通算57回ハットトリックのC・ロナウド、ユナイテッドで唯一記録したのは再デビューの相手ニューカッスル

2021.09.11 18:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏の移籍市場で12年ぶりにマンチェスター・ユナイテッドへと復帰したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。11日に行われるプレミアリーグ第4節のニューカッスル戦での復帰が見込まれる。

ポルトガル代表として9月のカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨んでいたC・ロナウドだが、累積警告により出場停止となったことを受けて早期にチームを離脱。その結果、ユナイテッドに予定よりも早く合流することが可能となった。

オーレ・グンナー・スールシャール監督も「彼はどこかのタイミングで必ずピッチに立つだろう、それは間違いない」と試合に向けた会見でコメント。先発出場なのか途中出場なのかは明言しなかったが、12年ぶりにユナイテッドの選手として試合に出ることは確実だと語り、11日のニューカッスル戦が再デビューの日となることが確定した。

世界中で大きな注目を集める試合は、イギリスの規則により国内でのテレビ放送はなし。イギリスではスタジアムにいる人間しかその瞬間を見ることができないという異例の事態だが、この試合はC・ロナウドにとって大きな意味を持つ一戦となる。

プロキャリアを通じて、クラブと代表でこれまで57回のハットトリックを達成しているC・ロナウド。その中でも初めてのハットトリックは、マンチェスター・ユナイテッド在籍にに記録したものだった。

C・ロナウドの初ハットトリックは、2008年1月12日。マンチェスター・ユナイテッドvsニューカッスルの一戦で記録したもの。これは、キャリア初のハットトリックである上に、ユナイテッド時代に唯一記録しているハットトリックとなる。

首位でニューカッスル戦を迎えたユナイテッド。C・ロナウドは右サイドで先発フル出場を果たす。なお、2トップはウェイン・ルーニーカルロス・テベス、左はライアン・ギグスマイケル・キャリックアンデルソンが中盤を務め、最終ラインはリオ・ファーディナンドネマニャ・ヴィディッチのセンターバックコンビに、右にジョン・オシェイ、左にパトリス・エブラ、GKにエドウィン・ファン・デル・サールという陣容だった。なお、ニューカッスルの1トップはマイケル・オーウェンが入り、GKはシェイ・ギブンが務めていた。

この試合ではなかなかゴールが生まれず前半はゴールレス。しかし48分にC・ロナウドが壁の下を通すFKを直接決めて先制ゴールを記録すると、2-0で迎えた70分には華麗なパスワークからテベスのアシストを受けて2点目を記録。4-0となった88分には、巧みなキックフェイントからハットトリックを達成した。

再デビューとなる相手が唯一ハットトリックを決めた相手。今日の一戦ではどんなプレーを見せるのか、注目が集まる。

1 2

関連ニュース
thumb

フリーのリンガードにアメリカから“画期的な”オファー? 代理人も渡米へ

イングランド代表MFジェシー・リンガード(29)に対して、新たにアメリカ行きの可能性が浮上している。 昨季限りでマンチェスター・ユナイテッドと契約が切れ、フリーのリンガード。年齢的にも脂の乗り切った代表選手とあって、2020-21シーズン後半を半年ローンで過ごした古巣ウェストハムの関心が長らく噂されるなか、エバートンからも視線が注がれ、人気を博す。 だが、アメリカ『ESPN』によれば、クラブ名こそ伏せたままだが、メジャーリーグサッカー(MLS)の2クラブもフォローしているとのこと。オファーの条件面も“画期的な”ものと推察され、リンガードの代理人は話を聞くためにアメリカに向かう予定だという。 渦中のリンガードはまだ移籍先をこれといって決めておらず、選択肢の幅を広げようとしている状況の様子。移籍先を決めるにあたって、今年11月に迫るカタール・ワールドカップ(W杯)のイングランド代表入りを睨み、レギュラーとしてのプレーを重視している模様だ。 2022.07.07 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド獲りをバイエルンCEOが否定 「我々の哲学にそぐわない」

バイエルンのレジェンド守護神にして、最高経営責任者(CEO)のオリバー・カーン氏がマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)に対する興味を否定した。 昨夏に12年ぶりのユナイテッド復帰を果たして、さすがの勝負強さとともに、チーム最多の公式戦24ゴールを記録したC・ロナウド。だが、チームの結果に比例せず、タイトル争いどころか、チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を逃す失意のシーズンを過ごした。 そんなレッドデビルズは復権を期してエリク・テン・ハグ新監督の下で先月末から始動したが、C・ロナウドを巡っては移籍志願の報道が浮上。合流日予定日だった4日を過ぎても欠席が続くなか、チェルシーやナポリとともに、バイエルンの関心が噂されている。 バイエルンからすれば、移籍が取り沙汰されるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが退団時の穴埋めとなり得る存在だが、アメリカ『ESPN』によると、カーンCEOはドイツ『キッカー』で獲得に至る可能性を完全に否定したという。 「私はクリスティアーノ・ロナウドのことを偉大な選手の1人として高く評価しているが、その移籍は我々の哲学にそぐわないものとなるだろう」 なお、『ESPN』が報じるところによれば、ユナイテッドは1年延長オプションを除くと契約が来季までのC・ロナウドに関して、今夏に売らずのスタンスだが、実際のところ、そこまで頑ななものではな様子。移籍を認めるなら、海外を希望しているとのことだ。 今夏のここまでオランダ代表DFタイレル・マラシアを獲得するにとどまる補強面にも野心を感じれず、間違いなく終わりが近づくキャリアも意識して、CL出場クラブに移籍したいとされるC・ロナウドだが、去就やいかに。 2022.07.07 11:35 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド代理人と会食のラポルタ会長、口を噤む「名前が出た選手については話はしない」

バルセロナのジョアン・ラポルタ会長が、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの代理人であるジョルジュ・メンデス氏との会談について言及した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 ラポルタ会長は4日、メンデス氏と夕食を取ったと報道。C・ロナウドの代理人ということもあり、両者の会談は大きな話題となった。 特に、そのC・ロナウドがマンチェスター・ユナイテッドを去りたいと考えているという報道が出ており、メンデス氏が売り込んだのではないかという憶測も飛び交っていた。 ラポルタ会長は、6日に行われたコートジボワール代表MFフランク・ケシエの入団発表でこの件について言及。夕食を共にしたことは認め、移籍市場についての話もしたと認めたが、どの選手について何を話したかを明かすつもりはないとした。 「月曜日(4日)にジョルジュ・メンデスとは夕食をとった。マーケット全般について話をした。アレマニー(フットボールディレクター)は来られなかったが、ジュステ(副会長)は同席した」 「クリスティアーノ? ミーティングで名前が出た選手については話はしない。彼が私に選手を薦めてきたかどうかは言わない」 メンデス氏との会食は楽しかったようだが、移籍市場が開いている中で、選手について話す気はないとしたラポルタ会長。リスペクトが必要だと語った。 「彼と話すのはいつだって面白い。素晴らしいエージェントだ」 「私は何らかの形で選手について話すつもりはない。誤解される可能性があるからだ」 「すべてのサッカー選手は尊敬に値する。ただ、それはバルサの利益には何も貢献しない。他チームと契約している選手に関しては、尊重しなければいけない」 2022.07.06 23:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド移籍のマラシア、“先輩”ファン・ペルシが別れのメッセージ

マンチェスター・ユナイテッドへの移籍を決めたオランダ代表DFタイレル・マラシアに、フェイエノールトのレジェンドがメッセージを送った。イギリス『ミラー』が伝えている。 フェイエノールトの下部組織で育ち、2017年にトップチーム昇格を果たしたマラシア。昨季は主力として公式戦50試合に出場し、昨年9月にはオランダ代表デビューも果たした。 成長著しい22歳の左サイドバックに対しては、各国のビッグクラブが関心を示し、今夏の移籍市場における人気株の一人に。一時はリヨン行きが有力視される状況だったが、割って入ったユナイテッドが獲得に漕ぎつけ、5日に正式発表に至った。 移籍決定に際してフェイエノールトの公式SNSに投稿されたのは、現役時代に同クラブでマラシアとともにプレーし、現在はアカデミーのコーチを務める元オランダ代表FWのロビン・ファン・ペルシ氏によるビデオメッセージ。過去にはユナイテッドでもプレーした名ストライカーは、“後輩”との別れを惜しみつつ、古巣のファンに向けてはサポートを求めた。 「やあ、タイレル。ロビンだ。マンチェスター・ユナイテッドへの君の素晴らしい移籍を祝福したい。君のキャリアの中で重要な瞬間だ。君は自分自身を信じ、才能と努力に溢れ、毎日それを見せてくれた。夢は実現するものだということを君は示し、私はそれを目撃したのだ」 「レッドデビルズのファンの皆さん。あなたたちは非常に才能のあるサイドバックを手に入れただけではない。彼は素晴らしい人間でもある。だから、良い時も悪い時も、彼に優しく接して、サポートしてあげてほしい。彼はあなたたちのために全てを捧げるだろうから、きっと素晴らしいつながりになると思う」 「タイレル。君がアカデミーに来たときから、今のこの素晴らしい瞬間まで、君がしてくれたことに感謝する。君は次の世代の手本となる存在だ。幸運を祈っている」 2022.07.06 22:47 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ会長がユナイテッド牽制、移籍噂のオランダ代表MFデ・ヨングに言及「彼を売るつもりはない」

バルセロナのジョアン・ラポルタ会長が、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(25)の状況についてコメントした。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 今夏の移籍市場で話題の1つとなっているのがデ・ヨングの移籍。アヤックス時代の恩師であるエリク・テン・ハグ監督が獲得を熱望しているとされ、新たに就任したマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が取り沙汰されている。 財政難からいまだに抜け出していないバルセロナは、選手を売却する必要があり、昨年同様に選手のサラリーの問題が残っている状況だ。 そのため、オファーのある選手に関しては売却が進むとみられ、デ・ヨングもそのうちの1人だと見られてきた。 そのバルセロナは6日、ミランから獲得したコートジボワール代表MFフランク・ケシエの入団発表を実施。その場でデ・ヨングについての話題が出た中、ラポルタ会長は、売る気が全くないことを明言した。 「彼はバルサの選手であり、我々が必要に迫られなければ売るつもりはない。我々は彼を売りたくない」 「彼がオファーを受けていることは知っているが、今は彼を売るつもりはない」 ただ、今夏の移籍市場で選手の売却を進めなければいけないことも事実。フリートランスファーで獲得してもサラリーは上乗せされるため、このままではまたリーグに選手登録できないという失態を繰り返すことになる。 ラポルタ会長は今後の動きについても言及。チームとして取り組んでいる最中だとした。 「まずは、2つ目のレバーを作動させる必要がある。簡単なことではないが、我々はそれに取り組んでいる。そうすれば、1vs1のフェアプレーが実現し、望ましい補強ができるようになるだろう」 2022.07.06 22:35 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly