 2
関連ニュース
thumb

出場23秒で2年ぶりのゴールを決めたチャンバースが歓喜「『最初のタッチでゴールをしてこい』と言われた」

アーセナルのDFカラム・チャンバースが、久々のゴールを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは26日、リーズをホームに迎えてカラバオカップ(EFLカップ)4回戦を戦い、2-0で勝利を収めた。 この試合は控え組の選手が中心となって先発出場。日本代表DF冨安健洋やDFガブリエウ、FWピエール=エメリク・オーバメヤンらはメンバー外となった。 リーグ戦では6戦無敗のアーセナル。調子を取り戻してきた中での一戦はゴールレスで後半を迎えた中、55分にはベン・ホワイトがコンディション不良で交代。すると、代わりに出場したチャンバースがファーストプレーとなったCKの流れから先制ゴールを記録。その後、エディ・エンケティアもゴールを決め、ベスト8入りを決めた。 出場からたった23秒で決勝ゴールを決めたチャンバースは、2019年9月22日のプレミアリーグ第6節のアストン・ビラ戦以来となる、2年以上空いてのゴールを喜び、その裏にはチームメイトや監督からの言葉があったと語った。 「あっという間の出来事だった。ベンチで僕を乗せてくれたベンチのみんな、セットプレーのコーチであるニコ(ニコラス・ジョーバー)、そして監督は僕に『最初のタッチでゴールをしてこい』と言っていた。それが僕の頭の中の全てだった」 「僕の頭から離れたボールがラインを越えるのを見て嬉しかった。間違いなく初めてのことで、かなりユニークな形でのゴールだったと思う」 「出場した時、みんなが僕の耳元で『君は最初のタッチでゴールするぞ』と言っていた。それが僕を納得させたんだ。だから、僕は彼らのところへ行き、祝福しなければいけなかった」 「アーセナルのようなクラブには全てが必要だ。全ての大会でトロフィーを目指して戦う必要があり、それが僕たちの目標だ。そのことに集中しているし、それができると信じている」 <span class="paragraph-title">【動画】出場から23秒のチャンバースが決めた決勝ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr"> | Calum Chambers scoort meteen na zijn invalbeurt! <a href="https://twitter.com/hashtag/ArsLee?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ArsLee</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/CarabaoCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CarabaoCup</a> <a href="https://t.co/GtIcrROUrc">pic.twitter.com/GtIcrROUrc</a></p>&mdash; Eleven Sports (NL) (@ElevenSportsBEn) <a href="https://twitter.com/ElevenSportsBEn/status/1453095759134474241?ref_src=twsrc%5Etfw">October 26, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.27 14:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ネビル氏、アーセナルの若きエースと元同僚ロナウドを比較「彼がたどり着かなければならない領域だ」

名物解説者が、アーセナルのU-21イングランド代表MFエミール・スミス・ロウに目指すべき道を示した。イギリス『メトロ』が伝えている。 アーセナルで昨季からレギュラーに定着すると、右肩上がりに評価を高めているアカデミー育ちの逸材であるスミス・ロウ。背番号を「10」に変更して臨んだ今シーズンもここまで公式戦11試合に出場すると、3ゴール2アシストを記録している。 イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで、そんなスミス・ロウについて語ったのが、マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドで、現在は解説者を務める元イングランド代表DFギャリー・ネビル氏。世界トップクラスのアタッカーである元同僚のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーを比較対象に挙げ、更なる成長を期待した。 「ロナウドは、絶対に世界最高の選手になりたいと言っていた。そんなことを聞いたのは彼が初めてだ。誰もがチームの話をするので、選手からそういう言葉を聞くのは珍しいことだ。サラーが同じようなことを言っていたのもとても新鮮だった」 「こういうことを言えるのは自分が成果を出しているときだと思うが、この2人は今、一貫して結果を出している。ロナウドは10年から15年、そしてサラーは5、6年。彼らは絶対に命がけだし、冷静で無慈悲だ」 「こういった点がスミス・ロウに望まれる全てである。彼はまだ美しいフットボーラー、スミス・ロウであり、彼のキャリアはまだまだこれからだ。ロナウドも彼と同じ年齢のときは、それほど冷静で無慈悲ではなかった」 「しかし、一試合ごとに、最高の選手を目指すようになること。それこそがスミス・ロウのたどり着かなければならない領域だ。ロナウドやサラーは、常にベストを目指しているし、自分が点を取って勝ちたいと思っている。彼らは、勝者を決めるのは自分だと信じている。その自信はとてつもないものだ」 2021.10.27 14:05 Wed
twitterfacebook
thumb

オーバメヤンが愛車のランボルギーニを再びイメチェン!今度は大理石風デザインに

アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが愛車をカスタマイズしたようだ。イギリス『サン』が伝えている。 フェラーリ、マクラーレンなど数多くのスーパーカーを所有し、その高級車を自分好みの派手なデザインにするのが趣味でもあるオーバメヤンは、これまでにも様々なカスタマイズを行ってきた。 今年の5月には愛車の1つであるランボルギーニ「アヴェンタドール」を虹色のように見えるホログラフィック仕様にカスタマイズしていたオーバメヤンだが、今回はランボルギーニ「ウルス」を大理石風のデザインに変更。オーバメヤンのカーコレクションのカスタムを担当しているイアンニ・チャラランバス氏が自身のインスタグラムを更新し、その見た目を公開した。 黒のボディに大理石柄が白色で全体に施されたほか、車の下部を一周するように白いラインが描かれている。また、タイヤには「AUBA #14」のテキストが刻まれ、ナンバープレートにもしっかりと背番号である14が入っている。さらに、その運転席に乗り込み、進化した愛車を目にして上機嫌で踊るオーバメヤンの姿もあった。 今シーズンのプレミアリーグ8試合で4ゴールを記録しており、復調傾向にあるオーバメヤン。この流れでさらなるゴール量産といきたいところだ。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】大理石風にカスタマイズされたランボルギーニとノリノリのオーバメヤン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CVe1twxgeBt/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CVe1twxgeBt/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CVe1twxgeBt/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Yianni Charalambous(@yiannimize)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.27 12:08 Wed
twitterfacebook
thumb

「彼らを信頼している」控え組中心でも勝ち切ったアーセナル、アルテタ監督は信頼を強調

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、カラバオカップ(EFLカップ)4回戦のリーズ・ユナイテッド戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 26日、アーセナルはリーズをホームに迎えての一戦。この試合では控え組の選手が中心となって先発出場。日本代表DF冨安健洋はDFガブリエウやFWピエール=エメリク・オーバメヤンらとともにメンバー外となった。 リーグ戦では6戦無敗のアーセナル。調子を取り戻してきた中での一戦は前半にはゴールが生まれずにゴールレスで後半を迎える。 さらに55分にはベン・ホワイトがコンディション不良で交代。すると代わりに投入されたカラム・チャンバースがCKから繋いだボールをヘディングできめ、ファーストタッチで先制ゴールを奪う。69分には相手のバックパスを狙っていたエディ・エンケティアが見事に奪って無人のゴールへシュート。アーセナルは2-0で勝利を収めた。 試合後、アルテタ監督は途中出場でいきなりゴールを決めたチャンバースについて言及。素晴らしい態度で臨んでいる結果がゴールだと語った。 「特にカラム(・チャンバース)にはとても満足しているし、彼はそれに値する。我々が試合に勝つのを助けたので、素晴らしい瞬間だった」 「人として、またプロとしての振る舞いを考えれば、最高にふさわしい選手だ」 一方で、ホワイトの途中交代についても言及。欠場したDFパブロ・マリと共にコンディションが良くない状況が続いていたと明かした。 「バグが発生した。パブロは体調が良くなかったので、欠場した。ベンもこ こ1〜2日はあまり良くなかった。調子が良くなかったので、休ませることにした」 プレミアリーグのリーズとの試合ながら、これまで通り控え組を中心にしたメンバー構成についても言及。日々要求していることをピッチで体現してくれると信頼していたと明かした。 「1つの決断だった。私は選手たちに毎日やっていることを要求し続けることはできない。そして、彼らがチームに参加できると信じ続け、出場機会を与えずにレベルを上げるように頼むことはできない。私は彼らを信頼している」 「彼らが成し遂げられると私は思っていたし、落ち着いていた。もちろん、タフな相手に対してではあったが」 <span class="paragraph-title">【動画】チャンバースの活躍にコメントするアルテタ監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJDVHd1RnRzbCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.10.27 10:04 Wed
twitterfacebook
thumb

冨安欠場のアーセナルがリーズに完勝で準々決勝進出!《EFLカップ》

冨安健洋の所属するアーセナルは26日、EFLカップ4回戦でリーズ・ユナイテッドと対戦し2-0で勝利した。冨安はベンチ入りしなかった。 3回戦でリーグ1(イングランド3部)のウィンブルドンを下したアーセナルは、直近に行われたアストン・ビラ戦の先発からホワイトとスミス・ロウ以外の9選手を変更。[4-2-3-1]の布陣を採用し、1トップにはエンケティア、2列目に右からペペ、スミス・ロウ、マルティネッリが並んだ。なお、冨安は3回戦に続きベンチ外となっている。 4シーズンぶりに4回戦へ駒を進めたリーズに対し、アーセナルは10分に最初のチャンス。前線でエンケティアが落としたボールをメイトランド=ナイルズが繋ぎ、最後はボックス左まで駆け上がったコラシナツがシュート。しかし、これは相手GKに当たり左サイドネットに外れた。 主導権を握るアーセナルだったが27分にピンチ。ボックス内のこぼれ球に反応したハリソンのハーフボレーシュートがゴール右隅を捉えたが、これは好反応を見せたGKレノが弾き出して難を逃れた。 ハーフタイムにかけてアーセナルは、リーズのカウンターにやや苦しんだが、ホワイトを中心に集中した守りでこれを凌ぎゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、アーセナルは54分にアクシデント。右足に違和感を訴えたホワイトに代わりチャンバースがピッチへ。すると直後のセットプレーでスコアが動く。 55分、左CKをファーサイドのペペが頭で折り返すと、ゴール前のチャンバースがヘディングシュート。これはGKメリエが弾くもボールはゴールラインを越えており、ゴールが認められた。 さらにアーセナルは、69分にもクーパーのバックパスをカットしたエンケティアが飛び出したGKを冷静にかわすと、そのまま無人のゴールにシュートを流し込んだ。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。リーズを下したアーセナルが準々決勝へ駒を進めた。 2021.10.27 05:48 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly