ビルドアップへの貢献が光るGKラムズデールだが… 父は息子のスタイルを「嫌ってる(笑)」

2023.03.22 13:56 Wed
Getty Images
アーセナルのイングランド代表GKアーロン・ラムズデールが自身のプレースタイルについて言及した。
昨シーズン加入したラムズデールはシーズン序盤こそ控えGKの立ち位置だったが、スタートでつまづいたミケル・アルテタ監督が抜擢し正守護神となると、抜群のシュートストップはさることながら、正確な足元の技術でチームに必要不可欠な存在となった。
DFやGKにもビルドアップへの貢献が求められるのは現代サッカーの主流と言えるが、ラムズデールの父ニックさんはこの風潮を好んでいない模様。ラムズデールが『ESPN』のインタビューで父とのやりとりを明かした。

「父は今でも僕のプレースタイルを嫌ってる。『アルテタ監督にテキストメッセージを送るぞ』って脅してくるんだ(笑) 僕が意地を張りすぎたら父は本当に電話をかけるだろう。監督の番号を知っているからね(笑) 僕は慎重にプレーしなければいけない」

一方、自身が積極的にビルドアップに参加しているのは元々のプレースタイルではなく、選手としてのレベルを上げるのに避けては通れない道だったと10代の頃を振り返った。
「自然と身についたものじゃない。子どもの頃から背は高かったが、ちゃんとボールを蹴れず、ボルトンを放出された。そのあと加入したシェフィールド・ユナイテッド、そして年代別のイングランド代表コーチが今の僕を作ってくれたんだ」

「そのおかげでボールを持っている状態でも快適になれたし、両足とも使えるようになった。少しずつ成長してきたのさ」

ラムズデールは15歳の時にボルトンの下部組織からシェフィールド・ユナイテッドの下部組織へ移籍。これが大きな転機だったようだ。


関連ニュース

アルテタ監督、負傷していたサカ&トーマスの練習参加を明かす 「順調に回復している」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が負傷者の状態について語った。クラブ公式サイトが伝えた。 7年ぶりにチャンピオンズリーグ(CL)に出場し、9月20日のグループステージ開幕節PSV戦では4-0の勝利をあげたアーセナル。3日の第2節では昨シーズンのリーグ・アン準優勝チームであるRCランスとアウェーで対戦する。 前日会見に臨んだアルテタ監督は「彼ら(ランス)は本当に良いチームで、明日は大きな試練が待ち受けている」と意気込みを語った一方、9月上旬にそ径部を痛めて離脱していたガーナ代表MFトーマス・パルティの状態にも言及。復帰まで6週間かかると見込まれていたが、すでにトレーニングを行える状態まで回復しているようだ。 「彼はここ2週間で非常に順調な進歩を遂げており、最後の2、3日はチームと一緒にトレーニングすることができた。我々にとっては素晴らしいニュースだ」 「彼は進歩しているし、この1週間はとても良かった。彼は偉大な選手だし、彼がチームに何をもたらすかを我々は知っている」 また、9月30日のボーンマス戦で負傷交代していたイングランド代表FWブカヨ・サカについても述べ、ランス戦に出場できる可能性があることを明らかにした。 「彼は大丈夫だ、ずっと良くなっている」 「明らかに大きなケガを負ったが、順調に回復しており、今日もトレーニングを行った。彼が出場可能であればそれは素晴らしいことだが、明日どうするか決める予定だ」 2023.10.03 15:52 Tue

アーセナルがホワイトとの新契約を準備、契約は残り3年も安定した高いパフォーマンスを評価

主軸選手との契約延長を続けているアーセナル。今度はイングランド代表DFベン・ホワイト(25)との新契約締結に動いているようだ。 ホワイトはブライトン&ホーヴ・アルビオンの下部組織育ちで、ピーター・バラ、リーズ・ユナイテッドなどでもプレー。2021年7月にブライトンから完全移籍で加入した。 加入1年目はセンターバックの一角としていきなりレギュラーに定着。2年目以降は右サイドバックが主戦場となり、これまで公式戦93試合に出場し3ゴール5アシストを記録している。 アーセナルのディフェンスラインを支えるだけでなく、攻撃では1つ前のイングランド代表FWブカヨ・サカとの好連係も見せ、オーバーラップからチャンスにも絡んでいる。 そのホワイトは2026年夏まで契約を残しているが、イギリス『デイリー・メール』によるとクラブはすでに新契約の交渉を進めているという。 3年も契約が残っている中での動きとしては異例だが、チームを支えるホワイトをそれだけ評価していることの表れでもある。現在ホワイトは週給12万ポンド(約2200万円)を手にしているとのことだ、大幅な昇給が見込まれるようだ。 今年に入り、サカ、ノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール、ブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリ、フランス代表DFウィリアム・サリバ、イングランド代表GKアーロン・ラムズデールと新契約を締結。ここにホワイトも加わることになりそうだ。 2023.10.03 10:40 Tue

アーセナルが中盤補強の候補にシティMFを検討か? ジョルジーニョ&トーマスの退団に備える

1月の移籍市場で中盤の補強を目論んでいるアーセナルだが、マンチェスター・シティのイングランド代表MFカルヴァン・フィリップス(27)を候補にしているようだ。 今夏の移籍市場では興味を示していなかったアーセナル。フィリップスもリーズ・ユナイテッドからシティに加入した昨季は満足いくパフォーマンスを出せず、2年目のシーズンに臨んでいる。 今シーズンはプレミアリーグで3試合、チャンピオンズリーグ(CL)で1試合、EFLカップ(カラバオカップ)で1試合に出場しているものの、スタメン出場はEFLカップのみという状況だ。 出番が多くないフィリップスは、より多くの出場機会を求めており、移籍をして解決する道を考えているという。 アーセナルは、アンカーのポジションとしてウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライスをクラブ史上最高額の移籍金で獲得。イタリア代表MFジョルジーニョ、ガーナ代表MFトーマス・パルティがいるが、有事に備えたバックアッパーは少ない状況だ。 スペイン『Fichajes.net』によれば、フィリップスはアーセナルで満足いく出場時間を得られるのであれば、移籍を検討する可能性があるとのこと。出番が保障されるかは不明だが、アーセナルとしては中盤の補強として十分な選手と考えているという。 ジョルジーニョは今夏の退団も噂されたがチームに残留。ただ、来夏にはいなくなる可能性が高い。トーマスもサウジアラビアからの関心があり、今夏も移籍する可能性があった状況。果たしてどういう基準で動き出すのか注目が集まる。 2023.10.02 15:05 Mon

史上最多5万4115人の観客、なでしこ10番・長野風花はフル出場! 開幕戦のアーセナルvsリバプールはワンチャンスをモノにしたリバプールに軍配【FAWSL】

FA女子スーパーリーグ(FAWSL)は1日に開幕。エミレーツ・スタジアムで行われたアーセナルvsリバプールの一戦は、史上最多の観客を集めた。 新シーズンが開幕したFAWSL。なでしこジャパンの選手も実に7名が所属している。 アーセナルvsリバプールの一戦には、なでしこジャパンで10番を背負うMF長野風花が先発出場。昨シーズンは7位に終わったチームは、4位に終わったアーセナルとの試合となった。 この試合には5万4115人が駆けつけ、FAWSLで最多観客数に。これまでの最多記録はおよそ1年前の2022年9月24日に行われたアーセナルvsトッテナムの4万7367人であり、7000人近く増加したということになる。 試合はアーセナルが支配しポゼッション率は60%を超えたが、枠内シュートはわずか3本に。昨季から攻撃陣に重傷者が続出していることもあるが、ゴールが遠かった。 対するリバプールは48分に右サイドからのミッシー・ボー・カーンズのグラウンダーのクロスをミリ・テイラーがダイレクトで合わせてゴール。このゴールが決勝点となった。 なお、リバプールは昨シーズンのFAWSLでアウェイで未勝利。開幕戦での嬉しい勝利となった。一方のアーセナルは開幕戦で負けたのは2回目。前回は2013年でリバプールが相手であり、そのシーズンはリバプールが優勝を果たしていた。 <span class="paragraph-title">【動画】5万人超の大観衆の前での決勝弾!歓喜の輪には長野風花も</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Clinical from Taylor!<a href="https://twitter.com/hashtag/BarclaysWSL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BarclaysWSL</a> <a href="https://twitter.com/LiverpoolFCW?ref_src=twsrc%5Etfw">@LiverpoolFCW</a> <a href="https://t.co/ggTdhn3nHt">pic.twitter.com/ggTdhn3nHt</a></p>&mdash; Barclays Women&#39;s Super League (@BarclaysWSL) <a href="https://twitter.com/BarclaysWSL/status/1708487869562552374?ref_src=twsrc%5Etfw">October 1, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.10.02 11:47 Mon

「最高に気分が良い」4発快勝のアーセナル、アルテタ監督は次節シティ戦の前にCLへ気合い「本当に厳しい試合になる」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、ボーンマス戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 9月30日、アーセナルはプレミアリーグ第7節でボーンマスとアウェイで対戦した。前節はトッテナムとのノースロンドン・ダービーで追いつかれて引き分けたアーセナル。無敗はキープしているが、優勝に向けては取りこぼしを減らしていきたいところだ。 試合は17分にブカヨ・サカがヘディングでネットを揺らして先制すると、44分にはエディ・エンケティアが倒されPK獲得。マルティン・ウーデゴールがしっかりと決めて0-2で前半を終えた。 後半に入ってもアーセナルがペースを握ると、53分にもPKを獲得。カイ・ハヴァーツがキッカーを任され待望の加入後初ゴールを記録。その後はアーセナルがしっかりと試合を進め、日本代表DF冨安健洋も69分から途中出場。すると後半アディショナルタイムにベン・ホワイトにもゴールが生まれ、0-4で圧勝した。 試合後の記者会見でアルテタ監督は勝利を振り返り、チームのこの試合への取り組み方を称え、勝利を喜んだ。 「とても幸せだ。昨日から試合への取り組み方を見て、チームはプレーする準備ができていた。これまでの試合内容で相応しいものを持てていないチームとの対戦となり、我々がこれから直面する課題についてはわかっていた」 「彼らは時間を与えてくれず、ボールには常にプレッシャーがかかっており、グラウンドも狭い。そこから抜け出すのはとても難しかったが、我々は試合をしっかりと読み、勝つ権利を獲得できたと思う」 また、同時刻に開催されていたウォルバーハンプトンvsマンチェスター・シティでシティが敗れ今季初黒星。次節はシティとの大一番となる中、まずはチャンピオンズリーグ(CL)のRCランス戦に集中すると語った。 「試合に勝てて最高に気分が良い。それが我々がコントロールできる唯一のことだ。私がバスの中で考える唯一のことは、ランスに向けてどう準備できるか。火曜日の相手ホームでの試合は、勝つためには本当に厳しい試合になるだろう」 「シティはその次のステップだ。火曜日に向けて多くの良いことが必要になり、ラインナップとメンバーについて正しい決断を下し、今のレベルを維持することが必要だ」 2023.10.01 15:28 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly